銀行口座

海外生活を始める際には、必ず「お金」に関する準備をしなければなりませんが、盗難や紛失のリスクの高い現金やトラベラーズチェックで大金を持っていくことは非常に危険です。留学期間や目的に応じて銀行口座を準備しましょう!

国際キャッシュカード  【適用:短期留学、長期留学、ワーキングホリデー】

留学する際の口座の準備で最も主流となっているのが「国際キャッシュカード」と呼ばれる銀行口座です。国際キャッシュカードとは、日本で作った口座に「日本円」を預けておけば、世界中のATM(多くは、PLUSグループマークのあるATM)にて「現地通貨」で現金を引き出すことが出来る便利なカードです。
国内では、三井住友などの都市銀行やスルガ銀行、新生銀行、郵便局などで作成することができます。国際キャッシュカードを利用する際は、引き出し時の手数料と為替手数料がかかりますが、日本から準備できる口座で、作成や維持に費用がかからないので便利です。

国内の銀行で最も手数料が安いのは、「スルガ」銀行の国際キャッシュカードです。手数料が安い上に、デビット機能がついており、VISAカードの利用できるお店などではデビットカードとして利用できます。つまり、手数料のかかる引き出し回数も抑えることができます。ちなみに、帰国後に余った現地通貨を日本円に再両替しなくてもいいというメリットもあるので、金額の多少は別として、留学する人はぜひ1枚持っておきたいカードとなっております。

また、両親から海外にいるお子様への仕送りをする際も、日本の口座に振込みをするだけですので、国内送金手数料のみで簡単に仕送りができるというメリットがあります。

国際キャッシュカードのメリット

日本で簡単に作成ができる。
世界の主要各国で利用できる。
日本で日本円を預け入れ、引き出し国の現地通貨で引き出しができる。
仕送りをする際、日本の口座への送金なので簡単に、早く、安くできる。
余ったお金を再両替する必要がない。

国際キャッシュカードのデメリット

外貨を引き出す際に手数料がかかる。
海外で預け入れができない。

国際キャッシュカード比較

金融機関 利用可能地域 お勧めのポイント
世界各国
現在、手数料が最も安く、またVISAカードと提携したデビット機能があるということで最も便利な 国際キャッシュカードの一つ。手数料は大手銀行の約半分程度、しかもデビットカードが利用できるので現金なしの買い物も可能。 15歳以上の方が作成可能です。PLUSマークのあるATMならどこでも利用可能なので、世界主要国、ほぼ網羅されています。 カード発行まで2~4週間程度かかるので注意しよう。
世界各国
スルガと同じく人気の国際キャッシュカードの一つ。即日発行をしてもらえるので、出発まで時間がない方に お勧め。

海外の銀行口座  【適用:長期留学、ワーキングホリデー】

1年を超えるような長期留学の方やアルバイトなどをする予定のあるワーキングホリデーの方は現地で銀行口座を開設することをお勧めします。国際キャッシュカードと違い、預け入れや現地での振り込みができ、デビット機能や小切手を利用することもできます。基本的には現地到着後に口座を開設することになりますが、日本国内で開設できる口座もあります。

海外の銀行口座のメリット

入出金で手数料がかからない。
デビットカードや小切手など利用できる。

海外の銀行口座のデメリット

現地で開設手続きをしなければならない。
仕送りをする際は海外送金となるので手数料が高く、時間がかかる。
余ったお金は日本円に再両替する必要がある。

日本で開設できる海外の銀行口座

金融機関 利用可能地域 お勧めのポイント
アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、フランス、ドイツ、ギリシャ スペイン、イタリア、スイス、オーストリア、オランダ、中国、シンガポール、台湾、韓国、タイ、インドネシア
アメリカの大手銀行CITI Bankです。世界各国に支店があり、主な留学先の国や都市には拠点があります。 海外拠点マップをご参照下さい。
このページのトップへ