アイルランド -基本情報-

基本情報
主要都市のご案内
留学スタイル
学校リスト
基本情報 主要都市のご案内
留学スタイル 学校リスト
国名
アイルランド共和国
/ Republic of Ireland
首都
ダブリン
面積
84421平方キロメートル
人口
420万人
公用語
英語・ゲール語
主要都市
ダブリン、ゴールウェイ、キルケニー、
リムリック、コーク、ベルファウストなど
アイルランド地図

歴史文化

ir001

アイルランドといって思い浮かぶものと言えば何でしょうか?アイリッシュ・パブ、ギネスビール、歌手でU2、エンヤといったところですかね。イギリスの隣国ながら、日本人にはあまりなじみの深い国では必ずしもないかもしれません。現代のアイルランドという国、その背景にはヨーロッパ諸国、特に英国との深い関係もあります。

アイルランドには、約9千年前から人が住んでおり、有史時代の始めにアイルランド人は既にケルト語を話していました。進歩した社会・法律制度や、豊かな口伝の文化を併せ持ち、宗教ではキリスト教が、5世紀に守護聖人であるセント・パトリックによって導入されたものと、伝統的に信じられています。

国の南部と東部の大部分は12世紀にウェールズからのノルマン人に征服され、植民地化されました。ノルマン人達は次第にアイルランド社会に同化していったが、16世紀と17世紀にアイルランド全体が英国の支配下におかれることになります。アイルランド、特にアルスター地区は、宗教上の相違もあって土着の人々が同化しなかったため、イングランド・プロテスタント及びスコットランドからの移住者に没収されて植民地化されました。ノルマン人によって設立された植民地議会は、暫定的に自治権を認められるようになった1782年まで英国に従属していました。

1798年、フランス革命に刺激されアイルランドの独立を求めて、ウルフ・トーンとアイルランド人同盟をリーダーとして反乱を起こしたものの鎮圧されています。選挙民を代表する制度のないアイルランド議会は、1800年に自らの投票によって議会を廃止。19世紀にダニエル・オコンネルはカトリック教徒に対する政治的差別緩和に成功しましたが、新しいアイルランド議会を実現するまでには至りませんでした。

1840年代にジャガイモ飢饉が起こり、100万人以上の人々が死亡。数百万人が移民せざるを得なくなりました。立憲的な手段によるアイルランドの自治獲得の試みが英国議会でアイルランド議員団によってなされたが功を奏しませんでした。19世紀には武装蜂起が各地で起こったが、アイルランド自治推進者たちは、1918年の選挙で圧倒的支持を得て、1919年に初めての国民議会を設立。

1921年、英国よりの独立戦争の終結後、アイルランドを分割する条約が調印されました。アイルランド自由国(26州)は独立を果たし、北アイルランド(6州)は連合王国に残る事に。現在でもアイルランド南北統一を目指すカトリック系の過激派組織関係のトラブルが絶えません。

アイルランド人のビール好きは想像をはるかに超えていて、それはアイルランドで見かけるパブの数が物語っています。複雑な歴史背景ではあるが、アイルランド人の気さくさ、陽気さはそういったことが信じられないほど。一度は、ギネス片手にネイティブの人々と一緒に語りあいたいものですね。

政治

ir002

アイルランドは議会制民主主義国家であり、アイルランド憲法は、政府の形態を規定し、大統領、議会及び政府の権限と職務、裁判所の組織と権限、そして国民の基本的人権を規定しています。

大統領が国家の元首とし、その職に複数候補者が有る時には、国民の直接投票によって選出されます。国会は上下両院からなり、下院(ドイル)は166名の議員によって構成され、少なくとも、5年に1回の割合で選挙が行われ、18歳以上のすべての国民は選挙権が有します。上下院の主な政党はフィアナ・フォイル、フィネ・ゲール、労働党、進歩民主党、ワーカーズ・パーティーの五党。上院は60名の議員からなり、法案の提出、修正を行う事が出来ますが、下院はそのいずれも拒否する権限を持っています。行政権は、下院に対して責任を持つ政府によって行使され、政府の長である首相はティーショックと呼ばれます。

気候

ir003

アイルランドは緯度的には樺太と同じくらいに位置し、夏の平均気温は14~16度で、メキシコ湾流のおかげで冬でも4から7度程度と比較的おだやかな気候となっています。また、年間を通じて天気は変わりやすく雨が多めで、冬は雪が積もることがほとんどありません。


交通

ir004

都市間の移動に便利なのは飛行機。ダブリンから各都市へのフライトが就航しています。

ダブリンでは市内にはDARTと呼ばれる電車が走っていて、平日は短い間隔で運行。ただし週末は時間間隔が空くので注意が必要。

その他、近郊まで走るLUASも便利。バスもたくさん走っていますが、遅延が多いので利用時には余裕をもっておきましょう。タクシーはメーター式のものが街を走っていて、停めて利用が可能。街中から外れると値段交渉で利用するタクシーもあり、交渉を行う必要があります。

言語

アイルランドでは公式には第一公用語がゲール語、第二公用語が英語となっていますが、実際はほとんどのアイルランド人が母国語として英語を話しており、ゲール語が日常生活で話されている地域は西部の限定地区のみ。ゲール語はさらにアルスター、マンスター、コナートと3つの方言に分類されます。アメリカ英語で勉強してきた日本人にとって最初のうちアイルランドの英語はちょっと聞き取りにくいかも。

時差

マイナス9時間

サマータイム:3月最終日曜日から10月最終日曜日まで1時間早くなり8時間。

祝祭日

1月1日
元旦 New Year’s Day
3月17日
聖パトリック・デー St Patrick’s Day
イースターの直前の金曜日
グッド・フライデー Good Friday
イースター直後の月曜日
イースター・マンデイ Easter Monday
5月の第1月曜日
メイ・バンク・ホリデー May Bank Holiday
6月の第1月曜日
ジューン・バンク・ホリデー June Bank Holiday
8月の第1月曜日
オーガスト・バンク・ホリデー August Bank Holiday
10月の第1月曜日
オクトーバー・バンク・ホリデー October Bank Holiday
12月25日
クリスマス Christmas Day
12月26日
聖スティーブンス・デー St. Stephen’s Day

※グッド・フライデーは公式な祝日では有りませんが、アイルランド国内では、ほぼ祝日とみなされています。

基本情報
主要都市のご案内
留学スタイル
学校リスト
基本情報 主要都市のご案内
留学スタイル 学校リスト