ドイツ留学 ドイツ留学sp

ドイツ留学は行きたい
都市に行くのがベスト!

ドイツは比較的安く留学できる国です。大きな都市であるベルリンや、ミュンヘンだと学費は抑えることができても、都市部だけに滞在費用が思ったよりかかってしまいます。

ですが、各地方それぞれに魅力のあるドイツなら、留学先を都市部にこだわる必要は全くありません。

行ってみたい暮らしてみたいと思う場所がきっとあなたにもあるのではないでしょうか。

留学ランドでもいくつか、ドイツの語学学校を紹介させていただいております、基本情報と一緒に、是非ご覧いただければ幸いです。

それでは、一緒に見ていきましょう!

ryugakuland_logo

留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!

留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

ドイツ留学するなら
どこに行く?
どの都市が人気なのか
調べてみた

ドイツは16の州に分かれている国です。ドイツで大きな都市として知られているのがベルリン、ミュンヘンの2都市でしょう。

ベルリンはかつてベルリーナーマウアー(ベルリンの壁)があった場所で、今でも街なかに東西ドイツ時代の名残があります。

たくさんの美術館や博物館があり、この国の首都らしい高層ビルも並んでいます。

交通インフラも充実していて、非常に暮らしやすい反面、人が集まっている分、やはり留学中の生活にかかる費用はやや高くなってしまいます。

ミュンヘンがあるのはバイエルン、ドイツ南部、オーストリア・ザルツブルクまで鉄道を利用すればわずか1時間半で到着できる場所にあります。

日本でもすっかりお馴染みとなったドイツ、10月のお祭り、オクトーバーフェストはこの街で行われます(毎年、マース(このお祭り独自のジョッキ)が値上りし続けているのも話題の1つ)。

若者が多いミュンヘンも人気都市ゆえに留学費用が高くなりがち。でも上手に節約をすれば、ドイツのスーパーやベッケライ(パン屋)で美味しい良い食材を、これまた格安の各都市独自のビールと一緒に楽しむことができますよ。

ドイツの都市の中でも日本企業が多く、在独日本大使館のあるデュッセルドルフ、そこから電車で1時間、大聖堂で知られるケルン。

そのケルンからすぐ、ベートーヴェンの生地であり、旧西ドイツの首都ボンドイツは西部、ライン川沿いにある街。

そこから南下すれば、日本からの直行便が到着するフランクフルトも留学先として人気があります。

さらに南下してスイス国境に向けて電車に乗れば、ハイデルベルク、ドイツの車メーカーの本社がたくさんあるシュトゥットガルトが見えてきますね。

この辺りが有名なシュヴァルツヴァルト、黒い森と呼ばれる地域。留学先にこの周辺を選ぶ人もいます。

しいて言えば、ベルリン、ミュンヘンが留学生に人気、ではありますが、ドイツ留学を希望する場合、ドイツで行きたい場所を決めていることがほとんど。

もし決まっていないのであれば、一度、留学カウンセリングにご参加いただき、ドイツで自分が暮らしてみたい環境、を説明してみましょう、カウンセラーが数ある都市の中からおすすめの場所を見つけてご案内いたします。

ドイツ留学に
関する注意点

ドイツへ留学する場合、費用面では英語圏の国、アメリカやイギリスより安く抑えられます。

ですが、ドイツ語は英語の数倍、難しい言語です。英語は、日本人が義務教育、それから高校、大学で勉強しているため、現地到着後に本当に何も分からない、ということはあまりないはず、です。

しかし、ドイツ語は英語と似ている部分はあるものの、文法、単語、発音が異なります。

全く勉強しないまま渡独したら、最初の数ヶ月、言葉が全くわからないことでひどく落ち込む可能性があります。できる限り、事前に語学を身につけておきましょう。

ドイツ人の多くは英語を話します(彼らにとっては母国語より簡単な言語です)。

困ったときに仕方なく英語で尋ねる、ということは良いにしても、英語で話すことに慣れてしまうと、いつまで経ってもドイツ語は身につきません、必ず覚えておきましょう。

学生ビザは渡航後に
現地で申請、
ワーホリは事前!

ドイツも加盟している、シェンゲン協定では、最初のシェンゲン加盟国入国から、最後の出国まで、「あらゆる180日以内で最大90日間」までは学生ビザがなくても語学学校に通うことが可能。

もしそれ以上の期間、留学を希望するなら現地にて学生ビザ申請が必要です。

また、日本人はドイツのワーキングホリデービザにて入国可能、1年間ドイツで働くことができます(無査証や語学習得目的ビザでは就労はできません!)。

滞在中にドイツ語をしっかりマスターできれば、他の言語が比較的簡単に思えてくるはず。

あなたのドイツ留学が実り多いものになりますことをお祈りいたしております。

これだけは
知っておきたい!
ドイツ留学の
基本情報はこちら

費用(ユーロ)
留学するのに具体的に必要な費用とは?ドイツ留学に必要な費用を調べましょう。

→ドイツ留学の概算費用を調べるならこちら

ビザ(査証)
ドイツへ留学する場合、どんなビザを申請する必要があるのでしょうか。

→学生ビザについてチェックしておく

必要なものリスト
留学先で必要になるものって何でしょう?生活のための衣類、勉強のための辞書など予め調べておこう。

→留学出発前に持ち物チェックする場合はこちら

期間別おすすめ留学
留学期間によって、身につく語学力やその他の経験は差が出てきます。あなたにとって一番の期間は?

→期間別にどんな留学があるのか調べてみる

ドイツにある
語学学校をご紹介
ドイツ留学人気校

ドイツは各州、各都市に語学学校があって、いずれもリーズナブルな費用で参加できるものが多くなっています。

地域ごとの特色をふまえ、あなたに最適な場所、学校を選びましょう。

パン、お菓子にビールやワイン、ヴルスト(ソーセージ)も地域で異なる味が楽しむことができます。

第1位

ユーロセンターベルリン校

おすすめポイント

長期割引がとてもお得
世界展開をする学校
ポツダム広場すぐそば

第2位

FplusUアカデミーオブランゲージ

おすすめポイント

日本人スタッフ有り
現地ドイツ人との交流会も
ハイデルベルクの語学学校

第3位

シュプラッハカフェミュンヘン校

おすすめポイント

1クラス最大12名
世界展開をする学校
中央駅から電車で20分

第4位

タンデムインターナショナルケルン校

おすすめポイント

長期割引がお得
欧州各都市に校舎を持つ
ケルン中央駅まで30分弱

第5位

タンデムインターナショナルベルリン校

おすすめポイント

長期割引がお得
欧州各都市に校舎を持つ
喧騒から離れた静かな場所

第6位

シュプラッハカフェフランクフルト校

おすすめポイント

シュプラッハカフェ本部
世界展開する語学学校
中央駅から電車で15分