中国語を学ぶための留学先として人気の高い台湾。

国立台湾大学は、その中でも最も入学することが難しい学校であり、国内外の優秀な学生が日々、勉強をしています。国立台湾大学内、文学院語文センターでは、中国語コースに参加できます。

国際化が進んだ今の日本でも英語は当たり前、となりつつありますが、これからは英語とその他もうひとつの語学、中国語ができるようになることで、より幅広い視野、選択肢を持つことが可能になります。

国立台湾大学での中国語レッスンの特徴と、参加に必要な費用、それから学校のある台北で暮らしていくための生活費用と一緒に留学に必要な費用もご案内いたします。

食事も日本人の口に合い、気候も良く、暮らしやすい台北は留学先としての環境も整ったおすすめの場所。
そんな台北、台湾大学でしっかり中国語を身につけましょう。

国立台湾大学の学校概要~MRT、バスでのアクセスも良い

中国語ニーズが高まる今、台湾での中国語レッスン参加に非常に高い人気が集まっています。

旅行でも大人気ですが、食事が美味しく、何より暮らす人々が親切なことから中国語を学ぶ語学留学でも大人気、はじめての海外でも緊張しなくて良い国でもあります。

そんな台湾の最高学府、国立台湾大学は台北の中心部に1945年に設立され、3万人もの現地学生および世界中から集まった留学生が勉学に勤しんでいます。

中国語コースを提供している国立台湾大学・文学院語文センターは1年を4学期に分け、春・夏・秋・冬の入学タイミングがあります。少人数、5~7名の中国語レッスンはその9割が大学院での修士課程を終了した経験豊富な中国語講師陣により提供されます。

語学力レベルチェックで今のあなたの中国語レベルに合わせたクラス(初級、中級、高級)からスタートすることができ、国立台湾大学の図書館やスポーツジムなども利用できます。

1学期10~12週間、午前、午後、それから夕型いずれかの時間帯で実施。初級では文法や語彙の基礎、中級では会話力や文章パターンなどを身につけ、上級になると講師陣が用意する新聞・雑誌の記事や、時事ニュースに関する討論などが行われます。

国立台湾大学で実践的な中国語を身につけましょう。

学校周辺の環境

台湾大学周辺

台北は交通インフラが整っておりバスやMRT(地下鉄)を利用することでどこでも移動が簡単。そのMRT、文湖線・科学大樓駅を出て徒歩5分の場所に国立台湾大学はあります。

公共交通機関での通学でも良いのですが、慣れてきたら費用の安いレンタサイクルを使ってみても良いですね。国立台湾大学の出入り口にはレンタサイクル、Youbikeの駐輪場があるので非常に便利、おすすめですよ。

キャンパス内には学生食堂やコンビニエンスストアなどが揃っており、困ることはありません。広大なキャンパスを中国語レッスンの合間に散策してみても良いでしょう、国立台湾大学内には図書館や湖など台北滞在中必見のスポットもあります。

大学内だけでなく、一歩外に出ればリーズナブルな費用で美味しい食事、さらに夜には台湾名物、夜市もお楽しみいただくことが可能。国立台湾大学で学んだ中国語を実践的に使うことのできる、絶好のチャンス、となります。

同じクラスとなった、世界中から集まる留学生同士で台北の楽しい夜を過ごせば、忘れられない思い出になること間違いなしです。

学校情報・国立台湾大学文学院語文センターの詳細

台湾大学学内

学校名台湾大学(NTU) 文学院語文センター
台湾
都市台北市
住所Room 222,2F,No.170,Sec.2,Xin-Hai Rd.,Da-an Dist.,Taipei City,Taiwan 10663
語学学校の公式サイトhttp://cld.liberal.ntu.edu.tw/en
設立年1984年
語学学校周辺の環境大都市
留学中に学べる語学中国語(繁体字)
日本人カウンセラーなし
語学学校の学生数平均 200名前後 繁忙期 300名前後
国籍比率 2017年
  1. アジア 54.3%
  2. ヨーロッパ 23.0%
  3. アメリカ 18.6%
日本人留学生比率2017年 23.6%
コンピュータ
学内WIFI利用可能
留学中に体験できるアクティビティ市内散策、故宮博物館訪問、九份、淡水への小旅行、夜市巡り、台北101ツ

華語文研習班~語学レベルに合わせた少人数中国語レッスン

台湾大学レッスン

国立台湾大学・文学院語文センターが提供している中国語コースは以下となります。

  • 参加最低年齢:18歳
  • コース期間:10週間(冬学期)、または12週間(春、夏、秋学期)
  • コース開始日:2019年3月4日、6月3日、9月2日、12月2日
  • レベル数:9レベル
  • 1クラスあたりの平均人数:5名~7名

週15時間、月曜日から金曜日に1日3時間のレッスンが行われます。クラス分けテストで自分のレベルに合ったレッスンを受けることができます。授業時間は3種類、午前、午後、夕方がありますが、クラス分けの結果でどの時間帯のレッスンになるか決まります。

読む、聞く、話す、書く、それぞれをしっかりと身につけるためのコースとなっています。レベルが上がるほどディスカッションや発表(プレゼンテーション)の機会が増えます(初級クラスでも討論・発表はあります)。

台灣大学中国語コースでは、より積極的に話すことに注力し、少なくともレッスンの半分以上は学生が中国語を話すよう、講師に求めています。もちろん、読む、書く力も重要とし、宿題や試験でそれらをしっかりチェックします。

中国語レッスンスケジュール

時間割時間帯
午前08:20-11:10
午後12:00-14:50
夕方15:10-18:00

留学中の滞在方法~アパートのご案内、承ります

台湾大学滞在

国立台湾大学では、宿泊施設の案内をしておりません。

留学ランドでお申し込みいただきます場合には、台湾留学に必要なサポートセットのお申込みをしていただくことになります(有料です)。

学校のお申込み、現地停留ビザ申請サポートや台湾留学での最初の滞在先手配、現地空港でのお出迎え(時間制限あります)やWIFIルーター、携帯SIMカード購入サポートなどまるっとカバーできます。

台湾留学トータルサポートはご留学される期間によって内容も異なります、お見積りと合わせ、留学ランドまで是非一度、お問い合わせくださいませ。



留学費用、1セッションあたりのお見積り

国立台湾大学・文学院語文センターへ留学する場合の学費(1学期あたり、10週間、または12週間)は以下となります。

留学期間10週間(冬学期)12週間(春、夏、秋学期)
華語文研習班
(Chinese Course)
NT$35,100NT$41,000
日本円約123,000円約144,000円

上記費用に含まれるもの
学校登録費用および中国語レッスン費用

上記料金には、台湾留学サポートパック費用は含まれておりません。

期間別サポート費用に関しては、留学ランドよりお問い合わせください

学校紹介動画

国立台湾大学の無料見積依頼や相談・問い合わせは留学ランドへ

当サイト・留学ランドでは経験豊富なサポートスタッフが、国立台湾大学への中国語留学のお見積り依頼や相談、お問い合わせに無料で対応しています。

ご希望のコースや留学期間・時期などがございましたら、お問い合わせの際にお知らせください。また国立台湾大学への中国語留学をご検討中の場合でも、質問・疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせください!