治安が良いことから中学生や高校生の短期研修でも大人気のオーストラリア。

その他のメリットとして気候の良さや時差が少なく日本からの連絡がつきやすいなどのポイントもあります。

夏休みや春休みを利用したオーストラリアでの短期の英語留学もおすすめですが、最近では現地高校やTAFE・大学への進学も大人気。

とはいえ、どんな形の留学であれ、まず知っておきたいのはお金、費用ですよね。

どのくらいの費用が必要となるのか、元留学エージェントの私が、英語を学ぶ語学留学、高校、TAFEや大学など進学のためのおすすめの学校と一緒に紹介していきます。

さらにもう1つのオーストラリアを選ぶメリット、ワーホリについて、必要な費用を紹介していきます。

オーストラリア留学の費用だけでなくおすすめの理由、まだまだあるメリット、知っておくべきデメリットと一緒にご案内。

あなたの短期、または長期留学の準備のお役に立てればと思います。

目次

オーストラリア留学費用を各都市別、おすすめの学校でご紹介

オーストラリアは日本とは赤道を挟んで南北逆、南半球にある国です。

日本が夏なら、オーストラリアは冬、留学に限らず、旅行でも一番人気のあるのは、夏にあたる1月~3月まで。

逆に冬にあたる7月から9月でも過ごしやすい場所が多いのもオーストラリア留学がおすすめな理由のひとつ。

まずは早速、オーストラリアに短期2週間から最長、約1年間(48週間)の語学留学をするのに必要な、期間別・概算費用位一覧表をご案内します。

オーストラリア語学留学、期間別の概算費用一覧

期間オーストラリアドル日本円
2週間AU$1,775
~AU$2,190
143,000円
~177,000円
4週間
約1ヶ月
~AU$3,000
AU$3,650
242,000円
~295,000円
12週間
約3ヶ月
~AU$7,815
AU$9,510
714,000円
~904,000円
24週間
約半年、6ヶ月
~AU$15,015
AU$18,010
1,212,000円
~1,454,000円
48週間
約1年間
AU$29,415
~AU$35,050
2,374,000円
~2,829,000円

上記費用は、午前・午後とも英語レッスンであるフルタイムコースで語学を学び、ホームステイ個室、平日朝・夕食、週末3食付の条件でご滞在、オーストラリア各都市空港へのご到着時のお出迎え費用を含めて算出した金額でのご案内となっています。

これらの金額は、これから紹介する各期間別のお見積りから算出した具体的な数字です。

この他、オーストラリアまでの往復国際航空券、海外旅行(留学)傷害保険、3ヶ月以上留学される場合にはOSHCと呼ばれる現地保険、加えて留学エージェントの手続き費用が必要となります。

ご安心ください、最後の留学エージェント費用については留学ランドよりお手続きいただく場合、無料です。

期間が長くなればなるほど、留学費用の幅が出てきていますね。また、オーストラリアに限らず、海外長期留学には学生ビザが必要となりますが、オーストラリアの場合はどうなっているのか。

これらの謎を、これからスッキリ解決します。

短期間、2週間のオーストラリア英語留学の費用情報

2週間の語学留学と学校について

まずはオーストラリアに短期2週間の語学留学する場合に必要な費用を各都市別の費用比較表で紹介します。

どの語学学校費用も2019年の費用表を参照にして、2019年2月19日のオーストラリアドル換算レートを適用、比較しやすいようオーストラリアドル、日本円の両方で紹介していきます。

各語学学校については、別途、後ほどご案内させいただきますね。

2週間の語学留学、オーストラリア各都市での費用比較

都市語学学校学校費用
オーストラリアドル
学校費用
日本円
シドニーILSC
シドニー校
AU$2,190177,000円
メルボルンILSC
メルボルン校
AU$2,168175,000円
ブリスベンILSC
ブリスベン校
AU$2,098169,000円
ゴールドコーストBROWNS
ゴールドコースト校
AU$2,050165,000円
ケアンズCairns Language Centres
(CLC)
AU$1,775143,000円
パースLexis English
パース校
AU$2,100170,000円

ケアンズの学校費用が安いですね。その他の都市の費用には大きな差がありません。

オーストラリアの中でもケアンズは比較的、留学費用が抑えやすい都市です。

語学学校CLCの英語レッスン費用が安いこともありますが、滞在費用がそもそも他都市に比べリーズナブルなことも理由のひとつ。

ケアンズはオーストラリアでも、滞在期間中に必要となる生活費用が安いんです。

とはいえ、ケアンズは人口がこの10年弱で1.5倍まで伸びており、いつまで安いと言えるか分かりません。シドニーやメルボルンのように地価が暴騰する日もそう遠くないかもしれません。

それでは次に、オーストラリアに4週間、約1ヶ月、留学する場合に必要な費用がどれくらいかかるのか、調べてみますね。

4週間の留学費用とオーストラリアの学校が信頼できる理由

4週間の費用と、CRICOSについて

4週間、約1ヶ月のオーストラリア留学の費用比較表をご案内の前に、留学エージェントをしていた頃によく耳ににした、こんな話についてご案内を少しさせてください。

もしかしたらあなたは、「オーストラリアの英語は訛りがあるので語学留学をしても大丈夫?」と思ったりしていませんか?

確かに、オーストラリアに限ったことではありませんが、独特の話し方、表現はあります。

挨拶として「Good day,Mate」、カタカナ表記すると「グッダイマイ」というフレーズは有名です。

ですが、オーストラリアの語学学校で提供されている英語コースはELICOS(English Language Intensive Course for Overseas Students)と呼ばれており、これらの英語コースをオーストラリアで提供する語学学校はCRICOS(Commonwealth Resister of Institutions and Courses for Overseas Students)に登録しています。

CRICOSに登録された語学学校でなければ、オーストラリアの学生ビザのために必要な書類を発給できません。

CRICOSに申請、登録されるためには、厳しい基準(英語教師の資格の有無や英語コースの詳しい内容、その他)をクリアしていることが条件となっています。
学校にはCRICOSの番号が与えられます

オーストラリア各都市にたくさんある学校選びのポイント、というまでのものではありませんが(登録されていて当然)、CRICOS番号は一度、確認しておくと良いです。

約1ヶ月、4週間の都市別、費用比較一覧表

都市語学学校学校費用
オーストラリアドル
学校費用
日本円
シドニーILSC
シドニー校
AU$3,650295,000円
メルボルンILSC
メルボルン校
AU$3,588290,000円
ブリスベンILSC
ブリスベン校
AU$3,448278,000円
ゴールドコーストBROWNS
ゴールドコースト校
AU$3,500283,000円
ケアンズCairns Language Centres
(CLC)
AU$3,000242,000円
パースLexis English
パース校
AU$3,580289,000円

4週間留学でも、ケアンズを以外は大きな費用の差が出ていませんね。

2週間から4週間、約1ヶ月までの短期オーストラリア語学留学なら、費用差がないわけですから、あなたが行きたいと思う都市を自由に選べます。

次は12週間、約3ヶ月のオーストラリア留学費用、そろそろ学生ビザに注意しなければならない期間です。

12週間・約3ヶ月の留学費用、学生ビザ不要はここまで

ビザなしは12週間、3ヶ月まで

オーストラリアへ留学する場合、3ヶ月、約12週間なら事前に学生ビザを申請せずに渡航できる期間となります。

オーストラリア各都市に12週間、3ヶ月の語学留学に必要な費用を以下の比較表にしてみました。

ギリギリ学生ビザが不要、12週間の各都市の留学費用

都市語学学校学校費用
オーストラリアドル
学校費用
日本円
シドニーILSC
シドニー校
AU$9,510904,000円
メルボルンILSC
メルボルン校
AU$9,270882,000円
ブリスベンILSC
ブリスベン校
AU$8,850841,000円
ゴールドコーストBROWNS
ゴールドコースト校
AU$9,462900,000円
ケアンズCairns Language Centres
(CLC)
AU$7,815714,000円
パースLexis English
パース校
AU$9,445900,000円

ケアンズを除くと、やはりそこまで大きな金額の差が出ていませんね。

3ヶ月までは、語学留学をする場合、学校手配のホームステイやレジデンス滞在になるため、実際にかかる費用は大きな差が出ません。

見てみたいもの、行っておきたい場所を留学先としてお選びになり、学校を比較してみてくださいね。

次は6ヶ月、約半年のオーストラリア留学に必要な費用を見てみます。事前に学生ビザ申請も必要となってきます。

約半年、24週間の場合の費用と学生ビザ申請に必要なもの

24週間の留学費用とルームシェア

オーストラリアに24週間、約半年の語学留学をするなら、学生ビザ申請が必要となります。

オーストラリアの学生ビザに関する条件、必要な書類や申請費用についてちょっと長くなりますが、説明をさせてください。

まず、オーストラリアの学生ビザ申請のための条件をチェック、以下を満たしている必要があります。

オーストラリア学生ビザ申請条件

  • アセスメントレベルが1である
    (日本国籍は1です、ご心配なく)
  • 学生ビザ申請時に、6歳以上である
  • 申込みをした学校のコース開始日から計算して、4ヶ月を切っている
  • 学校コースの入学許可証を持っている
  • 健康面、留学資金に問題がない
  • オーストラリア海外学生保険、
    (Overseas Student Health Cover)に加入済み
  • 学生ビザ申請に関する連絡用のメールアドレスを用意
  • 学生ビザ申請費用の支払いに必要なクレジットカードを持っている

上記条件をクリアした上で、オーストラリア移民局サイト(リンクします、英文です)に登録、学生ビザ申請手続きを進めます。

各種書類をオンラインでアップロードを済ませ、学生ビザ申請費用の支払いを完了させます。日本での学生ビザ申請費用はAU$550、クレジットカードでのお支払いとなります。

以前はオーストラリア大使館指定の病院で健康診断を受けなければなりませんでした。

ですが現在は妊婦の方や、医療関係者でオーストラリアでの研修がある場合、それから児童福祉(子供のお世話のボランティアなど)に携わる場合と、オーストラリアが指定する国に3ヶ月以上滞在していなければ基本的にはパスできます。

オーストラリアの学生ビザ申請そのものは、4ヶ月前を過ぎなければ手続きができません。

ですが、オーストラリアの学校を決め、手続きを済ませて学校に書類を作成してもらい、かつ日本でも必要書類を揃えなければならないことを考えると、遅くとも3ヶ月前までには留学お申込みのお手続きを完了させておくべきですね。

それでは約半年間、24週間のオーストラリア、語学留学にはいくら必要になるのか、費用比較表を見てみます。

約半年、24週間オーストラリア留学するのに必要な費用一覧

都市語学学校学校費用
オーストラリアドル
学校費用
日本円
シドニーILSC
シドニー校
AU$18,0101,454,000円
メルボルンILSC
メルボルン校
AU$17,5481,416,000円
ブリスベンILSC
ブリスベン校
AU$16,7081,349,000円
ゴールドコーストBROWNS
ゴールドコースト校
AU$17,2801,395,000円
ケアンズCairns Language Centres
(CLC)
AU$15,0151,212,000円
パースLexis English
パース校
AU$17,3051,397,000円

オーストラリアへの24週間、半年以上の留学を検討する場合、滞在方法として最初の1、2ヶ月はホームステイをしながら生活に慣れ、その後はフラット、と呼ばれるアパートメントなどでルームシェアをすることが多いです。

オーストラリア現地の学生や、世界中から集まった留学生と同じアパートで暮らし、寝るスペースだけは個別にするというもの。

この方法なら、家賃を抑えることが出来て、ホストファミリーに気を遣う必要もありません。

お部屋を借りる場合、都市によって賃貸費用に大きな差が出てきます。

オーストラリアは近年、資源輸出と不動産投資などで景気が長らく上向きとなり、どの都市も不動産、賃貸費用が大小の差はあれ、上がり続けています。

特に、暮らしやすさ世界ランキング上位にあるメルボルンシドニーなどでは顕著で、予算に合った部屋探しは苦労します。

半年以上の長期留学で、フラットなどでのルームシェアを希望する学生が多いのはオーストラリアだけではありません。

私が留学エージェントをしていた頃、インターネットで事前にオーストラリア留学中の滞在先は予約しました、という連絡をいただいたこともあります。

ですが、実際にオーストラリアに渡り、部屋の中を見ると水回りが衛生的ではない、アパート近隣にあまり人通りがなく不安に。

すでに数カ月分の費用を入金したものの、やっぱり解約したい、と申し出ると、実は英語の契約書にこんな記述が。

「入居後(オーストラリアに到着してお部屋の利用開始後を指します)、いかなる理由があっても最初に支払う費用の返金はないものとする。」

すべての人に当てはまるわけではありませんが、契約書が英語だと読み飛ばしてしまっていることが多く、そうなれば契約に従わざるを得ません。

留学エージェントとして働いていたときに日本へ来ていた、語学学校やカレッジ、大学などのスタッフ、すべてに「事前にインターネットだけで部屋予約などをしないように学生のみなさんに伝えてください」と本当によく言われたものです。

現地の実際の状況を、自分で見ていないのに、インターネットで良いところだけ、綺麗なところだけの写真と、費用も自分の希望に沿ったもので探すと、たいてい困ったことになるから、だそうです。

現地到着後、最初は学校が手配するホームステイ、またはレジデンスでの滞在を選びましょう。学校スタッフさんやホストファミリーに、お部屋の賃貸相場や部屋を借りる場所の治安について話を聞き、自分の目で物件を確認してから、フラットなどでのルームシェアを始めた方が良いです。

オージーのホストファミリー

ホームステイは他人の家にお邪魔をすることにもなりますし、ホテルと違い、お客様とは違い、家事などにもできる限り参加することになります。

しかし、もしあなたがオーストラリアに留学をするなら、やはりホームステイをおすすめしたいですね。

なぜなら、他の国、北米やイギリスに比べ、オージー(オーストラリア人の愛称)は優しい人が多く、オーストラリア留学中、またはその後も長いお付き合いをされることが多いから。

語学留学の場合、世界中から集まった多国籍な友達はできるのですが、いわゆるネイティブ、現地で生活する人とはなかなか接点が持てません。

でも、ホームステイならネイティブであるホストファミリーとの活きたオーストラリア英語を話せるチャンスも持てます。

もちろん、それでもアタリやハズレ、はあります。でも、オーストラリアなら、ハズレの確率が低い、と私の留学エージェントとしての経験上、強く感じています。

しつこいようですが、もう一度、留学費用を抑えるためのフラット探しは、ホームステイ(ホームステイ費用にはお食事や週1度程度の洗濯も含まれていることを考えると安いんです!)や学校手配のレジデンス滞在後にしましょう。

ホストファミリー、学校スタッフ、それから語学学校で知り合う友だちにしっかり相談した上で、ご自身で実際に現場に足を運び、内容を自らの目で見た上で決めるよう強くおすすめいたします。

それでは費用比較の最後に48週間、約1年の間、オーストラリアに語学留学したら費用は一体いくらかかるのか、一緒にチェックしていきます。

長期1年間、48週間に必要なお金を格安に抑えるポイント

1年分の留学費用と、事前準備

費用が安いと言われるオーストラリアへ、約1年間の語学留学をした場合に必要な費用比較表は以下となります。

48週間、約1年の語学留学にかかる都市別学費一覧表

都市語学学校学校費用
オーストラリアドル
学校費用
日本円
シドニーILSC
シドニー校
AU$35,0502,829,000円
メルボルンILSC
メルボルン校
AU$34,1082,753,000円
ブリスベンILSC
ブリスベン校
AU$32,4282,618,000円
ゴールドコーストBROWNS
ゴールドコースト校
AU$33,9602,741,000円
ケアンズCairns Language Centres
(CLC)
AU$29,4152,374,000円
パースLexis English
パース校
AU$32,9452,659,000円

48週間、約1年の語学留学にもなると、さすがに都市別で費用に差が出てきました。

シドニーが最も高く、次いでメルボルン、ゴールドコースト、パース、それからブリスベンが安く、もっとも留学費用が安いケアンズはシドニーとの費用差が実に50万円近くにまでなりました。

都市間の滞在費用の小さな差が、長期留学になることで出てきたものと考えるべきですね。上記費用には、学校手配のホームステイに48週間、滞在した場合の費用も含まれていますから。

最初の1ヶ月から2ヶ月は、語学学校が手配をしてくれるホームステイまたはレジデンスに滞在、その後フラットに引越しを済ませて留学費用を抑えるのですが…

料理が苦手で外食の機会が多かったり、友だちとの付き合いで遊びに行くことが多いと、学校が手配する滞在先、ホームステイよりも滞在費用が高くなることは十分に考えられます、くれぐれもご注意を。

オーストラリアへの語学留学に関する費用のご案内はここまで、もしあなたがご案内した期間とは別の短期間、または長期オーストラリア留学をご検討中であれば、ご遠慮無く留学ランドへお問合せを。

経験豊かな留学カウンセラーが、無料でお見積り、カウンセリングをいたします。



それでは、各都市の費用紹介に参照したオーストラリアでもおすすめの語学学校を紹介していきます。

オーストラリア留学費用比較表の語学学校の詳細について

オーストラリアの語学学校を含む教育機関は、オーストラリア連邦政府のCRICOSに登録することが義務付けられており、CRICOSへの登録が認められなければ、オーストラリアへの学生ビザ申請に必要な書類を発行することができません。

今回ご紹介させていただいた語学学校はいずれもCRIOSに登録されているのはもちろん、それぞれが留学生が効率よく英語を習得できるよう、いろいろな教授法、英語レッスンを経験と実績に基づいて提供しています。

各語学学校の特徴について、紹介をしていきますね。

あなたの語学力に合わせて選べるコース、ILSC

カナダにも校舎を構え、世界展開をしている語学学校ILSC。

ILSCではあなたの語学力に合わせて、希望する英語コースを基礎、またはスキルの中から選びます(スキルコースは午前・午後のフルタイムレッスンより)。

英語力初級の間は簡単な英会話や語彙力などのコースが中心ですが、中級以上になるとビジネス英語やTOEFLやIELTSといった試験対策コースを選ぶことも可能になります。

その他、スキルコースには映画や写真といったあなたの趣味に合うコースも揃えられています。

オーストラリア国内の複数校舎間だけでなく、カナダなど他国の校舎へも転校することができ、環境を変えて英語を学べる学校です。

Active8で自分の成長を確認、BROWNS

ブリスベンとゴールドコーストに校舎をもつ、BROWNS。

独自メソッド、Active8は英語を学ぶスキルをカテゴリーに分け、総合的に学びます。読み、書き、聞き、話すの基本4つに加え、語彙や文法、発音と会話それぞれがどれくらい伸びたか、ブラウンズパスポートという冊子に講師からのアドバイスがもらえます。

アクティビティも豊富にそろえ、世界中から集まった留学生同士の交流にも注力している語学学校です。

アクティビティも豊富なCLC

Cairns Language Centre(CLC)は、ケアンズの街の中心部にある語学学校です。

駅からも徒歩5分という好立地、さらにCLCは半世紀以上に渡り、世界各国から集まった留学生に英語教育を提供してきた実績もあります。

学内の英語オンリーポリシーも厳しく、集中して英語を学びたいというあなたにぴったりの語学学校となっています。

一般英語だけでなく、英語プラスアクティビティコースも様々に容易しており、ケアンズの自然・海を利用したアクティビティも楽しむことができます。

オーストラリア内での転校も可能、Lexis English

Lexis Englishはオーストラリアに複数の校舎を構え、他国にも展開している語学学校です。

オーストラリアの校舎はバイロンベイやヌーサ、サンシャインコーストといった人気のビーチすぐ近くにあり、マリンスポーツが大好きなあなたに迷わずおすすめできる語学学校となっています。

一般英語や英語プラスアクティビティといった多様な英語コースも容易しています。

英語レッスン後の学校が容易する無料または有料のアクティビィも非常に豊富、月ごとのカレンダーでいつ、何を楽しめるかチェックできます。


英語を学べる語学学校を紹介させていただきましたが、オーストラリア留学の選択肢は英語を学ぶ、だけではありません。

オーストラリアの高校大学への進学、それからワーキングホリデー、いわゆるワーホリに関して、次に説明していきます。

高校やTAFE、大学進学に必要な費用と日本と違う教育制度

オーストラリアへの留学をご検討中の方の中には、現地の高校や大学への進学留学、それからアルバイトをしながらオーストラリアの生活体験が可能なワーキングホリデービザ、通称ワーホリでの渡航をお考えの方もいらっしゃいます。

日本でも国際化が強く意識されるようになり、進学の選択肢に海外の学校が選ばれるようになりました。

まずは、オーストラリアの高校や大学への進学留学について、必要となる費用と一緒に確認していくことにします。

オーストラリア進学留学がオススメな理由、メリットと費用

オーストラリアは日本と教育制度が違います。

高校、大学、どちらの場合でも毎日が勉強漬け、本当に大変なのですが、そうした困難、厳しい毎日をクリアして無事、卒業できた場合には、高校であれば現地オーストラリアを含む、海外留学や、日本でのAO、または帰国生枠入試が可能になります。

オーストラリアで大学を卒業、学士号を取得できれば、就業許可申請(オーストラリア国内に残って有給の仕事ができるようになります)ができ、最終的にはオーストラリアで暮らせる可能性も出てきます。

オーストラリアの進学留学と、必要となる費用について、以下、ご案内していきますね。

高い語学力の壁、入学も卒業も楽ではない高校留学とその費用

まず最初に、オーストラリアの公立高校に留学する場合の費用をチェックしてみましょう。

オーストラリア、シドニーのあるニューサウスウェールズ州の公立高校へ1年間留学した場合に必要となる留学費用は以下です。

申込金AU$280
授業料AU$15,200
学校制服AU$200-AU$300
滞在費AU$16,500(48週間)
空港出迎費AU$160
合計AU$
日本円AU$280

上記の費用は、オーストラリアの高校卒業資格取得のため、科目・単位コースに参加できた場合に必要な金額となっています。

オーストラリアの高校へ、卒業を目的に留学する場合のであれば、日本で中学校を卒業するまでに英検準2級を取得しておくべきです。

なぜなら、オーストラリアの高校へ留学生が参加するには、規定の英語力を必要としており、もし英語力が不足している場合には語学学校などでHSP(High School Preparation)、高校留学準備コースに通う必要があるため。

オーストラリア高校留学関するページ(リンクします)で、より詳しい説明をしています、是非ご参照いただければと思います。

日本人のオーストラリア進学留学はファウンデーション必須?

オーストラリアの大学へ進学を検討する場合、まず日本の高校を卒業したら、ファウンデーションコースに参加する必要があります。

オーストラリアでは高校を卒業し、大学に進むと、3年間で学士課程が終わります。

これは、オーストラリアの高校在学中に、大学側が求める単位を取得、基礎教養をすでに身につけているため。

イギリスやニュージーランドと同じシステムとなっています。ファウンデーションコースに参加するにも高い英語力、と平均以上の高校の成績が必要となっています。

ただし、オーストラリアの大学の中には、日本の高校での全教科(音楽や体育なども含みます)の成績平均点、いわゆるGPA(Grade Point Average)が高い場合、ファウンデーションなしでの入学を認めてくれる大学もあります。

ファウンデーションから大学へ進むことも可能ですが、もうひとつ、オーストラリア大学進学には方法があります。

アメリカやカナダのコミュニティカレッジと同じような学校、TAFEでのディプロマ取得です。

オーストラリアのファウンデーションコース参加には、語学力だけでなく、平均以上のGPAが必要となります。日本の高校の成績があまりよくないと、参加ができないわけですね。

だから諦めなきゃいけない、というわけではありません。TAFEと呼ばれる学校に進学して、自分が進学を希望する分野のディプロマを取得、成績次第で、大学への編入が可能となります。

高校留学と同様、オーストラリア大学留学について(リンクします)は別ページでもご案内しております、是非、ご一読いただければと思います。

オーストラリアの大学で勉強するのに費用はいくらかかるのか

オーストラリアの大学費用のご紹介として、ひとつ、ホテル業に非常に強い大学を紹介しますね。

サザンクロス大学はシドニーを始め、オーストラリアに4つのキャンパスを持ち、特にホテルマネジメントで有名な大学です。

この大学でホテルマネジメントを専攻する場合、在学中にホテルでの有給インターンがカリキュラムに含まれるため、留学費用を稼ぎながら、ホテルでの働き方について経験を積むことができます。

上記、サザンクロス大学のホテルマネジメントを専攻する場合に1年あたり必要な費用は以下となります。

授業料AU$26,000
滞在費用
学生寮相部屋
食事なし
AU$200×48週間=AU$9,600
合計AU$35,600
日本円約287万円(2019年2月19日換算レート)

大学の学費は決して安くはありません。学校選びや専攻、オーストラリアで大学を卒業した後にどのような仕事を希望しているかなど、しっかりと検討をした上で、決断する必要があります。

留学ランドの無料カウンセリングを是非、ご活用いただき、あなたの希望するオーストラリア進学に向けた準備を進めていただきたいと思います。



この国ならではのワーキングホリデーのメリットとは

オーストラリアへ留学するときに、語学留学と並んで大人気なのが、ワーキングホリデー、通称ワーホリです。

でも…ワーホリについてあれこれインターネットで調べてみたら、ワーホリについてあまり良くないことが書かれていたります。

ワーホリだと英語が身につかない、オーストラリアでの仕事もろくなものがない、さらには帰国して就職するときに不利かも?などなど。

誤解もあるようなので、オーストラリアのワーホリについてのお話と、実際に生活をしていく上で費用がどれくらい必要なのか、併せて紹介していきたいと思います。

まずは2019年2月現在の、オーストラリア、ワーキングホリデービザの申請に関する条件と方法、費用について。

オーストラリアのワーキングホリデービザは、毎年7月1日を募集開始日として翌年6月30日まで応募が可能、申請する場合には以下の条件をクリアしている必要があります。


オーストラリア・ワーホリ申請条件

  • 申請時に18歳以上、30歳以下
  • 休暇を主たる目的とし、就学・就労はそれに次ぐ目的とする
  • 子供は同伴不可
  • オーストラリアのワーホリをこれまでもらったことがない
  • 渡豪してすぐの間、生活できる費用を有している(AU$5,000程度)
  • 渡豪してすぐの間、生活できる費用を有している(AU$5,000程度)
  • 帰国のための航空券費用を有している
  • 心身ともに健康である


これらの条件を満たしていれば、オンラインで申請が可能です。

申請時には、パスポート(お写真ページ)、申請費用を支払うためのクレジットカードが必要(ワーホリ申請費用AU$450)となります。

申請後、早ければ1週間かからず、ワーホリ取得の連絡が届きます。

ワーホリで渡航、入国する場合、最長12ヶ月の間、オーストラリアに滞在することが可能です。

ただし、英語を勉強するため、語学学校に通える期間は最長でも4ヶ月に限定されることを予めご承知ください。

それから仕事、就労に関しては許可が出ているのですが、注意点として基本的に同じ雇用主のもとで働けるのは、最長6ヶ月です。

ワーホリだからこそ英語力が必要、語学力がないと起こる問題

準備のないワーホリは…

実際、英語ができないけれど、ワーホリで1年、オーストラリアにいけば、語学学校にも通うだろうし、英語はなんとかなるだろう、という気持ちで渡豪するとどうなるか、考えてみましょう。

まず、英語ができないので、語学学校に参加。英語が苦手な場合でも、日本人は高校卒業までに少なくとも英語に関しては中学・高校の6年間、文法などの基礎を勉強しているので、初級レベルよりやや上、くらいのレベルに振り分けられます。

語学学校での英語コースがスタートすると、同じクラスの人が英語が得意でとてもついていけない、というメールをいただくことがよくありました。

中南米やヨーロッパでもスペイン、イタリアの学生がいると、とにかくよく喋るので、最初はその勢いに圧倒されてしまうんですね。

でも私は、1週間、よーく彼らの話す英語を聞いてみてください、と伝えていました。

なぜなら、実は、母国語と英語をごちゃまぜにしながらも、伝えたいことがたくさんあるので、とにかく話している、のが実情なんです。

残念ながら日本人はこれが苦手なんですね。英語を話すのに、もし間違えてたら、話の流れ止めちゃうかも…といろいろ考えすぎてしまいます。

語学学校ではそうした間違いがあるたびに、ちゃんと講師が指摘し、正しい英語を教えてくれるんですから、ためらうだけ損、とにかく負けないように英語を話してください、とよく伝えていましたね。

英語も所詮は言語、話すための道具ですから、とにかく話すこと、これが大切なんです。

オーストラリアのワーホリを選ぶ理由、セカンドビザ申請可能

多くの国のワーホリが1年であるのに対し、オーストラリアのワーホリはさらに追加でもう一度セカンドワーキングホリデーを申請が可能、というメリットがあります。

そのためには以下の条件をクリアしなければなりません。

オーストラリア政府が定める地域にて3ヶ月(88日間)以上、季節労働をすること

季節労働、って抽象的ですが、例えば果樹園でのフルーツピッキング(果物の収穫)、漁業、建築や樹木伐採・運搬、いわゆる身体を使ったお仕事ですね。

その後、仕事先である会社・農場から証明書をもらい、あらためて申請手続きを終えれば1年目と同じ条件でセカンドワーホリでの滞在が可能となります。

※2019年4月新着情報※

2019年7月1日以降、オーストラリア・ワーキングホリデービザはさらにサードワーホリ申請が可能になることが発表となりました。

セカンドワーホリは3ヶ月の季節労働が必要でしたが、サードワーホリは2年目のワーホリ(セカンドワーホリ)期間中、6ヶ月の季節労働をすることが条件となっています。

就学可能期間(語学学校へ通うことができる期間)、就労条件は1年目、2年目と同じです。

海外で合計、3年間の滞在、就労ができるオーストラリアのワーホリ、益々人気が伸びること間違いなしです!

その他、学費以外に現地での滞在・生活に必要なお金について

最後にオーストラリアに語学留学、またはワーホリで渡航する場合、具体的に生活費がどれくらい必要か、知っておきましょう。

ホームステイとシェアフラットの費用と違いについて

まずは滞在費用、学校でホームステイ(個室)を手配してもらう場合にかかる、1週間あたりの費用はAU$280前後、1ヶ月4週間としてAU$1,120です。

日本円にすると約10万円強、この費用には滞在費用に加え、食事にかかる費用や、洗濯に必要な費用なども含まれることになります。

この費用が果たして安いかどうか、フラットでシェア生活をする場合の費用を見てみましょう。

まず1週間AU$150、電気・水道に関する費用込み、という物件を見つけたとします。

ちなみに都市にもよりますが、シドニーやメルボルンだとフラットの1室をさらに2~3人くらいでシェアする物件に必要な費用だと思った方が良いでしょう。

その他、食事に必要な費用が発生しますね。基本、自炊です。

朝はスーパーで買ったパン、お昼もそのパンにハムやチーズを挟んだもの、夜は冷凍食品やインスタント食品にすれば月にAU$250~300くらいの費用で収まるはず。

でもオーストラリアに留学して語学学校に通っていれば友だち付き合いもあります。ランチや、週末の外食費用も入れれば、AU$400くらいはかかるので、全てを含めればAU$1,000程度(約9万円強)。

シドニーやメルボルンの賃貸料金は上がり続けているようで、シェアルームでの滞在費用が必ずしもホームステイより抑えられるかどうか微妙なところですね。

ホームステイの場合には友人との外食費用が含まれていませんでしたが、それでもAU$200前後の差。

これを考えると、ホストファミリーと水が合えば、そのまま滞在した方がメリットは大きいですね。もちろん、他人の家で暮らす遠慮、気遣いはあるかもしれません。

ですが、私自身の留学経験から言えばホストファミリーは現地ネイティブであり、食事中の会話などは何よりも活きた英会話レッスンになります。

フラットでオーストラリア人ルームメイトが見つかれば良いですが、同じ留学生同士、だと家でもネイティブ英語というチャンスを逃がすことになります。

ホストファミリーから学ぶことは多いと私は思っています。現地の文化や慣習、休日であればなぜその日が休みなのか聞くことも良い英語の勉強。

学校のグループレッスンでちょっと聞きづらかった質問も、ホストファミリーになら聞けたりもします。

いずれルームメイトとのシェア生活をする、にしても一度は、ホームステイをお試しいただければと思います。

生活用品一覧、これ何ドル?必要な費用・物価はどれくらい?

最後に、生活費用の例としてよく出てくる、生活用品一覧を以下にまとめました。

オーストラリアの大手スーパー、Colesさんの2018年8月現在の価格表となります。

水(600mlx24本) AU$8.40(1本あたりAU$0.35)
炭酸飲料(2L) AU$2.15
食パン(スライス、650g) AU$1.50
牛乳(3L) AU$3.00
卵(1パック12個) AU$3.80
りんご(1個) AU$0.60
牛肉(1パック400g) AU$10.80
ハム(1パック125g) AU$2.19
スライスチーズ(24枚入り) AU$6.45

生活に関する費用は日本よりやや高め、ですかね。水はスーパーで買っておきましょう、街にあるキヨスクなどだとAU$3するところもあったりします。

ちなみに番外編、私が興味のあるシドニー外食編、必要な費用はこちら。


Harry’s Café de Wheels Tiger Beef AU$7.60
オーストラリア人だけでなく、みんな大好きミートパイ、その代名詞がこちら。

有名人のファンも多く、一番人気のHarry’s Tigerは肉汁たっぷりのミートパイの上にマッシュポテト&グリーンピース、さらにこれでもかとグレービーソース。美味しいです、まだ食べたことないですが。

Fish & Chips AU$10~15 日本のレストランでも見かけるようになった白身魚のフライとフライドポテトのコンビネーション。

美しい海に囲まれたオーストラリアはシーフードも有名、気軽に買ってお気に入りの場所、ビーチなどで食べてみたいものです。

その他にも、美味しいものがいっぱいなオーストラリア。節約すべきところはしっかり節約して、たまには友だちと外食を楽しみましょう。

オーストラリア留学費用のまとめ、目的を決めて準備をしよう

もしあなたが、長期間の語学留学をお考えなのであれば、オーストラリア留学の目標を予め決めておきましょう。

語学学校でも、ビジネスコースやTOEFL、IELTSといった英語試験対策コースを用意しているので、オーストラリア留学が終わるまでに、必ずIELTSで7.0が取れるようにしたい!(TOEFLやIELTSといった試験はアカデミックな語彙力も求められるので、本当に大変ですよ)、という具体的な数字の目標でも良いですね。

また、語学学校には半年だけ通って、しっかりと英語力を身に着けてTAFEで希望するコースに参加することを目標(この場合、半年だけ受講できるコースかどうか、現地学校への確認が必要だったりします)にすれば、毎日の英語の勉強のやる気にもつながります。

目標なく長期で語学を学ぶ、ということは、実は非常に難しいことです。

英語に限りませんが、語学はここまで学べば終わり、というものがありません。


ひたすら毎日、英語を勉強し続けるだけ、だと何のために英語を勉強しているのかわからなくなり、ある程度、話せるようになったから良いかな、と思ってしまいがち。

なのでしっかりと、英語を学ぶための自分の目標を決めて、オーストラリアへの語学留学に旅立つようにしましょう。

目標なく長期で語学を学ぶ、ということは、実は非常に難しいことです。

英語に限りませんが、語学はここまで学べば終わり、というものがありません。


オーストラリア留学の目標を決め、そのためにまず日本でコツコツと英語力を上げ、自分で決めた目的を達成するためなら語学の勉強は続けられるはずです。

あなたのオーストラリア留学が実り多いものになりますことを、心からお祈りいたしております。