この数年の間で「海外で格安英語留学するなら、おすすめはフィリピン」という考えが浸透しました。

安い費用でマンツーマン英語レッスンを受けることができ、1年中温暖、しかも学生寮滞在ができて食事付き。元留学エージェントの私も、おすすめするしかありません。

フィリピン・セブ島に留学する日本人は増えて続けており、語学学校も増えています。

いずれも格安な費用で留学できることに変わりはありませんが、どの学校を選べばいいか、迷いますよね。

海外に行くのに費用が安い、ってちょっと心配になってしまうかもしれませんが、フィリピン・セブ島が安いのにはちゃんと理由もあります。

このページで、フィリピン・セブ島留学はなぜ費用が安いのか、格安でも大人気の理由、その中でもおすすめの学校を紹介します。

他の英語圏と迷っているあなたがこのページを読み終えたとき、「納得」してフィリピン・セブ島をお選びいただくキッカケになれば幸いです。

格安フィリピン・セブ島留学が安い、その理由と人気のワケ

フィリピン、セブだからできること

海外で英語を学ぶのに、格安費用で留学できる国の代名詞になっているフィリピン、その中でも圧倒的な人気を誇るセブ島。

リゾート地でもあるフィリピン・セブ島で、マンツーマン英語レッスンが格安費用で可能ですが、なぜ安い費用で留学できるのでしょうか。

その他の英語圏の国への留学との違いは一体なんなのか、フィリピン・セブ島留学をおすすめする理由とあわせて説明していきますね。

格安フィリピン留学がマンツーマン英語レッスンでも安い理由

フィリピン留学が安い理由はズバリ、英語を教えてくれるフィリピン人講師の人件費が安いから、です。

経済成長が続くフィリピンですが、年収はまだ決して高くないため、マンツーマン英語レッスンを提供してくれるフィリピン人講師のお給料も安い費用に抑えることができます。

語学学校にとって人件費を安く抑えられる一方で、フィリピン人講師にとっては英語教授法レッスンもしっかり行う学校が多く、留学生への英語を教えるキャリアを身に着けられることからWinWinの関係となっています。

そんな厳しい訓練を受けたフィリピン人講師によるTOEICやIELTSといった英語試験対策も可能な語学学校も多くあります。

格安費用でしっかりスコアを伸ばすことができ、その他の英語圏への大学進学留学やワーキングホリデーの準備にもおすすめです。

ほとんどの語学学校が学生寮滞在、しかも1日3回の食事付き

格安費用でマンツーマン英語レッスンが受けられるフィリピン留学ですが、もう1つ特徴があります。

フィリピン・セブ島の語学学校に英語留学をする場合、多くが学生寮滞在となっている点です。

他の英語圏留学の場合には、ホームステイ、または学生寮滞在から選択します。ホストファミリーとうまくいくか心配、という声も多く、学生寮が人気です。

語学学校から徒歩圏のレジデンスが多く、プライベートな時間を持つことができ便利なのですが、滞在費用が高く、食事がついていません。

またその人気ゆえに夏休みや春休みにはお部屋が早々に埋まってしまう
こともあり、早めに手続きを済ませなければなりません。

フィリピン・セブ島留学なら、基本が学生寮、しかも学校の敷地内、または校舎と一緒になっている語学学校が多く、「通学」する必要さえありません。

安い費用で学生寮滞在が可能、さらに個室から2人、3人または学校によって4人部屋まで選ぶことができます。

同室人数が増えるほど学費が安くなるため、格安留学をお考えなら、4人部屋がおすすめです。

まだ終わりませんよ、安い費用の学生寮滞在ですが、1日3回の食事もつきます。
(学校によっては追加オプション)

フィリピン留学がスタートした当初、その食事はお粗末なものが多く、評判が良いものとは呼べませんでした。

ですが今は違います、美味しいものを普段から食べている日本人でも満足できる食事をどの語学学校もしっかり提供しています。

格安費用でそんな食事までついている今のフィリピン・セブ島留学ですから、元留学エージェントの私も本当におすすめです。

そんな私から、フィリピン留学がなぜ、日本人にここまで人気になったのか、ちょっと説明させてください。

格安でも日本人ぴったりの英語レッスン、滞在方法で大人気

とにかく英語を話したもの勝ち

他の英語圏、北米やオセアニア、イギリスの語学学校に英語留学では、あなたの語学力に合わせ、15名前後のグループレッスンを受けることになります。

日本人は「謙遜」をする民族ですが、グループレッスンでもその気質が出ます。中南米や中国からの留学生は、本当によく質問したり喋ったりします。

ですが、日本人は「この人が話し終わってからにしよう」「質問すると話の流れを止めてしまうかも」と考え、英語講師から「あなたはどう思う?」と指定されないと話さない、こんなことになりがちです。

フィリピン・セブ留学がおすすめな理由のひとつに、マンツーマン英語レッスンが他の英語圏のグループレッスンよりも日本人の気質にぴったり合っていることが挙げられます。

フィリピン人講師と1対1なら、誰かに遠慮することもありません。また黙っていては英語レッスンにならないので嫌でもとにかく英語を話すことになります。

優しい講師から学びたいことを学ぶ

英語に限らず、言語は所詮コミュニケーションの道具です。話して使わなければ、その使い方がいつまでも上手くはなりません。

グループレッスンだと自分の英語が間違っているかも、と恥ずかしがるのも日本人の特徴ですが、マンツーマンだとなぜか、単語を並べるだけの英語でも会話をしようとするものです。

そしてそんなマンツーマン英語レッスンを格安、おどろくほど安い費用で可能にしたフィリピン留学はまさに日本人におすすめの留学スタイルと言えます。

英語レッスンの方法に限らず、ホストファミリーとの関係を心配する日本人にとって、安い費用で最初から滞在先が学生寮であることも嬉しいですよね。

他の英語圏の国なら、食事のことを考え、生活に関する費用も用意しなければなりませんが、食事も完備されているフィリピン・セブ島での留学生活。特に初めての海外留学をご検討中のあなたに、フィリピン・セブ島留学はおすすめです。

格安フィリピン留学が安い理由と、日本人におすすめであることをお伝えしたところで、次はフィリピン・セブ島にある語学学校の中から私がおすすめする、コレだ!という学校とその特徴を紹介していきますね。

セブ島にあるおすすめの語学学校とその特徴を紹介します

格安費用で留学できるフィリピン・セブ島の人気の秘密をお伝えしたところで、いざ留学先をフィリピン・セブ島にしていただけたなら、今度は語学学校をお選びいただく必要があります。

今も増え続けているセブ島の語学学校の中から、元留学エージェントであり、セブ島留学経験もある私が格安留学のできる、おすすめの学校を厳選3校にしぼって紹介していきます。

それぞれの学校に特徴があるので、おすすめの学校をタイプ別に説明していきますね。

フィリピン留学で講師の質に自信アリ、費用も格安CPILS

CPILS学校外観

フィリピン、セブ島への留学人気の火付け役となった語学学校CPILS。

元はホテルと銀行だった建物を語学学校に改装(入口ロビーはさながらチェックインカウンター、各種相談窓口は銀行の窓口そのものです)、セブ島の中でも学校設備が整った学校として知られています。

中でもスポーツジムには定評があり、英語+トレーニングコースも提供。学内中庭にはプール、元ホテルのバーはカフェに改装されていて、美味しいタピオカミルクティーが大人気です。

設備が充実しているCPILSですが、私がフィリピン・セブ島留学の中でも強くおすすめする理由、それはフィリピン人講師の質の高さ。

長く続くCPILSの歴史の中で、フィリピン人講師採用には一切の妥協をすることなく、厳しい審査の上、採用しています。

トレーニングを重ねた上でマンツーマン英語レッスンに参加する各フィリピン人講師陣は、学生による評価(上位評価された講師陣はロビーに写真が貼ってもらえます)を受けています。

その他、フィリピン・セブ島にある語学学校でもネイティブ講師の数が最も多い学校でもあります。

こんな人におすすめ!

長期フィリピン・セブ島留学で英語力をしっかり身につけたいあなたにぴったり


フィリピン・セブ留学でもリゾート、マクタンにあるPhilinter

Philinter外観

次にご紹介するPhilinter Education Centerはフィリピン・セブでも、リゾート地であるマクタン島にある語学学校です。

セブシティとマクタン島をつなぐ2つの橋からすぐ近く、ガイサノショッピングモールが徒歩圏にあるPhilinterはリゾート地に安い費用で留学できる語学学校。

学内にプール、学生寮があるのはもちろん、希望によってはホテル滞在も可能。

平日はマンツーマン英語レッスン、少人数グループレッスンで英語漬け、週末にはマクタン島内のビーチや無人島巡り、ジンベエザメと一緒に泳ぐアクティビティなどにもご参加可能です。

セブシティへも車で30分で出かけることができますが、徒歩で行けるガイサノショッピングモールで必要なものは何でも揃います。

学生ひとりひとりにフィリピン人講師バディがつくので、英語でどうしてもわからないポイントを気軽に相談できますよ。


こんな人におすすめ!

短期集中で英語を勉強、セブならではのアクティビティを楽しみたいあなたへ


セブシティの中心部、ITパークにあるQQ English

QQEnglish外観

最後はセブシティ中心部、外資系企業のコールセンターが林立し続けるITパークすぐそばに校舎を置く、語学学校QQ Englishを紹介します。

QQ Englishの英語教授法は欧州言語のレッスンでも採用されているカラン・メソッド。

フィリピン人講師が留学生に英語ネイティブと同じ速度で英語で質問、数秒の間の後、聞き取れていてもいなくても、その答えをまたネイティブスピードで話します。

これを何度も繰り返すことで、語学を聞き取る力を身に着け、質問内容と似たような質問があった場合に単語の入れ替えでぱっと回答できるよう練習していきます。

QQ EnglishはITパークと、マクタン島にも校舎を持っているのですが、ITパーク校はセブシティで高層ビルが多い地域にあり、徒歩でセブを代表するショッピングモール、アヤラセンターまで行けます。

滞在先は学校へはQQ Englishジプニー(シャトルバス)で通学、生活感あるドミトリは24時間ガードマンが立っているので安心して滞在できます。


こんな人におすすめ!

セブの中心部で学びたい、カランメソッドで会話力アップを図りたいあなたへ


費用の安いフィリピン留学で知っておくべきその他の情報

格安費用で留学可能、おすすめのフィリピン・セブ島ですが、安い学校費用とは別に、注意が必要な「その他の費用」があります。

安いおトクな学校費用だけでいいんじゃないの?と思っていると、大変なことになる可能性もある、フィリピン・セブ島留学。

「その他の費用」とは具体的に何のことなのか、説明させてください。

短期フィリピン留学は学生ビザは不要、就学許可申請は必要

まず注意が必要となるのがフィリピン滞在に関するビザルール。

詳しくは別途、フィリピン留学の期間別費用ご案内(リンクします)で紹介しているのですが、30日未満のフィリピン留学だと「滞在のためのビザ申請」は不要です。

ですが、「フィリピンで勉強する許可」は別途申請が必要となっていて、Special Study Permit(SSP)という申請をしなくてはなりません。このSSPが安いフィリピン留学でちょっとお金がかかるものとなっていて、6,500ペソ、約15,000円ほどかかります。

1ヶ月以上のフィリピン留学をお考えの場合には、滞在する週数によってビザ申請費用が変わることも注意が必要です。

また、2ヶ月以上の滞在であれば外国人登録証、ACR-Iの申請費用、3,000ペソ、約7,000円も別途必要となることを覚えておいてください。

学校費用は格安のフィリピン留学、でも電気代は高い!

格安な学校費用には、英語レッスン費用や滞在費用、学校によっては3食の食事の費用も含まれているのですが、ひとつ、大切な費用が含まれていません。格安フィリピン留学で私もハマった、「電気代」です。

英語レッスン費用も安い、滞在費用も格安、食事だって含まれているので生活費用も格安で抑えられるフィリピン・セブ島留学で、もっともコストパフォーマンスの悪い電気代。

フィリピンは電気代が高い国としても知られており、夜、暑がりで寝苦しいからとエアコンを使いまくっていると、学校の電気代回収の日に非常に痛い目に遭います、ご注意くださいませ。

ちなみに毎日、シャワー後に1時間~2時間程度だけエアコンを利用、あとは扇風機だけ、という普通の生活なら、月に必要な電気代はおおよそ5,000円前後、と学校スタッフさんに教えられました。

私は暑がりなのでエアコンなしでぐっすり眠ることができないため、かなりの電気代を収めました、同じ境遇の方は要注意です。

いよいよフィリピン留学、セブ島へ出発、そのときに

留学費用が安いフィリピン・セブ島留学もとうとう最後の日を迎え、日本へ帰国する日がやってきました。

格安費用で滞在できたので、最後の夜にぱーっと学校の友だちとお出かけしたいのですが、ひとつだけ注意があります。

フィリピン・セブ島のマクタン国際空港は出国時に「空港施設使用料」、850ペソを現金、またはクレジットカード(マスターカードのみ!)で支払う必要があります。

ペソを使い切ろうとあれこれお土産まで買っちゃって、お財布にはクレジットカードはあるものの、ビザやアメックスだったりすると大変です。850ペソだけは、別の場所に保管しておくよう注意しておいてくださいね。


いかがでしたでしょうか、フィリピン格安留学がなぜ安いのか、そしてなぜ日本人におすすめなのか、ご案内をさせていただきました。

格安で英語留学ができて、しかも内容も自分にぴったり?もっと詳しくあれこれ聞きたい、またはおすすめさせていただいた学校のいずれかに興味を持っていただけたなら、留学ランドにお問い合わせを。

ご質問はもちろん、お見積りなどもプロの留学カウンセラーがご案内いたします。