台湾留学

台湾留学~人気大学付属中国語コースと進学、その費用

台湾台湾sp

中国の経済成長に合わせ中国語のニーズが高まっています。英語だけではなく、中国語も学びたい、そんなあなたにおすすめなのが台湾留学。

日本人にとって旅行先としても大人気ですが、実は中国語の語学留学先としてもおすすめです。

食事も美味しく、交通インフラも整備されていて生活しやすい、語学勉強のための環境も整っています。

中国語コースは基本的に大学付属コースで提供されており、名門国立台湾大学での勉強も可能、その他おすすめの学校も紹介していきますね。

リーズナブルでおすすめなのは語学だけでなく、進学、本科での授業料、学費も格安。

日本の高校でしっかり英語の勉強していれば、希望する大学へ入学でき、英語圏からの留学生との交流を通じて英語力もアップ。

留学費用が安い台湾ですが、実際にどれくらい安いのか、気になりますよね。学校費用だけでなく、台湾での滞在中の生活費用も一緒に確認しておきましょう。

台湾留学なら大学付属語学コースで勉強でき費用もリーズナブル

英語だけではなく中国語も必要、とお考えのあなたにおすすめの台湾留学。

日本からの旅行でも人気の高い国ですが、中国語を大学付属の語学コースで学ぶ留学先としても選ばれています。

台北101や国立故宮博物院、龍山寺や士林夜市で有名な台北や、愛河、蓮池潭・龍虎塔のある高雄、台湾第三の都市、おしゃれな宮原眼科があまりにも有名な台中に古都、台南など魅力的な都市がいっぱい。

これから英語が当たり前になる、その前に中国語を身につけるため、台湾で勉強をしてみませんか。

台湾ってどんな国?台北その他都市の留学基本情報について

旅行でも大人気、台湾

日本の東京、大阪をはじめ、各都市から台湾の台北、高雄や台南への直行便が就航、約4時間前後で行くことができます。

台北は台湾で最も大きな都市であり、日本人旅行者、また留学生も台北を選ぶ方がほとんど。

学校の選択肢も多く、カフェ・レストランが多いだけでなく、淡水や九份などの観光地へのアクセスも良好、夜市も多いので長期や進学留学で飽きることがありません。

その台北と同じく、MRT(地下鉄)が走る高雄は台湾の南にある都市、通年気温が高く、冬でも過ごしやすいのが特徴。台北に比べ留学費用を抑えることができ、自然にも恵まれています。

台南は台湾の京都、と呼ばれる古都。日本人比率も減るので中国語漬けの台湾留学をご検討されるあなたにおすすめです。

各都市、それぞれの中国語を学ぶことのできる大学付属コース、語学学校を紹介しています。

名門国立台湾大学や師範大学、その他大学の中国語コース

台湾で中国語を勉強する場合、基本的には大学付属の語学コースへご参加いただくことになります(一部、語学学校もあります)。

大学付属の語学コースであるため、基本的に入学日が学期開始日となることに注意が必要です。

学期期間も各大学によって異なっており、夏休みや春休みを利用した短期参加も可能な学校もあります、お問い合わせください。

台湾トップの名門、国立台湾大学や師範大学はすっかり日本でも知られましたが、その他にもそれぞれの特徴をもったあなたにぴったりの中国語を学ぶ場となる大学があり、あなたにぴったりの学校がきっと見つかります。

また、留学ランドでは台湾の各大学へ語学留学だけでなく、本科への大学進学留学もサポートしています。希望の勉強が台湾の各大学で出来るよう、しっかり準備をしていきましょう。

台湾での短期、長期語学コース費用や大学本科での学費は?

台湾に限らず、一番気になるのは必要となるお金、費用ですね。台湾に中国語を勉強するための語学留学をしたらどれくらいの費用が必要になるのか、例をご案内しておきます。

台北・国立台湾大学は1年を4学期(春・夏・秋学期12週間、冬学期のみ10週間)に分けています。

春・夏・秋学期、国立台湾大学の中国語コース参加に必要となる費用は以下となります。

国立台湾大学中国語コース、1学期あたりの授業料

コース費用(申込金含)日本円
NT$41,000約164,000円

※上記以外に保険費用(事故NT$150、医療NT$1,500、1学期ごと)、教材費用(レベル別、約NT$1,200)が必要となります。

留学ランドで紹介している各大学・語学学校の中国語コースご参加費用には台湾・台北での留学中の生活に必要となる費用(家賃や食費など)は含まれていません。

台湾での留学生活、滞在にどれくらいのお金がかかるのか、留学ランドで調べてみました。学校費用とあわせて参照ください。

国立台湾大学本科進学、アカデミックイヤー(約10ヶ月)の概算費用

続いて、同じ国立台湾大学へ本科進学、文系・社会科学または法科の場合に必要な学費です。

学費その他諸費用台湾ドル合計日本円
NT$50,460×2学期=NT$100,920NTD113,000*x2学期=NT$226,000NT$326,920約1,317,000円

*その他諸費用には家賃、食費や交通費、教材費など留学生活に必要な費用がすべて含まれています

リーズナブルな費用で学士号(大学卒業資格)が取得できるおすすめの台湾進学留学については別途詳しくご紹介しています。

留学中あなたをまるっとサポート、台湾現地オフィスあります

留学ランドは英語圏の語学学校への語学留学で入学手続きを無料でお手伝いしてます。

これは、お問い合わせいただいたみなさまを英語圏の各学校へご案内することで、各語学学校より運営費をいただくことができるためです。

台湾留学の場合、こうした制度が存在しません。

そこで、留学ランドでは学校へのお手続きをはじめ、基本的に自己手配となるアパート探しのお手伝いや現地ご滞在中24時間の緊急サポートを含む台湾留学サポートパック(有料)をご用意いたしました。

留学内容によりサポートパックの費用は異なります、詳細は留学ランドまでお問い合わせくださいませ。

現地での生活に向けての準備、必要な持ち物とあると便利なもの

持ち物チェック

台湾は北米やオセアニア、欧州に比べれば距離も近く、時差もない国。また、食事も日本人の口にもよく合う(八角の香りについては賛否両論ですが)ので生活に困ることはあまりありません。

とはいえ、日本から準備してもっていくべきもの、現地での生活で気をつけるべきことや、これがあると便利、というものもあります。一緒にチェックしておきましょう。

日本人の台湾留学、現地滞在での必須・お役立ちアイテム

日本人が台湾で暮らしていくのに、日本から持っていくべき必須アイテム、それからあると役立つおすすめのものを紹介していきます。

携帯・スマートフォンはSIMフリーのものを用意しよう

使いなれた携帯電話、スマートフォンは台湾留学中にも使いたいですよね。

ご利用中の端末がSIMフリー対応かどうか、契約されたショップ、または家電量販店で確認しておくこと。現地台湾ではプリペイド(支払った金額分利用できる)タイプが便利です。

ノートパソコンやタブレットで資料作成を

ノートパソコン、タブレットは中国語レッスンでのプレゼンテーションやレポート作成に非常に役立ちます。

スマートフォンでも代用可能ですが、画像や動画の編集やその速度を考えると、持っておいていくと非常に便利です。

小さくて良いので中国語辞書を持っていくと良いです

スマートフォンやノートパソコンに中国語辞書アプリで検索するとぱっと意味がでますが、中国語辞書で意味を調べると頭の中で単語を復唱、目的の単語の周囲の単語も頭に入りやすいので、特に中国語初心者におすすめ。

万が一のため、薬や処方箋はしっかり用意を

我が家では風邪をひいた、もしくはひきかけたらコレ、という薬ありませんか?長期台湾留学なら必ず用意しておきましょう。

処方箋が必要な場合には、かかりつけの病院で必ず英文の処方箋を用意してもらっておくこと。

海外生活あるある、日用品は自分に合うものを持っていこう

台湾に限らず、石鹸やシャンプー、歯ブラシにボディソープなど、普段、日本で自分が使っているものを持っていくと良いです。

現地でも購入可能ですが、やはり日本人向けに作られたものが便利ですね。

使いすぎにはくれぐれも注意を、クレジットカード

大金を持ち歩かないようにするためにも、海外留学をする場合にはクレジットカードを持っていくべき。

いざというときに手持ちの現金がない場合にはお金を引き出すことも可能です。ただし!くれぐれも使いすぎには注意しましょう。

留学生との交流や、大学進学には必須、英語を勉強しておこう

英語を勉強しておこう

台湾への留学目的は中国語、なのですが、事前に英語の勉強をしっかりしておくことを強くおすすめいたします。

中国語を勉強にきているのは日本人やアジア圏の国々の留学生だけではありません。欧米からの留学生も多く、最初から中国語が話せないのは日本人のあなたと同じです。

中国語コースでも初級では完全に中国語、ではなく説明のために英語が使われることもあります。

授業を理解するため、それから世界中から集まる留学生と仲良くなるためにも英語をしっかり勉強しておきましょう。

もしあなたの台湾留学の目的が本科コース参加、進学の場合には英語が必須です。

出願要件に英語力が記載されているコースも少なくありません、国立台湾大学などの競争率が高い大学ならかなり高度な英語力を求められます。

国立台湾大学でビジネスの学士号(バチェラー)を専攻する場合には、中国語がCEFRでB2以上、英語はC1以上(TOEFL83以上、IELTS6.5以上またはTOEIC880以上)となっています。

台湾での留学生活を充実させるため、また学位取得という目標のためにも英語を事前にしっかり準備しておくことが台湾留学を成功させるひとつのコツ。台湾留学で英語が身につくお話を以下にまとめてみました、是非ご一読ください。

この国を選ぶメリット、可能性について考えてみる

増え続けている中国語習得のための台湾留学ですが、なぜ台湾が選ばれているのでしょうか。英語圏ではなく中国語圏に進学するそのメリットについて考えてみましょう。

国際化の進む今、英語だけではなく中国も必要な環境となった

日本でも国際化が進み、英語を話す学生の数が増えています。また育った環境によって中国語が得意な人も少なくありません。

どちらかひとつの言語、ではなく、国際化社会で日本とその他の国をつなぐ役割を担うには英語も中国語も必要になっています。

日本国内だとホテル業や観光業、インバウンド事業といわれている業界では英語だけ、中国語だけでなく両方が話せる人材が求められています。

台湾の大学で中国語を学び、同時に留学生との交流で英語力を身につければ、国際化社会でも止められる人材になっていくことができるのも台湾留学の人気の理由のひとつと言えますね。

台湾を観光旅行で訪れ、食事の美味しさや人の優しさに触れて

旅行でも大人気の台湾、実際に現地を訪れ、食事が美味しいこと、親切な人々に触れて留学を考える人も少なくありません。

語学留学でもリーズナブルですが、日本の高校生が私立の大学に進学するのと変わらない金額で海外の大学に進学することができるのは台湾留学の大きな魅力、メリットのひとつと言えます。

中国語だけでなく、台湾の大学に通う留学生との交流を通じ、英語力も身につけることができれば、世界で活躍できる可能性が広がります。

台湾留学特集記事!お役立ち情報満載


学校選び、人気の大学やコース紹介、あなたの希望に合わせて

留学ランドに寄せられた口コミ情報をもとに、台湾で人気・おすすめの大学付属コース、語学学校をランキング形式で紹介します!

台湾留学・台北にある大学付属、語学学校のご紹介


第1位

国立台湾大学
おすすめのポイント
台湾屈指の名門大学
少人数制の中国語レッスン
台北市内、アクセスが非常に良い


第2位

淡江大学
おすすめのポイント
短期留学をご希望のあなたへ
はじめての中国語留学に
台北市内でロケーションも良い


第3位

国立政治大学
おすすめのポイント
台湾の名門大学の一角
英語圏からの留学生が多い
図書館含む大学施設利用可能


第4位

東呉大学
おすすめのポイント
2012年校舎をリニューアル
日本人比率少なめ
学内の学生寮に滞在可能


お見積り・ご相談無料、台湾に関するお問合せは留学ランドへ

当サイト・留学ランド提携の留学エージェントの経験豊富なサポートスタッフが、台湾への語学・進学留学のお見積り依頼や相談、お問い合わせに無料で対応しています。

ご希望の大学、およびその付属中国語コース、語学学校や留学期間・時期がございましたら、お問い合わせの際にお知らせください。

また台湾留学をご検討中の場合でも、質問・疑問点がございましたらお気軽にお問い合わせください!


語学学校の入学手続きを無料代行!
海外・英語留学の相談・お見積り依頼は留学ランドへ