オーストラリア -留学スタイル-

基本情報
主要都市のご案内
留学スタイル
学校リスト
基本情報 主要都市のご案内
留学スタイル 学校リスト

「親日家が多い、アウトドア派にお勧め」オーストラリアへ行こう!!

オーストラリアの英語はオージーイングリッシュと呼ばれ、イギリス英語をベースに独特な英語を使います。「Today」は「トゥデェイ」ではなく「トゥダァイ」など、ei(エイ)の発音をai(アイ)と発音する傾向にあります。 人懐っこく、明るくホスピタリティに溢れた国民性なので、初めての留学の方にも最適の土地柄と言えます。また学校で日本語を学ぶオーストラリア人も多く、親日家が多い土地柄でもあります。地理的な条件からアジアからの留学生が多く、ワーキングホリデー制度も充実しているので、ワーキングホリデービザを取得しての日本人も多数います。

オーストラリアの語学留学

学校形態

オーストラリアの語学留学では、私立語学学校と大学やTAFE付属の語学学校がメインとなり、その数は数え切れない程です。

私立語学学校

主に都市部を中心にあるプライベートの語学学校です。一般的には都心のビルの一角などをキャンパスとして、コースを開講しており、一般英語からビジネス英語、大学進学準備まで幅広いコースを開講しています。主なメリットとして、コースが通年開講されていて、毎週月曜日や少なくとも1ヶ月1回程度の入学日があり、非常にフレキシブルです。

大学付属/TAFE付属

オーストラリアでは、大学付属やTAFE付属の語学学校があります。授業内容は一般の英語コースに比べて比較的厳しく、語学を勉強した後で大学進学やTAFE本科コースに進学するために必要な語学力を養うことを目的としています。 入学日や期間も大学の学期と合わせなければならないため、予定を立てにくいことやクラス人数が私立学校と比較して多いなどデメリットもありますが、キャンパス内の施設を自由に使うことが出来、のびのび学ぶことができるのというメリットがあります。またファウンデーションコースを受講することで、IELTSなどの英語テスト免除でそのまま大学に入学できるというシステムがあります。

語学コースの種類

一般英語コース

オーストラリアの英語コースは「留学生のための集中英語コース」という意味で、ELICOS(エリコス)と呼ばれています。フルタイムは週25時間となり、通常20時間がクラス授業、残りはコンピュータークラスや図書室などで自習時間となります。パートタイムの場合は午前中または午後のみの授業となり、週15時間くらいが一般的です。 初心者から上級者まで幅広いレベルの生徒に【読み、書き、聞く、話す】の4つの基本技能をレベルに応じて学ぶことのできるコースです。一般英語コースやジェネラルイングリッシュなどと呼ばれます。語学レベルは人それぞれですが、入学初日にプレスメントテストと呼ばれるレベル診断テストを受験し、クラス分けがされ、自分に合ったレベルで学ぶことができます。半日は【読み、書き、聞く、話す】を勉強し、半日は選択授業として、会話や発音クラスはもちろん、ビジネス英語やTOEFL対策、文法やライティングのクラスから自分のレベルにあった授業を選ぶことが出来ます。

検定準備コース

オーストラリアで一般的な検定準備コースは、IELTS対策とケンブリッジ検定がメインとなります。他にもTOEICやTOEFL対策の学校もあります。一般的に中級レベル以上の進学などを検討している学生が参加します。

ビジネス英語コース

ビジネス英語コースは、オーストラリアでも一般的な語学コースの一つで、ビジネスに関連した語学を学びたいと考えている大学生や社会人の方に人気です。但し、ビジネス英語コースを受講するには中級~上級レベルの英語力が必要なため、レベルに達してない学生は、一般英語コースからスタートすることになります。午後の選択授業の一つとして選ぶビジネス英語コースはもちろん、CertificateやDiplomaコースも充実しています。


学費
1000ドル~1500ドル/月
一般的には1300ドル前後
一般的には1300ドル前後が目安だが、
学校やコース時間数にもよって大きく異なる。
滞在費
ホームステイで
700ドル~900ドル/月
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
お小遣い
400ドル~700ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

オーストラリアのその他の留学

ワーキングホリデー

1980年12月より実施されており、日本で初めてこの制度を始めた老舗国でもあります。人はおおらかで、自然あり都会ありの環境の中、接客業を中心にしたアルバイトがワーホリメーカーには人気の職種です。 また2005年11月からは、3ヶ月以上オーストラリアで季節労働に従事したことがあれば、「2度目のワーキングホリデービザが申請できる」ようになりました。ワーキングホリデーの歴史が長いだけにビザに対する認識度は高く、 観光大国でもあるのでアルバイトも比較的見つけやすい特徴があります。

学費
0ドル~
ワーキングホリデービザの場合、 学校に通学する必要はありません。
希望の方は最長4ヶ月まで通学可。
学費は語学留学と同じ
滞在費
ホームステイで
700ドル~900ドル/月
1年間の長期滞在なので、 学校通学期間以外はアパートなどに滞在する人が多い。
お小遣い
300ドル~600ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

語学プラスα

オーストラリアは非常にたくさんの語学プラスαのコースがあります。資格系では児童英語教師、TESOL、J-shine資格(小学校英語指導者資格)、日本語教師養成講座など様々です。またお稽古系では、語学+サーフィン、バリスタ、ウェディングプランナー、ネイル、ボランティアなど様々です。

学費
800ドル~1500ドル/月
午前中は語学コース、午後にお稽古や
ボランティア、インターンシップの組み合わせが多い。
滞在費
ホームステイで
700ドル~900ドル/月
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
お小遣い
400ドル~700ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

大学(カレッジ)正規留学

オーストラリアは教育水準が非常に高く、41ある大学のうち、私立はわずか2校、残りは州立大学となっています。その中でも世界ランキング上位に並ぶ学校をグループエイト、「Group of 8」と読んでいます。 日本の高校を卒業した後に、オーストラリアの大学へ進学を希望する場合、教育制度の違いから「ファウンデーション」と呼ばれるコースで語学力、教養を身に着けます。オーストラリアはイギリスと同じで大学での学士号取得が「3年」で可能です。コースの中には有給でのインターンシップを必須単位とするものもあり、また卒業した後にはワークパーミットも申請可能です。

学費
10000~15000ドル/年
一般的には12000ドル前後
学校、学部によって変動
滞在費
ホームステイで
700ドル~900ドル/月
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
お小遣い
400ドル~700ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

専門留学

オーストラリアではTAFE(Technical and Further Education)と呼ばれる州立の職業訓練校があります。学生のほとんどが現地オーストラリア人で、TAFEで学べる内容もバラエティに富んでいます。TAFEでは専門知識やスキルを身につけることができ、TAFE卒業後にはそのまま即戦力として働くことが出来る人材育成を目的としています。TAFEで学べる内容はビジネスはもちろんホスピタリティ、ツーリズム、デザインや福祉、園芸、建築、情報技術、馬産業など、幅広いコースを毎年開講しています。 また大学への編入も可能なコースもあり、1年間、TAFEで学んで基礎的な科目を学び、大学へ編入することも可能となっています。

学費
6000~13000ドル/年
滞在費
ホームステイで
700ドル~900ドル/月
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
お小遣い
400ドル~700ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

高校留学

日本の中学・高校にあたるオーストラリアのセカンダリースクールは、公立高校が70%、私立高校が30%。オーストラリアの公立高校はそのほとんどが共学で、オーストラリアの市民権や永住権をもった学生の入学が優先されますが、各州ごとに分けられた教育委員会が留学生の受け入れにも注力していて、地域によってはかなり積極的な留学生受け入れ活動を行っています。 オーストラリアの私立高校も留学生を受け入れ、カトリックやプロテスタントの宗教団体によって運営されており高校ごとに独自の教育方針、留学生の受け入れ方針を持ち、独自の高校運営を行っています。 ボーディングスクールと呼ばれる全寮制の高校留学も私立高校なら可能。私立高校には、男子校、女子校があり、全体の約1/3が男子校または女子校です。オーストラリアは公立高校でも男子校、女子校があり、どちらも留学が可能となっています。

学費
10000~14000ドル/年
(公立)
15000~25000ドル/年
(私立)
滞在費
ホームステイで
800ドル~1000ドル/月
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
お小遣い
200ドル~400ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

インターンシップ

インターンシップとは、企業で就業体験ができる制度です。オーストラリアでは、短期、長期問わず様々なインターンシッププログラムが可能で、給料が支給される有給インターンシップと、給料が支給されない無給インターンシップがあります。 学歴、職歴、英語力、そしてインターンシップ期間に応じてインターンシップの種類を決めることになりますが、基本的に有給インターンシップは1年以上、短期間でインターンシップを行いたい場合は無給インターンシップとなります。有給インターンシップは基本的にカフェやレストランなどアルバイト的な接客業が多く、無給インターンシップは語学や専門コースとの組み合わせによって、貿易やオフィスマネージメント、旅行会社など様々な内容があります。

費用
500ドル~3500ドル
期間は関係なく1回の紹介につき
滞在費
ホームステイで
700ドル~900ドル/月
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
お小遣い
400ドル~700ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

ボランティア

インターンシップが企業での就業体験であるのに対し、ボランティアは団体や学校などでの就業体験ととらえると分かりやすいです。学校の日本語教師、幼稚園や老人介護施設、またオーストラリアならではのボランティアとしては、イルカクルーズ船での短期ボランティアコースも人気です。

費用
500ドル~1500ドル
期間は関係なく1回の紹介につき
滞在費
ホームステイで
700ドル~900ドル/月
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
お小遣い
400ドル~700ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

親子留学

オーストラリアの親子留学は、比較的物価も安く、1年を通じて温暖で温かい気候の為、過ごしやすいことでも人気を集めています。また日本との時差もたった1時~2時間であることも親子留学には最適と言われています。オーストラリア在住の日本人スタッフがしっかりケアさせて頂くプログラムです。

学費
1000ドル~1500ドル/月
(1名につき)
一般的には1300ドル前後
親子で通学する場合や
お子様のみ通学する場合がある。
滞在費
ホームステイで
700ドル~900ドル/月(1名につき)
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
お小遣い
500ドル~800ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円(1名につき)
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

永住・ロングステイ

オーストラリアへの永住を目指すには、いくつかの方法がありますが、ハードルは高いと言えます。まず年齢が若い方に関しては、いきなり永住権を申請することは非常に困難ですので、まずは現地のTAFE(最低2年間)や大学を卒業し、現地での就職を目指しましょう。 就職をすると就労ビザが取得でき、その後、永住権につながる可能性があります。ご年配の方や資産をたくさん持っている方については、退職者ビザや投資家ビザなど、様々な永住ビザが存在しています。いずれにしても個別に対応が必要なケースとなりますので、詳しくはご相談を頂ければと思います。

教師宅ホームステイ

教師宅ホームステイは、先生のお宅にホームステイをしながら1対1の個人レッスンを行うもので、平均1日3時間(週15時間)のプライベートレッスンが受けられます。1対1のため、個人個人のスキルや勉強されたい内容に合わせて授業が行われるのが特徴的です。 ホストファミリーが先生になるので、レッスン以外の日常生活でも色々と英語を教わることができ、生活を通じてレッスンを集中的に受けたい方に最適のプログラムです。オーストラリアは基本的にいろいろな地域でのご案内が可能ですが、ブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、パース、メルボルン、ケアンズ、アデレードを中心にご案内をしています。

学費
1500ドル~1800ドル/週
都市やレッスン数により
多少異なる
滞在費
学費に含む
お小遣い
300ドル~500ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。

オペア

オーストラリアのオペア留学は、パートタイムとフルタイムがあります。一定時間以上の家事・育児のお手伝いをすることで、滞在や食費が無料になるというプログラムです。安く長く滞在することが可能です。パートタイムオペアはベビーシッターなどの経験が無い方、英語力に自信の無い方でも参加が可能です。語学学校に通いながらオペアをすることも可能ですし、学校に行かない方は通常のアルバイトをしながらオペア滞在という方法も可能です。 またフルタイムオペアの場合は、最低100時間以上のベビーシッターの経験や英語力が必要となります。条件が厳しくなる分有給となり、週180~240ドルくらいのお給料をもらうことが出来ます。

費用
0ドル~1500ドル
一回のご紹介につき。
期間の限定はなし
滞在費
費用に含む
お小遣い
300ドル~500ドル
都市の物価に比例して高くなると考えていい。
航空券
2万円~20万円
都市、出発時期、航空会社によって大きく変動。
特にキャンペーン中は非常に安い金額で手配可能。
ジェットスターが格安航空券を販売。
基本情報
主要都市のご案内
留学スタイル
学校リスト
基本情報 主要都市のご案内
留学スタイル 学校リスト