ロサンゼルス ロサンゼルスsp

海外で英語の勉強のための留学先として人気が高いアメリカ。

ロサンゼルスはそのアメリカの中でも語学学校や大学が多く、選択肢が豊富でおすすめの都市のひとつ。

夏休みや春休みの短期留学でもディズニー、ユニバーサル・スタジオなどを楽しむことができるのもおすすめのポイント。

そんな魅力いっぱいのロサンゼルス、留学費用はどれくらいなのか、気になりますよね。

語学学校の中には費用が格安のものもありますが、どこを選べば良いのか、迷ってしまうもの。

アメリカ・ロサンゼルスで大人気の大学進学、どの大学を選ぶべきか、また必要になる費用も知っておくべきです。

大都市ロサンゼルスだからこそ気になる治安は大丈夫?アメリカ留学する場合の持ち物は何が必要?

このページではそんなアメリカ・ロサンゼルス留学で気になるアレコレについてご案内していきます。

とりあえず語学学校を見てみる

とりあえず 語学学校を見てみるsp

ロサンゼルスがアメリカへの英語留学でおすすめな理由

アメリカには3大都市、ニューヨーク、サンフランシスコ、そしてロサンゼルスがあります。

その中でも特に、ロサンゼルス留学に人気があるのには、ちゃんと理由もあります。

アメリカならどこでも同じ、ではなく、ロサンゼルス留学ならではのおすすめポイントを以下、紹介していきますね。

なぜニューヨークではなくロサンゼルス留学を選ぶのか

LAは過ごしやすいんです

アメリカ留学で人気の都市にはロサンゼルスの他に東海岸、ニューヨークがあります。

建ち並ぶ高層ビル群、タイムズスクエアやセントラルパーク、自由の女神などの見どころも豊富なアメリカでもおすすめの留学都市のひとつです。

ロサンゼルスとニューヨークを比較したときに、なぜロサンゼルス留学が選ばれるのか。

それはニューヨークの方が留学費用が高いから、という費用面の問題だけではありません。

ロサンゼルスはアメリカ・カリフォルニア州にあり、1年を通じて暖かく非常に過ごしやすい都市です。ニューヨークの厳しい冬は、寒さが苦手なあなたには留学先としては難しいですね。

また、ロサンゼルスのあるカリフォルニア州は大学進学をお考えの場合にもおすすめ。

日本の高校を卒業し、カリフォルニア州各地にあるコミュニティカレッジ(コミカレ)へ進学する日本人留学生が多くいます。

カリフォルニア州のコミカレに通う学生は、TAG(Transfer Admission Guarantee)というプログラムを利用することができ、4年制大学3年次編入がしやすいシステムが整っているためです。

次に、ロサンゼルスで英語を勉強するための語学留学にはどのような選択肢があるか見ていきましょう。

大学付属の英語コースから格安費用で参加できる語学学校まで

学校の選択肢が多い

アメリカの大都市、ロサンゼルスにはたくさんの語学学校があります。

英語を学ぶための学校であり、一般英語だけでなく、ビジネス英語やTOEFLやIELTSといった試験対策コースなど、参加する学生のニーズに合わせ、様々なプログラムを提供しています。

ロサンゼルスにはその他、英語を学べる場所としてコミュニティカレッジや、大学付属の英語コースも選択可能、この選択肢の多さもロサンゼルス留学のおすすめポイントですね。

留学費用も学校により様々、ロサンゼルスで最も有名な大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のエクステンション(付属)コースで学ぶ英語は、費用がかさみますが、その質の評価は非常に高くなっています。

語学学校の費用は各校、それぞれ異なりますが、中には格安費用の学校もあります。

こうした学校の中には学生ビザ取得のための学校もある一方で、留学生にできるだけ費用を抑えて英語レッスンを提供したいという熱意のある学校もあるので、慎重に語学学校は選ぶようにしましょう。

ロサンゼルス留学で日本人が多いってメリット?デメリット?

日本人がいるメリット

アメリカ・ロサンゼルス留学を考えるとき、どうしても気になるのが日本人の多さ。ロサンゼルスの語学学校は、アメリカのその他の都市に比べ、日本人比率が高いのは事実です。

日本企業があったことから、日本人が生活しやすい環境が整っていること、またディズニーやユニバーサル・スタジオ、ハリウッドなどの観光スポットが多く、日本からの直行便が多いこともその理由に挙げられます。

では、その他の都市、例えばニューヨークの語学学校で日本人比率が少ない場所を選んだ場合、あなたのクラスメイトに日本人がいないか、といえば、そんなことはありません。

日本人は語学学校で最初に受けるクラス分けテストで、読み書きはとても強いのですが、会話テストで聞き話すことが苦手。

多くの日本人は初中級クラスになることが多く、クラスメイトに日本人がいることが少なくありません。

また日本人がいることはデメリットどころか、メリットにもなります。

本当に困ったとき、急な怪我や病気、事故にあったときに英語がまだ十分に身についていなければ同じ日本人同士、助け合うことができます。

考え方よっては日本人が多いことがおすすめのポイントにもなることを覚えておいてくださいね。

中学生や高校生、大学生と社会人で異なる目的

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスへ留学、といってもあなたの年齢により目的は変わるはず。

中学生、高校生の間は夏休みの短期留学、大学生なら夏休み、春休みだけでなく、休学を含む留学、さらに社会人ならロサンゼルスで英語力だけでなく、キャリアアップにつながる勉強も可能。

そんな、ロサンゼルスへのおすすめ留学を各世代別にご案内していきます。

中学生が夏休みのアメリカ・LA短期留学をするなら

英語が楽しくなる!

あなたが今、中学生なら夏休みを利用してロサンゼルスに短期留学してみましょう。

いろんなプログラムがありますが人気が高いのはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)をはじめとする、名門大学キャンパスと大学の学生寮を利用したジュニアプログラム。

半日は英語レッスン、15人くらいのクラスメイトと、語学力テストでしっかりとレベル分けされたクラスで英語を集中的に楽しく学びます。

もう半日はアクティビティ、学校内でのスポーツやダンスだけでなく、ロサンゼルスの観光スポットを訪ねることができます

本場アメリカのディズニーランドや、ユニバーサルスタジオへの小旅行も楽しむことができる、夏休みの集中コース。

このプログラムに参加する意義は語学力だけでなく、世界中から集まった友達ができることで、SNSなどを通じ帰国後も英語で交流できること。

「日本の大学進学のための英語」を学ぶのではなく、「世界中にいる友だちと楽しく話すためのツールとして身についていく英語」はより楽しく、自分から学びたいと思えるものになるはずです。

高校生なら卒業後、ロサンゼルスのカレッジ・大学進学が人気

目指せカレッジ・大学進学

高校生が夏休みにアメリカ留学する場合にもロサンゼルスの大学オンキャンパス、ジュニアプログラムはもちろんおすすめ、なのですが、今は高校を卒業したあと、進学先のひとつとしてもロサンゼルス留学が高い人気を誇っています。

ロサンゼルスには、名門、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)だけでなく、同じ州立大学である、CSU、カリフォルニア州立大学のキャンパスも数多くあります。

これらの大学卒業を目標に、多くの日本の高校生が卒業後、ロサンゼルスを始めとするカリフォルニア州内のコミュニティカレッジ(コミカレ)へ進学、上記大学への3年次編入を目標として日々、終わらない勉強に追われています。

名門大学への3年次編入も夢ではないコミカレ進学ですが、その厳しさは週の平日に寝れない日もあるほど。

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスへの進学留学をご検討されているなら、できる限りお早めに留学ランドにご相談ください。

大学生や社会人は語学力だけでなく、英語でビジネスを学ぶ

アメリカの大学で学ぶ

大学生には夏休みと春休み、それぞれに留学のチャンスがあります。

おすすめは2月~3月、日本は厳冬でもロサンゼルスなら寒くはありません。また、国際航空券費用が安くなるので狙い目です。

ロサンゼルスなら多くの語学学校、コースからあなたの希望するものがきっと見つかるはず。

夏休み、春休みのアメリカ留学をキッカケに休学・長期留学を考える人も少なくありません。

また、休学、とはいえUC、CSUそれぞれの大学付属コースでの英語レッスンの参加期間や、学校によっては単位取得コースもあることから、これらを日本の大学の単位として認めてもらう、単位認定留学にできる可能性もあります。

その他、UCI、カリフォルニア大学アーバイン校では留学生向け社会人コースを提供。

1年を4学期に分け、うち3学期、ビジネスコースに参加することでOPT(Optical Practical Training)申請も可能になります。

大学生の1年休学留学の場合にはOPTを利用することが難しいかもしれませんが、社会人の方であれば、プログラム終了後に1年間、アメリカで有給のお仕事が出来ることは大きな魅力となりますね。

大学生だけでなく、社会人のキャリアアップのための留学としても、ロサンゼルスはおすすめの都市と言えます。

気になる費用、アメリカ、ロサンゼルス留学だといくら必要?

アメリカ留学のデメリット、それは費用です。他国に比べやや割高な留学費用ですが、ロサンゼルスの場合、どのくらいの費用が必要になるのか。プログラム別に確認していきましょう。

語学学校は格安校も、長期ならおすすめはホームステイ

ロサンゼルスはアメリカの中でも生活費用が決して安い都市、とは言えません。では留学の場合、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。

ロサンゼルスでもおすすめの2つの語学学校、世界展開をしている語学学校Kings Education(キングスエデュケーション)ロサンゼルス校と、ロサンゼルスでも格安校として大人気のColumbia West College(CWC、コロンビアウエストカレッジ)で比較してみました。

学校名Kingsロサンゼルス校CWC
2週間US$2,088約¥239,000US$2,145約¥247,000
4週間US$3,808約¥438,000US$3,230約¥371,000
12週間US$10,244約¥1,178,000US$7,890約¥907,000
24週間US$18,824約¥2,165,000US$14,430約¥1,659,000
36週間US$27,512約¥3,164,000US$20,370約¥2,343,000

※上記はフルタイム(午前・午後とも英語レッスン)にご参加いただき、ホームステイをしていただく場合の費用となっています(2019年4月30日現在)。

Kings Educationロサンゼルス校が高い、のではなく、世界展開をしている実績と進学留学への強みがあります。

また、もし12週間以上この学校に通う場合、入学後に目標として設定された英語レベルに、きちんとカリキュラム参加したにもかかわらず達成しなかった場合、無料で英語レッスンを延長できます(滞在費用は別です)。

CWCは格安費用で留学できる語学学校ですが、留学生への英語教育に本当に真摯に向き合い、できる限り割安な費用で留学生に英語を身につけてもらいたい、という思いで運営している語学学校。

それぞれの語学学校におすすめのポイントがあります。あなたの留学の目的にあわせ、ロサンゼルスにある語学学校の中から最も希望に沿う語学学校を見つけましょう。

アメリカ留学を希望する場合、学校手配の滞在先としてホームステイ、または可能であれば学生寮手配をしてくれます。

ホストファミリーとうまくやれるか分からない、と敬遠されがちのホームステイですが留学費用を安く抑えることができます。

長期留学ならホストファミリーに近隣の賃貸相場を確認、治安について相談しつつ、ルームシェアなどを探すようにしましょう。

最初からインターネットでキレイなアパートメントを見つけて契約してしまうと、実際には水回りが汚い、近隣治安が悪いなどのトラブルもあります(先払いの賃貸費用が返ってこないなど)、くれぐれもご注意を。

ロサンゼルスへの進学留学で必要な費用と大学編入のメリット

コミカレを選ぶ理由

アメリカ、カリフォルニア州にはロサンゼルスをはじめ、各都市にコミュニティカレッジ(コミカレ)があります。

4年制大学にはUC、CSUなどの州立大学や、私立名門も複数存在、進学先としても大人気ですが、その費用はどれくらいなのでしょうか。

コミカレ、4年制大学ともに、「9か月間、生活しながら勉強をした場合に必要となる概算費用」を各ホームページで公開しています。

コミカレの場合、20,000ドル前後(約230万円)となっていて、費用の差は学校のある地域により差がでます。

例えばロサンゼルスでも最も地価の高いサンタモニカであれば高くなり、日本企業のあった南部、トーランスになれば少し安くなります(さらに離れた田舎になればもっと滞在費用は安く抑えられることになりますね)。

4年制大学に関しては、学校費用、授業料の差も出てくるため、進学前に必ずチェックが必要です。

ご紹介しておりますUCLA、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にもなれば60,000ドル以上(約700万円)が年間あたり必要、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(CSULA)だと36,000ドル前後(約420万円)と、費用の差が非常に大きくなります。

ただ、いずれにしてもコミカレの方が費用が安いということはお分かりいただけたと思います。

アメリカへの進学留学でコミカレを目指すメリットの1つがこの費用の差になります。

4年制大学を4年かけて卒業するのと、コミカレ+4年制大学、合計4年で卒業するのでは、コミカレを利用し、4年制大学へ3年次編入をする方が圧倒的に費用が安くなります。

また、4年制大学よりコミカレの方が出願条件がゆるく、高校卒業資格プラス、英語力次第で入学可能なのも、コミカレを選ぶおすすめのポイントです。

どの学校を選ぶべきなのか、留学ランドにアメリカ進学についてお早めにご相談いただき、学校や専攻、出願条件を確認、着実にロサンゼルス留学に向け、準備を進めましょう。

持ち物は何が必要?治安は大丈夫?留学生活とその準備

アメリカ留学を考えるとき、どうしても気になるのが治安です。ロサンゼルスの治安はどうなっているのでしょうか。

また、ロサンゼルス留学に向けて準備を進めていると何を用意すればいいのか、持ち物についてのお問い合わせも少なくありません。

アメリカ留学の手続きを進めていると必要となる海外旅行(留学)傷害保険や、進学・長期留学では避けて通れないアメリカ学生ビザについても条件を確認しておきましょう。

アメリカの学生ビザ情報と保険、その他必要な持ち物

知っておこう、ビザルール

まず、アメリカの語学学校や大学へ参加することになると、海外旅行(留学)傷害保険への加入が必須となります。

語学学校の場合には現地保険への加入も可能なのですが、日本の保険へご加入いただくことを強くオススメいたします。

日本の保険なら、旅行中に紛失・故障したものも補償してくれたり、飛行機が遅延した場合も保険が出ることもあります。

またアメリカ・ロサンゼルスで病院に行くことになった場合、高額な治療費を支払う必要がありません(指定病院で無料となります)。

アメリカの医療保険の場合、一度治療費を支払って後日、英語の申請フォームに必要事項を記入、その上で返金、という手間がありますのでご注意を。

それからカレッジや大学の場合、実はアメリカの現地保険に強制的に加入させられる学校もあります。

それでも、最初の1年は日本の保険へご加入いただくことをおすすめします。
(もし万が一、急病・怪我、事故にあった場合に英語がまだ話せない可能性があるため)

次にアメリカの学生ビザについて。アメリカは短期留学、たとえ1週間だけの留学でも知っておかなければならないルールがあります。

それは90日以上の滞在、または週18時間以上の授業を受ける場合にはアメリカの学生ビザ(F-1ビザ)の申請が必要、という点です。

週18時間以上、というのは午前、午後ともレッスンとなるフルタイムと呼ばれるコースに参加する場合。

もし、パートタイム(午前または午後のみ)コースであれば、90日未満であれば、事前学生ビザ申請は不要です。

ロサンゼルス留学をする場合に必要な持ち物、ですが最も多い質問が家電製品の充電に関するご質問。

こちらはアメリカの場合、日本のコンセントをそのまま利用可能ですが、電圧が違います。

パソコンやタブレット、スマートフォンなどの充電に関してはご購入いただいたお店、家電量販店で必ず、変圧器が必要かどうか、ご確認いただくことをお忘れなく。

ロサンゼルス留学で要注意の治安、近づいてはいけない場所

危うきに近寄るべからず

アメリカ、ロサンゼルス留学をする場合、自ら危険な場所へ行かなければ安全といっても過言ではありません。

しかし、学校スタッフから指摘された場所へ不用意に近づくと、本当に危険な目に合う可能性も少なくない、ということは覚えておいてください。

特にロサンゼルスではコンプトン(映画にもなるほど有名)、スキッドロウ、サウスロサンゼルスには近づかないこと。

またロサンゼルスに限りませんが、留学中にもっとも危険なのが「慣れ」

4週間、夏休みなどの留学でも2~3週間目にはロサンゼルスでの留学生活に慣れが生まれ、気がゆるみます。

ちょっとカフェで席を離れた間にスマートフォンが、バッグが、またはノートパソコンがなくなるなんてことはザラ。

留学前、準備中には「まさか」と思うことが留学生活に慣れることで怒ります、くれぐれもご用心を。

人気のハリウッドやサンタモニカ、どの語学学校を選ぶ?

ロサンゼルスは実は広大(関東平野くらいあります)です。

大人気のサンタモニカはショッピングを楽しむことができ、ビーチまでもすぐそば。

そこからビバリーヒルズ、ハリウッドに向かう途中にUCLA、カリフォルニア大学ロサンゼルス校があり、周囲に語学学校が集中しています。

ロサンゼルスにはその他にも語学学校が多く点在していますが、留学ランドはその中からおすすめの語学学校を厳選、人気の順にそれぞれ紹介をしています。

各学校詳細をクリックしていただくと、学校詳細ページにてお見積り費用もご案内しております。


第1位

FLS International
シトラスカレッジ校 FLSシトラスカレッジ校

おすすめのポイント
カレッジオンキャンパス
日本人スタッフ有
静かに勉強に集中できる


第2位

Kings Education
ロサンゼルス・ハリウッド校 Kingsロサンゼルス・ハリウッド校

おすすめのポイント
ハリウッドど真ん中
日本人スタッフ有
フィルムコースもあります


第3位

Columbia West College
(CWC) コロンビアウエストカレッジ

おすすめのポイント
学費が非常に安い
スタッフが親切
コリアンタウン内


第4位

Mentor Language Institute(MLI)
ロサンゼルス・ハリウッド校 メンターハリウッド校

おすすめのポイント
非常にリーズナブル
日本人スタッフ有
目前がハリウッド通り


第5位

Language Systems International(LSI)
サウスベイLA校 LSISBLABanner

おすすめのポイント
リーズナブルな学費
条件付き進学可能
レドンドビーチそば


第6位

FLS International
サドルバックカレッジ校

FLSサドルバック校

おすすめのポイント
カレッジオンキャンパス
抜群の治安の良さ
細かなレベル分け


第7位

Mentor Language Institute(MLI)
ウエストウッド校 メンターウエストウッド校

おすすめのポイント
リーズナブルな学費
図書館も隣接
UCLAすぐそば


第8位

Language Systems International(LSI)
ノースイーストLA校 LSIノースイーストLA校

おすすめのポイント
高級住宅街にある
日本人スタッフ有
条件付き進学可能


第9位

College of English(CEL)
サンタモニカ校

CELサンタモニカ校

おすすめのポイント
リーズナブルな学費
最大10人の少人数制
ビーチまで徒歩数分


第10位

Language Systems International(LSI)
オレンジカウンティ校 LSIオレンジカウンティ校

おすすめのポイント
学生の多いフラートン
条件付き進学可能
ディズニー近く


第11位

Language Systems International(LSI)
ダウンタウンLA校 LSIダウンタウンLA校

おすすめのポイント
リーズナブルな学費
条件付き進学可能
お出かけも便利


国ページから見直す 国ページから見直してみるsp

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載