日本人が英語が苦手な5つの理由

日本人の英語上達が遅い5つの理由

私がアメリカへ短期留学をした時に驚いたのは、ヨーロッパの国々のみならず、同じアジアの中国人、韓国人も日本人より英語が話せること。

また語学留学さえすれば英語力が上がる訳でなく、留学中も意識的に英語を使い、勉強し続けなければ上達しないことも実感しました。

その理由は何か?私が留学先で感じた日本人の英語上達が遅れる5つの特徴と、日本人の英語上達におすすめの学習方法を紹介します。

日本人の英語上達が遅い5つの理由

私がアメリカ留学で感じたのが、中国人や韓国人などの外国人と、私達日本人の英語学習方法や取り組み方の違い。なぜ日本人は英語の上達が遅いのか、その理由を5つにまとめてみました。

1.英語の文法を気にし過ぎる

単語や熟語、細かい文法にこだわりすぎ

中国語やヨーロッパの言語は、英語と文法が近く、中学の英語の授業で習う「5文型」を使って文章を作ります。比較して日本語は「4文型」と言われ、英語と語順が大きく違うため、日本人にとって英語の文章を作ることは難しく、上達に時間がかかります。

一方、韓国語は日本語とほぼ同じ文法にもかかわらず、韓国人は日本人よりも英語がうまく上達も早い印象を受けました。

私の知る韓国人の英語は、文法の誤りも多かったのですが意味は分かりました。比較して日本人は英語文法の正確さに気を使います。まず日本語を英語に訳し、英語の文型に直すため、話すまでの時間が長いのです。そして、うまくまとまらずに話を諦めることもしばしば。これでは英語は上達しません。

英会話の上達には場数が大事です。留学中は、英語の細かい文法を気にし過ぎるより、頭に浮かんだ英単語をどんどん発することが、英語上達のコツと感じました。

2.長期間の英語の勉強が引き起こす強迫観念

間違いが怖い日本人

英語を話す際、多くの日本人は「間違ってはいけない」と考えるようです。英語を間違えると恥ずかしいという強迫観念でしょうか。

日本人は中学校、高校、大学で英語の授業を受け、また最近は小学校でも英語を学ぶため、10年以上英語学習を続けています。

それだけ多くの時間を英語学習に費やしたのに積極的に英語を話せない日本人が多いようですが、日本で学ぶ英語は読み書き中心で、話すための英語のトレーニングが圧倒的に不足していることが1つの原因のようです。

多くの英語の先生の発音は日本人特有の発音で、スピーキングの授業もあまり多くないでしょう。そんな日本人の英語は間違って当然と強迫観念を捨てることが、英語上達に重要です。

3.周りに気を使い過ぎてスピーキングが上達しない

周囲に気遣いしすぎる日本人

英語に限らない日本人の特性ですが、 この特性は英語の上達を妨げます。

留学先の語学学校の授業で、日本人は、日本以外の国の留学生と比較して圧倒的に英語で質問する量が少ないと感じました。

日本人には周りに気を使い過ぎる性格があるのかも知れません。他国の留学生は「そんな簡単なこと聞くなよ」ということでも自分が知らなければ遠慮なく質問します。英語の質問文が頭の中でまとまっていなくても、まずは手を挙げ話し始めるのです。

周りへの配慮は大切ですが、特に語学留学中は周囲に配慮しすぎること無く、積極的に英語を話すのが上達のコツです。

4.英語リスニングの勉強時間が短く上達しない

リスニング練習時間が短すぎる

日本人が最も苦手と言われるリスニング。日本人の英語の読み書きや文法理解は世界的にもレベルが高い一方、日本人は英語のリスニング学習にかける時間が短く、リスニングの勉強に時間を割く方が英語全体のスキル上達につながりやすいとも言えます。

私の留学時のルームメイトのブラジル人、コロンビア人は、読み書きや英語文法の能力は高くなくても、ネイティブスピーカーの英語の速度についていけるリスニング力がありました。

彼らは学校の授業以外の時間はテレビや映画を見たりして、楽しく英語のリスニング能力を上達させていました。今は無料アプリなどで簡単に英語のリスニングができるので、すきま時間を使ってリスニングの学習時間を意識的に増やすのも英語上達の近道です。

5.外国人・ネイティブスピーカーとの交流が苦手で英語を使わない

外国人と関わることを極力、避ける

外国人が多く集まる場を苦手に感じがちな日本人。それ故、日本人は日本人同士で固まってしまう傾向もあります。これではせっかくの語学留学でも英語の上達は望めません。

留学中は日本人以外との交流を自分に義務付け、強制的に英語を使う機会を作るのが上達のコツです。

日本人同士でいる時も英語で話せば良さそうですが、日本人は日本人の英語発音が一番聞き取りやすいので、日本人とどんなに英語で話しても、ネイティブスピーカーと話せるレベルに上達しません。留学中は是非、他の国の留学生と友人になりましょう。

日本人におすすめ!英語上達のための学習方法

以上、日本人の英語が上達しにくい理由を書きましたが、これらを踏まえ、日本人が特に苦手なリスニング・スピーキングを上達させるおすすめの学習方法を5つ紹介します。

英語漬けの語学留学・海外現地生活で学習し、短期間で上達

海外での語学留学は、英語上達の一番手っ取り早い方法。日本で勉強や仕事があると、つい英語学習が後回しになりがち。英語を使わざるを得ない環境で英語学習の優先順位を上げれば、自然と上達につながります。

また留学は長期のイメージもありますが、アメリカの大都市の語学学校でも1週間単位で受講が可能。短期でも良いので実際に外国に飛び込み現地生活で英語を使えば、これまでの勉強・学習効果を実感でき、その後の英語学習のモチベーションにもなります。

ネイティブの速度の早い英会話に驚くこともあると思いますが、「英語が母国語ではないから話せなくて当たり前」と開き直ってどんどん質問して場数を踏み、学習を続ければ、必ず英語は上達します。

フィリピン留学は安い費用で短期間で効率よく英語を上達する方法

また特に日本から短期の英語語学留学で人気なのがフィリピン。留学費用が安い点も魅力ですが、1日語学学校で英語漬けになれるスパルタ式の英語レッスンも特徴。マンツーマンレッスン中心に自分のレベルに合った英語のレッスンを受講できるため、短期間で効率よく英語力を上達できる点がメリットのおすすめの上達方法です。

とは言え、「留学は費用がかかるし、勉強や仕事の状況で簡単には行けない」という方に、日本にいながら上達できる、おすすめの英語学習方法を以下で紹介します。

YouTubeの動画・ビデオは無料教材、英語の発音を聞く勉強

外国人との英会話では、相手の話す内容や質問を理解できなければ、会話が続きません。つまり英語のスピーキングのために、まずは聞くスキル・リスニング力の上達が必要です。

日本人は、海外現地での日常会話で必要な単語・文法をすでに中学や高校で学習しています。それでもネイティブが話す英語を聞き取れない、と悩む方は多いでしょう。原因は、カタカナの発音で英語を記憶している、ローマ字綴り通りに発音していることなどが挙げられます。

日本人は「RとLの発音の違いを理解するのが苦手」と言われるように、英語にはカタカナだけでは分類できない音があります。日本語にはない音を瞬時に聞き取れないと、何についての話か英会話の内容が分からなくなることも。なので、まずは英語の音の学習が上達の第一歩です。

日本語と英語の音の違いや発音法について説明するYouTubeの動画・ビデオが数多く公開されており、これらはすべて無料の教材。お気に入りのものが見つかれば、一人で独学での勉強でも楽しんで学習できますし、ネイティブ講師のものであれば、リスニングの上達にもつながります。

また日本人は単語の綴りを覚えているので、綴り通りの発音をしがち。実は、多くの英単語が綴りとは異なる発音をするのが英語の難しいところ。これもYouTubeビデオで音を実際に聞くと、上達が早いと感じました。

英語字幕つきの海外ドラマや映画で楽しくリスニング学習

英語独特の抑揚や単語のつなぎなどを理解していないことも、日本人の英語リスニングが上達しにくい理由の1つ。ペースの早い英会話では、英単語の最後の文字が省略される、単語と単語がつながるなどは日常茶飯事ですが、学校ではこれらを学習していません。

そこで海外ドラマや映画などを、英語字幕を見ながら実際にどのように発音されるのか聞くと、学んだことのある英単語でもキレイに発音する英語と実際の英語の違いがわかります。英語のリスニング力上達におすすめの学習方法です。

今は、海外ドラマ・映画はもちろん、海外ニュースやTEDなど無料で英語を聞けるアプリも多数あります。ただし字幕を追いながら耳で聞き、かつ視覚と聴覚の情報の違いを理解するのは想像以上に大変ななので、まずは簡単なものから始めるのがおすすめ。子供向けの番組を選ぶ、ゆっくりとした速度で聞く、など学習法も自分なりに工夫しましょう。

また、もう1つのポイントは、楽しく勉強を続けられるものを選ぶこと。リスニングは、読み書きやスピーキングに比べて上達に時間がかかると言われます。あきらめずに続けられる、自分が面白いと思えるドラマや英語を選ぶのがおすすめです。

英文読書で読解力・意味理解力を上達させる

上記のYoutube動画や海外ドラマ・映画に触れると、ある程度英語の音に慣れてきますが、音の理解と英語の意味の理解は別のこと。特に英会話はどんどん進むので、素早く意味理解をしないと話についていけず、英会話力は上達しません。

英語の読解・意味理解の上達におすすめの方法は、本を読むこと。自分が興味のある分野の本を選べば、知識も得られて一石二鳥。日本語と英語は語順が真逆なので、つい行きつ戻りつで文法を確かめがちですが、前から後ろに流れるように、できる限り早く読み理解することを心がけましょう。

知らない英単語が出てきてもすぐに調べるのではなく、前後の文脈から想像して意味を補う英語学習に慣れると、英会話中に知らない英単語が出てきても慌てなくなりますよ。

オンライン英会話やアプリでスピーキング力を上達させる

英会話の上達には場数が重要で、英語に自信がなくても英語を話す機会を積極的に設けることが非常に効果的。この点、オンライン英会話は手軽に英語スピーキングの機会を作れる一番おすすめの方法です。スマホアプリもダウンロードすれば、勉強時間だけでなく日々のすきま時間に簡単にスピーキング学習ができます。

実際に英語を話すことで、話したくても表現が分からない文章が必ず出てきます。必ずメモして後から復習しましょう。この学習方法で、使える英語表現や構文、文法がたまっていくと、よりスムーズに英会話ができるようになります。

オンライン英会話レッスンで気をつけたいのは、自分が話す時間。限られたレッスン時間なので、講師の話すことを聞くばかりでなく積極的に自分が英語を話しましょう。質問に対する回答を膨らませる意識をするなど、自分が長く話すことを意識して学習を続けると、スピーキングの上達を実感できる日も近いでしょう。



語学学校の入学手続きを無料代行!
海外・英語留学の相談・お見積り依頼は留学ランドへ