南アフリカ共和国 -基本情報-

基本情報
主要都市のご案内
留学スタイル
学校リスト
基本情報 主要都市のご案内
留学スタイル 学校リスト
国名
南アフリカ共和国/ Republic of South Africa
首都
プレトリア
面積
121万9090平方キロメートル
人口
4790万人
公用語
アフリカーンス語、英語、バントゥー諸語
主要都市
プレトリア、ヨハネスブルグ、
ケープタウン、ダーバンなど
南アフリカ地図

歴史文化

af001

ヨーロッパで大航海時代が始まった15世紀末の1488年に、ポルトガル人のバルトロメウ・ディアスがアフリカ大陸南端の喜望峰に到達。1652年にオランダ東インド会社のヤン・ファン・リーベックがこの地に到来し、喜望峰を中継基地としました。以後オランダ人移民が増加し、ケープ植民地が成立した。18世紀末には金やダイヤモンドの鉱脈を狙ってイギリス人が到来。19世紀初頭にケープ植民地はオランダからイギリスへ正式に譲渡され、イギリス人の移民が大量に流入することに。植民地化によって英語が公用語となり、イギリスの司法制度が持ち込まれるなどイギリスの影響が強まりました。1910年5月31日に、4州からなる南アフリカ連邦として統合され、大英帝国内のドミニオン(自治領)としてアフリカーナーの自治を確立。1913年には、原住民土地法といったアパルトヘイトの基盤となる人種差別法を立法化し、以後人種問題がこの国の大きな問題となっていき、1985年には黒人による暴動が勃発し、非常事態宣言を発令。アメリカや日本などを含む諸外国から経済政策を受け、1991年にアパルトヘイト廃止されるまで続きます。1994年には全人種参加による南アフリカ共和国の総選挙(初)が実施され、アフリカ民族会議(ANC)が勝利し、ネルソン・マンデラが黒人は初の大統領に就任。1997年に新憲法を発行、その後現在に至るまで、ANCから大統領が選ばれており、現在はシリル・ラマフォサ政権となっています。

政治

af002

南アフリカ共和国は、1989年9月のデ・クラーク大統領就任以来、アパルトヘイト撤廃に向けての改革を進めています。その集大成として、1994年4月に南ア史上初めて黒人を含む全人種参加の下で総選挙が実施され、5月9日にマンデラ大統領が選出されました。外交面では、1994年にアフリカ統一機構(OAU)及び非同盟諸国会議への加盟(5月)、英連邦への再加盟(6月)を果たしたほか、国連総会での議席を20年振りに回復(6月)しました。1994年8月には南部アフリカ開発共同体(SADC)へ加盟し、2014年5月21日、国民議会(下院)はアフリカ民族会議 (ANC) のジェイコブ・ズマを二期目の大統領に選出。複都制を採用しており、立法府はケープタウン市都市圏、行政府はツワネ都市圏(プレトリア)、司法府はブルームフォンテーンに置いています。

経済

af003

南アフリカ共和国は、サハラ以南アフリカ全体のGDPの約4割を占め、アフリカ経済を牽引する役割を担っています。1996年、政府は、金融政策・貿易の自由化、財政赤字の削減、投資インセンティブの導入、徴税の強化、公営企業の民営化、賃金上昇緩和による雇用の拡大、為替管理の段階的緩和等を掲げたマクロ経済戦略(GEAR)を策定し、以後、自由化による経済成長戦略を標榜しています。

気候

af004

アメリカ大陸の最南端に位置する南アフリカ共和国は、東はインド洋、西は太平洋に囲まれた自然豊かな国です。気候は地域により大きく異なりサバンナ気候、ステップ気候、温暖湿潤気候、地中海気候など多彩。内陸部にある首都プレトリアやヨハネスブルグは海抜1300~1700メートルに位置し、一日の寒暖差が大きい点に注意。


治安

af005

南アフリカは、毎年1万8千件、毎日50件の殺人事件が発生している凶悪犯罪発生率世界第1位。特にヨハネスブルクは、世界一治安の悪い街として知られ、外務省公表の安全情報にも「ヨハネスブルグのダウンタウン地区では、殺人、強盗、恐喝、暴行、性犯罪、強姦、ひったくり、麻薬売買等の犯罪が、日常的に発生しています。」とされている。留学先としてメジャーなケープタウンについては、これほど悪くないにしても、「犯罪件数は高水準で推移しており、主に強盗、窃盗、引ったくり、置き引き、ATM詐欺(親切を装った窃盗やスキミング)などの一般犯罪が多発しています。また、外国人観光客で賑わうウォーターフロント地区や市内高級ホテル、レストランでも置き引き等の邦人旅行者の被害が多数報告されていますので注意が必要です。」とのことなので日常生活においても大きな注意が必要です。

物価

af006

アフリカ諸国と比較すると高い印象を受けるかも知れませんが、日本と比較するとかなり安く、約半分程度が目安。但し、物によってはそれほど日本と違わないものや、1/3以下のものまで様々。




交通

af007

南アフリカは、アフリカの国とは思えぬほど交通網は整備されており、各都市間のバス網はかなり発達しています。BazBusと呼ばれるミニバスが安価で利用しやすく、市内交通としては、バス、タクシーと、リッキーと呼ばれる小型トラックを改造したような乗り合いタクシーがあります。



言語

南アフリカ共和国では、1994年の選挙前は、英語とアフリカーンス語の2言語が公用語でしたが、以後黒人言語9つが追加され、現在では11の言語が公用語として存在。英語を母国語としている人口自体は多数ではないが、留学生や観光客が訪れるような場所では、ほんとど英語が通じるため、生活で困ることはほとんどないでしょう。

時差

南アフリカ共和国の時差は、日本-7時間で計算できる。サマータイム制も導入されていないため通年で変わりません。

祝祭日

1月1日 元旦 New Year’s Day
3月21日 人権の日 Human Rights Day
イースターの直前の金曜日 グッド・フライデー Good Friday
イースター直後の月曜日 イースター・マンデイ Easter Monday
4月12日 家族の日 Family Day
4月27日 自由の日 Freedom Day
5月1日 メーデー Workers’ Day
6月16日 青年の日 Youth Day
8月9日 女性の日 National Women’s Day
9月24日 伝統文化継承の日 Heritage Day
12月16日 和解の日 Day of Reconciliation
12月25日 クリスマス Christmas Day
12月26日 親善の日 Day of Goodwill

電圧について

南アフリカ共和国の電圧は、220/240ボルトのため日本国内の電化製品を使用する場合は変圧器が必要。プラグは、3本の丸いピンタイプでB3タイプに似ていますが、サイズが異なるため現地にて購入しましょう。日本での購入はできません。

電話について

南アフリカ共和国の国際電話アクセス番号は、「09」、現地より日本に電話をかける場合は、「09+81(日本の国番号)+電話番号の最初の0を取った番号」にてかけることが可能。公衆電話はコイン式とカード式の2種類があり、どちらも50cから利用可。国際電話もかけらます。テレホンカードは電話機に挿入するタイプとしないタイプの2種類。日本から南アフリカに電話をかける際は、国番号が「27」となります。

タバコ・お酒について

af008

南アフリカ共和国では、お酒は18歳から飲酒、タバコは16歳から喫煙可能です。


郵便

郵便局の営業時間は、月~金曜の8時30分~16時30分と土曜日の8時~12時。国際郵便の場合、民間のPostNet の方が早く届きます。日本からの郵便は確実に届けるためにもEMSを利用するようにしましょう。



基本情報
主要都市のご案内
留学スタイル
学校リスト
基本情報 主要都市のご案内
留学スタイル 学校リスト