カナダでおすすめ

カナダ留学でおすすめなのはコレ!

カナダで英語を学ぶために留学することは、費用面、治安面からおすすめ、という話をどこかで見た、または聞いたことがある人、少なくないはずです。

カナダ、ってでも、広いですよね。あなたはどの都市を選びますか?

それから、都市を選んだら今度はその中から英語を学ぶ学校を選んで、次に一般英語なのか、それとも試験対策やビジネス英語にするのか、といったコース選びもあります。

このページではカナダ、という国でおすすめの都市、それから学校・コース選びのお手伝いとなるよう留学に関してあれこれご案内をしていきます。

留学エージェントでも、友達や親でもなく、自分自身におすすめできるカナダでの本当の留学探しのお手伝いになれば幸いです。

カナダ留学でおすすめの5都市はココだ!

おすすめの留学先、カナダ、そのおすすめ、まずはそのカナダの各都市から見ていきましょう。

西から東へ非常に広大な土地を有するカナダ。その広さは世界でロシアに次いで2位ってご存知でしたか?

そんな広いカナダへ留学する場合のおすすめの都市5つを、留学エージェント歴10年以上の私が勝手ながら選ばせていただきました。

カナダおすすめ都市No.1 
バンクーバー

まずはやはりココから

バンクーバー留学がカナダでもおすすめである理由は気候や治安の良さが第1の理由。

それから移民が多く暮らす街なので、英語も多様、日本人の発音だから恥ずかしがることなんてない、というのが第2の理由。

同じく色々な民族がいることのメリットとして、食事が美味しいのも嬉しい、第3の理由。

大きな都市でありながら、電車などを利用して少し離れれば緑、自然もいっぱい、リフレッシュしやすいです。

あと日本人が多いことを懸念されるかもしれませんが、そのおかげでワーホリや学生ビザで就労許可をもらっていたら、アルバイトがさっと見つかるのもバンクーバーの良いところでしょう。

まだまだありますよ、バンクーバーならではのおすすめポイント。

語学学校の多いので選択肢が広がる分、あなたが求める学校、コースが見つかりやすいですね。

英語を学ぶ場所を語学学校に限定する必要もなく、コミュニティカレッジや大学の付属英語コースにもご参加いただけます。

大学、でいえばカナダ屈指の名門、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)や、サイモンフレーザー大学があるのもバンクーバーの街です。

進学のため一生懸命語学を学ぶクラスメイトに恵まれれば、お互い刺激しあい、語学力をより早く伸ばしていけることでしょう。

ブリティッシュコロンビア大学や、サイモンフレーザー大学では、夏休みを利用したジュニアプログラムも実施されます。

小学生~高校生がご参加可能となっていて、世界中から集まる、同世代の友達と英語を学び、ときに笑い、ときに泣きながらアクティビティや小旅行もお楽しみいただけるプログラムです。

カナダでも大人気コースですから、夏休みプログラムとはいえ春先にはお手続きが必要だと思っておく方が良いでしょう(GW前後だと満室、になることも少なくありません)。

いかがでしょうか、バンクーバーが選ばれる理由、色んなものがありましたが、あらゆる世代で、様々な留学の種類を求められても、それに応えられる環境が整っているのが、カナダの西の玄関口、バンクーバーなのです。


カナダおすすめ都市No.2 
トロント

カナダで最大の都市

カナダ留学でトロントを選ぶ、おすすめのポイントは公共交通網が整っていること。

それからバンクーバーと同じく、様々な民族が暮らす街なので、正しい英語発音じゃなくても物怖じしなくて良いこと。

(もちろん最終的にはクセのないカナダの英語をマスターすることが目標ですよ!)

加えてバンクーバー同様、日本から直行便のフライトがあるので、安心して出発できることなど。

夏は暑すぎることはないので過ごしやすいのですが、バンクーバーとの違いは冬が寒いです。1月、2月になると最低気温マイナス10℃にもなるので、寒さが苦手、という場合は要注意です。

トロントなら週末の休みを利用してニューヨークやボストンへ遊びに行ってみても良いですね。

東海岸近くならではのおすすめポイントといえるでしょう。トロントが面しているオンタリオ湖は五大湖のひとつですが、ミシガン湖に面するシカゴもおすすめですね。

それからトロントを紹介する上で忘れてはならないのがトロント大学。

カナダのマンモス大学ながら入学は非常に難しく、マギル大学(モントリオール)、ブリティッシュコロンビア大学(バンクーバー)に並ぶ、カナダを代表する名門大学がある都市です。

トロント大学でも夏休みにジュニアプログラムを実施しています。

トロント大学が主催しているプログラムなので、本当に人気が高く、もしご興味があるなら、できる限り早いタイミングでお手続きをしてしまうことをおすすめします。

その他、大きな都市ゆえにトロントには非常に多くの語学学校があり、それぞれの学校が特徴を持っています。

資料、パンフレットを集めて、学校やコースを決めるのも良いのですが…一度、留学カウンセラーにコース内容等をご確認いただくことを強くおすすめします。

パンフレットに載っていないメリットをきっと説明してもらえます。留学ランドでも無料カウンセリングの受付をいたしております、是非、ご利用いただければと思います。


カナダおすすめ都市No.3 
モントリオール

フランス語も学べます

カナダで1番大きな都市はトロントですが、2番目に大きな都市をご存知ですか?そう、このモントリオールです。

他のカナダの都市との大きな違いは、フランス語圏、ケベック州にあること。ケベック州では、英語、フランス語の両方が話されています。

モントリオールのおすすめポイントはまず、英語を学ぶ留学で語学学校に通っても、フランス語を勉強できることですね。

街中での挨拶や、お店での簡単な会話で楽しくフランス語を学びましょう。モントリオールにあるレストランやカフェは、看板表記がフランス語であることを義務づけられています。

しかし、お店に入ればハロー、ボンジュールと声をかけてくれるので、英語で、とお願いすれば会話は英語になりますよ。

モントリオールはまた、音楽祭や映画祭が催される街でもあり、年間を通じていろいろなイベントに参加することができます。

そのイベントが実施されるモントリオールの街並みの美しさ、これもおすすめポイントのひとつ。

ビクトリアは英国調ですが、モントリオールは欧風、私個人としてはこちらの方が好きです。

なので、私がカナダでもし、どこかおすすめしてください、と言われたら間違いなくこのモントリオールをおすすめします。

冬が本当に寒く、1月~2月は-20℃なんて日もあったりする都市ですが、留学費用が抑えられます。

バンクーバー、トロントは観光地、または商業都市なので滞在費用が高く、特に滞在費用、いわゆるお部屋代がどうしても高くなります。

でもモントリオールならリーズナブル。語学学校のスタッフさんが日本に着たときにお話してくれましたが、ちょっと都市中心部から離れれば、シェアルームではなく、一人で暮らせるシングルルームが見つけられますよ、とのことでした。

生活費用を抑えつつ、長期で英語とフランス語も勉強できてしまうモントリオール、カナダの中でも、本当におすすめですよ。


カナダおすすめ都市No.4 
カルガリー

すぐそこに国立公園

カルガリーはバンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州の東隣、アルバータ州にあるおすすめの都市。

すぐ西にはバンフ国立公園、大自然が広がります。都市生活、自然のどちらも楽しむことができる場所です。

カルガリーのおすすめ理由ですが、実はカナダ高校留学で人気が高いのがこのカルガリー近辺の教育委員会なんですね。

カナダに中学卒業後の進学、または高校生が認定留学などで留学する場合、公立高校は教育委員会に申込をすることになります。

カルガリー、ゴールデンヒルズ教育委員会への高校留学がなぜ人気なのか、それはまず留学費用がバンクーバーやトロントに比べて安いこと、これもおすすめポイントではあります。

しかし注目していただきたいのは公立高校留学で、学生寮滞在が可能、という点。私立高校であれば、学生寮滞在できる学校も多いのですが、学費が高くなってしまいます。

学校にもよりますが、公立高校の2倍~3倍する私立高校も少なくありません。ホームステイが嫌で学生寮で勉強したい、ならゴールデンヒルズ教育委員会に問い合わせてみましょう。

人気がじわじわ出ている地域なので、お問合せは早いに越したことはありません(学生寮なので部屋数に限界があります)。

実際に勉強する先の高校は田舎なので、保護者の方は安心、勉強しかやることありませんから。

高校留学に関しては都市部よりも静かな田舎の方が良いですね。海外の都市部にはあまり良くない誘惑もあります。

また治安だって田舎に比べて悪化するのは明白。実際、英語力がそこまでない状態でカナダ高校留学をしたら、毎日英語の勉強に追われて遊ぶ暇はありません、ご安心を。

高校留学に関しては別途、お話をさせていただくとして、語学留学する場合のカルガリーおすすめポイントのご紹介させていただきます。

まず、モントリオールと同じく田舎なのでバンクーバーに比べて留学費用、特に長期留学される場合には滞在費用がぐっと抑えられます。

家賃はバンクーバーの半分以下です。でもカルガリーなんて田舎、とあなどるなかれ、カルガリータワー周辺は大きなショッピングセンターもあり、生活に不自由することはありません。

毎日賑やかな場所でワイワイ暮らしたい、という場合には向いていませんが、留学、といく文字通り、学ぶための環境として恵まれています。

勉強に行き詰まったり、嫌なことがあったらバンフまで出かけて自然に癒やされましょう。

英語を学ぶための語学学校もありますが、カルガリーにはカルガリー大学があります。

大学に通いたい留学生のための英語コースも提供されていて、もちろん語学を学ぶ目的であっても参加が可能。

大学キャンパスの施設を利用しつつ、英語を磨き、現地大学生との交流なども楽しむことができます。

おすすめのカナダ留学として、カルガリーにまず語学を学ぶため留学。その後、カナダだからできる、ワーキングホリデービザ、ワーホリを持ってバンクーバーへ。

英語力があることでバンクーバーでの仕事探しもすんなり、またあなたの希望する内容に近い仕事を見つけられるでしょう。

英語力がないまま、いきなりワーホリでカナダに渡航することは、私はおすすめできません。

バンクーバーは英語ができなくても、日本食レストランやお土産屋さんで仕事が見つかってしまいます。でも、仕事で話すのは少しの英語と、ほとんどは日本語。

はじめからそうしたイメージでワーホリに旅立つなら良いかもしれませんが、多くの場合はやりたいことを英語でやってみたいからワーホリをもってカナダに入国したはず。

英語を身につけた上でワーホリを上手に利用すれば、希望していた仕事に近いものが見つかるでしょうし、職場の同僚も英語での会話だけになることでしょう。

バンクーバーでのワーホリを考えるあなたにとっての英語準備留学、としてもおすすめのカルガリーでした。


カナダおすすめ都市No.5 
ビクトリア

高校留学でも人気

バンクーバーとジョージア海峡を挟んで向かいにある、バンクーバー島。そこにあるのが最後のカナダ留学おすすめ都市、ビクトリアです。

バンクーバーからは飛行機やフェリー、ちょっとリッチに水上飛行機でも渡航可能。

そのビクトリアの特筆すべきおすすめポイントは街並みでしょう。

立ち並ぶ建築物はイギリス統治下に作られたことから英国文化が色濃く残っていて留学だけでなく、たくさんの観光客が訪れる場所にもなっています。

気候もバンクーバーと同じく、雨こそ多いものの、春、夏は素晴らしく過ごしやすい都市ですね。

語学学校もありますが、ビクトリアには通称、ユービック(Uvic)と呼ばれる、ビクトリア大学があります。

大学付属の英語コースで英語を学ぶもよし、入学を目標に勉強するのも良いでしょう。

またまた高校留学の話になってしまいますが、ビクトリアの教育委員会では9月の学期開始前に、留学生向けの準備コースを提供しています。

英語だけでなく、ある程度の語学力がある中学校卒業後の生徒さんなら、単位になる科目の勉強も可能となっているので、カナダ高校留学をお考えならおすすめ。

というより、バンクーバー周辺を含む、西海岸の高校へ進学予定であれば、このビクトリアでの高校準備コースに参加しておくことを強くおすすめいたします。



カナダで選ぶべき5つのおすすめ都市を紹介させていただきましたがいかがでしたか?都市の次に選ぶのは学校、おすすめの語学学校ってどんな学校でしょうね、一緒に見ていきましょう。

学校選びは目的に
合わせて

学校選びのコツ

おすすめの学校の選び方について簡単に説明させていただきますね。まず、あなたの今回のカナダ留学の目的は何でしょう?

英語を学ぶこと、を前提にして考えてみます。

まず、あまり時間がなく、1~2週間の短期間しかカナダ留学はできそうにない、という場合。都市選びが終わった後、選べる学校は基本的に語学学校のみ、コミカレや大学の英語コースは学期単位なので参加が難しいですね。

そこで語学学校から希望に沿った学校を選ぶのですが、できれば街の真ん中にある学校を選ぶようにしましょう。

語学学校で行われるレッスンは基本的に月曜日から金曜日の日中です。しかし、学校のレッスンが終われば自由時間、どこに出かけてもOK。

学校で出来た友達といざ都市観光を…と思ったときに、街からちょっと離れた学校では簡単には出かけられません。

次に、カナダは24週間まで学生ビザ申請をしなくても滞在が可能ですが、1ヶ月~3ヶ月留学におすすめの学校選びの方法を考えてみます。

ある程度の期間、カナダに滞在できるので、語学学校そのものは、都市部になくてもOKです。またタイミングによっては、コミカレ、大学の英語コースにも参加できる可能性もありますね。

都市が決まったら、あとは留学エージェントと留学の目的とあわせてじっくり自分が思う学校選びをしていきましょう。もしかすると、一番学校選びに時間がかかる期間かもしれません。

あなたの最終ゴールは?

最後は24週間から1年以上、長期でカナダ留学を考える場合のおすすめですが、もしあなたが英語力の証明を求めるなら、コミカレ、大学の英語コースにすると良いです。

IELTSやTOEFLといったテストで求められる、アカデミックな英語を学ぶことができる場所ですから。

もしかすると、留学修了後には、コミカレ、大学への入学に必要な語学力が取れてしまう可能性も少なくありません。

いやそうじゃなくて、もっと英語を話せるようになりたい、というのであれば語学学校になります。

コミカレや大学の英語コースがどちらかというと読み書きに重きを置いている(会話や聞き取りもありますよ!)のに対して、語学学校はミニグループでの会話メイン。毎日、とにかく英語を話すことで会話力が身についていきます。

語学学校でも中級や上級になれば、英語試験対策コースやビジネスコースも選べるようになります。とにかく英語が話せるようになることが目的、なのであれば語学学校を選びましょう。

また、語学学校ならタイミングが合えばキャンペーンでの長期割引が使えることもあります。

驚くほど留学費用が下がることもあるのでこまめに留学エージェントに問い合わせをしてみましょう。

次は、今のお話にも出てきた、カナダのコミカレや大学へ進学留学する場合のおすすめをご案内させてください。

カナダ進学留学、コミカレや大学のおすすめは?

カナダへの進学留学

カナダへ進学留学をお考えの場合のおすすめ、ですがやはりコミカレからスタートして留学費用を抑えつつ、4年制大学の3年次編入をするのが経済的にも、また勉強する流れとしてもおすすめになりますね。

費用面に関しては、カナダもアメリカ同様、大学は学費が高いのですが、コミカレなら安く抑えることができます。

具体例があった方がわかりやすいと思います、人気都市バンクーバーのコミカレ、大学の学費を比べてみましょう。

バンクーバーにはいくつかのコミカレがありますが、人気の高いランガラカレッジの費用を見てみます。

ランガラカレッジがなぜ人気かと言えば、提供している英語プログラム、LEAPの評価が高いこと、ブリティッシュコロンビア大学やサイモンフレーザー大学への編入が多いことなどが理由に挙がります。

英語コースであるLEAPは、カレッジコースを受講するのと同じようにテーマがあってレッスンが進んでいきます。

なので実際にLEAPが終わったあと、カレッジコースの厳しさ、難しさにたじろぐことなく参加できるようになっているのでおすすめですよ。

さてそのカナダ、ランガラカレッジでのアカデミックイヤー(約10ヶ月)の留学費用を見てみると、約310万円(2018年11月レートで換算)ほどかかる計算になります。

この金額にはランガラカレッジでの授業料や教材費、それから施設費などの学校費用、さらに滞在費用と食事の費用に交通費まで含む、概算費用(留学生がバンクーバーで生活すると、だいたいこれくらいは必要ですよ、というもの)になります。それでは大学はどうでしょうか。

ランガラカレッジはバンクーバーから南、空港へと向かうスカイトレインのLangara 49th Avenue駅そばにありますが、そこからずっと西へ進むと森が見えてきます。

そこが世界ランキングでも上位にある名門、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)キャンパスです。

このUBCが提示している概算費用から計算すると、アカデミックイヤー(約10ヶ月)あたり、約540万円となります。

もし、UBCに日本の高校を卒業して、そのまま4年間、卒業まで通った場合には、単純計算で4倍してみても、約2,200万円はかかります。

一方で、ランガラカレッジからUBCへ編入出来た場合、(ランガラカレッジ310万円x2年間=620万円)+(UBC540万円x2年間=1,080万円)=約1,700万円と、大学に4年間通うよりも、500万円も安くなるんです。

アメリカも同じく、カナダ進学でも、日本の高校を卒業した後、4年生大学より入学が簡単だから、という理由だけで留学エージェントはおすすめをしているわけではないんですね。

費用面でもぐっと費用を抑えることができるので、コミカレをおすすめしているわけです。

さらにもうひとつ、コミカレからのカナダ進学留学をおすすめする理由があるんですね。それはコミカレ、大学の成績に関する問題です。

海外の大学受講とは

日本の大学と、カナダやアメリカのコミカレは基本的に講義への参加姿勢が異なります。日本の大学は基本的に教授、または講師による講義、学生は話を聞き、教科書を開いて大切なところに蛍光色をつける、といったものがほとんど。

ところが、カナダやアメリカのコミカレや大学では日本のような受け身の勉強では単位がもらえません。

積極的に質問をしながら、プレゼンテーションをしたり、ディベートで意見を交わします。レポートもどっさり出るので平日ゆっくり寝ることはほぼ出来ません。

そうした努力がなければ単位が貰えず、再履修(=留学費用が増えることになります)となるわけです。

4年制大学に日本の高校からFreshman(1年生のことです)として入学しても、その文化の違いにショックを受け、落とす単位が多くなるでしょう。単位が取れても良い成績がもらえないかもしれませんね。

コミカレで講義の受け方を身につけ、意見をぶつけあえるアカデミックな英語を学んでから4年制大学に進む方が、最終的な大学の成績が良くなります。なので、コミカレからスタートすることをおすすめしています。

カナダのコミカレはカレッジコースをスタートするのに高い英語力(TOEFLibt80以上)を求められるのですが、英語力がぎりぎり合格点、の場合にはランガラカレッジのLEAPで英語力のブラッシュアップと、講義の受け方を身につけることを強くおすすめいたします。

最後に、学校選びという点でカナダのおすすめのカレッジ、大学はどこでしょう?というお話をすると、あなたの語学力、性格によって大きく変わります。

例として、英語力があまりなく、英語コースに1年くらい時間がかかりそう、そんな場合には田舎の小さなコミカレが良いですね。

コミカレ内の学生、スタッフはもちろん、街で暮らす人とも仲良くなることもあるでしょう、また費用のうち、生活に関するお金を抑えることもできます。

具体的には、カレッジオブザロッキーズ(クランブルック、ブリティッシュコロンビア州)などはいかがでしょうか。

逆に英語は問題なし、自分から積極的に人と関わっていけるようであれば、都市部のコミカレでどんどん友達を増やしながら勉強してみてはどうでしょう。

トロントにあるジョージブラウンカレッジはコースの選択肢も多く、施設も綺麗でおすすめですよ。

いざコミカレを卒業、じゃあその先の編入する大学でおすすめは…カナダのコミカレでアドバイザーにご相談すべきです。

UBCやトロント大学などを目指してコミカレに入学しても、実際の成績などで目標は変わります。

2年間のコミカレ生活で大学を下見に行くこともあるでしょうから、自分に本当にあった大学は、ご自身の目で見て、実際に現地で常に新しい大学情報を持つアドバイザーと一緒に決めましょう。


いかがでしたでしょうか、カナダ留学に関するおすすめポイントをご案内させていただきました。

広いカナダの中から都市を選ぶのも、自分に合った学校を見つけることも一苦労ですが、楽しいカナダ留学にするため、是非、ご参照いただければと思います。

カナダ留学のおすすめポイントや、カナダのおすすめの小旅行スポットなどは、留学ランドがおすすめする、留学エージェントでのカウンセリングで知ることができます、是非、ご参加してみましょう(もちろん、無料です)。



語学学校の入学手続きを無料代行!
海外・英語留学の相談・お見積り依頼は留学ランドへ