海外留学生・ワーホリ保険

海外には危険がいっぱいです!
海外に渡航する際は、保険の加入が必要となります。病気・怪我などの治療費だけでなく、万一の際の盗難、賠償、緊急帰国、救援者など様々な危険と隣り合わせで、保険にさえ加入していれば、思いがけない事故や事件などに巻き込まれても保険会社が全て補償してくれます。どの補償がいくら必要であるかは個人差があると思いますので、補償内容を吟味して万全の備えを行うようにしましょう!なお、留学の場合は、保険の証明が必要な学校もありますので、証明書の提出を忘れないように。

海外保険加入のポイント

ポイント①目的に合った保険であるか確認する。

ポイント②保険に含まれる項目と補償金額を検討する。

ポイント③渡航先の国でのサポート体制を確認する。

ポイント④緊急時の対処方法を確認する。

ポイント⑤日本語サポートが充実しているかを確認する。

海外保険に加入しよう

海外での主なリスク

①治療費

海外では日本のような健康保険がありませんので膨大な医療費がかかります。「日本でも病院なんか行った事がないですから」と言って、保険に加入をしないと考えている方もいらっしゃいますが、単なる風邪程度であればいいですが、例えば盲腸になったり、交通事故にあったりなどのリスクを考えると非常に危険です。
長期滞在の場合、できれば1000万円以上、最低でも500万円以上の治療費を含む保険への加入をご検討下さい。

②死亡(疾病、傷害)

日本で健康的な方が、海外で病気のため死亡するというのは、想像するのは難しいかも知れませんが、事故による不幸というのは、いつ誰に襲いかかるとも知れません。確率は非常に低いことではありますが、万一の補償は不可欠となります。

③賠償責任

海外での偶然な事故により他人にケガをさせたり、他人のもの(契約者又は被保険者がレンタル業者より借り入れた旅行用品なども含みます。)を壊したりして損害を与え、法律上の賠償責任を負ったときの保証です。賠償責任の保険金額は非常に安価ですので、必ず付けて行きましょう。

④携行品

海外にて携行品(カメラ、宝石、衣類、パスポートなどが盗難、破損、火災などの偶然の事故にあって損害を受けたときの補償です。こちらは損害を補うものですので、治療費ほど重要ではないと考えていいですが、低額のものでも加入された方が好ましいと言えます。

⑤緊急一時帰国費用

一般的にオプション契約となることが多いものですが、海外渡航期間中に生じた次の事由により一時帰国したときに往復航空券などの交通費、ホテルなどの宿泊費などの補償を受けることができます。

    [事由]
  • 配偶者又は2親等以内の親族の死亡
  • 配偶者又は2親等以内の親族の危篤
  • 配偶者又は2親等以内の親族の搭乗する飛行機もしくは船舶の遭難・行方不明

保険で補償されない主な事項

海外保険に加入をしていても、以下でご紹介するような事由の際にはいくら大きな金額の保険に加入をしていても、補償を受けることができません。主な事由例をご紹介いたします。

①治療費
  • 保険契約者、被保険者又は保険金を受け取るべきものの故意又は重大な過失による治療
  • 被保険者の自殺行為、犯罪行為又は闘争行為による治療
  • 自動車などの酒酔い運転、無資格運転中の事故による治療
  • 日本で既に発病している病気やケガの治療
  • むちうち症、腰痛その他の症状で医学的他覚所見のない治療
  • 妊娠、出産、早産、流産およびこれらに基づく病気の治療
  • カイロプラクティック、鍼、灸による治療
②死亡(疾病、傷害)
  • 保険契約者、被保険者又は保険金を受け取るべきものの故意又は重大な過失の場合
  • 被保険者の自殺行為、犯罪行為又は闘争行為の場合
  • 脳疾患・疾病、心神喪失の場合

その他、保険適用の免責事項はたくさんあるので、保険に加入する際に必ず保険会社の定める保険概要や約款を確認するようにしましょう。