アメリカで最も大きな都市、ニューヨークは経済、ファッションやアートなど、あらゆる分野で世界の最先端の情報を肌で感じることができます。

留学先としても大人気なのですが、大都市ゆえに気になるのがその費用。ニューヨークはアメリカだけでなく、世界水準で考えても最も生活費用が高い都市のひとつでもあります。

でも、費用が高い、って一体どれくらい高いのか、調べてみなくちゃ分かりません。

そこで元留学エージェントの私がニューヨークで人気の高いおすすめの語学学校に、短期2週間から、夏休みや春休みで人気の4週間・約1ヶ月、さらに3ヶ月と長期半年以上の留学をする場合に必要な費用を調べて算出してみました。

短期1ヶ月、長期半年以上のニューヨーク滞在、それぞれの選択肢にそれぞれの目的があります。

短期わずか1ヶ月足らずで英語は身につくの?半年以上の長期留学ならではのメリット、それからどんな準備をしておくべきか、一緒に見ていきましょう。

ニューヨーク留学費用は短期1ヶ月や長期半年でいくら必要?

早速ですが、ニューヨークに語学留学をする場合、短期2週間・1ヶ月、それから12週間、約3ヶ月と長期、約半年、24週間とアカデミックイヤーと呼ばれる9ヶ月、36週間でいくら必要になるのか、期間別に一緒に見ていくことにします。

アカデミックイヤーというのは、コミュニテイカレッジ(コミカレ)や大学などの学期期間を指します。日本の大学は4月から夏休みをはさみ、翌年1~2月までですが、アメリカは9月の新学期スタートから、翌年5~6月までをアカデミックイヤーとしています。

まずは短期、2週間のニューヨーク留学費用からスタートしますね。

2週間のニューヨーク英語留学の効果、メリットは?

短期わずか2週間のニューヨーク留学なんて短くて英語力がつくわけがない、という意見もあります。ですが、語学留学では何も語学を学ぶことだけが目的ではありません。

短期2週間でも、アメリカ最大の都市ニューヨークで語学学校の英語コースに参加すれば、日本人が感じる、英語を話すって何か恥ずかしくて照れくさい、という気持ちがなくなります。

語学学校では15名前後の英語グループレッスンを受講しますが、参加しているのは世界中から集まった留学生。中南米や中国からの留学生はとにかくよく話します。

最初は英語がすごく話せるんだ、すごい、と思ってしまうんですが、1週間もすれば分かることがあるんです。それは、彼らは母国語や間違った単語でも一生懸命話そうとしているだけ、なんです。

英語を始めとする語学は「話すため」のツール、机上の勉強だけでは英会話はできるようになりません。

恥ずかしがったり、照れてモソモソ話すから相手に伝わらない、むしろ間違ってもいい、単語を並べるだけでもいい、ということに気づけること。これは2週間だけの短期滞在でも肌で感じられる大きなメリットです。

ありがちなお話ですが、こうした英語を話すことで身につける楽しさに気づいてしまうことが、もしかしたらあなたにとって本格的なアメリカへの長期留学を目指すきっかけにもなるかもしれません。

短期2週間のニューヨーク留学費用比較表

学校名LSI
ニューヨーク校
KAPLAN
エンパイアステート校
Rennert
ニューヨーク校
申込金US$150US$185US$155
コース費用US$395×2週間=US$790US$460×2週間=US$920US$380×2週間=US$760
滞在先手配費用US$90US$50US$95
滞在費用US$335×2週間=US$670US$420×2週間=US$840US$455×2週間=US$910
往路空港出迎費用US$150US$180US$205
合計US$1,850US$2,175US$2,125
日本円213,000円250,000円244,000円

※上記費用およびアメリカドル換算レートは2019年5月時点のものとなります。

費用比較のため、このページで表示している学校費用はすべてフルタイムコース(午前・午後とも英語レッスン)、ホームステイ個室、朝・夕食付きおよび往路ご到着時の空港出迎え費用を含めてご案内しています。

アメリカの学生ビザルール上、こちらのコースでは2週間からのご参加でも学生ビザ申請が必要です。12週間以内のニューヨーク留学で、学生ビザ不要・ESTA申請のみのパートタイム(午前または午後のみの英語レッスン)ご参加の場合のお見積りも、留学ランドでご案内しております、是非お問い合わせください。

高校生、大学生にもおすすめ、4週間のニューヨーク生活体験

約1ヶ月にあたる4週間のニューヨーク語学留学は、高校生や大学生の夏休み、春休みの短期留学にぴったり。

ニューヨークでいろいろなもの、世界中の様々な人、文化に触れ、さらには英語を学ぶ楽しさに気づいてしまうはず。

短期留学のもう一つのメリット、世界中から集まる留学生の友達ができることも語学留学ならでは。

短期間とはいえ英語を共に学び、アクティビティを通じて仲良くなった世界中の友達と帰国後、FacebookなどのSNSを通じてやりとりをするために、それまで受験勉強のための科目でしかなかった英語を積極的に使い始めるようになります。

1ヶ月弱のニューヨーク短期留学が、日本帰国後も英語を学び続けるモチベーションにもなり、いつか、その友達の国へ、英語を使って旅行、sらに場合によっては進学なんてできるかもしれませんよ?

約1ヶ月の学費、および滞在費を含む料金比較一覧

学校名LSI
ニューヨーク校
KAPLAN
エンパイアステート校
Rennert
ニューヨーク校
申込金US$150US$185US$155
コース費用US$360×4週間=US$1,440US$460×4週間=US$1,840US$380×4週間=US$1,520
滞在先手配費用US$90US$50US$95
滞在費用US$335×4週間=US$1,340US$420×4週間=US$1,680US$455×4週間=US$1,820
往路空港出迎費用US$150US$180US$205
合計US$3,170US$3,935US$3,795
日本円365,000円453,000円436,000円


ビジネス、試験対策コースも可能、12週間、約3ヶ月の留学

3ヶ月、12週間のアメリカ・ニューヨーク留学を考える場合、一般語学留学でももちろん、充実した時間を過ごせますが、予め語学力があれば、ビジネス英語コースや、TOEFL、IELTSといったアカデミック英語スコア対策コースなどにも参加できます。

これらのコースに参加するためには、中級から上級程度の英語力が求められます。最初の1ヶ月、または2ヶ月は一般英語コースで、残り1ヶ月になるまでに中級以上の英語力が身についていればコース参加が可能、目標を持って留学することも大切です。

アメリカは90日間までであれば、パートタイムコース(午前または午後のみの半日英語レッスンん)なら学生ビザ申請不要、渡航前にESTA申請をするだけ、そのギリギリの期間がこの12週間、3ヶ月という期間であることも覚えておきましょう。
(以下ご案内する費用一覧はアメリカの学生ビザが必要なフルタイムコースで計算しています)

12週間、学生ビザ不要ギリギリの期間だといくら必要?

学校名LSI
ニューヨーク校
KAPLAN
エンパイアステート校
Rennert
ニューヨーク校
申込金US$150US$185US$155
コース費用US$435×12週間=US$5,220US$570×12週間=US$6,840US$435×12週間=US$5,220
滞在先手配費用US$90US$50US$95
滞在費用US$335×12週間=US$4,020US$420×12週間=US$5,040US$455×12週間=US$5,460
往路空港出迎費用US$150US$180US$205
合計US$9,630US$12,295US$11,135
日本円1,107,000円1,414,000円1,281,000円

約半年、24週間なら長期割引を利用して安い費用で学ぶ

長期、24週間・約半年以上、ニューヨークのような大都市への語学留学をお考えの場合には、コース選びに注意が必要です。

というのも、各語学学校とも、長期で留学してもらえる学生に対しては、長期割引制度を採用しているところが多いのです。

この長期割引、コース開始日を指定しない学校もあれば、ご紹介する語学学校KAPLANのように開始日が数週間、数ヶ月に1度という限定の学校もあるので事前チェックが重要となります。

ほとんどの学校が、高校や大学の学期開始時や卒業後のタイミングに合わせて設定してくれています。

もし、ニューヨークへの長期留学をご検討、ご予定中であれば是非一度、留学ランドに急ぎご一報ください、あなたの日程に最も近いご出発日とリーズナブルな割引金額をお見積りにて紹介いたします。

それから、3ヶ月、90日以上のニューヨーク留学ではアメリカの学生ビザ申請が必要となります。

お申込み前にご準備いただく書類から、学校への手続き、各学校の書類発行およびアメリカ現地からの書類の発送と、アメリカ大使館ホームページ上での申請および面接予約。

そこからあなたご自身がアメリカ大使館、または領事館にて面接を受けていただき、アメリカ大使館の審査を経て学生ビザを発送、お手元に届くという流れになります。

文字にすれば大したことはない学生ビザ手続きですが「時間」はかかります。半年を含む長期アメリカ留学の場合には、遅くとも3ヶ月前までにお手続きをスタートしましょう。

半年間なら長期割引でお得な費用を比べてみよう

学校名LSI
ニューヨーク校
KAPLAN
エンパイアステート校
Rennert
ニューヨーク校
申込金US$150US$185US$155
コース費用US$370×24週間=US$8,880US$11,160(開始日指定)US360x24週間=US$8,640
滞在先手配費用US$90US$50US$95
滞在費用US$335×24週間=US$8,040US$10,140US$455×24週間=US$10,920
往路空港出迎費用US$150US$180US$205
合計US$17,310US$21,715US$20,015
日本円1,991,000円2,497,000円2,302,000円

大学進学などの目的、事前の相談・準備が必要、36週間の場合

英語力がついた、その後は?

もしあなたが長期、9ヶ月以上のニューヨーク語学留学を検討中なら、まず「留学の目標」を決めましょう。

長期留学では、英語を話せるようになることを最前提として、その先に「英語で」何ができるか、何をしたいのかを予め考え、目標・目的を決めるための準備が重要となります。

語学留学中はよく壁にぶつかります。長期留学とはいえ、最初はなかなか話すことが出来ず焦るもの。

ところが3ヶ月も経つころには、あれ?周りが話してることがなんとなくわかるかも、と感じられるようになります。

さらに半年経過したら、お?今自分が話したいと思ってることを英語で話せてたりするんじゃない?と感じるときがきます(人それぞれ語学力の伸び方は違います)。

この「留学してきて語学力が成長したかも」と感じるときもあれば、3ヶ月も経つのに語学学校のレベルが変わらない、半年経過したのにニュースで何を言ってたかわからなかった、など落ち込むときもあります。

ですが、そんなときに確固たる目的、目標を持っていればくやしい気持ちがバネになります。

「期ニューヨーク留学で、とりあえず英語が話せるようになること」というふわっとした目標だと、自分が決める曖昧なゴールである程度英語が話せるようになったからまあいいか、になってしまいがち。

カレッジや大学へ進む、ビジネスや専門コースでサティフィケートコースに参加する、帰国直前までにTOEFLやIELTSといったアカデミック英語テストの目標スコアを突破するなど、長期留学だからこその目標をしっかり決めておきましょう。

英語力があれば、色々なことを学び、スキルアップすることができます。

ニューヨーク長期留学をお考えの場合は是非、留学ランドへご相談ください、プロのカウンセラーがあなたのやりたいこと、将来の夢をうかがいながら、目標設定のお手伝いをさせていただきます。

アカデミックイヤー、9ヶ月の語学留学費用

学校名LSI
ニューヨーク校
KAPLAN
エンパイアステート校
Rennert
ニューヨーク校
申込金US$150US$185US$155
コース費用US$370×36週間=US$13,320US$13,600(開始日指定)US345x36週間=US$12,420
滞在先手配費用US$90US$50US$95
滞在費用US$335×36週間=US$12,060US$13,475US$455×36週間=US$16,380
往路空港出迎費用US$150US$180US$205
合計US$25,770US$27,490US$29,255
日本円2,964,000円3,161,000円3,364,000円


上記の長期留学費用比較表をぱっと見ただけ、だと長期でLSIがお得かな、といった印象になると思います。

ですが、ご案内している費用表はどれも費用比較のため、滞在方法をニューヨーク留学期間中ずっと、ホームステイに限定していますす。

語学学校Rennertは長期留学の割引がお得(LSIよりコース費用が安い)です。

2ヶ月程度のホームステイの後、マンハッタンを離れた場所でルームシェアすることで滞在費用を抑えられれば、少人数制の語学学校Rennertで長期、リーズナブルな費用でのニューヨーク留学が可能です。

語学学校LSIは本当にスタッフの面倒見が良いです。私が留学エージェントをやっていたころ、この学校に参加する、英語がまだ得意ではない学生の方から、財布を紛失した、との連絡が入りました。

戻ってくる可能性は低いものの、警察へ届け出たい、ということで学校スタッフに手続きに関して相談してくださいね、と伝えたところ…

その話を聞いたLSIニューヨーク校のスタッフ、本人が英語が苦手と知っていたのでまず、学校で高いレベルの英語コースにいる学生を呼んでくれました。

状況を説明し、最後は本人、その日本人学生、さらには学校スタッフさんまで警察に同行、一緒に届け出手続きをしてくれたんです。

今でも、覚えているほど感動しました、語学学校スタッフでそこまでしてくれる人はなかなかいませんから。

ニューヨークの留学費用を期間別に紹介してきましたが、費用比較に登場した各語学学校の特徴を、次で紹介していきます。

マンハッタンにあるおすすめの語学学校を特徴と一緒にご紹介

一言に「ニューヨークの語学学校」、といっても各学校がそれぞれ特徴を持ち、世界中から集まる留学生に英語コースを提供しています。

大都市ニューヨークだけに、語学学校の数も多く、さらには各学校にコースもあるわけですから、あなたにとってどの学校・どのコースがぴったりか、探すのも一苦労。

元留学エージェントの私が、費用比較に採用させていただいたおすすめの語学学校を3つ、紹介していきますが、その他にも短期または長期、目標・目的によってご案内したい学校がまだまだあります。

留学ランドにどんなニューヨーク留学をしてみたいか、お問い合わせいただければ、内容に合わせて別途、ご紹介していきますので是非、ご利用くださいませ。

それではこのページに紹介する語学学校の詳細を以下、ご案内していきます。

学校スタッフのサポートで初心者でも安心、LSIを選ぶ理由

LSIニューヨーク校バナー

世界展開をする語学学校チェーンの一つで、ニューヨーク校はロウアーマンハッタン、スタテン島や自由の女神へのフェリー乗り場に近い場所にある語学学校です。

LSIの最大の特徴は、世界中に学校を作っている語学学校なのに、校舎あたりの留学生が少ないこと、にあります。

一般的に語学学校は大きい校舎にすれば、学生も増え、収益が上がるのですが、LSIはモットーとして、少人数でアットホームな雰囲気の中、参加する学生にできる限りのサポートをし、楽しく語学を学んでもらうことに注力しています。



世界展開をしているカプラン、独自の方法で語学が上達

KAPLANエンパイアステート校バナー

LSIと同じく世界中に校舎を構える語学学校KAPLANは、創立80年を誇る歴史ある学校。

独自の英語教授法、K+(ケープラス)は歴史に基づく実績と長く続けてきた研究の成果でもあり、最先端のオンラインツールを含め、効率よく語学力を身につけることが可能となっています。

KAPLANはニューヨークに2校、校舎を構えており、1つはダウンタウン、ソーホーにあります。そしてもう1つの校舎はなんと!エンパイアステートビル内、63階にあるので驚きです。



少人数で日本人でも積極的に英会話ができるレナート

Rennertニューヨーク校バナー

最後はニューヨークにあって、リーズナブルな語学学校として人気のRennertを紹介させていただきます。

創立40年以上、ニューヨーク、マイアミに校舎のあるRennetの特徴は、1クラス最大でも10名まで、という少人数制としていながらも、英語レッスン費用はリーズナブルに抑えているところ。

参加する学生にとにかく会話をさせるよう、英語レッスンは進行していきます。

ミッドタウン、グランドセントラルから徒歩わずか5分、近くには国連ビルもあります。英語コースと様々なオプションを組み合わせられるのも嬉しいですね。



各語学学校の特徴をご覧いただき、ご興味をお持ちいただけましたら留学ランドに資料請求をしてみてください(当然、無料です)。

さて、ニューヨークに留学するのに英語だけではなく、今や日本の体育の授業で採用されているダンスや、最先端のアート、ファッション、健康のためのヨガや、大好きな音楽を勉強したいあなたへ。

英語+αのニューヨーク留学についてご案内をさせてください。

ヨガやダンス、音楽は現地の格安プログラムがオススメ

英語力+αで考えるなら

ニューヨークの語学学校では、英語レッスン+α、ヨガやダンス、音楽などのレッスンがついたコースも提供されています。

これは、語学学校での英語レッスンと、学校が提携している各教室でのそれぞれのレッスンを組み合わせたものなのですが…

正直なところ、語学学校の英語レッスン+αコースの費用はやや割高です。

もし、ヨガやダンス、音楽のレッスンをニューヨークで希望する場合には、現地ニューヨークに到着したあと、ご自身で探していただく方がずっと費用はずっと安くなります。

語学学校でのレベルチェックテストが終わり、スケジュールが確認できてから、あなたの日程に合わせて最適で格安のプログラムを見つけてください。

せっかくニューヨークの語学学校に通うんですから、学校スタッフにどんどん質問してくださいね。

ニューヨーク留学費用のまとめ

ニューヨーク留学で必要な費用について駆け足でご案内してきましたがいかがでしたでしょうか。

もっともっとニューヨーク留学についてあれこれ知りたい!という場合には是非一度、留学ランドでの無料カウンセリングにご参加いただければと思います。

ご相談の際、質問事項を簡単にメモしておくと良いです。私がカウンセリングをしていた頃、「ご質問は?」と尋ねるとほとんどの方が「忘れちゃったのでまたメールします」とおっしゃっていましたから。

あなたのニューヨーク留学を成功させるため、留学ランドは精一杯サポートしていきます!