留学先案内 -留学先を知ろう!-

世界には様々な国があり、様々な留学先があります。国によって教育制度が違ったり、習慣や生活様式も大きく変わったりします。それぞれの留学先の特徴を理解して、自分の目的や性格、希望に見合う留学先を見つけるためにもまずは留学先の国のことをしっかりと学びましょう!!

アメリカ詳細を見る

アメリカは、留学先の国として人気No.1で、様々なプログラムを受講することができます。留学だけでなく、 インターンシップやボランティアなど各種プログラムも充実しており、多くの人々の憧れの国の一つとなってます。 留学では、ほとんどの都市に語学学校が存在しており、大学キャンパス内で行われるコースも盛んです。 ワーキングホリデーの制度はありませんが、インターンシップと呼ばれる就業訓練を行える制度があり、 アメリカで就業経験を積みたい方に人気です。高校、大学留学、オペア留学なども盛んです。

主な留学タイプ 語学留学語学プラスα留学大学正規留学高校正規留学専門留学
インターンシップ
ボランティア留学親子留学永住・ロングステイ
教師宅ホームステイオペア(オーペア、Au Pair)
ビザ申請 週18時間を超えるコースを受講する場合は、短期留学でも学生ビザの申請が必要。週18時間以内のコース受講で、90日以内の留学の場合は、ビザの申請は不要。但し、ESTAの登録を渡航日の72時間以上前に行うこと。

カナダ詳細を見る

カナダは、語学留学で言うと世界で最も教育熱心な国と言ってもいいほど、様々なコースが充実しています。 一般英語コースはもちろん、各種検定コース(TOEICやTOEFLなど)、さらに短期間で受講できる各種専門コースも 充実しており、英語プラスアルファを希望される方にお勧め。 ワーキングホリデー制度があり、制度上、6ヶ月まで通学が可能と長めの通学ができるため、留学とアルバイトを うまく組み合わせて安い費用で長期留学が実現できる可能性もあります。

主な留学タイプ 語学留学語学プラスα留学ワーキングホリデー専門留学大学正規留学
高校正規留学
インターンシップボランティア留学親子留学
永住・ロングステイ
教師宅ホームステイ
ビザ申請 カナダは、6ヶ月までの留学の場合、コース時間数などに関係なく、学生ビザの申請が必要ありません。パスポートさえ持っていれば 留学が可能です。6ヶ月を超える留学の場合のみ学生ビザを申請しましょう。 ワーキングホリデー制度があり、最長1年間、カナダでアルバイトや勉強を並行して行うことができます。
インターンシップ制度も 充実はしていますが、有給のインターンシップはほとんどなく、あったとしてもホスピタリティ(ホテルやレストラン)などに 限定されます。

イギリス詳細を見る

イギリス留学は、ビザの制度により現在大きな危機を迎えていると言っても過言ではありません。 2010年にビザ制度の大幅な改定が行われ、単なる語学留学をする場合でも、中級程度の英語力を証明しなければ 学生ビザの取得ができなくなりました。 元々それほど多くない日本人留学生がこれによりさらに減少傾向にあります。語学留学以外の高校、大学留学についても メインはやはりヨーロッパの学生がターゲットか?

主な留学タイプ 語学留学語学プラスα留学ワーキングホリデー専門留学大学正規留学
高校正規留学インターンシップ教師宅ホームステイ
ビザ申請 先にあげましたビザ申請の制度改定により語学学校は大きな打撃を受けていることでしょう。語学留学でさえ英語力の 証明をしなければならず、ハードルが高くなっています。但し、6ヶ月未満の留学の場合、証明は不要なので英語力に自信がなく イギリスに留学したい場合は、6ヶ月未満のコースでまずはチャレンジしましょう。
ワーキングホリデー制度はありますが、ビザ許可人数が非常に少ないため 募集開始後、早急に申請をしないと入手できない状況です。イギリス留学を検討されている方は、お早めに計画的に準備を進めましょう。

アイルランド詳細を見る

アイルランドへの留学は主に語学留学が中心ですが、問題なく可能です。アイルランドの良さは、やはり日本人比率が 著しく少ないことが挙げられますが、治安の良さなども特徴です。 風景や町並みがアジアには全くない雰囲気なので、様々な経験ができることでしょう。

主な留学タイプ 語学留学ワーキングホリデー大学正規留学高校正規留学教師宅ホームステイ
ビザ申請 アイルランド留学に際しては学生ビザの申請をする必要がなく、入国審査の際に必要書類を提示すればいい。留学に際しての 障害は特にないので、短期、長期問わずあなたの希望の通り計画をすればいいでしょう。 出発までの準備期間も短くて済みます。

オーストラリア詳細を見る

オーストラリアは気候や治安の良さから留学先として人気の国です。語学留学は短期、長期問わず人気があり、 何と言ってもワーキングホリデーが人気です。ワーキングホリデー中は、4ヶ月まで学校に通学することができるので語学学校としっかり 組み合わせて参加することをお勧めしたい。 TAFEと呼ばれる専門学校や大学進学、高校留学も盛んです。

主な留学タイプ 語学留学語学プラスα留学ワーキングホリデー専門留学大学正規留学
高校正規留学
インターンシップボランティア留学親子留学
永住・ロングステイ
教師宅ホームステイオペア(オーペア、Au Pair)
ビザ申請 オーストラリアでは3ヶ月未満の留学の場合、授業時間数の制限なく、ETASと呼ばれる電子登録のみで渡航ができ、3ヶ月を超える場合のみ学生ビザの 申請が必要です。オーストラリアの学生ビザは、「申請料が高く、健康診断が必要」というマイナス面を除けば、インターネットで申請ができますし、 ハードルは高くありません。ワーキングホリデービザもインターネットで簡単に申請ができ、発給までの期間も短いです。

ニュージーランド詳細を見る

ニュージーランドは、人口約400万人程度の小さな国です。最大の都市オークランドでも人口100万人で、一歩離れれば 田舎の風景が広がります。主な留学方法としては、語学留学とワーキングホリデーが挙げられます。 ポリテクニックや大学留学なども可能ではありますが、レベルも非常に高く、学校数も限られるので、欧米諸国の方が 選択肢は広いでしょう。 ただ、高校留学については非常に盛んで、国を挙げて生徒獲得のために制度を整備しています。物価が安く、のんびりした環境です。

主な留学タイプ 語学留学語学プラスα留学ワーキングホリデー専門留学大学正規留学
高校正規留学
インターンシップボランティア留学親子留学
永住・ロングステイ
教師宅ホームステイ
ビザ申請 ニュージーランドのビザについては、ほとんど学生ビザとワーキングホリデービザです。学生ビザは3ヶ月を超えて勉強をしたい場合に 申請を行います。学生ビザを申請する場合は、基本的にフルタイムコース(午前・午後のコース)を受講するようにしましょう。 ワーキングホリデーについては、特に制限や定員なども厳しくないため、比較的容易に申請をすることができます。

マルタ詳細を見る

マルタという国はご存知ない方も多いでしょうが、「日本人の少ない英語圏」ということで人気があります。 国の環境をイメージすると「ハワイ」が最も近く、完全なリゾートアイランドです。ただ、ハワイのように常夏の 気候ではないため、夏のシーズンと冬のオフシーズンで大きく環境が異なります。また、シーズンにより授業料や 滞在費などが大きく変動するのもマルタの特徴で、他の国にはこのような特徴はありません。 英語は公用語ですが、マルタ語もあるため、お店などでは多少通じないことも。

主な留学タイプ 語学留学教師宅ホームステイ
ビザ申請 マルタの語学留学では日本にてビザ申請をする必要はなく、渡航後に現地にて申請を致します。特に難しいこともないので 学校のスタッフの指示に従い申請しましょう。

南アフリカ共和国詳細を見る

2010年ワールドカップで連日目にすることになった南アフリカ共和国は、英語圏語学留学の穴場的な存在といえるでしょう。 マルタ同様、日本人が少なく、主にヨーロピアンの環境で学ぶことができます。ただ、報道にもあるように南アフリカは治安に 不安がありますので、初めての海外などではしっかりとこの点を頭に入れた準備が必要でしょう。

主な留学タイプ 語学留学教師宅ホームステイ
ビザ申請 南アフリカに留学する場合、3ヶ月未満の留学であればコースによらずビザ申請は不要です。3ヶ月を超える留学の場合は、 日本で出発前にビザ申請が必要。入学許可書や資金証明などを提出し、申請します。

フランス詳細を見る

フランスへの留学はほとんどが語学留学ですが、限られた定員ながらワーキングホリデーでの渡航もできます。 語学留学は、1週間から参加できるものもあり、「フランス好きが高じて単なる旅行では満足できなくなった方」や 「料理、製菓、ワインなどを勉強する目的」で渡航する方などがいるのが特徴。 長期留学の場合、週20時間までのアルバイトも認められるので、多少のお小遣いを稼ぎながら生活をすることも まずはフランス語の習得を目指そう!!

主な留学タイプ 語学留学ワーキングホリデー教師宅ホームステイ
ビザ申請 フランスだけでなくヨーロッパのシェンゲン国(シェンゲン協定に加盟している主にEU圏の国々)のビザ申請はルールが ほぼ統一されています。まず、3ヶ月以内の留学の場合、ビザの申請は必要ありません。3ヶ月以上6ヶ月以内の留学をする場合は、 短期学生ビザの申請を行います。短期学生ビザは、6ヶ月を超えて延長することはできません。 6ヶ月を超えて留学をしたい方は、長期学生ビザを申請しなければなりません。フランスの学生ビザは、東京のフランス大使館に 直接出向いて申請する必要があるため多少手間と労力がかかります。
ワーキングホリデー制度もありますが、定員は非常に少なく、希望者は多いので狭き門となっています。

イタリア詳細を見る

イタリアへの留学もフランス同様、「フランス好きが高じて単なる旅行では満足できなくなった方」や 「料理、製菓、ワインなどを勉強する目的」で渡航する方などがいるのが特徴。またイタリアならではの皮革製品(靴やかばん)の製作や オペラなどの音楽を目的に留学する方もいます。 イタリアはワーキングホリデー制度はありません。

主な留学タイプ 語学留学語学プラスα留学 専門留学ワーキングホリデー教師宅ホームステイ
ビザ申請 フランス同様、イタリアもシェンゲン国となっており、3ヶ月以内の留学の場合ビザの申請は必要ありません。 3ヶ月を超えて留学をする場合、学生ビザの申請行いますが、イタリアの学生ビザは、東京のイタリア大使館又は大阪のイタリア領事館に直接出向いて申請する必要があります。 申請に必要な書類は東京と大阪で若干異なるので、ご注意下さい。

スペイン詳細を見る

スペインへの留学は、スペイン語の習得を目指した語学留学が一般的です。スペイン各都市に語学学校が存在し、多くの留学生が 学んでいます。主な都市はマドリッド、バルセロナですが、セビーリャ、マラガなど地方都市も人気があります。 スペインでは、サルサやフラメンコなどスペイン文化を学ぶ目的で留学をする人も多く、期間は1週間から長期まで様々です。

主な留学タイプ 語学留学語学プラスα留学 教師宅ホームステイ
ビザ申請 スペインの学生ビザはフランス同様、3ヶ月~6ヶ月までの短期学生ビザと6ヶ月を超える長期学生ビザの2種類に分かれます。 それぞれ申請に必要な書類が若干異なるので注意しましょう。短期学生ビザを取得した場合、6ヶ月を超えて延長をすることはできないので注意。 なお、スペインの学生ビザは非常に時間がかかります。最低でも3ヶ月前、できれば4ヶ月前には申請しましょう。

ドイツ詳細を見る

ドイツへの留学は主に語学留学が一般的ですが、大学留学も盛んです。短期は1週間から長期は1年やそれ以上と留学の方法も多岐にわたります。 フランスやイタリアのようにドイツ語プラス何かを学ぶというコースはそれほど盛んではありません。 またドイツではワーキングホリデー制度があり、1年を通じていつでもビザ申請ができるため気軽に申請をすることができます。 発給までの期間も短い。

主な留学タイプ 語学留学ワーキングホリデー教師宅ホームステイ
ビザ申請 ドイツ留学に際しては、学生ビザなどの申請は必要ありません。3ヶ月を超える留学の場合も現地にて申請を行います。 ワーキングホリデーに関しては申請書を作成して、自身でドイツ大使館に提出する必要があります。発給までの期間は短いですが 足を運ぶ手間があるため地方の方には大変ですね。
このページのトップへ