日本の多くの大学で夏休みや春休みを利用した、海外語学留学プログラムが紹介されています。その中には、参加することによって単位として認めてくれる、認定留学もあります。

でも、ちょっと待ってくださいね、必要な費用や内容、確認しましたか?

私は以前、旅行代理店で海外商品の企画担当をしていたときに、大学生の夏休み・春休みの認定プログラムを担当したことがあります。

説明会にも参加して、多くの大学生の方とカウンセリングもしました。

そんな私の経験に基づいて、このページではあなたのためのプログラム、それから注意点をご案内していきます。

大学の認定プログラム、またはご自身で短期や休学、認定での留学をご検討中の大学生のあなた、是非ご一読ください。

知っておくべき、大学生の海外語学留学について、ご案内いたします。

大学生の海外留学は
どのように選ぶべき?

国際化が進む日本では、すでに英語は当たり前、といっても良いほどに求められるスキルのひとつになりました。大学生のあなたが英語や語学がお好きなら良いのですが、決してそうではなく、苦手としている人も少なくはありません。

大学生になってみるとゴールデンウィーク前後、または後期開始後の9月後半から10月にかけ、大学での海外留学に関する説明会が実施されていませんか?

これは、大学生の夏休みや春休みの短期間で語学留学に参加してもらうため、あなたの通う大学側から留学エージェントや旅行代理店を集め、海外で英語を学んでもらおうと企画しているものです。

大学生のあなたやご友人も、留学費用や夏休みや春休みのスケジュール次第で行けるかどうか分からないけど、話は聞いておこうかな、とお考えの方もいらっしゃるはず。

夏休み、または春休みに大学生ができる語学留学には2種類あります。

1つ目は自分で好きな国、都市、学校、コースを選んで参加する留学。

こちらは各留学エージェントが大学内にブースを作って資料配布をしたり、カウンセリング案内をしたりして、ご希望に沿った留学案内をしています。

もう1つの選択肢は、単位認定留学、夏休みや春休みの短期留学ながら、あなたの通う大学が指定するコースに参加して、プログラムを修了することで帰国後、単位として認めるというものです。

大学が企画する夏休み・春休みの語学認定留学とは

短期の語学留学って意味あるの?

人気があるのは夏休みや春休みに実施される、単位認定の短期留学です。でも、元留学エージェントとしてお伝えしておきたい情報があります。

これら大学の単位がもらえる語学留学は、当然ですが同じ大学の学生が集中します。出発日も同じ、留学先に着いたあとも同じ大学の人がいるので安心。

なのですが、だからこそ同じ大学の大学生同士が日本語で固まってしまいがち。短期の語学留学ですから、ただでさえ時間のない上に、ショッピングやお出かけもずっと同じ大学生同士で一緒、なんてことにも。

同じ大学の大学生もいてくれるから安心、とお考えなら良いのですが、英語を学ぶ語学留学として考えると、日本語を話す時間が多いのはあまり感心できません。

それから、大学の単位を認める留学の場合、旅行代理店またはその資格をもった留学エージェントがプログラムを主催、紹介しています。

その方が現地までの往復国際航空券も含まれるので、安心、なのですが…

実はそのプログラム、留学費用が、個人で手続きする語学留学に比べ、かなり割高なんです。

大学側が提示する条件に従い、留学エージェントがプログラムを作成、費用も算出するのですが、そこには留学エージェントの利益も含まれてしまうからなんです。

単位認定であること、それからあなたの通う大学が主体で提供されるプログラムなので、保護者の方がご安心されるのはごもっともなんです。

でも、そこで質問です。貰える単位はあなたにとって本当に必要な単位か、ご確認されましたか?

迷っているなら、カウンセリングを!

あなたの必要とする単位が取得でき、行きたい場所が認定留学の渡航先なら文句なし、選ぶべきプログラムと言えます。

でも、大学生なら、自分の本当に行ってみたいと思っている場所、ありませんか?単位が十分に取れているなら、単位認定、にこだわらなくても良いのでは。

どうしても高くなりがちな認定留学の費用と、一般的な語学留学プログラムの費用を、留学エージェントでのカウンセリングで比べてみましょう。場合によってはびっくりするくらいの費用の差が出てきますから。

短期の語学留学、認定プログラムで選ばれているものは、多くが大学との姉妹提携ではなく、一般にご自分でお申込みが可能な語学学校やカレッジ、大学ばかりですよね?

留学ランドがご案内する留学エージェントなら、手続き手数料無料で語学学校との手続きが可能です。

また国際航空券も、お早めに語学学校の手続きが終われば、エクスペディアなどの比較サイトで安くご購入いただけます。



リーズナブルに、あなた自身が最も望む形での語学留学をするなら、あなた自身で学校、コースを選び、手続きをするのがベストの方法です。

単位認定の留学が悪い、高いだけ、ではないことも忘れないでくださいね、あなたの通う大学の厳しい条件に基づいて選ばれたプログラムであり、何よりかつての私のように大学の単位数がギリギリ、な大学生の方にはぴったりですから。

留学エージェント選びの注意点

留学エージェントは慎重に選ぼう

さて、もしあなたがご自身で行きたい場所や語学学校を選ぼう、と考える場合。

留学エージェントに、あれこれある「留学」の中から希望に近い語学学校、プログラムをピックアップしてもらい、面倒な手続きは手続き費用が無料、でお願いしたいところ。

各学校の申込書にはそんな大した英語は使われていないのですが、やはり見慣れない英文の語学コース申込書でもし間違いがあったら…と考えてしまいますよね。

私が元留学エージェントとして言えることとしては、間違いなく留学エージェントを使っていただいた方が「良策」ということです。

1つは、留学エージェントが語学学校とのやり取りになれていて、万が一記入漏れがあっても、必ず途中でどちらかが気付きます。

もう1つは個人で語学学校に申し込みをした場合、なかなか返事がもらえない、ということがが少なくありません。

無料メールアカウントなどから送信すると、語学学校側には迷惑メールとして届き、いつまで経っても何の音沙汰もないまま。

大学生として日々の勉強や友達との付き合いなどで申込書を送りはしたものの、返事がないまま時間が過ぎ、ギリギリになって再度確認。

学校からの回答は、初めてメールを確認したけど、もう滞在先がいっぱいで場合によっては、希望した期間に留学が出来なくなってしまうことも。

時間に余裕を持ち、いざとなったら現地に電話連絡できる!というのであれば問題はありません。

しかし、初めての留学の場合には、留学エージェントをご利用いただき、期日までに書類を揃えた方が良いです。

インターネットで検索していると、「語学留学の手続きなんてカンタン!」、「留学エージェントを使うべきではなかった!」というご意見もありますが、それは言い方を変えれば「留学エージェントを使って無事、留学は終わったけど、今思えばそんなに大変ではなかった」ということです。

元留学エージェントとして言わせていただけるとすれば、手続きや書類作成は知識さえあれば問題なくスムーズに終わります。

ですが、大学生の方であっても、何も知らない初めての留学手続きをインターネットの知識だけで進めるのは、今ご紹介した学校が気づかないなどのリスクを伴います。

無料のエージェントにも費用に差があります

留学エージェントをご利用いただきたいと思うのですが、ご注意いただきたいのが、「手続き無料」の留学エージェントについて。

同じ「手続き手数料が無料」の留学エージェントであっても、実際に提示される語学留学のための費用に差が出ることがあります。

まず、2、3の手続き無料留学エージェントにお見積りの依頼をしてみましょう。

それぞれの見積書の費用内訳を見ると、確かに手続き手数料は無料、なのですが日本円での請求額で大きな差が出ることがあります。その理由が何か、おわかりでしょうか?

正解は、「外貨換算レート」です。

多くの語学学校、カレッジや大学のプログラム費用は現地通貨建て、留学エージェントへの日本円での支払いとなります。

ですから、各エージェントの外貨換算レートがいくらになるかで、費用の差が生まれてしまうんですね。

場合によっては、リスクヘッジ(為替変動で動いた場合の差額を見込む)のため、5円~10円違うこともあります。

え?たったの5円?そのくらいならいいじゃん気にしなくて、と思うかもしれません。

そこで、仮に留学費用が短期でUS$5,000だったとしましょう。この場合、5円の差額があったらいくらの差額はいくらになるでしょうか?

正解は25,000円、これだけあれば留学中に2回か3回は、クラスメートと有料アクティビティに参加できますよ。

留学カウンセラーとの相性と質、たとえば質問したことをごまかさず的確に回答してもらえるか、また仮に知らない点であっても、後から迅速に正しい案内をしてくれるかどうか。

どのような換算レートを使っているか、また留学カウンセラーの質が確かかどうかで留学エージェントを選ぶようにしましょう。

質問しても2、3日くらい平気で放置された、申込を無理に急かされたなどの場合は、違う留学エージェントに確かめるというのも1つの手段です。

大学生の短期留学に意味はあるのか

短期留学でも学べることはある

大学生の短期留学のみに限ったことではないのですが、カウンセリングをしていると1ヶ月や2ヶ月の語学留学って語学勉強としての意味はないですよね?と質問を受けることが多くありました。

語学力そのものが身につくのか、という質問であれば答えは「ノー」。

でも、ネイティブの話すスピードや、お店での簡単な挨拶、ホームステイならホストファミリーとの会話、これらの体験は、もっと語学を学びたいという強いモチベーションにつながります。

「語学力は短期じゃ伸びないから留学は行く意味がない」、と思って留学に行かないなら、何も伸びません。

短期留学でも得られるものはたくさんあります。

語学留学の経験者あるあるですが…語学学校のプログラムに参加した場合。日本人の場合、クラス分けテストの結果、中南米、中国からの留学生が同じクラスにいることが多いです。

最初のレッスンで自己紹介などがあると、彼らはものすごくよく喋ります。初めての留学だと「なんでこんなに話せる人が同じクラスにいるのか」と思ってしまうほど。

でも実は、彼らの話す言語は母国語混じり、単語も間違いだらけ、ということに1週間か2週間くらいすると気付きます。

ですが、間違っていても話そうとすることで貪欲に語学力を身に着けようとしている彼らは正しいんです。

日本人は自分の間違いが気になりすぎてあまり積極的に発言しません。

大学生であっても、同じキャンパスに英語圏の留学生がいたとして、英語で話しかけますか?話しかけられれば英語で返すものの、自分から積極的に話そうとしている人はそう多くないですよね?

短期の語学留学で、たとえ単語の羅列でも、英語が間違っていても、とにかく「英語で話す」ことの大切さに気付けることは、語学を学ぶ上での大きな成長なのではないでしょうか。

短期の語学留学でも、時間とお金が許すのであれば是非、海外に留学してみましょう、それがキッカケで海外にたくさん友達もできる可能性もあります。

さらには休学、長期1年留学をしよう、という気持ちが生まれてくる可能性もあります。

ではその休学、長期留学を検討している場合は何をどう準備すべきか、考えてみましょう。

休学を利用した
長期語学留学を
大学生がするなら

長期なら交換や認定という方法も

休学して留学をする場合、留年覚悟だと思っている大学生の方はいませんか?

ご安心を、きちんと準備をして留学すれば、大学を留年することなく留学することができますよ。

姉妹提携校との交換留学

基礎教養を学ぶ1、2年生のうちは厳しいかもしれません(大学のカリキュラムにもよります)。
しかし、あなたが大学3年生になってある程度、必要な単位を取得しているなら、大学にも交換留学という長期留学のチャンスがあるはずです。

交換留学の場合には大学での成績平均点(Grade Point Average,GPAと呼ばれます)が平均以上、さらに高い語学力(TOEFLiBT80以上、IELTS6.0以上など)を有していることが条件になっていますよね。

なぜなら、この交換留学は語学留学ではなく、現地の大学で実際に単位を取得するため、講義に参加する留学だからです。

語学を学ぶ留学で認定してもらう

語学力がないから語学留学したい、その場合にはまず、できるだけ早めに留学準備を始めることからスタートしましょう。

大学指定の学校ではなく、語学留学であっても、長期で海外留学をする場合、大学によっては単位として認めてくれる日本の大学もあります。

もし、休学を踏まえた長期留学を考えるているのであれば、何よりまず、語学の勉強を始めましょう。留学してからでも、もちろん身につく語学力ですが、出発前に勉強をしておくと、現地での生活がぐっと楽しく、充実したものになり、選択肢がぐっと広げられるようにもなります。

語学学校であれば、一般英語プログラムだけでなく、TOEFLやIELTSといった試験対策コース、ビジネスの基礎を学ぶビジネス英語への参加が可能に。

コミュニティカレッジ(コミカレ)や大学などの高等教育機関では、現地の基礎教養科目や、職業に関する基礎プログラムを受講できます。

語学が身につけばコミカレ、大学も視野に

語学学校に参加しているのは留学生のみですが、コミカレや大学には現地学生がいるので、ネイティブと友達になれる、またとないチャンスです。

日本出発前にある程度の語学力があって、現地留学中にさらに語学力がアップすれば、コミカレや大学で学べる可能性が出てきます。

コミカレ、大学で1学期だけの受講だったとしても、単位が取得できれば、消えるということはありません(科目・コースが学校からなくなれば別です)。

たとえば、大学生の間にアメリカで英語コースを半年、残りの半年をコミカレでビジネスの基礎を学んだとします。

日本で大学を卒業、就職したものの、やはり英語を使った仕事をしたい、という場合に同じコミカレに戻ってビジネスの準学士号(アソシエート、短大卒資格です)を取れば、OPTと呼ばれる就労許可を得ることができ、最長1年、アメリカで働くことができます。

英語で取得した準学士号、それからアメリカでの1年のキャリアがあれば、日本に帰国して英語を使った仕事を見つけられる可能性がぐっと高くなりますよね。

目指せ有名大学エクステンションプログラム

コミカレや大学の他に、日本の大学生に人気があるのがアメリカ、カリフォルニア州のUC、カリフォルニア大学エクステンションです。

世界大学ランキングに名を連ねる大学が、現地社会人や留学生のために英語コースやビジネスコースを提供しています。

UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)、UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)のビジネス基礎コースは大学2年次を修了、かつ英語力があれば参加可能。

求められる英語力についても難解なTOEFLiBTではなく、TOEICスコアでも出願OK。

より高度な英語力、さらに日本で通っている大学の成績に自信がある(高い成績平均点が必要です)なら、UCB、カリフォルニア大学バークレー校のディプロマプログラムがおすすめ。

ただし、こちらはTOEFLiBTスコア(79以上)での英語力証明が必要となります。

その他にも同じカリフォルニア州のCSU、カリフォルニア州立大学各キャンパスでは、大学単位履修プログラムを実施。

日本で通っている大学に単位認定申請をする際場合、「カレッジレベルは認めない」という大学もありますが、4年制大学で単位履修できるのであれば問題ありません。

夏休みや春休みの短期の語学留学に参加した後、休学や長期での留学をお考えになったら、あらためて語学、英語の勉強に取り組みましょう。

勉強するクセがつくことも大切ですが、語学力さえあれば、思わぬ選択肢が出てきますから。

大学生が休学して
ワーホリってどうですか?

休学してワーホリ、って実際どう?

さて最後に、補足として、お金がないけど海外で勉強したい、だから休学してワーキングホリデーを利用して渡航しようと思います、という大学生の方とのカウンセリングについてご案内をいたします。

数回、そうしたカウンセリングがありましたが、私はその都度、「語学力がなければ厳しい、まずは語学留学を。」と伝えていました。

大学生の今だからワーホリでもいい、とにかく海外で暮らしてみたいという気持ちは痛いほどわかります。

でも、ちょっと具体例で考えてみましょうか。

カナダから、日本語が話せない大学生が来たとします。そのカナダの大学生が日本の会社で働いてみたいと面接に申し込むものの、日本語が話せないので話にならず。

落ち込むカナダ人大学生、でも仕事は探さないと生活していくお金に困ると、日本語ができなくても働ける仕事探しを開始。

同じくカナダから来ていた他の大学生に、英語だけでも働けるレストランを紹介してもらいました。

日本語ができないため、大学生の仕事はもっぱら皿洗い。アルバイトが終わって日本語を勉強しようにも、慣れない海外生活ということもあいまって眠くてしょうがないカナダ人大学生。

アルバイト先と滞在先の往復を繰り返しているうちに、あっと言う間にカナダ人大学生の日本滞在は終わりを告げます。

さてここで問題です。果たしてこの大学生の日本滞在は有意義だったのでしょうか?

日本語で簡単な挨拶くらいは出来るかもしれませんが、話せる、というレベルには遠く及びません。

全く同じことが、英語の勉強が不十分なままカナダへワーホリで渡る、日本人の大学生にも起こり得ます。

英語ができずカナダやオーストラリア、ニュージーランドなどのワーホリが可能な国へ渡航すると、選べる仕事は日本食レストランや日本人相手のお土産屋さん、または旅行代理店のガイド(これまた日本人相手)などです。

大学生のうちにワーホリ、帰国後に就職活動をするとデメリットになる、という話を聞いたことはありませんか?(インターネット検索をするとすぐ出てきます)なぜ海外で生活することが就職活動で不利になのか。

大学生が英語の準備もせず海外に渡り、現地では語学の勉強もほとんどせずアルバイト三昧。帰国後、英語力の確認にTOEICを受験したら、100くらいスコアがアップしただけ。

企業の人から見ると、1年という時間をかけて、語学力さえ伸ばせない大学生、と思われてしまうことになってしまいます。

もちろん、大学生の方でも、ワーホリ利用にあたって語学力をしっかりと磨き、現地でコネクションを作ったり、語学を活かした仕事を経験、就職活動に有利になる人もいらっしゃいます。

もしあなたが大学生で、英語力がないけど、休学して海外で暮せばなんとかなるさ!と思っているのであれば、是非一度、留学ランドでカウンセリングに参加してみましょう(カウンセリングから学校手続きまで無料です!)。

ワーホリでの出発に向け、しっかりとした準備のためにより細かなお話を聞くことができます。