シドニー留学 シドニー留学sp

シドニー留学で都市と自然、ビーチを満喫しよう

シドニーはオーストラリアで最も大きな都市です。

でも、実はビーチにも恵まれていること、ご存知でしたでしょうか?

平日はダウンタウンから近い語学学校でしっかり英語を学び、週末は学校のクラスメイトとサーフィン。

シドニー留学で気をつけるべきは強い日差し、特にビーチにいくならサングラスは必需品、お忘れなく。

しっかり遊び、しっかり学べることから、留学先としても人気があります。

南半球にあるので夏は12月~2月、冬は6月~8月になりますが、暑すぎず、寒しぎることなく快適に過ごすことが可能。そんなシドニーへの留学を選びたくなる、数々の魅力を紹介していきますね。

とりあえず語学学校を見てみる

とりあえず 語学学校を見てみるsp

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

オーストラリアの都市の中でも大人気

シドニーは数あるオーストラリアの都市の中でも、高い人気を誇っています。短期留学の場合には、観光都市としてオペラハウスなどを眺めながら、サーキュラーキーを散策。

その他、シティでショッピングなども楽しいのですが…

シドニーにはさらに上を行く魅力があります、それがビーチ。マンリービーチ(Manly Beach)やボンダイビーチ(Bondi Beach)は多くの人で賑わっています。こうした大きなビーチを始め、シドニーには100以上ものビーチがあります。

シドニーの語学学校の中にはこれらビーチのそばに校舎を置くものもあるので、海が大好きなあなたにとってはまさに楽園となることでしょう。

シドニーは都市部と美しい自然、どちらも一緒に味わうことができる留学先なのです。イギリスの雑誌、エコノミストが選ぶ、世界で暮らしてみたい街ランキングで毎年、上位に入るのも納得、ですよね(2018年は5位)。

多くある語学学校からあなたの希望に合わせてチョイス

シドニーなら留学のかたちも、高校留学から語学留学、ファウンデーションコースを提供する大学準備・進学留学、さらには職業体験、無給インターンシップなど様々選ぶことができます。

これらのコースを提供する語学学校も、それぞれ特徴があります。学校選びのポイントは1クラスあたりの人数数や、提供しているコース、それから英語レッスンにかかる費用。

シドニー留学はオーストラリアで最も滞在費用のかかる場所でもあります。学校費用、それから滞在に必要な費用を予めご検討された上で、最もご希望に沿う、あなただけのシドニー留学を留学ランドで見つけていきましょう。

普段の生活も困ることがないシドニー留学

海外留学をすると誰しも悩む食事の問題。でもシドニー留学なら問題なし、美味しい食事に恵まれています。やや割高ながら日本と遜色のない日本食、その他にもオーストラリア伝統のミートパイやフィッシュアンドチップスも是非トライしてみましょう。

それから滞在方法はホームステイにチャレンジ、「オージー」と呼ばれるオーストラリア人は朗らかで優しいです。日本の中学、高校の修学旅行や海外研修でオーストラリアが選ばれるのは治安の良さ、それから現地の人々のキャラクターの良さからなのではないでしょうか。

オーストラリア滞在中、それから日本にご帰国された後もお付き合いの続くようなホストファミリーに出会えることもありますよ。

シドニー留学の基本情報
実り多いシドニー留学の
実現に向けて

シドニーの基本情報

都市概要

オーストラリア最大の都市、シドニーには多くの観光客が世界中から押し寄せ、街には人が溢れています。

そんなシドニーに、留学を目的として訪れるなら、多くある語学学校の中から、希望するコースがきっと見つかります。

→シドニー留学をもっと知りたい

治安について

シドニーに限らず、オーストラリアは治安の良い国として知られています。

とは言っても、やはり人が多く集まれば、何かしら悪いことが起こってしまうもの。置き引きやスリに注意し、「日本ではなく、海外にいるんだ」ということを忘れないようにしましょう。

→シドニーの治安について

費用(AUD)

シドニーはオーストラリアの好景気によって不動産価値がどんどん上がっています。

ホームステイを選ばれた場合でも学校まで1時間はかかるもの、とお考えいただいた方が良いでしょう。フラットでシェアをする場合には、条件や契約内容を必ず読みましょう。

→シドニー留学費用を知る

必要なもの

日本の家電製品を使う場合、変圧器が必要なものが多くなります(オーストラリアは220V以上のものが多いのに対し、日本100Vであるため)

スマートフォン、パソコンの場合に関しても、ご利用の端末が変換プラグを利用するだけで充電可能か事前確認をおくこと。

シドニーにある
語学学校のご紹介
あなたの目的に合った
最適な学校を見つけよう


第1位

ILSC Language Schools
シドニー校 ILSCシドニー校バナー

おすすめのポイント
語学力に合わせ科目選択
世界展開をする学校
目の前にショッピングモール


第2位

Embassy English
シドニー校 エンバシーイングリッシュシドニー校
おすすめのポイント
英語力の成長を保証
世界展開をする語学学校
大学オンキャンパスです


第3位

KAPLAN International
シドニー校 KAPLANシドニーシティ校
おすすめのポイント
独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
ハイドパーク近くです


第4位

NAVITAS English
シドニー校

NAVITASシドニーハイドパーク校
おすすめのポイント
オーストラリアの老舗学校
進学コースも提供
街の中心部にあります


第5位

Sydney English Language Centres
SELC SELCバナー

おすすめのポイント
1985年から続く老舗語学学校
講師陣の質に定評有り
進学希望なら個別面談可能


第6位

NAVITAS English
マンリービーチ校

NAVITASマンリービーチ校バナー
おすすめのポイント
オーストラリアの老舗学校
進学コースも提供
ビーチがすぐそこにあります


第7位

ABILITY English
シドニー校 アビリティイングリッシュシドニー校バナー

おすすめのポイント
進学プログラムがあります
厳しい英語オンリーポリシー
駅近くで通学便利


第8位

Access Language Centre

アクセスランゲージセンターバナー

おすすめのポイント
無給インターンプログラム有
国籍比率がまばら
中央駅すぐそば


国ページから見直す 国ページから見直してみるsp