フィリピン留学 フィリピン留学sp

海外で格安費用ながら、英語をしっかり学べる国として日本人にも大人気のフィリピン。

中でもセブ島はリゾート地ということもあり、スパルタで平日は英語漬け、週末はバカンスを楽しめるおすすめの場所。

フィリピン留学の最大の特徴は、格安費用なのに英語レッスンが基本、マンツーマンであること。

グループレッスンだと日本人は遠慮してなかなか発言できないこともありますが、マンツーマン英語レッスンなら積極的に会話できるので、短期留学でもコミュニケーション力アップが可能。

フィリピンの平日の朝から夜まで徹底的に英語を学ぶスパルタ式の語学学校は、海外の大学進学のための準備留学にもぴったり。

フィリピン・セブ島での格安留学でTOEFLやIELTSのスコアを取得、費用がかさむ海外大学進学には嬉しいかぎりです。

短期・英語力アップ留学にも、長期・大学進学や英語圏でのワーホリ準備にもおすすめのフィリピン、セブ島留学の魅力を紹介しながら、それぞれ特徴を持つ語学学校を紹介していきます。

格安留学が可能なフィリピン、おすすめのセブ島とその特徴

フィリピンは7,000以上の島からなる共和制国家です。1年を通じて気温は高く、6月から10月の雨季、11月から翌年5月にかけての乾季に分けられます。

首都マニラやクラーク、バギオなどの都市も英語留学先として人気がありますが、フィリピンでもリゾート地として知られる、セブ島への留学が日本では特に人気がありおすすめです。

フィリピン留学は、費用が格安だからおすすめであることは事実なのですが、安いという理由だけではおすすめはできません。

日本で海外留学先としてフィリピンが大人気となっているのは、安さだけでなく、日本人の性格に合ったマンツーマン英語レッスンが受けられること、さらには滞在方法が学生寮滞在であるといった、費用の他にもおすすめの理由があるのです。

フィリピン留学の特徴、短期間でもマンツーマン英語レッスン

マンツーマン英語レッスン

フィリピン、セブ島の語学学校は短期間でも基本的にマンツーマン英語レッスン。フィリピン人講師による1対1の英語レッスンなので、謙虚・恥ずかしがり屋な日本人でも気楽に英語を話すことができるのでおすすめです。

日本人が最も苦手な話す力をつけられることから、日本の大学進学のためだけでなく、海外の大学へ進学するための英語力準備留学としても非常に人気があります。

海外の大学進学は費用が安くはありません。格安フィリピン留学で大学進学に必要な英語力を身につけることで、語学留学期間の留学費用を大幅にカットすることができます。

またフィリピンの英語コースは多くが朝から夜までの徹底したスパルタコースが多く、短期留学でも英語漬けの生活ができることから、社会人留学にもおすすめ、大人気となっています。

人気の食事付き学生寮での留学生活もおすすめのポイント

フィリピン・セブ島留学のもうひとつのおすすめの理由、それは滞在方法です。

フィリピン・セブ島にある語学学校の多くは学内の学生寮に滞在することができます。

格安費用で学生寮滞在ができるだけでもおすすめなのですが、1日3回の食事もついているので驚きです(学校によってはオプション)。

個室、2人部屋から3人部屋、最大4人部屋を選べる学校もあり、ルームメイトが多いほど学校費用が安いので、格安留学を希望するなら人数の多い相部屋がおすすめになります。

数年前まではフィリピン・セブ島留学の一番の「問題点」だった食事も、今は美味しくボリュームのある内容で提供されています。

マニラやバギオ、クラークなどの地域ではなく、セブ島なのか

そのイメージ、セブ島留学です

留学ランドではセブ島にある語学学校のみをご紹介しております。首都マニラにも語学学校はありますが、初めての海外、英語留学をする場合には治安面に不安があります。

比較的涼しく過ごしやすいと言われるバギオも、住めば都なのですが、マニラ到着後にバスターミナルへ移動、そこからさらに5時間~6時間に及ぶバス移動は留学初心者には厳しいですね。

もう一つ、フィリピン留学で検索すると出てくるクラークですが、直行便が飛んでいません。一部地域(経済特区)は治安が良い一方で、その他地域に不安があります。

セブ島、セブシティは治安が100%良いのか、といえば日本のように荷物を置きっぱなしにすれば置き引きに遭いますし、名物ジプニー(乗り合いバス)で気を抜いていれば財布をすられることもあります。

とはいっても、ビーチリゾートであり、観光地であることから比較的治安も良く、平日の英語習得、週末には息抜きがしっかりできるセブ島がやはりおすすめになります。

マニラやバギオ、クラークでの留学をご検討されている場合には留学ランドにお問い合わせください、別途ベテランのカウンセラーがご案内をさせていただきます。

日本人に大人気のセブ島、安い費用でマンツーマン英語学習

格安費用でマンツーマン英語レッスンが受けられるフィリピン・セブ島留学は、なぜ日本人におすすめなのできるのか、他と比べてみます。

他の英語圏、イギリスや北米、オセアニアの語学学校は15名前後のグループレッスン。1人のネイティブ英語講師が新聞やテレビのニュースなどをテーマにレッスンを進めていきます。

中南米や中国からの留学生は勢いよく話すため、日本人留学生は「今話すとレッスンの流れの邪魔になるかな」と思い、英語での発言を遠慮してしまいがち。

実際に他の英語圏留学を経験したことがあれば、「あるある」と思わずうなずいてしまうのではないでしょうか。

フィリピンはグループレッスンじゃないから英語を話せる

しかし、フィリピン・セブ島留学なら格安費用でも、明るくにこやかなフィリピン人講師とマンツーマンで英語を話せます。日本人でも遠慮なく、英語でどんどん話が出来るからおすすめなんです。

グループレッスンだともう1つ、日本人は「英語の文法が間違っているかも」と恥ずかしがって話せないこともありますが、マンツーマン英語レッスンなら一生懸命、間違いだらけでも英語を話すしかありません。

たとえ短期のフィリピン・セブ島留学であっても、平日の朝から夜まで、ひたすら英語を話すしかない状況になれば、恥ずかしくて英語を話せない、なんて言ってられません。

だからこそあなたにフィリピン・セブ島での格安留学はおすすめなんです。

フィリピンで楽しむことができるオススメ各種アクティビティ

マニラやバギオ、クラークなどの他都市では味わえない、セブ島ならではのお楽しみがアクティビティ。

短期留学でもチャンスがあれば是非、無人島巡り(アイランドホッピング)や、ジンベエザメツアーにご参加ください。アクティビティにかかる費用も、他国に比べれば格安、思い切り楽しめるのでおすすめですよ。

ただし!安いからといって毎週、毎回アクティビティに参加していれば留学資金がそこをついてしまいますので、無駄遣いしないようご注意を。

スパルタ式の学校は基本「EOP」、授業時間外も英会話のみ

フィリピン・セブ島へ語学留学をすると、学校によっては「EOP」、English Only Policy(=英語オンリーポリシー)を掲げています。

セブ島留学は日本人に人気が高いため、ついつい日本人同士になると日本語で話しがち。

でもEOPが厳しい学校にはEOP警備員(=学校スタッフさんです)がいて、母国語で話しているのが見つかるとペナルティを受けます。
(罰金としている語学学校もあります)

せっかく格安費用で英語漬け留学ができるフィリピン、セブ留学、滞在中はEOPルールを遵守しましょう。

評判に流されない、知っておくべきメリット・デメリット

フィリピン・セブ島留学に興味を持ち、インターネットで検索してみると留学ランドを含む、本当にいろいろなブログ、ウェブサイトでセブ島留学体験談、楽しかった思い出などが出てきます。

もちろん、格安費用であることをはじめ、メリットもあるフィリピン・セブ島留学ですが、デメリットだってあります。

失敗しないフィリピン留学のためにも情報収集は慎重に

フィリピン・セブ留学中は電気代に注意!

フィリピン、セブ島留学のメリットは安い費用、マンツーマン英語、学生寮滞在(食事付き)などが挙げられますが、注意しなければならないポイントもあります。

学校費用が格安である一方で知っておくべき情報もあります。

日本人がフィリピンへ留学をする場合、30日以内であれば学生ビザの申請は不要です。しかし、語学学校で英語を学ぶ場合には、就学許可証(SSP、Special Study Permit)の申請が必要(有料)となります。

その他、30日以上の留学をお考えであれば学生ビザ申請、さらに2ヶ月以上のご滞在の場合には外国人登録証(ACR-I)も申請しなければならず、こちらも有料となっています。

そしてフィリピン留学で絶対に忘れてはならない費用情報、それが「電気代」です。どの学校費用も英語レッスン費用、滞在費用が含まれているのですが、電気代だけは別。

気温が高く、雨季には湿度が高く寝苦しくなる夜にエアコンを使いつづけると、びっくりするほど高い電気代を請求されます。

フィリピン留学の費用は格安なのですが、電気代は世界レベルで高い、ということに気をつけましょう。

フィリピン・セブ島で英語を勉強するには、学校費用だけでなく、こうした諸費用も必要であることを忘れないようにしましょう。

フィリピン留学
特集記事!
お役立ち情報満載


フィリピン・セブ島の語学学校~口コミによる人気・おすすめランキング

留学ランドに寄せられた口コミ情報をもとに、フィリピン・セブ島にある人気・おすすめの語学学校をランキング形式で紹介します!


第1位

CPILS CPILS
おすすめのポイント
日韓共同経営校
フィリピン各機関推奨校
プール、ジムなど施設充実


第2位

QQ English QQイングリッシュ
おすすめのポイント
カランメソッド採用
全講師TESOL保有
オンラインレッスン有


第3位

Philinter Education Center フィリンターエデュケーションセンター
おすすめのポイント
リゾート、マクタン島
各施設へのアクセス便利
講師とのバディシステム


第4位

C2 UBEC English Academy C2 UBEC イングリッシュアカデミー
おすすめのポイント
語彙力をつけたい人へ
国際色豊かな学校
閑静な場所で施設も充実


第5位

Newtype International Language School(NILS) ニュータイプインターナショナルランゲージスクール
おすすめのポイント
TESDAの厳しい審査をパス
日本人スタッフ有
アヤラモール徒歩圏


第6位

Cebu English Academy(CEA) セブイングリッシュアカデミー
おすすめのポイント
日本人経営の学校
英語オンリーポリシー有
SMモール徒歩数分


フィリピン留学の無料見積り依頼、ご相談・お問合せは留学ランドへ

当サイト・留学ランドの経験豊富なサポートスタッフが、フィリピン・セブ島への語学留学のお見積り依頼や相談、お問い合わせに無料で対応しています。

ご希望の語学学校や留学期間・時期がございましたら、お問い合わせの際にお知らせください。またフィリピン・セブ島留学をご検討中の場合でも、質問・疑問点がございましたらお気軽にお問い合わせください!