留学先案内 -留学先を知ろう!

世界には様々な国があり、様々な留学先があります。国によって教育制度が違ったり、習慣や生活様式も大きく変わったりします。それぞれの留学先の特徴を理解して、自分の目的や性格、希望に見合う留学先を見つけるためにもまずは留学先の国のことをしっかりと学びましょう!!

アメリカ

アメリカは、留学先の国として人気No.1で、様々なプログラムを受講することができます。

語学留学を始め、カレッジから大学へ編入する進学留学や、有名大学でのエクステンションコース、さらに夏季には名門大学のキャンパス・学生寮を利用した中学生・高校生向け短期プログラムも大変人気があります。

広大な国のほとんどの都市に語学学校が存在しており、大学キャンパス内で行われるコースも盛んです。ワーキングホリデーの制度はありませんが、カレッジでアカデミックイヤーの就学後にはOPTと呼ばれる、就労許可申請も可能となっていて、高校生だけでなく社会人の方にも人気です。さらに高校留学を検討していらっしゃる方には「アメリカ交換留学」があります。

主な留学タイプ
ビザ申請
週18時間を超えるコースを受講する場合は、短期留学でも学生ビザの申請が必要
例:午前・午後ともレッスンとなるフルタイムコース
週18時間以内のコース受講で、90日以内の留学の場合は、ビザの申請は不要
例:午前または午後いずれかにレッスンを受けるパートタイムコース
※但し、ESTAの登録を渡航日の72時間以上前に行うこと
語学留学で学生ビザを申請した場合、アルバイトは禁止されていますが、カレッジや大学のコース参加であれば、週あたり20時間までの「学内」でのアルバイトが可能です

詳細を見る

カナダ

カナダは、語学留学という点では世界で最も教育熱心な国と言ってもいいほど、様々なコースが充実しています。

一般英語コースはもちろん、各種検定対策コース(TOEICやTOEFLなど)、さらに短期間で受講できる各種専門コースも豊富で、英語+αを希望される方にもお勧め。

その他、アメリカ同様にコミュニティカレッジがあり、その先に大学への編入も可能。アメリカとの違いは入学に求められる語学力が高い反面、在学中に有給インターンシップに参加することを単位とするCo-op(コープ)プログラムがあります。

ワーキングホリデー制度があり、制度上6ヶ月まで通学が可能と長めの通学ができるため、留学とアルバイトをうまく組み合わせて安い費用で長期留学が実現できる可能性もあります。またカレッジ・大学に通った場合、その就学期間に合わせて就労許可申請(ワークパーミット)が可能となっています。

主な留学タイプ
ビザ申請
6ヶ月までの留学の場合、コース時間数などに関係なく学生ビザの申請が必要ありません。パスポートさえ持っていれば留学が可能です。

ワーキングホリデー制度もあり、最長1年間、アルバイトや勉強を並行して行うことができます。カレッジではCo-opプログラムと呼ばれる有給インターンを単位として認めるプログラムもあり、卒業後にはポストグラデュエーションワークパーミッション(就労許可)が得られます。

詳細を見る

イギリス

イギリス留学は、2010年にビザ制度の大幅な改定が行われました。

語学留学の場合には、事前のビザ申請なしで6ヶ月まで学校に通うことができます。それ以上の語学留学は11ヶ月まで可能、6ヶ月以上~11ヶ月以下の語学留学を希望する場合は事前ビザ申請(語学力証明なし)が必須です。

Short-Term Study Visaと呼ばれるこのビザはイギリス到着後に延長などはできません。12ヶ月以上の留学に関しては、高校生であれば正規高校留学でなければなりません。高校を卒業した方で、12ヶ月以上の留学を希望する場合には大学進学を目的とするコースへの申込みが必要であること、さらにビザ申請時に規定の英語力証明(UKVI IELTS)が必要となりました。

元々それほど多くないイギリスを目指す日本人留学生がこうした条件により、さらに減少傾向にあります。とはいえ、「留学先は英国」と決めた方は、どのような提案をしても断固、「英国」にこだわりをお持ちです。

主な留学タイプ
ビザ申請
英国への留学に関しては期間によってビザ申請が必要かどうか、また種類も変わります。
6ヶ月以下であれば、語学力不要、および事前ビザ申請手続きはありません。
6ヶ月以上11ヶ月以下の留学にはShort-Term-Study Visaの事前申請が必要、語学力は不要です。
12ヶ月以上の場合はTier4(Student Visa)申請が必要、CASが取れるコースへの申込みおよび18歳以上の場合には語学力が必要となります。

ワーキングホリデー制度にあたる、ユースモビリティースキーム(YMS)という制度もあるものの、受付期間が非常に短く、また採用人数が非常に少ないため「抽選」になりますので、出来る限り早めに検討を開始するようにしましょう!

詳細を見る

アイルランド

アイルランドは留学先として、費用がリーズナブルなこと、それから日本人が少なめということもあり、人気が集まっています。欧州にあって治安が良いことも特徴として挙げられ、その風景や街並みも古き良きヨーロッパの面影を残しています。語学留学だけでなく、高校留学や大学進学の留学先としても人気があります。

主な留学タイプ
ビザ申請
アイルランド留学に際しては事前に学生ビザの申請をする必要がありません。

入国審査の際に必要書類を提示することになります。留学に際しての障害は特にないため、短期・長期を問わず、あなたの希望の通りの留学計画を立てることができ、出発までの準備期間も短くて済みます。

詳細を見る

オーストラリア

オーストラリアは気候や治安の良さから、高校生から社会人まで、留学先として大変人気のある国です。

語学留学は短期、長期問わず人気があり、その他、やはりワーキングホリデーが人気です。ワーキングホリデー中は、4ヶ月まで学校に通学することができるので語学学校としっかり組み合わせて参加することをお勧めします。語学力が身についた上で仕事を探す方が希望する職種に巡り会える可能性がぐっと高まります。

さらに、TAFEと呼ばれる専門学校や大学への進学のための留学や、私立・公立への高校留学も盛んです。

主な留学タイプ
ビザ申請
オーストラリアは3ヶ月未満の留学であれば、授業時間数の制限なしに渡航することができます。その場合には予め、電子渡航認証(ETASと呼ばれます)手続きを済ませておく必要があります。

3ヶ月以上の留学には学生ビザ申請の手続きが必要です。オーストラリアの学生ビザは、「申請料が高額」というマイナス面を除けば、インターネットで申請が可能、ハードルは高くありません。ワーキングホリデービザもインターネットで簡単に申請ができ、発給までの期間も他の国に比べ短いです。

詳細を見る

ニュージーランド

ニュージーランドは、人口約470万人程度の小さな国です。最大の都市オークランドでも人口約150万人で、一歩離れれば田舎の風景が広がります。語学留学のほか、高校留学、大学進学留学、ワーキングホリデーに人気があります。

高校留学は非常に人気が高く、私立、公立の中から学校を選んで直接出願することになります。

ポリテクニックやファウンデーションを含む大学進学は高い語学力を求められるものの、附属英語コース費用も他の英語圏に比べリーズナブルです。

主な留学タイプ
ビザ申請
ニュージーランドのビザについては、ほとんど学生ビザとワーキングホリデービザです。学生ビザは3ヶ月を超えて勉強をしたい場合に申請を行います。

学生ビザを申請する場合は、基本的にフルタイムコース(午前・午後のコース)を受講するようにしましょう。ワーキングホリデーについては、特に制限や定員なども厳しくないため、比較的容易に申請をすることができます。

詳細を見る

マルタ共和国

ヨーロッパ・地中海に浮かぶ小さな島、マルタ。すっかり日本でも「英語を学ぶ留学先」として定着しました。

リーズナブルな留学費用に加え、週末にはLCCで欧州各都市への小旅行も楽しめます。また、夏休みには中高生対象の短期プログラムも盛ん、日本人比率が少なく大変人気があります。季節によって費用が大きく変わるのもマルタ留学の特徴、冬場は寒くあまりオススメできません。

また長期留学にも不向き、広くはない場所なので短期~中期(3ヶ月)くらいが良いでしょう。3ヶ月(90日)以上の留学では滞在許可申請を渡航後に行う必要があります。

主な留学タイプ
ビザ申請
マルタの語学留学では日本にてビザ申請をする必要はなく、必要書類を揃えて、渡航後に現地にて申請を致します。特に難しいこともないので学校のスタッフの指示に従い申請しましょう。

詳細を見る

フランス

フランスへの留学はほとんどが語学留学ですが、限られた定員ながらワーキングホリデーでの渡航もできます。語学留学は、1週間から参加できるものもあり、「フランス好きが高じて単なる旅行では満足できなくなった方」や 「料理、製菓、ワインなどを勉強する目的」で渡航する方などがいるのが特徴。

長期留学の場合、週20時間までのアルバイトも認められているので、多少のお小遣いを稼ぎながら生活をすることも。まずはフランス語の習得を目指しましょう

主な留学タイプ
ビザ申請
フランスに限らず、欧州のシェンゲン国(シェンゲン協定に加盟している主にEU圏の国々)のビザ申請はルールがほぼ統一されています。まず、3ヶ月以内の留学の場合、ビザの申請は必要ありません。3ヶ月以上6ヶ月以内の留学をする場合は、短期学生ビザの申請を行います。短期学生ビザは、6ヶ月を超えて延長することはできません。6ヶ月を超えて留学をしたい方は、長期学生ビザを申請しなければなりません。 フランスの学生ビザは、東京のフランス大使館に直接出向いて申請する必要があるため多少手間と労力がかかります。

ワーキングホリデー制度もありますが、定員は非常に少なく、希望者は多いので狭き門となっています。

詳細を見る

イタリア

イタリアへの留学もフランス同様、「イタリア好きが高じて単なる旅行では満足できなくなった方」や「料理、製菓、ワインなどを勉強する目的」で渡航する方などがいるのが特徴。

またイタリアならではの皮革製品(靴やかばん)の製作やオペラなどの音楽鑑賞・習得を目的に留学する方もいます。イタリアにはワーキングホリデー制度はありません。

主な留学タイプ
ビザ申請
フランス同様、イタリアもシェンゲン国となっており、3ヶ月以内の留学の場合ビザの申請は必要ありません。

3ヶ月を超えて留学をする場合、学生ビザの申請行いますが、イタリアの学生ビザは、東京のイタリア大使館又は大阪のイタリア領事館に直接出向いて申請する必要があります。申請に必要な書類は東京と大阪で若干異なるので、ご注意下さい。

詳細を見る

スペイン

スペインへの留学は、スペイン語の習得を目指した語学留学が一般的です。スペイン各都市に語学学校が存在し、多くの留学生が学んでいます。主な都市はマドリッド、バルセロナですが、セビーリャ、マラガなど地方都市も人気があります。

スペインでは、サルサやフラメンコなどスペイン文化を学ぶ目的で留学をする人も多く、期間は1週間から長期まで様々です。

主な留学タイプ
ビザ申請
スペインの学生ビザは他のシェンゲン国同様、3ヶ月~6ヶ月までの短期学生ビザと6ヶ月を超える長期学生ビザの2種類に分かれます。それぞれ申請に必要な書類が若干異なるので注意しましょう。

短期学生ビザを取得した場合、6ヶ月を超えて延長をすることはできないので注意。なお、スペインの学生ビザは非常に時間がかかります。最低でも3ヶ月前、できれば4ヶ月前には申請しましょう。

詳細を見る

ドイツ

ドイツへの留学目的は「語学習得」がほとんどでしたが、最近では大学留学にも注目が集まっています。短期は1週間から長期は1年やそれ以上と留学の方法も多岐にわたります。

フランスやイタリアのようにドイツ語プラス何かを学ぶというコースはそれほど盛んではありません。ドイツにはワーキングホリデー制度があり、1年を通じていつでもビザ申請ができるため気軽に申請をすることができます。 発給までの期間も短く、留学を決めて出発まであまり時間を要しません

主な留学タイプ
ビザ申請
ドイツ留学に際しては、学生ビザなどの申請は必要ありません。3ヶ月を超える留学の場合も現地にて申請を行います。ワーキングホリデーに関しては申請書を作成して、自身でドイツ大使館に提出する必要があります。発給までの期間は短いですが足を運ぶ手間があるため地方にお住まいの場合はお早目に手続きを開始することをおすすめいたします。

詳細を見る

南アフリカ共和国

2010年ワールドカップで連日目にすることになった南アフリカ共和国は、英語圏語学留学の穴場的な存在といえるでしょう。マルタ同様、日本人が少なく、主にヨーロピアンの環境で学ぶことができます。

ただ、報道にもあるように南アフリカは治安に不安がありますので、初めての海外などではしっかりとこの点を頭に入れた準備が必要でしょう。

主な留学タイプ
ビザ申請
南アフリカに留学する場合、3ヶ月未満の留学であればコースによらずビザ申請は不要です。3ヶ月を超える留学の場合は、日本で出発前にビザ申請が必要。入学許可書や資金証明などを提出し、申請します。

詳細を見る