国際化の進む日本で、海外での語学留学に興味を持つのはごく自然なこと。インターネットで語学留学、と検索してみると、世界中のさまざまな国の楽しいイメージや説明が盛り沢山ですよね。

英語を学びに海外へ、そんな気持ちの一方で費用がどれくらい必要かも気になるもの。2週間~1ヶ月の短期留学、あるいは半年から1年の長期で、あの国の留学費用はいくらなのか。また別の国なら費用はどう変わるのか。

そんな語学留学に必要な費用を元エージェントとして10年以上の経験のある私が、徹底的に調査、比較!短期から半年、1年の留学費用を比較すると、期間別におすすめの国が変わることも分かりました。

さらに英語を学ぶ語学留学なら、国際航空券や海外旅行傷害保険、留学エージェントも必要。これらもおすすめの見つけ方を紹介します。

このページを読み終わる頃には、きっとあなたが語学留学してみたい国が決まっているはず!

語学留学費用は短期~1ヶ月、半年・1年間でいくら必要?

各国学校費用を比較してみた

突然ですが、あなたはなぜ、語学留学に興味を持ちましたか?

  • 自分の学校に交換留学生が来たけど、英語で話せなかった…。
  • 街で会った外国人から、英語で話しかけられたけど答えられなかった…。
  • 海外の会社に緊急の電話をしたかったのに、英語ができなかった…。

など、人それぞれに語学留学をしよう、と思うキッカケはさまざま。

海外での語学留学にはお金、費用が必要。でもどのくらいの費用が必要でしょうか。

語学学校での英語レッスン費用、それに滞在費用、ホームステイや学生寮(レジデンス)にかかる料金。これらは留学期間が2週間や1ヶ月の短期なのか、半年や1年の長期なのかで違います。

そもそもどの国で語学を学べば費用が高くて、安いのか、英語を学ぶのにおすすめの国はどこなのでしょうか。

お任せください、留学エージェント歴10年以上の私が、海外で英語を学ぶのにかかる費用を徹底調査、人気の8つの国・都市別に、それぞれの語学学校費用をまとめて比較表にしました。

  • アメリカ:西海岸、カリフォルニア州ロサンゼルス
  • イギリス:首都であり世界経済の中心、ロンドン
  • カナダ:世界暮らしやすい街ランキング上位のバンクーバー
  • オーストラリア:都市、自然、ビーチが揃うシドニー
  • ニュージーランド:大自然がすぐそばにあるオークランド
  • マルタ共和国:ヨーロッパ、地中海に浮かぶリゾート地
  • アイルランド:語学だけでなく音楽や文化も魅力的なダブリン
  • フィリピン:マンツーマンで格安、リゾートでもあるセブ島

これらの国・都市で、短期2週間から、夏休みや春休みの留学に多い1ヶ月と、多くの国で学生ビザの申請なしで語学留学ができる3ヶ月(12週間)、また長期の半年(24週間)や、まるっと1年(48週間)の語学留学で、どのくらい費用が必要になるか期間別に紹介していきます。

もし、これらの国や都市、期間の異なる語学留学プランをお考えでしたら、いつでもお気軽に留学ランドへお問い合わせを。経験ある留学カウンセラーがあなたのご希望に沿った内容でお見積り、その他のご相談も無料で受け付けています。

「ここって短期留学ならこれくらいの費用で行けるの!?」、「長期留学ってこの国なら実はこんなに安くなるんだ」、という発見がきっとありますよ。

2週間の短期留学費用、おすすめのフィリピン・セブ島は本当に安い?

2周間の留学にいくら必要?

最初に2週間の短期留学ではどの程度の費用が必要か、各国ごとに比較します。2週間であれば、中学生や高校生、大学生の春休みや夏休み、社会人の場合は休日・有給を組み合わせて参加可能な期間。語学学校により最短1週間での参加も可能ですが、注意点が1つあります。

語学学校のコース開始日は基本的に月曜日、その到着初日は語学力チェックのためのテスト、学校施設や周辺案内を含むオリエンテーションも行われます。1週間だけの語学留学の場合、レッスンが受けられるのは翌日の火曜日から金曜日まで、実質英語レッスンが受けられるのは4日間のみとなります。

それでは2週間の短期留学で実際に必要な学校費用はどの程度か、マンツーマンレッスンで格安・おすすめのフィリピン・セブ島留学は他の国と比較してどれだけの費用に差があるかに注目です。

短期2週間の英語留学費用~人気の8つの国・都市別の比較

国・都市
学校名
費用(外貨)費用(日本円)
アメリカ・ロサンゼルス
KAPLAN International(ウエストウッド)
US$1,915¥211,000
イギリス・ロンドン
LSI(ロンドンセントラル)
GBP1,260¥185,000
カナダ・バンクーバー
LSI(バンクーバー)
CA$1,735¥147,000
オーストラリア・シドニー
KAPLAN Internatioanl(シドニー)
AU$2,300¥186,000
ニュージーランド・オークランド
LSI(オークランド)
NZ$2,166¥168,000
マルタ共和国
EC(マルタ)
EUR1,250¥158,000
アイルランド・ダブリン
KAPLAN International(ダブリン)
EUR1,420¥180,000
フィリピン・セブ島
CPILS
US$1,010¥113,000

※留学費用の比較に含まれるもの

  • 英語レッスン費用
    午前・午後とも英語レッスン、フルタイムコース
    ※ただしアメリカのみ午前または午後のみ半日のパートタイムコース
  • 滞在費用
    ホームステイ個室、朝・夕食付き
    フィリピンのみ学生寮4人部屋
  • 往路到着空港出迎
    各学校指定の国際空港
  • 2019年2月時点の学校費用、外貨レートにて算出

費用比較表にある語学学校の紹介はこのページの後半にあります。

いずれも基本的に午前、午後ともに英語レッスンに参加できるフルタイムコースで計算していますが、特筆すべきはフィリピン・セブ島の語学学校CPILSは、午前はマンツーマンの英語レッスン、午後は少人数制のグループレッスンの点。

フィリピン以外の国でマンツーマン英語レッスンを選択すると英語コース費用は何倍にもなります。あなた一人に対して英語講師が一人、つきっきりで英語を教えてくれるのですから。

フィリピンは英語講師のみなさんの人件費を安く抑えることができるので学費が安く済むんですね。ただ、このように書くとフィリピン講師の質は大丈夫?と思われるかもしれませんが、みなさん英語を教える資格を持っている、または各学校の厳しい研修を終えているのでご安心を。

またフィリピン、セブ島のCPILSでは午前、午後だけでなく、夕食後の自習やワークショップもあるので平日は文字通り、英語漬けの毎日でひたすら語学を学ぶことが可能。費用面だけでなく、内容も踏まえておすすめの短期留学先です。

中学生、高校生は語学学校で一般英語コースに参加できない?

ここでひとつ、中学生や高校生のみなさんに注意点。このページで案内する語学学校の一般英語コースには、年齢制限のため中学生、高校生は参加できません(16歳または18歳以上とする学校がほとんど)。

一般英語コースには大学生や社会人などの大人が参加しており、海外では大人と未成年の線引が非常に厳しく、また未成年のあなたと他の大人が気を使わずにリラックスして英語を学べるよう配慮されているためなんです。

じゃあ中学生や高校生はどうしたらいい?という話ですが、みなさんのために世界各国の語学学校はジュニアプログラムという留学コースを用意しています。夏休みや春休みの期間限定で、平日半日の少人数英語グループレッスン、もう半日はアクティビティ、週末は終日で各都市観光や近隣施設を巡ります。

世界中から集まる留学生と英語を学びながらコミュニケーションを取り、楽しいアクティビティに参加すれば、プログラム終了時には様々な国の友達ができ、帰国したくないと泣いてしまうほど。

留学ランドでも中学生や高校生、それから大学生のための夏休み留学を紹介しているので是非ご覧ください。

さて、続いては4週間、約1ヶ月の場合にどれくらいの語学留学費用が必要か、見てみましょう。

1ヶ月(4週間)、自然が好きならニュージーランドもおすすめ

1ヶ月留学するといくら必要?

大学生の夏休み、または春休みに多い留学期間がこの4週間(約1ヶ月)です。大学生のみなさん、通っている学校の国際交流センターや、学生協窓口でお見積りやパンフレット、もらっていませんか?お手元にあれば、こちらでご案内する費用比較表と比較してみてはいかがでしょうか。

約1ヶ月(4週間)の英語留学費用~人気の8つの国・都市別の比較

国・都市
学校名
費用(外貨)費用(日本円)
アメリカ・ロサンゼルス
KAPLAN International(ウエストウッド)
US$3,445¥386,000
イギリス・ロンドン
LSI(ロンドンセントラル)
GBP2,250¥330,000
カナダ・バンクーバー
LSI(バンクーバー)
CA$2,985¥255,000
オーストラリア・シドニー
KAPLAN Internatioanl(シドニー)
AU$3,900¥315,000
ニュージーランド・オークランド
LSI(オークランド)
NZ$3,642¥283,000
マルタ共和国
EC(マルタ)
EUR2,380¥301,000
アイルランド・ダブリン
KAPLAN International(ダブリン)
EUR2,540¥321,000
フィリピン・セブ島
CPILS
US$1,609¥180,000

※留学費用に含まれるもの

  • 英語レッスン費用
    午前・午後とも英語レッスン、フルタイムコース
    ※ただしアメリカのみ午前または午後のみ半日のパートタイムコース
  • 滞在費用
    ホームステイ個室、朝・夕食付き
    フィリピンのみ学生寮4人部屋
  • 往路到着空港出迎
    各学校指定の国際空港
  • 2019年2月時点の学校費用、外貨レートにて算出

アメリカだけフルタイム(午前・午後とも英語レッスン)ではなく、なぜパートタイム(午前または午後の半日英語レッスン)としているか、理由を補足しますね。アメリカには厳しい学生ビザルールがあります。アメリカ留学の場合、以下の2つのいずれかに当てはまると学生ビザの取得が必要です。

  1. 90日間以上、アメリカに滞在する
  2. 1週間あたり18時間以上の英語レッスンを含む勉強をする

2番めの週18時間以上の英語レッスン、というのはすなわちフルタイムコースのこと。逆にパートタイム、週18時間未満であれば事前の学生ビザ申請が不要なため、費用比較表のうちアメリカのみ、12週間まではパートタイム英語レッスンで見積り費用を作成しています。

もちろん、1ヶ月(4週間)の短期アメリカ留学でもフルタイムで勉強したいという熱意あるあなたなら、学生ビザを申請しての留学も可能です。ただしその場合、留学の申し込み・手続きを早めに済ませ、学生ビザ申請・アメリカ大使館や各領事館での面接があるのでご注意を。

さて、1ヶ月(4週間)の語学留学費用の比較でも、やはりフィリピン、セブ島は格安。すっかり日本で「安い英語留学といえばフィリピン」となってきたのも頷けます。

次いで安いのが、カナダとニュージーランド。フィリピンは英語留学ができる国ですが、街で話されているのは母国語であるタガログ語などフィリピン独自の言葉。語学学校の中だけでなく、街中のレストラン、スーパーマーケット、ホームステイでホストファミリーが英語を話す国ならカナダ、ニュージーランドがおすすめ。

特に動物や自然、アウトドアが大好きなあなたにはニュージーランドがおすすめ。時差もなく、キウィと呼ばれるニュージーランド人も朗らかで親切です。

次は12週間・約3ヶ月、多くの国でギリギリ学生ビザを申請せずに留学できる期間の費用をチェックしてみます。

学費だけでなく学生ビザも要注意、12週間・約3ヶ月

12週間、約3ヶ月の場合

12週間、約3ヶ月にもなると短期留学ではなく中期間。英語留学をするのにギリギリ学生ビザ申請をしなくても渡航できる、12週間、約3ヶ月の語学学校費用を各国、各都市別に見ていきましょう。

約3ヶ月(12週間)の英語留学費用~人気の8つの国・都市別の比較

国・都市
学校名
費用(外貨)費用(日本円)
アメリカ・ロサンゼルス
KAPLAN International(ウエストウッド)
US$9,385¥1,051,000
イギリス・ロンドン
LSI(ロンドンセントラル)
GBP6,210¥911,000
カナダ・バンクーバー
LSI(バンクーバー)
CA$7,885¥728,000
オーストラリア・シドニー
KAPLAN Internatioanl(シドニー)
AU$10,300¥831,000
ニュージーランド・オークランド
LSI(オークランド)
NZ$9,526¥739,000
マルタ共和国
EC(マルタ)
EUR5,880¥744,000
アイルランド・ダブリン
KAPLAN International(ダブリン)
EUR6,980¥883,000
フィリピン・セブ島
CPILS
US$4,678¥524,000

※留学費用に含まれるもの

  • 英語レッスン費用
    午前・午後とも英語レッスン、フルタイムコース
    ※ただしアメリカのみ午前または午後のみ半日のパートタイムコース
  • 滞在費用
    ホームステイ個室、朝・夕食付き
    フィリピンのみ学生寮4人部屋
  • 往路到着空港出迎
    各学校指定の国際空港
  • 2019年2月時点の学校費用、外貨レートにて算出

この12週間、約3ヶ月に上記条件で英語留学する場合には学生ビザの申請は不要です。

費用比較表を見ると、フィリピン、カナダ、ニュージーランドの他にマルタとアイルランドも安いのです。マルタはヨーロッパ、地中海に浮かぶ小さな島国で英語が公用語です。

マルタ留学を私がおすすめする理由は費用が安いことに加え、他の国のから留学生にヨーロッパ人が圧倒的に多く日本人留学生が少ないこと、それから週末のお休みを利用してヨーロッパ各都市へ格安小旅行を楽しむことができるから。

アイルランドも同じく、費用が安い、日本人留学生が少ない、欧州各国・各都市に格安旅行ができるメリットがあります。さらにアイルランドは半年や1年の長期留学で学生ビザを取得した場合、アルバイトまでできるのでおすすめですよ。

比較表にある費用に関する補足情報

マルタ留学のメリットをご案内させていただいたところで、比較表の費用について補足すべき情報があります。それは比較表の費用はすべて、各語学学校の「通常期」の費用で算出している点。

海外へ語学留学する場合、夏休みや春休み、留学生が多くなる「繁忙期」とそれ以外の「通常期」に分けられます。特にマルタ留学の場合にはこの繁忙期と通常期の留学費用の差に注意が必要です。

ヨーロッパのベストシーズンである、6月~9月の間、マルタにある多くの語学学校は授業料と滞在費用が大幅に上がります。もしあなたがこのマルタの繁忙期に留学を検討中の場合、費用比較表の金額は該当しません。

紹介した、語学学校ECマルタ校の場合、繁忙期の12週間、約3ヶ月の留学料金はEUR7,560(¥956,000)!に跳ね上がります、くれぐれもご注意ください。(その他の国、都市を選ぶ場合も夏休み期間やクリスマス期間、特に滞在費用で追加費用があります。)

続いて24週間(約半年)、海外で英語留学をするとどれくらいの費用が必要かを調べました。

半年(24週間)の費用比較で分かった、おすすめのカナダ

約半年(24週間)もの長期留学になると必要な費用も大きくなるもの。また、カナダ、イギリスを除く他の国は学生ビザまたは滞在許可証申請が必要で、いずれも準備が必要な書類や大使館・領事館での手続きなど時間を要します。

学生ビザが必要な半年から1年間の留学をお考えの場合はできる限りお早めに留学ランドへお問い合わせを。出発の遅くとも3ヶ月前までに語学留学の申し込み手続きを済ませるのがおすすめです。

約半年(24週間)の英語留学費用~人気の8つの国・都市別の比較

国・都市
学校名
費用(外貨)費用(日本円)
アメリカ・ロサンゼルス
KAPLAN International(ウエストウッド)
US$19,540¥2,188,000
イギリス・ロンドン
LSI(ロンドンセントラル)
GBP11,070¥1,623,000
カナダ・バンクーバー
LSI(バンクーバー)
CA$13,765¥1,131,000
オーストラリア・シドニー
KAPLAN Internatioanl(シドニー)
AU$19,966¥1,612,000
ニュージーランド・オークランド
LSI(オークランド)
NZ$17,330¥1,345,000
マルタ共和国
EC(マルタ)
EUR11,160¥1,411,000
アイルランド・ダブリン
KAPLAN International(ダブリン)
EUR13,460¥1,702,000
フィリピン・セブ島
CPILS
US$9,056¥1,014,000

※費用に含まれるもの

  • 英語レッスン費用
    午前・午後とも英語レッスン、フルタイムコース
  • 滞在費用
    ホームステイ個室、朝・夕食付き
    フィリピンのみ学生寮4人部屋
  • 往路到着空港出迎
    各学校指定の国際空港
  • 2019年2月時点の学校費用、外貨レートにて算出

約半年、24週間の費用比較で注目いただきたいポイントがあります。

カナダ・バンクーバーと、フィリピン・セブ島、この2つの留学費用の差ですが、カナダの約110万円と比較して、フィリピンは約100万円。考え方ではありますが、半年もの長期間留学をするのに僅か10万円でカナダ留学も選べることになります。

フィリピン・セブ島留学はフルタイムで平日英語漬け、しかも英語レッスンはマンツーマンで、人気の学生寮滞在ができるというメリットがあります。しかし、語学学校の外ではお店やレストランでこそ簡単な英語が使われますが、基本的には現地言。

さらに、フィリピンに留学しているのはほぼ日本人、または韓国人。英語が本当に初心者で、外国人と話すことが苦手・怖いならフィリピン留学はおすすめです。もしあなたに英検2級くらいの語学力があれば、私は元留学エージェントとして強くカナダ留学をおすすめします。

学校だけでなく、ランチを食べるレストラン、放課後に立ち寄るカフェやスーパーマーケットもすべてネイティブの英語。そのスピードや語学のリズムを、カナダ留学なら感じることができますから。

比較表では24週間、半年の間すべてホームステイ前提で費用計算していますが、最初の1ヶ月~2ヶ月だけホームステイ、後でシェアアパートを見つけて引っ越しすれば滞在費用を節約できます。

それでは費用比較の最後、48週間、約1年の間、海外で英語を学ぶのに必要な語学留学費用をご案内しますね。

1年(48週間)の長期語学留学で知っておくべき費用のこと

1年間の留学費用を調べる

1年間、海外で英語を身につけるための語学留学なら、語学力だけでなく、留学中に英語で学びたい何かを考えておくべきです。

まずは48週間、約1年の語学留学をする場合に用意すべき費用を一覧表で見てみましょう。

約1年(48週間)の英語留学費用~人気の8つの国・都市別の比較

国・都市
学校名
費用(外貨)費用(日本円)
アメリカ・ロサンゼルス
KAPLAN International(ウエストウッド)
US$38,620¥4,325,000
イギリス・ロンドン
LSI(ロンドンセントラル)
GBP21,990¥3,225,000
カナダ・バンクーバー
LSI(バンクーバー)
CA$27,085¥2,220,000
オーストラリア・シドニー
KAPLAN Internatioanl(シドニー)
AU$38,734¥3,127,000
ニュージーランド・オークランド
LSI(オークランド)
NZ$33,530¥2,602,000
マルタ共和国
EC(マルタ)
EUR22,200¥2,808,000
アイルランド・ダブリン
KAPLAN International(ダブリン)
EUR26,600¥3,372,000
フィリピン・セブ島
CPILS

※留学費用に含まれるもの

  • 英語レッスン費用
    午前・午後とも英語レッスン、フルタイムコース
  • 滞在費用
    ホームステイ個室、朝・夕食付き
  • 往路到着空港出迎
    各学校指定の国際空港
  • 2019年2月時点の学校費用、外貨レートにて算出

1年間のフィリピン語学留学も可能ですがフィリピンの留学費用を記載していない理由は、多くは長くても半年、24週間までだから。マンツーマンレッスンで英語のコミュニケーション力を身につけ他の国でワーキングホリデーをする、またはTOEFLやIELTSなどの英語試験対策コースでスコアアップ後に希望する国へ進学するケースがほとんど。

その他の国の1年間の語学留学費用を見てみると、カナダが安く、次いでニュージーランド。私が留学エージェントとして働いていた頃も、費用が安くおすすめのカナダやニュージーランドの長期語学留学をご案内していました。ただしその場合、語学学校への留学だけではなく、語学力を活かして何かを学べる留学もご紹介したものです。

人によって語学力がどれくらい身につくかは、期間に限らずバラバラ。1年間、語学学校でしっかり英語を学ぶこともひとつの選択なのですが、その場合、留学途中であることに気づくんですね。

英語は話せるようになったから、英語「で」何かを学んでみたい、と。

留学中に規定以上の語学力が身につけば、語学学校の中でもビジネス英語コースに参加できるようになったり、海外進学に必要なTOEFL、IELTSといったアカデミック英語試験の対策コースに参加できます。

それ以外にも、アメリカやカナダなら、語学学校の規定レベルを終了することでコミュニティカレッジ、日本でいえば短期大学と専門学校を足して2で割った学校へ入学することが可能。

同じように、イギリスなら公立カレッジ、オーストラリアにはTAFE、ニュージーランドにはポリテクニックと呼ばれる学校があります。これらの学校では、英語「で」いろんな勉強ができます。

具体的には、ビジネスや旅行業、ファッションの基礎などを英語で学ぶことができます。またあなたが海外の大学を目指すなら、そのために必要な単位や準備コースにも参加できます。

そのほかにも、あなたが大学生の場合には、今は英語力がなくても、留学中に語学力がアップすれば現地大学の単位を履修できるコースや、社会人のあなたには英語コースからスタートして、充分な語学力が身についたところで名門大学エクステンションでのビジネスコースへの参加や、インターンシップなども可能になります。

半年、1年といった長期留学をお考えになったら、まずは留学ランドに一度、ご連絡を。プロの留学カウンセラーがあなたにおすすめの留学をご提案いたします。もちろん、留学ランドなら、語学留学のご相談、資料請求は無料、いつでもお気軽にあなたの語学留学に対するご希望、ご質問をご連絡ください。

ここまで語学留学をする際に必要となる、語学学校の費用についてご案内させていただきました。今度は費用を参照した語学学校について、その詳細をご案内していきますね。

比較表で紹介している語学学校のご案内

留学費用比較表で紹介をさせていただいたのは、世界各都市に校舎を構え、各国の語学学校審査機関の厳しい審査をクリア、これまでに世界中から多くの留学生を受け入れた実績のある語学学校です。ひとつずつ、紹介させていただきますね。

実績、経験により作られたKメソッド、KAPLAN International

語学学校KAPLAN Internationalでは、世界各都市に校舎を持ち、独自の英語学習法、「Kメソッド」を開発して、英語を学ぶ留学生に効率よく英語の読み書き、聞き話す力を身に着けることができます。各国の高等教育機関とも提携しており、KAPLANの規定レベルをクリアすることで、それぞれの国・都市にあるカレッジや大学への語学力要件を免除することも可能。

英語の勉強を始めたものの、何からどう手をつけたら良いか分からない、そんなあなたにはKメソッドがぴったり。最初の語学力テストで自分の英語力にあったクラスを受講、留学中に何をどこまで学んだかチェックできます。一般英語はもちろん、ビジネスコースや試験対策コースも提供している語学学校です。

アットホームな雰囲気で安心のLSI

語学学校Language Studies International、LSIは世界中の都市に校舎を構えながら、そのどれもが小規模に抑えています。その理由は、LSIの運営のモットーとして、留学に参加する学生、それから学校の英語講師、運営スタッフとの距離感を縮め、よりアットホームな雰囲気で、いつでも気軽に誰にでも話せるようにしています。

初めての海外、初めての語学留学でも親切な学校スタッフがサポート、安心して英語の勉強に集中できます。各校舎ごとに一般英語だけでなく、各種英語試験対策やビジネス英語、その他アクティビティと組み合わせたコースなどを提供。元留学エージェントの私も、英語に自信がない、初めての海外で不安いっぱいなあなたに是非、おすすめしたい語学学校です。

アメリカやイギリス、英語圏で絶好の場所に校舎をもつ、EC

ヨーロッパ、地中海に浮かぶリゾートでもあるマルタ島に本部を置く語学学校English Languace Centers,ECは世界各都市の非常にロケーションの良い場所に校舎を構えているのが一つの特徴です。英語レッスンは30年以上の実績、経験を活かし考案されたものであり、コミュニケーションに注力した興味深い内容のものばかりとなっています。

オンラインツールを併用した最新の英語教授法で、参加する学生が楽しく英語を学べるよう考えられています。ECは校舎を各都市で非常に便利な場所に設置しており、たとえ短期の留学中でも、英語レッスンが終わって校舎を飛び出せば、その街の魅力を存分に味わうことができます。一般英語だけでなく、各種英語試験対策、ビジネスコースも提供しています。

フィリピン政府推奨、セブ島でも実績・歴史のあるCPILS

フィリピン、セブ島にある語学学校CPILSは世界展開をしている学校ではありませんが、フィリピン政府が推奨する英語を学ぶための語学学校であり、フィリピン、セブ島で最初の英語教育機関として2001年にスタートした実績のある語学学校です。マンツーマン英語レッスン、学内学生寮はもちろん、セブ島最大のスポーツジムまで備え、学校施設も充実しています。

平日は朝起きてから夜、ベッドに入るまでマンツーマン英語、少人数英語レッスン、そして翌日のための予習復習と、ひたすらに英語漬け。フィリピン・セブ留学だと多くの学校が日本人か韓国人ばかりのところ、CPILSは留学生の国際色も豊か。また、英語のネイティブ講師の数がフィリピン、セブ島においてもっとも多い語学学校でもあります。

世界中には是非あなたに知っていただきたい語学学校がまだまだあります。どんな留学スタイルを希望されるか、少しだけ留学ランドへのお問い合わせでヒントをいただければ、経験ある留学カウンセラーがおすすめの学校をご案内いたします、是非、ご利用いただければと思います。

語学学校とその費用についてのお話はここまで。海外へ留学するにはその他にも用意しなければならないものがたくさんあります。今度は語学学校以外に留学に必要なものと、その費用をチェックしておきましょう。

語学学校の留学費用以外で必要となるお金について

留学に必要なその他の費用

語学留学をするには、学校費用の他に3つ、必要なものがあります。

  1. 留学先となる国・都市までの国際航空券の購入費用
  2. 語学留学に参加するには必須となる海外旅行(留学)傷害保険の費用
  3. 留学エージェントの手続き手数料

それぞれについて見ていくことにします、まずは国際航空券から。

おトクな国際航空券を上手に探す方法

国際航空券費用、現地まで行くための費用についてですが、これはフィリピンのような近い国から、イギリスといった遠い国まであり、また留学期間により様々です。でも実は私、旅行業の経験もありまして…安い国際航空券を探すためのコツというのがあるんですね。

まずは旅行代理店に問い合わせてみましょう。え?旅行代理店って割高なのでは…というあなたは旅行慣れした方ですね。たしかに、そのまま旅行代理店で購入すると、ちょっと割高なことが多いのは事実。

ただ、提案された飛行機のフライト情報などを、格安航空券販売サイトなどで検索してみるのがおすすめです。格安航空券サイトは、とにかく安いチケットを表示しますが、乗り継ぎ時間などがめちゃくちゃなこともあります。

その点、旅行会社の見積にあるフライト情報は、出来る限り直行便で便利なチケットから、乗り継ぎで便でも空港が広すぎない都市での乗り継ぎなどを探してくれます。そうした利用者(=あなた)の利便性の高いフライト情報から格安航空券を探せば、よりリーズナブルな費用で航空券を購入できる可能性が高まりますよ。

滞在中に何か合っても困らない、海外旅行(留学)傷害保険

海外旅行(留学)傷害保険に関しては、クレジットカード付帯の海外旅行保険でいいよ、とお考えのあなたに注意点があります。

どこまでカバーできる保険なのか、また保険が適用される条件にも注意。航空券をそのカードで購入していなければ適用されないなどのことがあります。

それから、現地の学校でも保険への加入は可能なのですが、もし万が一、怪我や病気になって病院にいったら先に治療費を全額負担しなくてはなりません。その後、英語で書かれた申請書を作成して後から返金となりますが、非常にやっかいです。

日本で入る海外旅行(留学)傷害保険の場合、指定病院であれば費用支払い不要、また何より24時間、体調に何かあったら日本語で相談できるのは心強いです。

内容によってはオプションになりますが、航空機の遅延や荷物盗難、さらに滞在先(ホームステイやレジデンス)で家具・家電を壊した場合もカバーしてくれるものもあります。

この海外旅行(留学)傷害保険(クレジットカード付帯は除きます!)は留学エージェントが勧めるものでなくても良いですが、語学学校参加には必須です、必ず加入して、英語の付保証明を学校初日に持っていきましょう。

※日本を出発する直前まで加入できますが、渡航後は加入不可です、必ず事前にご加入を!

今や無料は当たり前?留学エージェントの手続き代行費用

留学エージェントの手配手数料ですが、ご安心ください、留学ランドでのお問合せやご相談、さらに語学学校へのお申込み手続きに関する手数料は一切、無料です。

「手続き費用無料」をうたう留学エージェントも増えました、ですが必ずお見積りをとっていただいて、日本円で最終的に留学費用がいくらなのか、確認することをお忘れなく。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。あなたの語学留学計画のお役に立ちましたでしょうか?もし、留学に関するご質問、それから不安に感じていらっしゃることがあれば、お気軽に留学ランドまでお知らせください。

あなたの留学が実り多きものになりますことを心よりお祈りいたしております。