アメリカに留学するなら、あなたはどの都市を選びますか?

3大都市、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコもおすすめですが、その他の都市にも魅力はいっぱいですよ?

ハワイだってアメリカの1つの州、気候の良さは抜群、おすすめの留学先のひとつです。

賑やかな場所、逆に静かに落ち着いて、遊ぶことなく勉強に集中できる場所など、特徴はそれぞれ。

アメリカ留学で、どの都市があなたにとって最もおすすめなのか、このページが答え探しの役立てばと思います。

アメリカ留学で
おすすめはズバリ
この5都市

早速、アメリカでおすすめ、かつ人気の5都市を見ていくことにします。

今更、と思われるかもしれませんが、再度、それぞれの魅力を見直してみて、あなたが今本当に行きたい場所を見つけるための参考にしていただければと思います。

おすすめその1 
誰もが憧れるニューヨーク

スタートはこの都市でしょう

アメリカの大都市、という言葉が本当にぴったり、ニューヨーク

おすすめするまでもなく、多くの留学生がアメリカでこの街への留学を希望しています。ニューヨーク留学の特徴、メリットは以下の3つ。


ニューヨーク留学の特徴

1.大都市ならではの生活、日々何かのイベントがあり、退屈する暇はない

2.語学学校があるのはほとんどマンハッタン、レッスン後すぐに遊びに行ける

3.休みの日でもメトロポリタン美術館や自由の女神など観光場所に溢れている

言うまでもないことですが、とにかく何かが常にあなたを待っている場所です。

さらに上記以外のおすすめポイントとして、ニュージャージー、マンハッタンの西、ハドソン川を渡った先ならお買い物が少し安く、生活費を抑えられます。

また、学校数が多い=選択肢が多く、希望する留学の形が見つかるのも重要なおすすめポイントのひとつですね。



おすすめその2 
ディズニーだからおすすめ?
じゃないロサンゼルス

進学でも語学でも、その他でも

都市生活に憧れるならニューヨークがおすすめですが、楽しい留学ならこちら、ロサンゼルスが選ばれますね。

ニューヨークは大都市ですが、冬、厳寒で飛行機が飛ばなくなることもしばしば。ロサンゼルスは気候という点でいえば満点といっても過言ではないおすすめの都市です。

ロサンゼルス留学は後からご案内する大学進学留学でも人気ですが、語学留学、または語学留学+αの留学先として圧倒的な人気がありますね。

語学学校の種類も非常に豊富、これはニューヨークと同じおすすめポイントです。

語学学校で英語をしっかり学んだあと、ロサンゼルスのダンススタジオに通ったり、ビーチでのサーフィンを楽しむ、こうしたプラスαでお楽しみいただけるのもロサンゼルスをおすすめする理由。

それから本場のディズニーやユニバーサルスタジオを見たい、ビバリーヒルズやサンタモニカでショッピングをしたいなど、お楽しみも盛りだくさんなのがロサンゼルス留学のおすすめの理由と言えるでしょう。

最後にネガティブなポイントになりがちな、日本人が多いという点(悪いことばかりじゃありません!)。

ですが、日本人がいるからこそおすすめな理由として、長期留学だと滞在費が高くなりがちで、シェアルームを希望する学生さんがほとんど。

でも、日本人のつながりのおかげで、比較的カンタンにお部屋が見つかるのは大きなメリット、ですよね。



おすすめその3 
観光だけじゃない
サンフランシスコの魅力

ダウンタウンだけじゃない!

アメリカ3大都市、ニューヨーク、ロサンゼルス、そして最後がこのサンフランシスコ

おすすめも何もアメリカの人気TOP3、なのは当然かも知れませんが、なぜそんなに人気なのか、復習ということで見てみましょう。

ゴールデンゲートブリッジや、フィッシャーマンズワーフといった観光地で有名なサンフランシスコですが、英語を学ぶ留学先として、ダウンタウンに語学学校が非常に多いことが挙げられます。

ただ、ダウンタウンだけではなく、サンフランシスコにはもうひとつ、語学学校が集まる場所があるんです。

それがカリフォルニア大学バークレー校(UCB)(サンフランシスコの大学進学について)のある、バークレー。

ダウンタウンから便利なBARTという鉄道で約30分。UCB入学、またはUCBが提供するエクステンションコースへの参加を目指し、多くの学生が学んでいる場所です。

またサンフランシスコから南下すると、世界的に有名なシリコンバレーもありますよ。

AppleやGoogleなどのアメリカを代表する企業のある場所です。



おすすめその4 
都市生活ができて
費用を抑えられるシカゴ

こんなに留学向きな都市はない

ここからがおすすめのアメリカ留学先としての本番、ですかね。

3大都市以外でおすすめのアメリカでの留学先となる都市、それがシカゴです。五大湖、ミシガン湖に面したシカゴは、人口でサンフランシスコより多い都市。

おすすめの理由ですが、高層ビル群が並ぶ都市部には、パブリックアートも多く(ビーン、豆、が有名です)美術館や博物館もたくさんあります(シカゴ美術館はアメリカ3大美術館のひとつ)。

交通手段もバス、地下鉄が整っていてシカゴのどこに出かけるにも便利、スイカ・イコカに似たVentra Cardがあれば楽ちん。そして何よりのおすすめ理由が生活費。

大都市の代表であるニューヨークに比べて半分程度で済むんです(違う言い方をすれば、ニューヨークが高すぎる、だけですが…)。

進学などの長期留学になる場合でも、費用をぐっと抑えられるのは嬉しい限り、ですね。

アメリカ・カリフォルニア、ロサンゼルスの大学を卒業した私の留学エージェントの先輩曰く、もし子供が出来て、アメリカ留学をしたいと言うならシカゴに行かせる、と言わしめるほどのおすすめ都市です。



おすすめその5 
ロサンゼルスが高すぎる?
サンディエゴがあるでしょ

過ごしやすく治安も良い

アメリカ留学おすすめ5都市、最後はサンディエゴです。

私が留学カウンセラーをしていた頃、大人気の留学都市・ロサンゼルスについてカウンセリング中に、お見積りをご案内してみると、どうしてもご予算より実際の留学費用が高くなってしまうことがしばしばありました。

もしあなたのロサンゼルス留学を選んだ理由が、観光や行ってみたい場所がある、または進学先のコミカレや大学がロサンゼルスだけど、語学留学からスタートという場合には、サンディエゴが本当におすすめ。

おすすめの理由は、ロサンゼルス以上に温暖で快適なだけでなく、家賃を含む生活費が安いため(どれくらい留学向きか、是非ご一読を)。

それからロサンゼルスと同じように、アメリカの有名大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)や、サンディエゴ州立大学(SDSU)などの学校があるのも、留学生にとっては大きな魅力。

ロサンゼルスまではバスや電車でわずか約3時間。

平日はサンディエゴでしっかり英語の勉強、週末は各語学学校のアクティビティとして、または学校で出来た友達と誘い合わせてロサンゼルスへ出かけ、ディズニーを思い切り楽しむ、こんなプランはいかがでしょうか。



アメリカ留学をする上でおすすめの5都市を紹介させていただきましたが、どこか気になる都市はありましたか?

アメリカ各都市の語学学校情報や、お見積りなど、留学ランドでは無料でご利用いただくことができます。

また、学校が決まっていざお手続き、の場合にも留学ランドからのお申込みなら語学留学は学校へのお手続きを無料で承っております、是非、ご利用いただければと思います。

コミカレ、大学への
進学留学なら
おすすめはここ!

今度は高校生の卒業後のアメリカ進学、大学生の夏休み・春休み留学、または休学留学におすすめ、アメリカのコミュニティカレッジ(コミカレ)、大学の中から5校を選び、ご案内していきますね。

アメリカの進学留学に関しては簡単に別ページで紹介をさせていただいております、あわせてご覧いただければと思います。

おすすめその1 
短期でも修了証がもらえる
シアトルセントラルカレッジ

ダウンタウンまですぐ

最初はアメリカ留学で人気のコミュニティカレッジから。ワシントン州シアトル、ダウンタウンからバスで約20分(坂道ですが全然歩いて通学もできる、と学校スタッフさんがおっしゃってました)の場所にある学校です。

アメリカの中でもワシントン州のコミカレなので、4学期制となっており、入学機会も多め。

学校目の前にレジデンスもありますが、学校スタッフさん曰く、1学期、ホームステイをすれば学校で仲良くなった友人と安いルームシェアがすぐ見つかる、学生の街でもあるから、とのことでした。

シアトル近郊にはこうしたカレッジが多くありますが、シアトルセントラルは1学期だけのカレッジコース参加でサティフィケート、修了証をだしてもらえるコースを提供。

これは、英語が得意ではない学生が、1年休学留学をした場合、最初の2~3学期が英語コースになってしまっても、最後の1学期だけで修了証、という形あるものを持って帰ることができる嬉しいコースとなっています。

英語コースも充実、英語力がある学生ならブリッジコース(英語コース+カレッジコース)、またはカレッジコーススタートも可能。IT関係のコースが人気のアメリカのコミカレですね。

おすすめその2 
ロサンゼルスの4年制大学で
単位履修、CSULB

英語コースも単位履修も可能

CSULBとは、California State University,Long Beachの略で、カリフォルニア州立大学ロングビーチのことを指します。

人気のCSUですが、アメリカ、ロサンゼルス南部のロングビーチにあるのがこのCSULBです。

この学校では、大学生以上の留学生に、SA@Bというプログラムを提供しています。

Study Abroad at(@) Beachというコースで、CSULBでの単位履修が可能、無事修了できれば単位をもらえる大人気のコースです。

ただし、コース参加には英語力、平均程度のGPAが必要。

あなたがもし、GPAが微妙だけど、参加できるかな…とお悩みなら、そんなときこそ無料の留学カウンセリングで、留学ランドが紹介する留学エージェントをご活用いただきたいと思います。

SA@Bでは、すべての科目が履修可能、ではありません。在学生(=普通に入学した学生)の単位履修後、指定のある科目で残席があれば科目に参加できます。ビジネスやホスピタリティあたりは人気が高いので難しいと言わざるを得ません。

ちなみに日本の大学を休学、アメリカ留学をしようとお考えのあなた。

休学留学は別にあなたの通う大学が指定したアメリカの大学以外でも、単位認定してもらえる可能性があることをご存知ですか?

留学をお考えのアメリカの大学資料を持ち、学生部などに確認してみてください。その学校での科目履修、場合によっては英語コース参加も単位としてもらえる可能性がありますよ!

おすすめその3 
就職に向け、ビジネス基礎を
英語で学べるUCSD

インターン含むビジネスコース

UCSD、カリフォルニア大学サンディエゴ校のエクステンションでは、大学生でも参加することができるビジネスエッセンシャルというコースを提供しています。

大学内でのインターンも含まれていることから、就職を少しでも有利に進めたい日本の大学生のハートを鷲掴みしているコースです。

参加には条件があり、①18歳以上、②できれば大学1年次を修了していること(必須ではありません)、③規定の英語力、となっています。

英語力に関しては、日本人だとなかなか結果の出せないTOEFL、IELTSではなく、TOEIC735以上でも参加が可能。

1学期~3学期の参加が可能で、最大3学期参加するとOPTまで申請できるのもポイント。

留学開始時にもし、上記英語力がなくても、最初にUCSDエクステンションの英語コースから参加し、期日までに語学力を証明できればビジネスコースに参加できる、条件付き入学もあります。

今英語力が不足していても、参加できる可能性は全然あります。大学生のみなさん、是非、チャレンジしてみましょう!

おすすめその4 
シアトルで大人気、
UW(ユーダブ)への留学

憧れのキャンパスで学ぶ

アメリカ、ワシントン州シアトルのコミカレを紹介しましたが、このシアトルという都市には非常に有名な大学があります。

それがUW、ワシントン大学です。シアトルおよびその近郊のコミカレで学ぶ学生の多くが、この大学への編入を目標に日々、努力しています。

ワシントン大学でも、留学生向けに英語コース、それからビジネスコースを提供。留学生に大人気のコースとなっています。

またこちらもTOEICでの申込が可能(750以上)となっているので申込しやすく、おすすめです。

3学期、約9ヶ月のプログラム終了後にはOPT申請が可能という条件も同じ、アメリカの大学で学ぶのにサンディエゴにするか、シアトルにするかはそれぞれの街の特徴をよく知った上で選ぶようにしましょう。

おすすめその5 
カンザス州、
ウィチタ州立大学で学ぶ

オトクな4年制大学!

最後はアメリカの4年制大学ながら、ほぼコミカレと同じ程度の学費で勉強することができる、カンザス州ウィチタ大学を紹介いたします。

地図で言えばアメリカの真ん中、とも言えるカンザス州、州内最大の都市がウィチタになります。

おすすめポイントその1として、ウィチタはアメリカでも安全な街として知られている場所でもありますね。

さらになぜこの大学がおすすめかと言うと…まず、学費です。

4年制大学への留学を考えるとき、どうしても学費の高さが問題になります。

ウィチタ州立大学で勉強する場合、最初の1年は学生寮での生活になりますが、おおよそ1年(正しくはアカデミックイヤーと呼ばれる約9ヶ月間)の概算費用がUS$24,973なんです。

アメリカの他州、カリフォルニア州やワシントン州にある、4年制大学ではなく、学費の安いコミカレが算出している、アカデミックイヤーあたりの年間概算費用がUS$20,000~US$25,000であることを考えるといかに安く、おすすめなのかをお分かりいただけるはず。

またもうひとつ、この大学に安心して日本人留学生を送り出せる理由に、非常に心強い、困ったときに相談ができる日本人スタッフさんがいるんですよ。

もちろん留学エージェント、などとは違い、できるだけ英語で質問、相談しなければなりませんが、本当に困ったら日本語で対応してもらえます(正直、私の一番のおすすめポイントはここです)。

アメリカの4年生大学への正規出願となるので、語学力証明としてTOEICが使えず、TOEFLiBTで72以上のスコアが必要です。

でも、先に高校の成績などで出願、入学許可が貰えれば、大学付属の英語コース終了後、アメリカの州立大学で、学生生活を開始できます。

アメリカでビジネスを勉強したい人、
それから宇宙工学(Aerospace,Aeronautical&Astronautical/Space Engineering)やアスレチックトレーニングについて学びたい人、この学校、おすすめ、というよりも狙い目ですよ!

アメリカ留学で
おすすめの語学学校は
この5校

アメリカに留学するにあたり、アメリカの都市、コミカレ・大学とおすすめをしてきましたが、語学留学をするなら、語学学校、ですよね。

アメリカに数多ある語学学校の中で、私が留学エージェントをしていた頃に、ここなら留学してみたい、と思ったアメリカの語学学校をこれまた5つ、紹介させてください。

おすすめその1 
そこまでやってくれるの?
LSIニューヨーク校

LSINYCTOP

ニューヨークには語学学校がたくさんあって、どこにすればいいのか、本当に迷うのではないかと思います。

そんな中で、アメリカに限らず留学がはじめて、でも英語はあまり得意ではない、さらに友達作りが得意ではない、というあなたにおすすめしたい語学学校、それがLSIニューヨーク校です。

LSIという語学学校は、アメリカのみならず世界中あらゆる場所に校舎を置く学校なのですが、どこも校舎が小さいんですね。

お金がないの?と思われるかもしれませんが、とんでもない。これには、あえて規模を小さくして、できる限り参加する学生と学校スタッフが仲良くしてもらいたい、という学校のモットーがあるからなんです。

ニューヨーク校も同じく、小規模なのですが、以前、こんなことがありました。

私が留学エージェントをしているとき、10代で英語がまだ得意ではない男の子がアメリカへ行くことになり、この学校に参加。

最初は緊張していたその学生も、気さくなスタッフ、明るい雰囲気でクラスメイトとも仲良くなり楽しく過ごしていたんです。

ところがある日、メールが。なんと財布をなくしてしまったというんですね。

先に結果を言えば財布は戻ってはきませんでしたが、とにかく警察へ行くよう説明、その学生さんは最寄り警察署がどこか学校スタッフに質問したんです、すると…

なんと、学校スタッフが日本人で高い英語レベルにいる学生を呼び、財布をなくした学生、英語が話せる日本人学生、さらにはそのアメリカ人スタッフの3人で警察署まで同行してくれたんです。

語学学校の中でもそこまでしてくれる学校はそうそうないでしょう。

もしあなたがアメリカ、ニューヨーク留学をお考えであまり英語に自信がまだない、のであれば是非、ご一考いただければと思います。


おすすめその2 
田舎のオレゴン州、
さらにその田舎のELCI

ELCIMONTOP

アメリカ留学で滞在方法の選択肢としてホームステイ、またはレジデンスがありますが、アメリカやイギリスのホームステイはビジネスライクで冷たい人が多いから嫌、という話がよく出ます。残念ながら、これ、間違いではありません。

ところが、アメリカでもオレゴン州の田舎、モンマスという街にあるELCIという語学学校は逆なんですね。

以前、この学校に参加したある学生さん、近いうちにTOEFLのテストがあるから毎日、英語の勉強に追われる日々でした。

ある日、学校から帰るとホストファミリーから、今日はお父さん(ホストファザー)の誕生日だから楽しみにしてて、と言われます。

でも本人は近いうちにテストがあるので、食事は部屋で軽くすませるね、といったところ…

あなたは今、この家の家族、みんなで祝わないと意味がない!と怒られてしまったそう。

その夜はみなで仲良く夕食を食べたんだよ、と学校長の明るいおじさん(日本滞在経験あり)が話してくれたことがあります。

その学校長曰く、せっかく日本からモンマスに来るのに、家族になってくれないならモンマスは選ばない方がいい、とまで豪語していました。

もし、アメリカの田舎でゆっくりとアットホームに英語を学びたい、と思っている人がいるなら、おすすめですよ、ELCI。

補足ですが、ホストファミリーは常に変わります。100%、良い人に当たらないこともある、ということ、予めご了承くださいませ。


おすすめその3 
スタフォードハウスなら
プログラム変更自由

StaffordSFOTOP

語学学校スタフォードハウスはイギリス発祥の世界展開をする語学学校チェーン。

この学校のアメリカ、サンフランシスコ、シカゴ、サンディエゴ校では、アンリミテッドプログラムというものがあります。

長期留学をする場合の割引もお得なのですが、何よりのポイントは一般英語コースから、ビジネスコースなどの他のコースへ、変更が自由にできるんですね。

最初に一般英語コースに参加、途中、語学力が伸びてきた時点でビジネスコースへ、最終的には無給インターンもある学校なので非常におすすめ。

社会人や大学生で長期にわたるアメリカ留学をお考えのあなたに本当におすすめしたい語学学校となっています。


おすすめその4 
格安でもしっかり学べます、
CWC

CWCTOP

アメリカへの留学で人気のロサンゼルスですが、難点は留学費用。

どうしても割高になってしまいがちですが、コロンビアウエストカレッジなら安心、おすすめ。

ロサンゼルスにありながら、非常にリーズナブルなコース費用で、英語レッスンを提供しています。明るい学校スタッフによる学校紹介動画をご覧いただければ、学校の雰囲気も伝わるのではないでしょうか。

アメリカ、ロサンゼルスに行きたかったけど、どの語学学校も高くて別の場所しかないか…とお悩みのあなた、アメリカでのご希望滞在期間をお知らせください、お見積りをご覧いただければなぜおすすめなのか、納得いただけるはず、です。


おすすめその5 
カリフォルニアで進学を
お考えならココ!FLS

FLSCITRUSTOP

またもやロサンゼルス(とはいってもダウンタウンから少し離れます)になりますが、FLSインターナショナル、シトラスカレッジ校をおすすめしたいと思います。

その理由はずばり、面倒見が良すぎる日本人スタッフさんが近くにいるから、です。

学校そのものは、文字通りコミュニティカレッジのひとつである、シトラスカレッジ内にあり、英語コースを提供しているのですが、日本人がこの語学学校に参加する場合、正直なところ何も心配せず留学することができます。

本当に経験の長い日本人学校スタッフの方が、必要に応じて的確に対応していただけます。

ただ、注意していただきたいのは、「日本語に甘える学生には厳しい」ということです。

一生懸命、英語を学び、出来る限り英語で伝えたいけど、語学力がどうしても不足するとき、仕方なく日本語で説明しなきゃいけない、という状況であれば、100%のチカラでサポートしてもらえます。

これ以上に心強いことはなく文句なくおすすめできる語学学校です。


 

アメリカ留学をお考えのあなたへ、都市や大学、語学学校について、元留学エージェントの私の主観で選んだおすすめの候補を紹介しました。

もしご興味をお持ちいただけたら、下記のお問い合わせフォームからご質問・見積り依頼等、お待ちしています!

本当に広く、たくさんの選択肢があるアメリカ留学、あなたの留学先である語学学校やコース選びのヒントになれば幸いです。