格安費用で大人気のフィリピン、短期1週間からでも、夏休みや春休みの1ヶ月でも、他の英語圏の国との組み合わせで人気の3ヶ月、それから長期間、半年でも参加可能、期間別それぞれに満足度の高い留学先となっています。

1週間の短期であっても、得られるものはあります。夏休みや春休み期間と同じ1ヶ月の滞在で分かること、それから3ヶ月という期間の場合、フィリピンだけではなく、その他の英語圏での進学やワーホリの準備といった、2カ国留学についてもご案内していきます。

フィリピンと、その他の英語圏の半年間に必要な費用と比較・検討して見えてくる意外な事実や、語学学校の多くがなぜ、1年間の費用を掲載していないの?という疑問についても説明します。

短期から長期まで、それぞれのフィリピン留学の特徴を知ることで。あなたにぴったりのフィリピンでの留学期間を見つけるお手伝いになれば幸いです。

フィリピン留学の期間ごとの特徴、まずは短期1週間から

フィリピン留学は、格安費用で他の英語圏の国々へ留学することができ、英語レッスンもマンツーマン、または少人数制(10名以下)グループレッスン、さらに滞在方法も人気の学生寮、1日3食の食事付き(学校によってはオプション)と、至れり尽くせり。

おすすめのフィリピン・セブ島留学に決めたら、次に決めるべきはフィリピンでの留学期間です。

日本の中高生や大学生なら夏休みや春休みの1ヶ月程度、社会人にとっては短期1週間だけでもお休みを取るのはなかなか難しく、フィリピン・セブ島留学をする期間を限られてしまうのが実情です。

まず、短期1週間から1ヶ月・4週間のフィリピン・セブ島留学について、元留学エージェントの私(フィリピン・セブ島1ヶ月留学経験あり)が自分自身のフィリピン留学体験を踏まえつつ、解説します。

1週間だけのフィリピン留学でも意味はあるのか、1ヶ月や2ヶ月なら英語力にどんな変化があるのか、一緒に見ていきましょう。

フィリピン留学、短期1週間の英語漬け海外体験

英語を話すことに慣れる1週間留学

最短期間の1週間、フィリピン・セブ留学のだとコース初日に関してはクラス分けのテストや学校敷地紹介、滞在のためのビザなどの説明を含むオリエンテーションで終わります。実質的な英語レッスンは翌日火曜からとなりますね。

1週間留学だと英語レッスンは4日間だけだから無駄、そんなことは決してありません!

「英語が本当に苦手、非常に恥ずかしがり屋で日本語でも人と話すのが嫌いなのに、英語でなんて絶対無理。」とお考えのあなたへ、フィリピン、セブ島で1週間のマンツーマンレッスンは英語で話す、語学を学ぶ楽しさを充分に感じることができる期間です。

親切で優しい、いつもにこやかなフィリピン人の講師と1週間、マンツーマン・2人っきりのレッスンなら、全然英語が分からなくても、あなたのレベルに合わせて簡単な英会話からスタートしてくれるので、「英語ってこんな風に話せばいいんだ」と感じることができます。

ただ、残念なのは1週間のフィリピン・セブ島留学は、本当にあっと言う間。もっと先生や学校の友達と仲良くなりたかったな、と感じてしまうことでしょう。

2週間、セブを楽しむも良し、語学学校の下見にも最適です

下見?それともリゾート留学?2週間

短期間ながら2週間、フィリピン・セブ島をするチャンスがあれば、ビーチリゾートであるマクタン島で英語+α、マリンスポーツなどのリゾート留学を思い切り楽しむのもおすすめ。

また、1週間から2週間の短期間滞在は、長期フィリピン留学を考えているあなたにとって、フィリピン・セブ島にある語学学校の下見にもぴったり。

実際にフィリピン・セブ島で滞在、生活体験をしてみて、あなたに合うかどうかの確認や、英語を教える語学学校もそれぞれに特徴があるので、2週間の短期滞在中に各学校に連絡をして見学させてもらいましょう。

英語の勉強、という意味では、やはりいつの間にか時間が過ぎてしまい、気がついたら帰国を迎え、もっと長い期間滞在できれば良いな、と感じる期間です。

3週間もマンツーマンレッスンが続けば、英会話に慣れます

もう英語は怖くない!3週間

フィリピン・セブ島での3週間留学は、毎日の英語レッスンと週末のアクティビティにもほどよく参加できる、ちょうど良い期間。

マンツーマン英語レッスンでフィリピン人講師から、どのように英語を話せば良いかを学び、少人数グループレッスンでいろいろなシチュエーションで使う英語を学べます。英語、語学の勉強が実は楽しいものだと感じることができる留学期間です。

ただ、語学力の伸び、という点に関してはやはりまだまだ時間不足。とはいえ、毎日マンツーマンレッスンで英語を話すことで、日本人が最も苦手とする英会話に対する抵抗感はかなり減ります。帰国後、街を歩く外国人に道を聞かれても、物怖じせず、分からないなりに説明、助けてあげられるのではないでしょうか。

3週間だと、まだまだ日本に帰りたいと思うには程遠く、むしろフィリピンの生活や食事に慣れ、帰りたくないと思うのもこれくらいの期間が最も強くなります。

1ヶ月、海外経験アリ、社会人の私が実際に感じたこと

自分の留学体験談を含む、1ヶ月留学

私がフィリピン・セブ島に留学した期間も1ヶ月でした。私自身のフィリピン、セブ島留学経験を振り返ってみます。

当時30代半ば、少し時間の余裕があったので格安費用で行ける、短期フィリピン・セブ島留学を決意。

語学留学はできる限り長い期間が良いのは分かっていましたが、その時は最長で1ヶ月が限界だったので短期の1ヶ月間の留学となりました。

フィリピン・セブ島到着後、噂に聞いていたマンツーマン英語レッスンと少人数グループレッスンに参加。最初は本当にびっくりしました、なにせ朝から夕方まで、ずっと英語レッスン漬けでしたから。

他の国、英語圏でもマンツーマン英語レッスンは可能ですが、費用がおそろしくかかります。格安フィリピン留学、おそるべし、と感じました。

最初の週に屋台で買い食いをして食あたりも経験しつつ、平日は学校で朝から夕方まで英語漬け。語学学校での食事に慣れ、ジプニーを利用してセブシティへのお出かけなども楽しみつつ、あっと言う間に時間が過ぎました。

迎えた最後、4週間目、短期1ヶ月という期間のフィリピン・セブ島での留学を振り返り、マンツーマンでお世話になったフィリピン人講師には、別れ際に泣いてもらったりと感動的なものでした。

フィリピン人講師のみなさんとの関係は参加する留学生それぞれで違いますが、本当に優しく、親切で笑顔を絶やさない方が多かったのが強く印象として残っています。

1ヶ月という短期間のフィリピン・セブ島留学での英語力についてですが、残念ながら語学力の成長を感じることはありませんでした。

他の国への語学留学で、自分自身の経験から言えることは、その国の言葉を聞けるようになる期間に3ヶ月、話せるようになる期間は6ヶ月は必要だと思っています。

英語は日本人が中学、高校で最低でも6年間、さらに大学に進めば基礎教養として長期間勉強しているので、ゼロから語学習得ではありません。

私の英語力が伸びなかった理由としてマンツーマンレッスンでも、英語を聞けるようになるのに、1ヶ月という期間では短すぎた、と思っています。

フィリピン・セブ島の同じ語学学校で、TOEICスコアアップが目標にしていた大学生は「日本にいたらこんなに英語を集中して勉強なんてできない、リスニング・スピーキングにも自信がつきました」と言ってました。

学生のみなさんのTOEICのスコアアップには、1ヶ月のフィリピン・セブ留学がおすすめ期間なのかもしれませんね。

8週間、2ヶ月で日本人がぶつかる語学学習の壁

2ヶ月、8週間のフィリピン・セブ島での留学を選ぶ場合は、英語が苦手、話せない、という状態でスタートしても、フィリピン人講師とマンツーマン英語レッスンで積極的に話せるようになります。

フィリピン人の講師が分かりやすく、ゆっくりと話してくれることもその理由、それでもフィリピン留学前に比べ、朝から夕方までの英語漬けの日々のおかげで、英語を話すことに自信が出てくる時期ですね。

ただ英語に限りませんが、語学修得をすると何度も壁にぶち当たります。今日は英語が聞けたし、言いたいことも言えたな、と思っていると次の日のレッスンで何も言えなかったり。

英語が聞けていた、のは分かりやすい部分を自分なりに解釈していた、言いたいことが言えたのは、出したい単語がすっと出たからだけ、だったり、誰しもするものです。

こんな悩みにぶつかると、次に自分が目指すべき目標がわかってきます。そういう意味で英語の勉強方法が身につく時期とも言えますね。

英語中級者なら、2ヶ月のフィリピン留学でTOEFLやIELTSといったアカデミックな英語試験対策コースにチャレンジしてみましょう。2ヶ月、集中的に英語を学び、かつ不鮮明な点はマンツーマンレッスンで徹底的に解決できるのは、フィリピンならではのメリット、おすすめですよ。

大学生は夏休みや春休みの1ヶ月から2ヶ月といった期間を利用したフィリピン留学になります。短期間で上記のようなアカデミックテストのスコアがしっかり出せれば、大学主催の交換留学にお申し込みも可能になりますね。

フィリピン・セブ島への短期、1週間から1ヶ月、または2ヶ月の語学留学を検討しているなら一度、留学ランドに費用見積りや学校選びに関してご相談ください。

経験あるプロのカウンセラーが無料でご案内、もちろん各語学学校への手続き手数料も無料です。



3ヶ月から半年、1年間のセブ島での語学学習について

1週間から1ヶ月、8週間・2ヶ月のフィリピン留学に関する特徴を紹介してきましたが、次は3ヶ月以上の長期間、フィリピン・セブ島に留学する場合のメリット、注意点をチェックしていきましょう。

3ヶ月以上、長期間のフィリピン留学なら色々な可能性、選択肢が出てきます。早速ご案内しますね。

3ヶ月なら2カ国留学で大学進学、ワーホリの準備を

3ヶ月、長期間のフィリピン、セブ留学をするなら、フィリピンでの語学留学はもちろんですが、海外の大学への進学準備や、カナダやオーストラリア、ニュージーランドなどへのワーキングホリデーと組み合わせる、2カ国留学も人気です。

海外の大学進学留学はとにかく費用がかかります。日本人は出願に求められるTOEFLやIELTSといったアカデミックな英語テストで求められるスコアをなかなか取得することができません。

英語力アップのために、アメリカやイギリス、その他英語圏の国での3ヶ月の留学費用は非常に高額です。同じ英語を学び、TOEFL、IELTSスコア取得を目指すなら、フィリピン・セブ島で勉強すれば大幅に費用節約になるのでおすすめです。

ワーキングホリデーの場合には、英語力は必須ではありません。しかし、英語力がなければ希望する仕事が見つけられず、オーストラリアやニュージーランドなら農場、その他の国でも日本食レストランでのアルバイト、といった限られた仕事のみとなります。

3ヶ月、マンツーマンで集中的に英語力アップをして、ワーキングホリデ-に参加すれば、英語でのインタビュー(面接)にも対応でき、希望する仕事につながる可能性が高くなります。

ただ1つ、この3ヶ月フィリピン・セブ島留学との組み合わせ、2カ国留学には注意しなければならないポイントがあります。

3ヶ月、フィリピン人講師とのマンツーマン英語レッスンでリスニング・スピーキング力がつくのですが、ネイティブの英語スピートとのギャップがあります。

留学生のためわかりやすくはっきり話してくれるフィリピン人講師の英語に慣れ、例えばカナダ・バンクーバーに到着、ファーストフード店などに行くと、オーダーは出来るのですが、店員さんの英語が早すぎて分からない、といったことがあります。

最初の1週間、場合によっては1ヶ月くらい、ネイティブの英語スピードに悩まされ、ホームシックになってしまうこともあります。ですが、フィリピンでの3ヶ月、身につけた英語力とネイティブの会話スピードに「慣れ」れば大丈夫です。

それから、3ヶ月のフィリピン・セブ島留学を組み合わせた2カ国留学をするなら、日本を出発する前にあらためて英語をしっかり勉強しておきましょう。

語学学校に到着したら、まず英語力テストがあります。これから3ヶ月、高い英語力を身に着けたいのであれば、レッスン内容も高度なものである必要があります。

特に大学進学との組み合わせの場合には、TOEFLやIELTSクラスに参加できるレベルの英語力を身につけておきましょう(中級程度の語学力がなければ、一般英語からのスタートになります)。

それから、3ヶ月、フィリピン・セブでの留学をしているとフィリピンでの生活に慣れすぎてしまい、気が緩みがちになります。学校、滞在先の寮を出たら、あなたが海外にいることを決して忘れないでください。

カフェでお茶をするときにバッグなどを置きっぱなしにして置き引きに合う、などありがちです、要注意を!
 
語学学校での英語レッスンも同じで、朝から夕方まで毎日の英語レッスンに疲れてしまうこともあります。だからといって授業をすっぽかしたり、グループレッスンに出ないなどの行為は、担当してくれるフィリピン人講師陣に大変失礼であり、迷惑をかけることになります、絶対避けましょう。

半年間の留学は、その他の英語圏の留学費用情報も要チェック

続いて半年、6ヶ月もの長期間に渡ってフィリピン、セブ留学をする場合。

半年もの期間、フィリピン留学をする場合、あなたには何か留学の目的があるのではないでしょうか。進学するためにTOEFLiBT80以上を取得したい、海外でインターンをしてみたいけど語学力が足りないので英語力を身に着けたい、など人それぞれの理由があるはずです。

半年間、マンツーマン・少人数グループレッスンで英語を学び続ければ、語学力は伸びるでしょうし、特に試験対策、TOEICやTOEFL、IELTSなどの具体的目標がある場合には、勉強方法も明確になっているはず。フィリピン・セブ島に半年、6ヶ月の長期留学をするなら、準備段階で目標をしっかり立てておきましょう。

一方で半年間、ひたすら平日の朝から夕方まで英語漬けの毎日を送るにはモチベーション維持もとても大切です。英語に飽きて投げ出すことのないよう、各種アクティビティやセブシティ、マクタンにある各ショッピングモールに出かけるなどして、気持ちをリフレッシュするように心がけてくださいね。

もう1つ、この24週間、半年という期間の留学なのですが、実はカナダやオセアニア(オーストラリアやニュージーランド)の留学費用とかなり近い費用になる、ということはご存知ですか?

→世界各都市に半年、24週間の語学留学した場合の費用を見てみる

フィリピン留学の方が少し安いことに変わりはないのですが、留学費用の差が大きくないなら、本来、英語が話されているカナダやニュージーランド、オーストラリアへの留学と比較、検討してみてはいかがでしょうか。

フィリピン留学のデメリットに、語学学校の外では英語が話されていない、という問題があります。フィリピン留学の期間が長ければ長い期間になるだけ、ゆっくり話してくれるフィリピン人講師の英語に慣れてしまいます。

カナダやニュージーランド、オーストラリアなら、語学学校で学んだ英語を、たとえば学校帰りのレストランやファストフード店での注文や支払い、それからホストファミリーとの会話で磨けるようになりますから。

短期間、1週間から、1ヶ月、それから長期3ヶ月から半年に渡り、英語を学ぶ上で考えられる効果や起こりうる状況を説明してきました。最後にフィリピン・セブ島留学への1年間留学について考えてみましょう。

1年間の留学費用を語学学校が提示しない理由

フィリピン・セブ島留学にはたくさんの語学学校がありますが、半年、24週間までの留学費用が提示されていても、1年間の費用が出ていないことありませんか?

フィリピン留学をする多くの学生は、長くて24週間まで、平均的には1ヶ月(4週間)から3ヶ月(12週間)の語学留学を選ぶため、1年、48週間ものフィリピン留学をするよりも、2カ国留学で大学進学やワーキングホリデーに参加します。

1ヶ月もいれば、学校スタッフさんやフィリピン人講師にすっかり顔を覚えられる、「古株」になるのがフィリピン留学の特徴、とも言えますね。

フィリピン留学まとめ、期間は目的やレベルに合わせて

ここまで、フィリピン・セブ島に短期1週間から3ヶ月、半年・6ヶ月、および1年間の長期間の留学でどんな体験や経験ができて、どれくらいの効果があるかについて説明してきました。

以下、フィリピン留学とその期間に関してまとめました。

短期留学で英語の勉強や海外生活の楽しさを知ろう

短期留学、1週間から1ヶ月の間は英語力アップは難しい反面、英語が昔から苦手だけど、必要になってしまったという場合や、国際化の進む社会で時間のある学生のうちに苦手な英語を克服したいという場合、さらには性格的に恥ずかしがり屋で英語に興味はあるのだけど、人前で英語を話すなんてとても…と思っているあなたへ、英語を学ぶ楽しさを知るための第一歩になります。

その他、長期でお考えの場合の下見や、リゾートを楽しむ留学(ジンベエザメを見たり、無人島で過ごしたりできます)もおすすめ。TOEICというテストに関しては高い語彙力は求められず、英語を聞き取る力、それからテンポよく回答できる基本的な英語力が求められるため、1ヶ月の留学でもスコアアップが狙える、かも(あなた次第です)しれません、おすすめですよ。

2~3ヶ月は英語の学び方を知ることができる

2ヶ月、または3ヶ月という期間、フィリピン留学をすれば英語の学び方が身につきます。またワーホリの準備留学としてフィリピンを選ぶことも多いようですが、フィリピンの優しい講師のマンツーマンレッスンは、あなたの語学力に合わせて話してくれている、ということを忘れないように。ネイティブの英語はフィリピンの英語に比べると、とても早く感じるはずですから。

長期で検討するならカナダ、オーストラリアも含めて考える

半年、6ヶ月という長い期間、フィリピン留学をお考えなら、カナダやオーストラリア、ニュージーランドの留学もあわせて比較・検討してみてください。

「英語圏で学ぶ英語」と、「英語も使われている国で学ぶ英語」にはどうしても差が出ますから(元留学エージェントとして、長期間留学としてご提案するのであれば、やはりカナダ、ニュージーランドがおすすめです)。

もし、あなたの留学の目的が英語を話す聞く、ではなく、読み書き、英語テストの合格やスコア取得の場合。

全く英語力がない、または英語が大嫌いで勉強してこなかったとしてもフィリピン・セブ留学で、6ヶ月間・半年、本気でマンツーマンレッスン、少人数グループのスパルタレッスンで英語漬けになれば、試験合格、ハイスコア取得も可能。

フィリピン留学は大学生や社会人で大学院進学をお考えの方にもおすすめ、ということになりますね。

英語初級者から中級者、いわゆる語学力、それから目的、英語試験やワーホリなどによっていろいろとおすすめの期間を分けてみましたが、必ずしもその期間、留学する必要はありません。

あくまで、フィリピン留学を検討される際に、こんな風に期間について考えても良いかな、程度にご参照いただければと思います。

留学ランドでご紹介しております留学エージェントなら資料請求、カウンセリング(東京・大阪)も無料、さらには学校手続き費用も無料となっています。

是非一度、カウンセリングにご参加いただき、ご自身が留学に参加できる期間と、その目的が合致しているか、確認してみましょう!