ボストンの魅力

ボストン留学のメリットって何だと思いますか?

ボストンを留学先に選ぶ理由、はどのようなものがあるでしょうか。

ハーバード大学やMITなどの名門大学があるから、ニューヨークに近いけどそこまで滞在費が高くないから、交通インフラが整っているから…などのメリットが挙げられます。

このページでは、アメリカ留学をご検討されているあなたに、ボストンを選んでもらうため、そのメリットを各項目ごとに紹介していきます。

アメリカの古都ボストンの魅力とそのメリットがあなたの心に響き、英語を学ぶ留学先としてお選びいただければと思います。

ボストン留学の
メリットとは?

ボストンが留学先として人気である理由は、ハーバード大学やMIT、マサチューセッツ工科大学といったアイビーリーグに属する大学をはじめ、多くの高等学術機関が多いことも1つに挙げられます。

でも語学留学をするのに大学がたくさんあっても関係がない、なんてことありませんよ。

語学学校に通う多くの学生が、大学進学を目標としているので、より真面目に(他都市がそうではない、というわけではないですよ)英語レッスンに取り組んでいます。

そうした学校の友達、クラスメイトがいれば自然と感化されていくものです。ボストン留学を選ぶ大きなメリットのひとつ、と言えますね。

ボストン留学ならその他にもメリットがあります、ひとつずつ紹介させてください。

アメリカでも屈指の大学都市、
語学学校もたくさん

名門大学あります

ボストンおよびその周辺に大学が多いことがメリットというお話にあわせて、もうひとつメリットがあります。

それは、そうした大学進学のために英語を学ぶ留学生のための語学学校が多いことです。

様々な語学学校が独自の特徴を持ち、アメリカのカレッジや大学への進学で語学力を必要とする留学生に、効率的に語学力を身につけることのできる英語プログラムを提供しています。

あなたが希望する語学学校、プログラムもきっとボストンで見つかるはずです。

一般英語プログラムはもちろん、各種英語テスト対策(TOEFL、IELTS)やビジネスコースも選ぶことができます。

また実は夏休み、中学生や高校生を対象としたジュニアプログラムでも大人気だったりします。

名門大学のキャンパスで英語を学び、学生寮で世界中から集まる同世代の友達とスポーツなどのアクティビティや、ニューヨークへの小旅行に参加することで、英語を学ぶ楽しさに触れ、将来いつか、その名門大学に進みたいという向学心が芽生えるかも知れません。

中学、高校生のみなさんならではのメリットになりますね。

日本人学生が少なめ、
英語漬けでしっかり勉強

日本人比率少なめ

アメリカ3大都市、ロサンゼルス、サンフランシスコやニューヨークはどうしても日本人学生が多くなります。

これは決してデメリットではないものの、日本人コミュニティに流されるリスクがある、というのは事実。

その点、ボストンは日本人比率がこれらの都市より下がるため、学校で出来る友達も英語コミュニケーションを取らざるを得ません。英語漬けになれるのはボストンならではのメリットでしょう。

でも日本人が少ない、というのは、本当に困ったときに母国語で相談する人も少ない、ということです。より集中して英語を身に着け、自分自身で英語を使って問題を解決してきましょう。

歴史があっておしゃれなボストン

博物館・美術館多め

アメリカの古都、ボストン。古き良きアメリカの面影を残す街並みで散歩をすれば気分もリフレッシュでき、あらためて勉強に取り組むことができます。

街並みだけでなく、ボストンには美術館、博物館も多く、ボストン美術館はアメリカ3大美術館に数えられるほど。

フリーダムトレイルと呼ばれる道をたどれば、ボストンの歴史を学ぶことも可能。芸術や歴史、文化が好きな人にとってボストンはメリットが盛りだくさんの都市になりますね。

交通インフラも整っていて
生活も便利

便利な公共交通機関

アメリカでの留学生活で問題になるのが通学のための交通手段。

車があったほうが良い都市もありますが、ボストンにはMBTA(Massachusetts Bay Transportation Authority)という公共交通を取り扱う機関があり、バスや地下鉄、電車にフェリーを運営しています。

日本のスイカやイコカのようなチャーリーカードがあり、チャージして利用することが可能。

デポジット(保証金)がないので指定場所に行けば無料で受け取ることができます。利用目的に合わせてチャージ可能、1日、1週間、それから1ヶ月の定期券として利用することもできます。

便利なICカードがあり、どこへ行くにも公共交通機関を乗り継ぐことで辿り着くことができるのはボストンのメリット、ですね。

ニューヨーク留学を
お考えのあなたにも

週末だけでいいんじゃない?

ボストンの魅力をたくさんご紹介させていただきましたが、最後はニューヨークへの留学を目的とするあなたへのメリットです。

特に、夏休みや春休みにニューヨークの街を楽しみながら、留学したいとお考えのあなたへ。

ニューヨークはアメリカでも留学費用が高くつく都市。普段の生活費用や、滞在先の費用が非常に高額です。その他、学校で出来た友達と外食したりすればもう大変。

すべてのニューヨーク留学を希望するみなさんに該当するわけではありませんが、ボストン留学なら週末などを利用してニューヨークへ遊びに行くことができますよ?

4週間~8週間の留学なら、平日は大学都市でしっかり語学を学び、週末に学校のクラスメイトとバスや電車を利用してニューヨークへお出かけ。

ボストンも滞在費用が決して安い都市ではありませんが、ニューヨークよりは費用を抑えられる、これもメリットと言っても良いと思います。


ここまでボストン留学のメリットをご案内してきましたが、メリットがあれば必ずデメリットもあります。ボストン留学だと何がデメリットになるのか、こちらも合わせて見ておきましょう。

物価や留学費用、治安など困ってしまいそうな点

留学先選びにメリットだけをご案内するわけにはいきません。ボストン留学ならではの困ってしまうポイントを紹介していきます。

お金に関するデメリット

ちょっと、割高

ボストンへの留学を考えたとき、留学費用がどれくらいか気になりますよね。留学ランドで紹介しているアメリカ留学の費用を紹介しているページ(リンクします)をご覧いただくと…

ニューヨークほど高くはないものの、西海岸の人気都市、ロサンゼルスやサンフランシスコとあまり変わりません。もし、留学をする上で費用を一番に優先するとなると難しくなってしまいます。

ボストンには語学学校KAPLAN International以外にも語学学校はあります、費用比較をしっかりしてボストンで英語を学びたい、という場合には留学ランドへご連絡を、ご希望の期間、それから学校とコースをお知らせいただければお見積りを作成いたします。

学校費用以外に関して、例えばシェアルームを利用するとニューヨークよりは安いのですが、ロサンゼルスやその他のアメリカ人気都市とはあまり変わりがありません(場所、条件によって費用の差は出ます)。

留学費用についてメリットがあるかといえば、デメリットとは言わないまでも、ちょっと割高、といったところでしょうか。

治安はデメリット?
危険情報を知っておく

近づいちゃダメ、絶対

ボストンは他のアメリカの諸都市同様、危険地域とされる場所に近寄らないことで自分自身の身を守ることができます。

危険な地域に関しては語学学校のスタッフが学校初日のオリエンテーションなどで教えてくれたり、英語のレッスン中に講師から聞く、ホームステイであればホストファミリーに確認をする、などで知ることが出来ます。

決して治安が悪いというわけではありませんが、元留学エージェントからすれば、「治安が良いわけではないので、短期・長期関係なく、留学中は常に気をつけること、危ない場所に絶対に近寄らないこと」とお伝えすべき都市です。

冬の寒さに要注意

極寒、です

ボストン留学を選ぶ上で最後に知っておいていただきたいことが気候です。

春から夏に関しては気候に合わせて日本と同じ着こなしで大丈夫なんですが、問題は冬です。ボストンの冬の寒さは、日本人留学生にとって厳しいと言わざるを得ません。

雪も多く、寒波がくれば飛行機が飛ばなくなったりもします。寒さが苦手な方にとってボストン留学は大変です。

ベストシーズンといえる初夏から初秋、いわゆる夏休み留学が良いでしょう。その他のメリットでボストン留学を決めた、という場合には防寒対策をしっかりしておきましょう。


ボストンを選ぶメリットは大学がたくさんあるからだけではない、ということをお伝えしたかったのですがいかがでしたでしょうか。

ご興味をお持ちいただけた、もっと他のメリットもあるはず、ちょっと話を聞いてみたいと思っていただけましたら、留学ランドからお問合せを。

経験豊かな留学カウンセラーが費用見積もりから学校紹介、カウンセリング(東京・大阪)にて無料で承ります。




語学学校の入学手続きを無料代行!
海外・英語留学の相談・お見積り依頼は留学ランドへ