留学先をどこにしようか迷っている、またはカナダに留学しようと思っているあなたに、人気の留学先の1つであるカナダ・バンクーバーの魅力を体験談を交えお伝えします。

ここで紹介する「バンクーバーを選んで良かった10の理由」は実際に筆者がバンクーバーに留学した体験談をもとにしています。

あなたもカナダ・バンクーバー留学でたくさんの「選んで良かった」が見つかると思います。


カナダ・バンクーバー留学なら綺麗な発音の英語が学べる

きれいな発音の英語を学べる

何をもって「英語の発音がきれい」とするかは個々で意見が分かれるところかと思いますが、「日本人が聞き取りやすい英語」という意味ではカナダ人の英語の発音は綺麗だと思います。

綺麗な発音の英語が学べるという点に加え、カナダやバンクーバーでの語学留学・英語学習がおすすめの理由は、世界中から留学をしている学生がいるのでみんながネイティブではない点。英語力に自信がないのにいきなり英語のネイティブスピーカーと話すのはハードルが高い!と思う方もいるでしょう。

第二外国語が英語の留学生達は、いわばあなたと同じ立場。つたない英語でも一生懸命理解しようとしてくれるので、英語力がなかったとしても安心して話すことができます。

カナダ人が優しく、フレンドリーなところが魅力

優しくて暖かいカナダ人

例えば、東京や大阪で地図を開いてきょろきょろしている外国人に声を掛ける日本人はあまりいないと思います。

留学当初、バンクーバーの地理もわからず地図を片手によくバンクーバーのダウンタウンを歩いていましたが、地図を開いて辺りを見回していると、通行人のカナダ人がいつも声を掛けてくれました。

また、早朝散歩をしていると道行くカナダ人から普通に英語で話し掛けてもらえます。

「英語がまだあまりうまく話せない」ということを拙い英語で伝えると、笑顔でゆっくり話してくれた、というような経験を留学中に何度もしました。

こうした現地人(カナダ人)のフレンドリーな温かさに触れることができる点は、留学先としてのバンクーバーの大きな魅力の1つだと思います。

バンクーバーは多国籍都市、世界中からの留学生と友達になれる

多国籍都市バンクーバー

世界有数の多国籍都市バンクーバーでは、ダウンタウンを歩いていると本当に多くの国籍の人とすれ違います。

もちろん、語学学校にも色々な国からやって来た留学生がいるので、留学先に多国籍の語学学校を選ぶと多くの国の友達を作ることができます。

筆者が通っていた語学学校は残念ながら既になくなってしまいましたが、サウジアラビア、トルコ、イタリア、韓国、中国、台湾、香港、メキシコ、ブラジル、リビアと、様々な国と地域から留学生が集まっており、カナダ人以外にも色々な国の友達を作ることができる語学学校でした。

カナダの中でも、特にバンクーバーは非常に多くの国から留学生が来ているので、色々な国籍の友達を作りたいと思っている人にとっておすすめの留学先だと思います。

語学学校が多く、留学に最適な学校が見つかる

語学学校が多く、希望の学校が見つかる

人気の留学都市として知られるカナダ・バンクーバーには多くの語学学校があります。

筆者が通っていたような多国籍の語学学校もあれば、日本人留学生が90%を占める語学学校も。

ほとんどの語学学校は複数の英語レベルのコースを用意しているので、学費・授業料金、学校のカリキュラム、留学生の国籍割合、放課後や休日のアクティビティ、実際にその学校に通った留学生の口コミなどから学校を選ぶことになります。

バンクーバーには語学学校が多く、「これだけは外せない!」という条件を軸に語学学校を探しても、それでもまだ多くの学校の選択肢があるので、きっとあなたの留学に最適な学校を見つけることができます。

カナダ・バンクーバーにある語学学校から、いくつか具体的におすすめを紹介させていただきますね。

海外留学が初めて、英語に自信がないあなたにLSIバンクーバー校

語学学校LSI バンクーバー校は、バンクーバー・ダウンタウンの中心部に校舎を構えていますが、その留学生数の規模は夏休みなどの繁忙期でも160名程度とやや小さめ。LSI(Language Studies International)は世界各国・各都市に校舎をもつ大きなチェーン校なのですが、わざと小さな規模の学校に抑えているんです。

LSIのモットーとして、世界中から参加する留学生同士、また英語講師陣をはじめとする学校スタッフとの交流を大切にしているため。アットホームな雰囲気で、困ったときに遠慮なく質問できる、初めての海外留学でも安心して語学学習ができるよう配慮された語学学校です。

初めての海外留学、英語にも自信がなく、カナダで外国人と交流できるか不安というあなたには是非、語学学校LSIバンクーバーをおすすめしたいと思います。



英語中級、学びたいことが多い方におすすめのILSCバンクーバー校

語学学校ILSCは世界展開をしており、そのバンクーバー校はなんと留学生が1,000名を超えます。

ILSCの特徴はその留学生の多さと、もうひとつ、参加するあなたの英語の語学力にあわせ、コースを自由に選択できる点。初級レベルの場合にはコミュニケーション力アップ主体の選択科目、それが中級以上になってくるとTOEFLやIELTSといった各種英語試験対策や、ビジネス英語、その他、写真や映画など趣味のコースも選ぶことが可能です。

たくさんの留学生の友達を作りたい、英語力には自信があるので自分の勉強したいことを選びたいというあなたならILSC バンクーバー校がおすすめ。



専門学校付属の語学学校SSLCバンクーバー校は長期留学にもおすすめ

専門学校Sprott Show College(SLC)の付属英語学校、Sprott Show Language College(SSLC)バンクーバー校。

元々、カナダにあった5つの実績ある語学学校が集まってできた語学学校で、バンクーバーのほか、サレ-、ビクトリア、トロントにも校舎があります。いずれも専門学校SLC校舎のすぐそばにあり、規定レベルを修了することで近くのSLCで様々なコースに参加が可能、ビジネスや旅行・ホテル業などの基礎を学ぶことができ、さらにはCo-opと呼ばれる、有給インターンシップが単位になるコースも選ぶことができます。

カナダ・バンクーバーへ長期留学を検討していて、英語「で」何かを学びたいあなたにはSSLCバンクーバー校がおすすめです。



バンクーバーは自然が多く、観光で心が癒される

自然も多いので心も癒やされる

コンクリートジャングルの日本で疲れた心を癒やしたいあなたに、自然の多いカナダ・バンクーバーはおすすめです。

バンクーバーのダウンタウンには、イングリッシュベイという海岸やスタンレーパークという広大な公園があります。

道路は木々も多く、近くにはグラウスマウンテン、サイプレスマウンテン、シーモアマウンテンという山があり、緑に囲まれた都市なのでぶらっと観光に出るだけで疲れた心が癒やされます。

また野生の動物も多く、ダウンタウンでリスやスカンク、公園ではアライグマなどを見ることができます。

日本ではあまり見ることのできないかわいい野生動物が多いのもバンクーバーの特徴のひとつ。

日本のコンクリートジャングルに疲れた人は、バンクーバー観光も楽しみ、自然に癒やされましょう。

トロントと比較して過ごしやすい気候のバンクーバー

過ごしやすい気過ごしやすい気候のバンクーバー候のバンクーバー

バンクーバーは湿度が低く、日本の夏のように蒸し暑くありません。

夏の気温は30度を超える日もありますが、汗がすぐに蒸発するため暑さを感じず、春から秋のシーズンは本当に過ごしやすい気候。

冬は雨が多くなりますが、カナダのトロントなどの東海岸の都市ほど気温は下がらず、平均最低気温は0度程度。

日中は6度くらいになりますので、日本の北海道の方が寒いくらいです。

空気が澄んだ冬の日は、極稀にですがバンクーバー近郊でオーロラが見えることも。

寒さが苦手な方でバンクーバーに留学をするのであれば春から夏の時期がおすすめですが、日本と比較して気候が近いので留学中の服装も迷うことが無い点も魅力です。

スポーツが人気・盛んで街中でできる

街中でも楽しめるスポーツ

バンクーバーのダウンタウンには至る所に屋外のコートがあり、バスケットボール・フットサル・テニスコートなどを無料で使用可能。カナダ人や留学生がプレイしているところに混ぜてもらえば、スポーツができ、友達もでき、英語の勉強にもなり一石三鳥です。

また、イングリッシュベイ沿い(海岸沿い)にはランニングコースがあり、ランニングをしている人やローラーブレードをしている人を年中見ることができます。

また、ビリヤードやカーリング、ホッケーなどのスポーツも人気。ボウリングもあり、カナダで一般的なボウリングは5ピンボウリング。

カナダで生まれたこのボウリングはボールに穴がなく、砲丸投げのような鉄球を5つのピンに向かって転がします。友達とやると盛り上がりますので、バンクーバーに留学した際には是非プレイしてみてください。

バンクーバー現地の料理が美味しい

料理が美味しい

現地の料理が口に合わないと折角の留学生活もつらいものになりがち。

バンクーバーは多国籍の都市なので、現地には様々な国のレストランがあり、美味しい料理に出会える点も特徴・魅力の1つです。

現地のスーパーマーケットには多くの食材が揃い、日本の食材を置いた専門のスーパーマーケットもあるため自炊したい人にもおすすめ。

外食中心でも自炊中心でもバンクーバー現地での留学中に食事で困ることはほとんどないでしょう。

滞在中、安全で住みやすい・生活しやすい

治安が良いのも大きな魅力

毎年「世界で住みやすい都市ランキング」にランクインするバンクーバー。

イギリスの経済誌「エコノミスト」が発表した2015年の「世界140都市の中で最も住みやすい都市ランキング」で、カナダのバンクーバーは3位にランクインしています。ちなみに1位はオーストラリアのメルボルンで2位はオーストラリアのウィーン。

その他、こちらもイギリスのビジネス雑誌「モノクル」の「世界で住みやすい都市ランキング2015」でバンクーバーは7位にランクイン。

住みやすい・生活しやすい理由には英語圏であることや自然が多いこと、公共交通機関が発達していることが挙げられますが、何と言っても治安が良い点が安心。

治安が良いというのは留学生にも留学するあなたを見送る家族にも、留学先を選ぶ際の大きな判断基準になると思います。

もちろんバンクーバーで犯罪がないわけではありません。留学生が近づかない方が良い場所もあります。

ただ、カナダは銃社会ではありませんし、一部の場所を除けばバンクーバーは女性が夜中に一人で出歩いても大丈夫なくらい安全です。

交通機関が発達していることもメリット

公共交通機関が非常に便利

バンクーバーを留学先に選んで良かった理由の最後の項目は、公共交通機関が発達していること。

住みやすい都市ランキングにランクインしている理由でもあるこの項目は、留学生にとっても大きなメリットの1つです。

海外でタクシーや電車は比較的簡単に乗れますが、バスはわかりにくい、という都市が多いと感じる人は多いのではないでしょうか。

しかしバンクーバーのバスはルートが分かりやすく、ルートマップが街の至るところに置いてあり、バンクーバー生活に不慣れな留学生でも簡単に乗りこなせます。

また、空港からダウンタウンに直結しているスカイトレイン、ダウンタウンとノースバンクーバーを繋ぐシーバス(フェリー)などがあり、留学中に車がなくてもどこへでも簡単にアクセスできる点もメリットです。


以上、カナダのバンクーバーを留学先に選んで良かった10の理由を体験談を交えて紹介しました。

まだまだバンクーバーの魅力は語り尽くせていませんが、その他の魅力は是非バンクーバーに留学して実際に体験してみてください。 きっと一生涯の思い出になる留学になると思います。


この記事を書いた人

投稿者:hiro
現在の記事投稿数:2
留学先:カナダ(バンクーバー、キャンベルリバー) 滞在期間:3年