マルタ -基本情報-


基本情報主要都市のご案内留学スタイル学校リスト

      
国名 マルタ共和国/Republic of Malta
首都 ヴァレッタ
面積 316平方キロメートル(淡路島の半分)
人口 40万人
公用語 マルタ語/英語
主要都市 ヴァレッタ、スリーマ、サンジュリアンなど

歴史文化

マルタ留学マルタの歴史は、約5,500年前の紀元前3,500年前頃にさかのぼります。ヨーロッパにはまだ 他の文明もない頃で、マルタ島では様々な巨石建築が作られていました。 これらを一般的にマルタ島の巨石文明と呼びます。ただ、その頃の文明には文字が用いられておらず、 マルタの巨石文明には多くの謎があります。 今日でもマルタ島にはたくさんの遺跡があり、観光名所となっています。

気候

マルタ留学 マルタのベストシーズンは、4月~9月頃と言われています。この間、温暖な気候で、雨はほとんど降りません。 日中の気温は20度~30度まで上がり、暑いと感じますが湿気が少ないため不快な暑さではなく、夏場にエアコンの ない室内でも扇風機程度があれば快適に寝られるような気候です。 10月~2月頃は雨季となり、雨が多く降りますがそれでも日本の梅雨のように1日中雨が降るということは珍しい。 真冬の気温もそれほど低くなりませんが、島独特の強い風のせいで寒く感じるでしょう。

治安

マルタ留学 マルタは非常に治安のいい国で、外で食事をして深夜に徒歩で帰宅をしてもそれほど危険を感じることはないでしょう。 ただ、すりやひったくりなどの軽犯罪は非常に多く、学生寮に空き巣などの被害が出ることもあります。 持ち物には十分注意しましょう。

物価

マルタ留学 マルタの物価は基本的に日本と比較して安いです。ただ、輸入品などは日本より高く感じることもあるでしょう。

交通

マルタ留学 マルタは小さな国ですので、留学した際の通学は徒歩で通えることが多いです。乗るとしてもバスに少し乗る程度です。 マルタ国内の主な交通機関はバスで、約60円程度でたいていのところには行けるようです。1日パス、3日パス、1週間パス などの乗り放題定期も販売されています。

言語

マルタの公用語は英語とマルタ語です。住民は主にマルタ語を使う人も多いようですが、 英語で話しかければ英語で返してくれます。またマルタ留学の魅力の一つは、ほとんどの学生が ヨーロッパからの留学生で、皆、会話力に優れている点です。そういう友人を多く持ち、学内、学外で 付き合うことで自然と会話力が見いついていきます。

時差

マルタとの時差はサマータイムがあるためシーズンにより異なります。マルタの サマータイム(夏時間)は3月の最終日曜から10月最終日曜までとなり、その間の時差はマイナス7時間です。 サマータイム以外の時差は、さらにマイナス1時間となり、合計マイナス8時間となります。日本時間マイナス7又は8にて 計算することができます。

祝祭日

1月1日
元旦 New Year's Day
1月2日
バンクホリデー Bank Holiday
2月10日
聖パウロ難破船記念日 St. Paul's Shipwreck
3月19日
聖ヨセフ祝日 St. Joseph
3月31日
フリーダムデー  Freedom Day
5月1日
レイバーデー  Labor Day
6月7日
セッテジュニーニョ  Sette Giugno
6月29日
聖ペトロと聖パウロ祝日  Saint Peter and Saint Paul
8月15日
聖マリア被昇天祭 The Assumption
9月8日
勝利の日 Our Lady of Victories
9月21日
独立記念日 Independence Day
9月の第1月曜日
レイバーデイ Labor Day
12月8日
聖母マリア懐胎の日 The Immaculate Conception
12月13日
共和制施行日 Republic Day
12月25日
クリスマス Christmas Day

電圧について

240ボルト、50ヘルツですので、日本から持参して、240ボルトに対応をしてない電化製品をお持ちの場合は 必ず変圧器を利用してください。プラグの計上は、イギリス同じBF型です。