英語を身につけるための留学先として根強い人気を持つ国、アメリカ。ニューヨークやロサンゼルスといった大都市だけでなく、その他にも留学におすすめの都市がたくさんあります。

アメリカ留学の目的も、語学を学ぶだけではなく、英語で何かを学ぶことができるコミュニティカレッジや大学への進学や、名門大学が提供しているエクステンションプログラムでビジネス基礎、無給インターンへの参加など種類も豊富。

そんな行き先やコース選び以上に気になるのが留学費用、アメリカ留学に必要な費用はいったいどれくらいなのか。

このページでは期間別、アメリカで人気都市へ留学した場合にいくらかかるのか調べ、一覧表にしてあります。

その他、進学する場合に必要な費用や、中学生や高校生に大人気のジュニアプログラムとその費用、大学生、社会人向け大学エクステンション留学と費用についてご案内いたします。

目次

アメリカおすすめ都市へ語学留学するのに必要な費用

都市・期間別に比較してみた

ロサンゼルスやニューヨーク、人気の都市とその特徴について

それでは早速、アメリカ留学にかかる費用を調べていくことにしましょう。

アメリカには3大都市、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコがあります。

それぞれが魅力溢れる街ですが、アメリカ屈指の大都市であるため、どうしても滞在費用が高くなりがち。

特に最近、アメリカでは不動産価値の上昇もあって、ホームステイやレジデンス(学生寮、アパート)費用も徐々に料金が上がっています。

アメリカにはその他にも、ロサンゼルスから南に進んだ先にある、メキシコ国境の街サンディエゴや、ニューヨークから北、アメリカの古都、大学の街ボストン、それから、サンフランシスコから北へ進めば緑豊かなオレゴン州ポートランド、さらにその先、カナダとの国境を接するワシントン州にはシアトルもあります。

アメリカ中部に目を向けると、実はアメリカ第3位の街、五大湖・ミシガン湖畔の街シカゴ、アメリカ人にとってのリゾート、マイアミが、アメリカ留学の中でも人気、かつおすすめの都市として挙げられます。

アメリカ留学期間別費用、英語レッスン、ホームステイ代含む

上記ご案内したアメリカの各都市に、短期2週間から4週間(約1ヶ月)、アメリカの学生ビザ申請がギリギリ不要な期間である12週間(約3ヶ月)、さらに約半年(24週間)と1年間にあたる48週間、それぞれの期間、留学した場合に必要となる費用を比較していきます。

費用比較表に含まれるものは以下となります。

  • 学校申込金
  • コース費用
  • 滞在費用
    (ホームステイ個室、朝・夕食付)
  • 空港出迎費用
    (学校指定の最寄り国際空港)

各都市、各期間ごとの費用はあとで見ていくとして、留学費用を調べた結果をもとに、それぞれの期間で必要となるおおよその学校費用を以下、ご確認ください。

期間別アメリカ語学留学概算費用一覧

期間2週間4週間12週間24週間48週間
費用(US$)US$1,560~US$1,990US$3,125~US$3,935US$8,465~US$10,795US$17,720~US$22,330US$35,000~US$44,170
費用(日本円)172,000円~219,000円344,000円~433,000円931,000円~1,187,000円1,948,000円~2,455,000円3,848,000円~4,856,000円

期間が長くなるほど、留学費用に開きが出てきますね。その理由はこれから説明していきます。

なお、これら費用の他に以下が別途、必要です。

  • 往復国際航空券
  • 海外旅行(留学)傷害保険
  • 学生ビザ申請費用

留学時期や期間によって金額の差が出るものばかり、留学ランドに費用見積り依頼をされる際にあわせてお問合せくださいませ。

アメリカ留学するなら知っておくべき学生ビザ情報とその費用

アメリカ留学で最も注意が必要なもののひとつ、学生ビザについて。

学生ビザの基本ルール
語学学校などで提供されている一般英語コースのほとんどは、午前または午後のみ、半日のパートタイムコース、それから午前・午後ともに英語レッスンとなるフルタイムコースに分かれます。

あなたがもし、英語レッスンが午前、午後とも行われるフルタイムのコースへ参加をする場合、たとえ短期間1週間だけのアメリカ留学であっても、事前に学生ビザ申請を行う必要があります。

午前、または午後だけ英語レッスンのパートタイムコースであれば、学生ビザの申請は不要です。最大3ヶ月まではESTAと呼ばれる電子渡航手続きを行うだけで、アメリカに入国が可能です。

アメリカの学生ビザ申請には、アメリカ大使館への学生ビザ申請費用(US$160)と、アメリカへ入国する留学生の管理をするシステム、SEVIS費用(US$200)が実費で必要となります。

※2019年6月24日以降、学生ビザ申請費用の一部であるSEVIS費用が現状US$200からUS$350へ値上がりします、ご留意ください。

これからご案内していく費用比較表の金額は、2~12週間までがパートタイム、24週間および48週間はフルタイムで計算しています。

語学学校KAPLAN International各校で費用見積作成しています

今回、アメリカ留学の費用比較として、世界中に語学学校を展開、80年以上の歴史を持つKAPLAN Internationalの費用を適用しました。

KAPLAN Internationalは、学校費用をアメリカドルで提示しており(料金表は2019年を適用)、比較表の日本円金額は2019年2月5日の三菱UFJ銀行、海外送金レートで算出した日本円での金額となっています。

独自の英語レッスンシステム、Kプラスで読み書き・聞き話すための力と、語学力にあわせた各種選択レッスンを受講できるだけでなく、Kプラスツールを利用してオンライン学習、留学期間中の予習・復習も可能。

アメリカでは、コミュニティカレッジや大学への進学を希望する場合、KAPLANの規定レベルをクリアすることで入学時に求められる語学力要件をパスすることもできる、おすすめの語学学校です。

語学を勉強するために必要なお金、どれくらいかかるのか

早速、アメリカでの語学留学に各期間どれくらいの留学費用が必要になるか、紹介していきますね。

短期2週間のアメリカ留学だとどれくらいの費用が必要?

それでは早速、2週間、短期でアメリカに留学する場合に大体どのくらいの費用が必要になるのか、都市別、分かりやすい費用比較表で比べていきましょう。

2週間のアメリカ各都市、留学費用比較一覧表

都市名アメリカドル日本円
ニューヨークUS$1,990¥219,000
ロサンゼルスUS$1,730¥190,000
サンフランシスコUS$1,710¥188,000
ボストンUS$1,740¥191,000
シカゴUS$1,610¥177,000
サンディエゴUS$1,610¥177,000
シアトルUS$1,625¥179,000
マイアミUS$1,665¥183,000
ポートランドUS$1,560¥172,000

短期間なので、費用にそこまで大きな差はあまり見受けられないものの、やはり3大都市、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、それから大学の街ボストンやリゾートでもあるマイアミの費用はやや割高ですね。

オレゴン州ポートランドは2週間ながら費用が他都市に比べ安くなっていますね。

とはいえ、この費用比較表から分かることは、短期間で費用に大きな差がないのなら、アメリカであなたが本当に行きたい街を選ぶべき、ということですね。

短い期間ゆえに、語学力アップには直結しないかもしれません。ですが、英語を学びたいという気持ちがぐっと高まります。

また、大学進学やキャリアアップなどのための長期留学の下見、と考えても良いかもしれません。

夏休みにおすすめ、4週間・約1ヶ月のアメリカ留学の費用

次は約1ヶ月、4週間のアメリカ語学留学をする場合、各都市ごとにどれだけの違いが出てくるのかを見ていきます。

中学生や高校生の場合は夏休み限定、大学生の場合には春休みでも十分、留学できる期間ですね。

約1ヶ月のアメリカ留学に必要な金額を比べてみる

4週間、1ヶ月の場合

都市名アメリカドル日本円
ニューヨークUS$3,935¥433,000
ロサンゼルスUS$3,445¥379,000
サンフランシスコUS$3,425¥377,000
ボストンUS$3,465¥381,000
シカゴUS$3,195¥351,000
サンディエゴUS$3,225¥355,000
シアトルUS$3,230¥355,000
マイアミUS$3,330¥366,000
ポートランドUS$3,125¥344,000

少しずつ、費用の差が出始めましたね。アメリカで最も生活費用の高いニューヨーク。それと、オレゴン州ポートランドとの差額が約9万円。

ポートランドは消費税がないオレゴン州にあり、アメリカの中でも留学費用をぐっと抑えることが可能、都市から少し離れれば緑広がる自然豊かな場所です。

それから、ワシントン州シアトルも大都市群とは留学費用の差が出ました。シアトルはスターバックス発祥の地として知られますが、その他にもIT企業の本社が多くある都市としても有名です。

アメリカ留学、という視点でみるとワシントン州シアトルとのその周辺にははコミュニティカレッジ(コミカレ)が多く、カリフォルニア州と並んで、4年制大学への編入システムが整っています。

コミュニテイカレッジ、いわゆるコミカレは、日本で言うと短期大学と専門学校を足して2で割ったような教育期間。大学進学のための一般教養から、ビジネスや旅行業などの職業の基礎勉強もできる学校です。

4年制大学に比べ、学費が非常に安いことが特徴。基礎教養となる科目・単位をコミカレで学び、4年制大学の3年次に編入することで留学費用を大幅にカットできるんです。

大学編入後、2年間、4年制大学で学び、卒業資格、学士号を取得するというアメリカでの大学編入留学は、海外進学留学の中でも非常に高い人気を誇っています。

また、大学生や社会人の方の語学力アップ(英語コースも提供しています)や、各種職業基礎コースで転職のための基礎を学ぶことも可能です。

費用見積一覧ではKAPLANのシアトル(ダウンタウン)校の費用にてご案内しておりますが、そこから少し南に下ったハイラインカレッジというコミカレ内にもKAPLANはオンキャンパス校を持っています。

KAPLANハイラインカレッジ校で英語コースに参加、規定レベルをクリアすれば、TOEFLなどの英語スコアを提出しなくても、カレッジコースがスタートできます。

1ヶ月という期間は夏休みや春休みの短期留学向けというお話をしましたが、紹介させていただいている一般英語コースに大学生は参加できるものの、中学生や高校生は参加できません。ですが、その代わりにKAPLANを始めとする各語学学校は、ジュニアプログラムという特別コースを毎年、提供しています。

あらためてこのページでご案内いたしますが、世界中から集まる同世代の友達と一緒に英語だけで過ごす夏休み、または春休みは一緒の思い出になること間違いなしです。



12週間まで学生ビザ申請不要、ただし半日パートタイムのみ

アメリカに留学を3ヶ月する場合、学生ビザがギリギリ不要な期間です。

ご紹介させていただきましたが、以下にご案内している留学費用比較表は午前、または午後のみのパートタイムコースなので事前の学生ビザ申請は不要です。

一方、フルタイムコース、午前・午後ともに英語レッスンを希望する場合には、1週間の参加からでも、出発前・学生ビザ申請が必要ということも忘れないようにしましょう。

12週間、約3ヶ月、サンフランシスコやボストンもやや割高

12週間、約3ヶ月の場合

都市名アメリカドル日本円
ニューヨークUS$10,795¥1,187,000
ロサンゼルスUS$9,385¥1,032,000
サンフランシスコUS$9,365¥1,030,000
ボストンUS$9,445¥1,038,000
シカゴUS$8,615¥947,000
サンディエゴUS$8,765¥964,000
シアトルUS$8,730¥960,000
マイアミUS$9,070¥997,000
ポートランドUS$8,465¥931,000

ニューヨークを含む3大都市、ロサンゼルス、サンフランシスコに加え、ボストンの4都市と、その他の都市に留学する場合の費用の差が大きくなってきました。

ニューヨークやボストンといったアメリカ東海岸の北部は留学先として根強い人気がありますが、その理由の1つは大学でしょうね。

アイビーリーグ、と呼ばれるアメリカ屈指の名門校が集中しており、ニューヨークにはコロンビア大学、ボストンにはハーバード大学があります。

大学生以上の場合、これらの大学内にある付属の英語コースにも参加可能。でも、費用が2~3倍になります。コロンビア大学の英語コース、American Language Program(ALP)は確かに費用は安くはありませんが、ご参加された留学生のみなさんの満足度は非常に高いです、是非留学ランドまでお見積りのご依頼をいただければと思います。

都市別に見ていくと、シアトルに近い金額で、シカゴも留学費用がリーズナブルですね。シカゴがアメリカで3番目に大きな都市であること、ご存知ですか?

非常に大きな都市であり、ニューヨークのような高層ビルが立ち並ぶ街です。私の留学エージェント時代の同僚が、子供ができてアメリカ留学したい、と言い出したらシカゴに行かせると言っていましたが、美術館も多く、自然がそばにあって交通インフラも整っているシカゴ、おすすめです。

半年、24週間の場合、予算に合わせ滞在先都市選びをしよう

24週間、半年の留学なら

24週間、約半年のアメリカでの語学留学は、具体的な目標、アメリカのコミカレや大学への進学、TOEFLやIELTSのスコア取得といった語学上達のための留学になります。

アメリカで半年間、語学を学ぶにはどれくらいの費用が必要か、早速、比較してみましょう。

半年、アメリカに滞在すると都市別の金額差も開きます

都市名アメリカドル日本円
ニューヨークUS$22,330¥2,455,000
ロサンゼルスUS$19,540¥2,148,000
サンフランシスコUS$19,640¥2,159,000
ボストンUS$19,660¥2,161,000
シカゴUS$18,110¥1,991,000
サンディエゴUS$18,440¥2,027,000
シアトルUS$18,345¥2,017,000
マイアミUS$19,045¥2,094,000
ポートランドUS$17,720¥1,948,000

200万円、という非常に大きな金額になり、費用の差も大きく開きました。都市選びも、明確な目標をもって、より慎重に選ぶ必要がありますね。

アメリカ留学中、学生ビザを取得して入国、コースを開始してみたけれど、生活が合わないから他の街に行きたい、となると引っ越しにもお金がかかりますし、学生ビザのために転校手続きなどを早めに行わなければなりません。

あなたのアメリカ留学の目的がカレッジや大学進学であれば、その近くにある語学学校への留学を考えるはず。

でも、アメリカ留学の目的として語学力アップはもちろんだけど、ディズニー大好きだからロサンゼルスが良い、という場合、ロサンゼルスで本当に良いか、考えてみましょう。

とっても重要、正しい都市選び

学生ビザで入国すると、アメリカの語学学校での出席率が8割~9割でなければなりません。

ここ、非常に重要です。このルールを破ると通っている学校から警告が出され、それでも守れない場合には学生ビザの取り消し・強制帰国となります!

たとえロサンゼルスに留学していても、平日に学校に行かずにディズニーランドには行けません、遊びに行くなら土日、祝日になります。

もちろんディズニーランドへのアクセスは良いのですが、もしあなたのアメリカ留学の目的が「ディズニーだからロサンゼルス」なのであれば、サンディエゴへの留学がおすすめです。

サンディエゴはロサンゼルスよりも南、より暖かく、ロサンゼルスより日本人比率も下がります。

またハワイが好きな人にとって、気候が似て温暖、ショッピングモールも揃い、さらにサーフィン好きに嬉しい美しいビーチもあります。

留学費用が抑えられるサンディエゴで平日は英語に集中、月に一度はディズニーやユニバーサルスタジオのあるロサンゼルスへお出かけ(語学学校のアクティビティでもこうしたものが用意されています)、その他の休みはサーフィン、ショッピングを楽しむ、おすすめのアメリカ留学先のひとつです。

似たことが言えるのがニューヨーク。平日は学校で語学をしっかり学び、帰って予習や宿題をします。ゆっくりマンハッタンを散策できるのは週末になりそうです。

それなら、ハドソン川を挟んで隣接するニュージャージー州はいかがでしょうか?マンハッタンまで小1時間、公共交通機関ですぐ到着できます。

学び、と遊び、を住み分ける

なぜニュージャージー州なのか、それはマンハッタンに比べ学費も安くなりますが、生活費が抑えられるんです。

ニュージャージー州は消費税が安いんです。そのため、衣料品にも消費税がかかりません!(食料品にも消費税はかかりませんが、これはニューヨーク州も同じ)

このように、アメリカで行きたい都市、そのすぐそば、といった選択肢を含むことで、費用がかかるアメリカへの語学留学でも、出来る限りかかる費用を抑えられる可能性が出てきます。

これらは、もちろんご自身でインターネット検索をしても見つかりますが、留学について調べる場合、どうしても行きたい場所、だけで調べがち。

そういうときこそ留学エージェントの登場です、相談するだけは無料。カウンセリングへのご参加を検討してみましょう。

約1年間、48週間のアメリカ留学をするなら目的を決めよう

英語”で”学ぶ留学を

約1年間、48週間のアメリカでの語学留学、長期留学を検討しているなら、英語力を身に着けた、その先についても考えておくべきです。

基本的な語学力が身につくと、英語を勉強する、から、英語で何かを学ぶ、ことも可能になります。

語学学校でのビジネスコースや、アカデミックな英語、TOEFLやIELTSなどの試験対策コース、その他無給の職業体験コースなどもあります。

列挙したコースはどれも英語力が中級か、それ以上の英語力がなければ参加ができません。

ビジネスコースや、無給職業体験は就職の際にアピールできるポイントになり、TOEFL、IETLSはコミカレ・大学だけでなく、大学院進学などにも求められるスコアです。

1年間、KAPLAN Internationalのアメリカ各校に参加した場合の留学費用は以下です。

1年間の学費、滞在費を含む各都市留学費用一覧表

都市名アメリカドル日本円
ニューヨークUS$44,170¥4,856,000
ロサンゼルスUS$38,620¥4,246,000
サンフランシスコUS$38,840¥4,270,000
ボストンUS$38,860¥4,272,000
シカゴUS$35,750¥3,930,000
サンディエゴUS$36,440¥4,006,000
シアトルUS$36,225¥3,983,000
マイアミUS$37,645¥4,139,000
ポートランドUS$35,000¥3,848,000

3大都市に加えボストン、さらにマイアミも高額ですが、マイアミはリゾート地なので特に滞在費用がかさみます。

正直なところ、予想を超えて高いのでびっくり、なのですが…実はこの費用一覧、留学費用の計算は正しいのですが、費用そのものが間違っています。

どういうことかと言いますと、次でご紹介をさせていただく、アメリカ留学費用を抑えるポイントの1つ目、長期留学ならでは、条件付きながら英語レッスン費用がぐっと安くなる、特別割引が適用されていない費用なんです。

本当はもっと安く留学できるアメリカ。その費用を抑えるポイントと一緒に語学学校の長期割引がどれくらい安くなるのか、見ていきましょう。

いかに安い費用に抑えるか、3つのコツと現地生活のポイント

費用を抑える3つのポイント

アメリカへの留学、に限りませんが、留学費用を抑えるために知っておくべきポイントが3つあります。

上手に利用すれば費用を
ぐっと抑えられる長期割引

まずその1、長期割引コースです。私立の語学学校では、長期間、特に24週間以上になると長期割引設定をしている学校がほとんどです。

紹介をさせていただいたKAPLAN Internationalも、同じく長期割引コースを設けています。

Academic Semester(5~6ヶ月)、またはAcademic Year(34~35週間)、これらを上手に利用すると、留学費用がかなり安くなります。

具体的なところで言えば、ニューヨーク校の場合、25~27週間でUS$21,790、日本円で2,396,000円。

通常、24週間でUS$22,330、2,455,000円、差額にして60,000円。費用の安いAcademic Semesterの方が留学期間は長いことも考えると、アメリカ・ニューヨークまでの往復航空券くらいにはなりそうでです。

普通にコースに申込む場合との差額が大きいこともあり、費用比較表の計算は正しい、でも間違いです、と書いたわけです。

ただ、注意事項として、KAPLANのAcademic Semester/Yearプログラムは非常におトクなんですが、コース開始日というものが設定されているため、指定日からのコース参加のみとなります。

でも、前もって留学準備を進め、コース開始日を合わせることができたら本当におトクですから、是非、ご利用いただきたいと思います。

語学学校のキャンペーンを
お見逃しなく!

第2のポイントは学校が不定期に出してくるキャンペーン。

いつ、どんなタイミングで出してくるかは学校次第、細かいチェックが必要ですが、授業料であったり、滞在費用などが大幅割引になります。

1週間あたり30ドル引き、12週間のお申込みで4週間分のレッスン費用が無料、滞在費用が10%引きなど、その種類も豊富です。

タイミング、内容が毎回違うので、どれが狙い目とかはありません。ただ一つ言えることとして、間違いなくおトク、なのは間違いありません。

仮に週あたりUS$20ドル割引で24週間参加の予定なら、US$480ドル、5万円以上も値引きがあるわけです。

最初はホームステイ滞在、情報を集め、賢いルームシェアを

シェアルームについての注意点

最後、第3の留学費用を抑えるポイント、それがシェアアパートでの生活です。

これもアメリカ限定ではないですが、語学学校にお申込みされる場合、語学学校が手配可能なホームステイ、またはレジデンスなどでの滞在が可能になります。

短期留学の場合には難しいのですが、長期、24週間~の留学をお考えの場合には、最初の2~3ヶ月、ホームステイを選び、ホストファミリーや、現地の学校スタッフなどを頼りにシェアアパートを探すことで、滞在費を抑えることができます。

シェアアパートは日本でも増えてきたルームシェアと同じで、ひとつのアパートに複数人で暮らすことを指します。

3部屋+リビングを一人で借りればとてもじゃない金額になりますが、1部屋に2人、リビングにも2人で暮せば6人、家賃を分割してより費用を抑えられるというものです。

暮らす場所は必ず自分の目で見てから契約しよう

ただし!このシェアアパートや部屋探しを日本出発前にインターネットだけで決めないようにしましょう。

これは語学学校のスタッフさん、それからアメリカのコミカレや大学のスタッフも口を揃えて言っていることなんですが…

インターネットで調べたら、部屋が可愛くて費用もそこそこの部屋があったので、申込みをして前家賃などを支払いますよね。

アメリカ到着後、楽しみにそのアパートに行ってみると…水回りはカビだらけ、部屋にはシミが。

Google Mapで場所確認、通りのビュー(風景)を見たときは感じなかったけど、いざ暮らしてみたら治安が悪い…などの問題がしばしば起こります。

やっぱり引っ越そうと思って、キャンセル・引っ越し手続きをしようとすると…返金一切なし。

それらに関しては、契約のときに出した契約内容に費用は一切返金ありません、とありますよね、で終わりです。

アメリカが契約社会だから、というわけではなく、契約書を英語でしっかり読み、内容を把握していなければならない点。

それからアメリカ留学だからこそ、暮らす場所の治安を確認し、あわせて水回りや部屋に問題がないか、直接、自分の目で見るべきです。

アメリカ人と一緒に楽しく、シェアアパートで暮らすと楽しい、とブログに書いている人もいますが、前もって下調べをし、自分で確認した上で生活をしているはずです。

シェアアパートで費用は抑えられますが、最初からではなく、最初はホームステイでホストファミリーに近隣の事情(治安含む)を教えてもらいながら、生活のコツを身に着け、部屋探しをしましょう。

アメリカで、どの都市だとどれくらいの留学費用が必要になるか、それから留学費用を抑えるポイントを紹介してきました。

特に留学費用を抑えるポイントに関しては、信頼できる留学エージェントさんなら、細かく丁寧に違いや、いつまでに何をしなければならないかまで説明してもらえます。

本当にしつこいようですが、おトクなアメリカ留学のためにも、一度、カウンセラーとお話をしてみてくださいね。



さて次は、語学留学の先となる、アメリカのコミュニティカレッジ(コミカレ)や大学に進むのに必要な費用を調べていきましょう。

コミュニティカレッジと大学、進学なら学費はどれくらい?

コミカレの”概算費用”とは?

アメリカで長期語学留学をする場合、コミカレや大学への進学を目標に頑張っている人も多くいます。

アメリカの語学留学にかかる費用、はご案内させていただきましたが、進学留学の場合はどれくらいかかるのか、ここで調べておきますね。

別に進学を考えていないというあなたも、ちょっと気になったりしませんか?もしかしたら、何かのキッカケでアメリカへ進学留学するかもしれません、一緒に見ておきましょう。

入学しやすいアメリカのコミカレ概算留学費用、目安を知ろう

日本でもじわじわと人気が高まるアメリカのコミカレ。

アメリカで有名な4年制大学、UCLA(カリフォルニ大学)やUW(ワシントン大学)に編入できることをうたい文句に、留学エージェントも、コミカレからの大学編入留学をどんどんアピールしています。

あれこれ説明が必要なコミカレ留学なのですが、コミカレに留学するのにいくら必要なのか、費用を知っておきましょう。

語学学校とは異なり、コミカレで必要となる費用は確定はしていません(英語コースの場合は決まっています)。

その理由は、学期間中にどんな単位を、どのくらい履修するかはあなた次第だからです。

一方で、アメリカに学生ビザで入国する留学生、1学期あたり履修しなければならない単位数というものは決まっています。

セメスター制(2学期制)の学校であれば、1学期あたり最低12単位を、クオータ制(4学期制)の場合は1学期あたり15単位必要となります。

その必要最低限の単位を履修して、9ヶ月間(アカデミックイヤーと呼びます)各コミカレに通った場合にかかる、学費(授業料、教材費など)から生活費用(家賃、食費、交通費など)も含み、留学生が生活するために必要な費用概算というものを各校提示しています。

アメリカのコミカレが提示している、具体的な概算費用をちょっとだけご紹介します。

場所大学名年間概算費用
カリフォルニア州
ロサンゼルス
エルカミノカレッジUS$20,034
ワシントン州
シアトル
シアトルセントラルカレッジUS$20,939.16

この2つのコミカレ、場所は全く違うのに、ほぼ同じような費用になっていますよね。

基本的に、アメリカのコミカレの学費(=授業料)に大きな差異はありません。

アカデミックイヤーあたり、8,000ドル~9,000ドル前後です。

費用の違いが出るのは、各都市ごとの生活費用の差。アメリカのコミカレは都市部にあるもの、郊外、それから遠く離れた田舎にあるものと様々。

エルカミノ、シアトルエントラル、どちらも都市部にあるコミカレです。
都市部に留学すると、ルームシェアを利用しても費用は高くなりがちです。各コミカレが提示する概算費用、ここでの生活費用はルームシェアが前提。

日本の大学生のように1人部屋での生活を希望すると、留学費用が大変なことになってしまうのでご注意を。

学費が格安なコミカレ、でも英語の準備をしておかないと…

それから、アメリカのコミカレにかかる費用についてもうひとつ、知っておかなければならないこと、それが英語、です。

コミカレは、2年で大学に編入できるコースを設定していますが、必ずしも2年で卒業できるという確約はありません。

アメリカのコミカレの中には英語力不要で入学OK、という学校もあります。

でも英語力がなければ、大学レベルの勉強ができるはずもなく、入学後に実施される学力テスト(アキュプレーサーやコンパス)を受けて英語力が足りないと判断されると、英語科目をひたすら履修しなければなりません。

単に英語、という科目でもレベル分けがしっかりされていて、最上級レベルの英語科目を終了できなければ、他の科目が履修できません。

体育や音楽など、英語が不要な科目なら履修できたりしますが、それら科目は、あなたの卒業要件の選択科目の1つにしかならず、いわゆる一般教養科目は英語が終わってから、になります。

この英語科目の修了、までかかる時間、それから費用はあなた次第となります。

あらかじめ英語の勉強をしていれば、より早く、もしかしたら英語科目なしで他の科目を履修できる可能性もあり、その英語力レベルが、TOEFLiBT73以上となります。

アメリカのコミカレの中にはTOEFL45~60以上で入学可能、という学校もあります。

ですがカレッジコースを修了するには規定の英語科目修了が条件となり、英語スコアをもって入学したものの、英語科目を何度か履修しなければならない、ということも多いにありえます。

このアメリカのコミカレの留学ですが、仮にあなたが英語科目に半年かかったとした場合、卒業までに2年半を要します。

2年半のコミカレでの留学費用については、概算費用の2.5倍、ではありません!


夏期のコース費用や滞在費用が含まれていないことを考えると…

2年半でアメリカのコミカレを卒業するのにおおよそUS60,000ドル(約700万円)が必要という計算になります、ご注意を。

アメリカのコミカレ留学費用をもっとも効率的に抑える一番のコツ。

それはアメリカに向けて出発する前に、日本でどれだけ英語力をつけているか、
これにまさるものはありません!

できれば英検1級、少なくとも準1級の英語力があれば、英語なし、または英語科目を履修する数がぐっと減るはずです。

一生懸命頑張って卒業できたコミカレから、今度はアメリカの4年制大学に編入する場合にかかる費用をチェックしてみましょう。

4年制大学へ編入学、費用の違いとコミカレを選ぶ理由

4年制大学にかかる費用は…

4年制大学への編入目的でアメリカへの進学留学を検討する場合、みなさんとても高い目標を持ちます。

コミカレで紹介した2校、エルカミノとシアトルセントラルは、ある大学への入学を目的としていることから、人気の留学先でもあるんです。

たとえば、エルカミノの場合にはUCLA、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、シアトルセントラルの場合にはUW、ワシントン大学。

いずれも世界でも屈指の名門校であり、これらの学校も大学の概算費用を提示しているので、調査していきましょう。

場所大学名年間概算費用
カリフォルニア州
ロサンゼルス
カリフォルニア大学
ロサンゼルス校(UCLA)
US$62,304
ワシントン州
シアトル
ワシントン大学
(UW)
US$51,159

あくまで概算、9ヶ月間(アカデミックイヤーと呼ばれます)の費用です。

これらの大学で、単位を落とすことなく卒業できたとしても、留学費用としてUS$130,000からUS$180,000は最低でもかかるわけです。

それに、カレッジ費用も必要なわけですから、アメリカの大学で学士号を取得(卒業)することは、莫大な留学費用が必要であること、お分かりいただけたのではないでしょうか。

進学留学の費用の話をして、あまりの高さに驚くと、次に出てくる話題は奨学金のお話。まず、英語コースへのご参加、またはコミカレでの勉強期間に奨学金は出ません(小額のものはありますが、留学費用をカバーできるものではありません)。
4年制大学になると、奨学金制度が豊富にあるのは本当です。

しかし奨学金、というのは優秀な学生に適用されるものであり、これらの名門校はただでさえ、世界のエリートになる学生の集まりです。

そんな中から奨学金を貰えるまで、となると計り知れない努力が必要になりますね。

実際、アメリカのコミカレからスタートして成績が不足したり、どうしても学費が捻出できない、という場合にはもっとリーズナブルな4年制大学へ進むこともできます。

カリフォルニアの場合には、University of California(UC)とCalifornia State University(CSU)、2つの州立大学があり、UC系は学費が大変高額ですが、CSUなら費用をぐっと下げられます(概算費用がUS$36,276です)。留学費用に無理のない、計画的な進学をするようにしましょう。

コミカレを有名大学への進学率で選ばないように!

コミカレ進学を検討されていて、アメリカでのでまず、語学留学からスタートするのに学校選び、その他で迷うそんなあなたへ、ひとつとても大切なポイントを。編入先大学がココ!だからこのカレッジ、ではなく、カレッジ周辺の環境を重視すること。

あなたが強い気持ちで編入先4年制大学を選んでいたとしても、前述した通り成績や費用などの色々な理由から変更になる可能性が高いです。

勉強に集中できて、費用がかからない(=あまり都市部すぎない)カレッジを選ぶのが、アメリカ進学留学費用を抑える最初のコツです。

コミカレや大学選びを各学校の写真やパンフレットだけで選ぶと、あれ?なんか思っていたのと違う、ということもあります。

留学ランドのカウンセラーはそうした情報をしっかり抑えています、情報収集のためにも是非、カウンセリングに行ってみましょう。



中学生や高校生なら交換留学やジュニアプログラムがおすすめ

中学生、高校生のアメリカ留学

授業料・滞在費用無料、アメリカ高校交換留学をする方法

アメリカに留学したい、と最初に思ったのはいつ頃でしたか?

留学する年齢がどんどん下がっていく今、中高生の海外進学留学も大変な人気になっています。

もし、あなたの希望がアメリカの公立高校なら、基本的に留学生は勉強できませんが、交換留学、という素晴らしい制度があります。

参加するためには、ある程度の英語力(ELTiSという英語試験)が必要ですが、この留学の素晴らしいところは…

学費・現地での生活費用が基本、無料(タダ)!アメリカという国が学費を、善意のホストファミリーが滞在先を提供してくれるんです。

留学先を具体的に指定することはできませんが、高校生の間に1年間、こうした体験を通じて英語力、それから海外での国際感覚を身につけられること、そして何よりとてもリーズナブルにアメリカ留学ができることは素晴らしいチャンスです。

いかがでしょうか、留学ランドではアメリカ交換留学にとても詳しい留学エージェントさんを紹介していますので、え!?なにそれ!?とご興味をお持ちいただいたあなた、是非、お問い合わせください。

私も留学エージェントとして10年以上、キャリアをもっていますが、このアメリカ交換留学は本当に、日本の高校生にとっても、また保護者の方のお財布にとっても優しく、素晴らしいものです。

その他、中高生の間に語学留学を考える場合、一般英語コースへの参加は難しいです。最低参加可能年齢が16歳~18歳以上となっているためです。

中学生、高校生なら、夏・冬・春の長期休みに、ジュニアプログラムにご参加いただくのが一番ですね。

アメリカ短期留学でジュニアプログラムに参加するメリット

ジュニアプログラムでは、同世代の世界中から集まる友だちと楽しく英語を学ぶことができ、アメリカの有名な大学キャンパスで思い出作りができます。

アメリカのジュニアプログラムで知り合った友だちと、もっと英語で仲良くなりたい、と英語を学ぶモチベーションもぐっと上がるのでおすすめですよ。

アメリカだけでなく、カナダやイギリス、オセアニアでも実施されているジュニアプログラムですが、毎年、費用は異なります。

早い学校は、前年の10月過ぎには費用を提示しますので、チェックしましょう。特に、有名大学キャンパスで勉強できるジュニアコースはすぐ満席になるので注意が必要です。

アメリカの有名大学キャンパスで英語の勉強とアクティビティ

アメリカで実施されている夏休み、中学生~高校生を対象とした人気のおすすめジュニアプログラムを2つ、ご紹介します。

まず1つ目は、西海岸、日本でも有名なカリフォルニア大学ロサンゼルス校、UCLA。夏休みにこの大学のキャンパスで英語を学び、世界中から集まった同世代の友達と共にアクティビティを楽しむプログラム。

週20レッスン(合計15時間)の英語レッスンは参加時に受ける語学レベルチェックテストで分けられた同じ語学力のクラスメイトと最大15名のグループレッスンとなっています。

午前中、しっかりと英語を勉強したら、午後からはロサンゼルスというロケーションを活かした様々なアクティビティに参加。

土曜日は自由行動ですが、オプションでディズニーランドやユニバーサルスタジオへ。翌日日曜日には学校スタッフと終日小旅行をお楽しいいただきます。

ロサンゼルス、UCLAジュニアプログラム情報

  • プログラム実施機関:語学学校EC
  • 対象年齢:13歳~17歳
  • プログラム期間:2019年6月29日~8月10日
    土曜着・土曜発
  • 参加可能期間:1週間~
  • 英語レッスン:週20レッスン(15時間)
  • 滞在方法:学生寮相部屋、1日3食付
  • 国籍比率(2018年)
    1. ブラジル 20%
    2. 日本 12%
    3. フランス 10%
  • 留学費用:1週間あたりUS$1,765

上記には、表記の英語レッスン、平日午後、夕方のアクティビティ、日曜日の終日小旅行、学生寮滞在費用、学校規定時間内の空港送迎、生徒の24時間監視、コース修了後の証明書が含まれます。

毎年、多くの中学生や高校生からのお問合せが殺到する、学生寮利用のプログラムです、お早めに留学ランドに空室確認を含むお問合せを。

もう1つのコースは東海岸、アメリカ最大の都市ニューヨークで実施される夏休みのジュニアプログラム。

ニューヨークの大学群、CUNY(City University of New York)のひとつ、シティカレッジオブニューヨーク(CCNY)で実施されるこちらのコース。

週20レッスン、平日1日4回の英語レッスンで語学を学び、午後からニューヨークおよびその周辺でのアクティビティをお楽しみいただくことができます。

ニューヨーク、CUNYジュニアプログラム情報

  • プログラム実施機関:語学学校St.Giles
  • 対象年齢:12歳~17歳
  • プログラム期間:2019年6月23日~8月11日
    日曜着・日曜発
  • 参加可能期間:1週間~
  • 英語レッスン:週20レッスン(16.67時間)
  • 滞在方法:学生寮個室または相部屋、1日3食付
  • 留学費用:1週間あたりUS$2,055

上記には、表記の英語レッスン、週2回の終日小旅行、週4回のアクティビティ、学生寮滞在費用、生徒の24時間監視、コース修了後の証明書が含まれています。
※空港送迎費用は片道US$80で別料金となっています

東海岸、ニューヨークのジュニアプログラムは数があまり多くありません。こちらもお早めに空室確認と合わせ、留学ランドまでお問合せをいただければと思います。

エクステンションや大学院でキャリアアップ、社会人の場合

アメリカでの社会人留学

中高生からアメリカにいつか、留学したいと憧れながらも大学では勉強が忙しく、そのまま就職をしてしまったあなた。

夢を諦めることができず、絶対にいつか、アメリカへ留学しようと思い続けていらっしゃるのでは?

社会人になってからでも、留学は遅くはありません、社会人ならではのアメリカ留学とその費用をみていきましょう。

まず、語学学校へ留学する場合。語学学校は社会人留学のために、いろいろなコースを用意してくれています。

25歳~40歳といった、規定の年齢上でなければ参加できないコースや、会社が費用を出すことを前提に、専用少人数での集中コースもあります。

その他にも、ビジネス英語コースや、学校は限定されますが無給での職業体験コースなども用意。

少人数コースは大きく費用が異なりますが、その他は社会人だから費用が高くなる、なんてことはありません!

社会人の方が満足できるコースもあります、留学カウンセラーに気楽にご相談を。

もしも転職のためにアメリカ留学を考えているのであれば、コミカレや大学、または大学院留学になるでしょう。

コミカレでは大学編入のためのコースの他、職業基礎のコースもあります。

ビジネス、ホテルや旅行業、キャビンアテンダントやプログラマ、エンジニアコースまでさまざま。

またアメリカでは、学士号(大学卒)で留学生が就労ビザまでたどり着くのは難しいですが、修士号(院卒)、特に理系になるとアメリカで働ける可能性がぐっと高まります。

いずれにしても、ある程度の語学力が必要なので、予め、英語力をつけておきましょう(英語力がないままコミカレに進むと費用がかかるのと同じです)。

名門大学エクステンションで
ビジネスを学ぶ

最後に社会人の方におすすめしたいのがエクステンション留学。

アメリカの有名大学では、現地社会人や留学生を対象とした英語、その他専門分野のコースを提供している、エクステンションがあります。

人気の高いところでは、UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)のビジネスプログラムや、UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)のACP、Accelerated Certificate Programです。

ビジネスを英語で学び、無給インターンも可能。

アメリカの職業の現場を体験でき、さらに9ヶ月以上の参加、となるとOPT(Optional Practical Training)と呼ばれる就業許可申請も可能に。プログラム終了後、1年間、アメリカで働くこと(有給です)ができるチャンスまで生まれます。

以下、社会人向けプログラムの費用見積もりです。

大学名
(エクステンション)
コース名費用
(日本円)
カリフォルニア大学サンディエゴ校
エクステンション
Business Management
3 session,約9ヶ月間
US$30,894
(¥3,396,000)
カリフォルニア大学アーバイン校
エクステンション
Accelerted Certificate Program(ACP)
2 session+Internship,約9ヶ月間
US$32,032
(¥3,522,000)
  • 費用に含まれるもの:コース費、ホームステイ滞在費
  • 費用に含まれないもの:往復航空券費用、海外旅行(留学)保険費用

費用は語学学校よりも割高ですが、サティフィケート(修了証)が出る点なども考えると、その価値が十分にあります。

アメリカ留学費用に関するまとめ、迷ったときにはご相談を

長々とお付き合いありがとうございました、アメリカ留学、各都市の留学にかかる費用比較、それからアメリカで人気の進学留学に関する費用や、中高生および社会人向けのアメリカ留学を紹介させていただいたのですが、これ!と思う留学はありましたでしょうか?

アメリカは広い国だけに、都市選びや学校選びで迷いはじめると、なかなか決定が難しくなることもあります。

調べるだけ調べて行き詰まったりしたら、迷わず留学エージェントのカウンセリングを利用してください、留学ランドで紹介するエージェントはカウンセリング、それから語学留学の手配費用は無料です!