All posts in アメリカ

ハワイ留学

ハワイ ハワイsp

ハワイ留学の人気は衰え知らず、気になる費用をチェック!

もしあなたがハワイへの留学をお考えなら、他のどんな都市をすすめられても、その決意が揺らぐことはないでしょう。ご両親に夏休みに連れて行ってもらって大好きになってしまった、またはご両親に海外進学したいと相談したら、ハワイなら許可が出た、など色々な理由で南国のパラダイスは留学先に選ばれています。

小さなお子様との親子ご一緒のご参加、中学生、高校生の夏や冬、春のジュニアプログラム、それからコミュニティカレッジからの大学編入をする進学まで、対象年齢問わず、さまざまなニーズにも対応可能。

そんな大人気のハワイ留学、注意すべき点もあるので、このページでしっかりチェックしておきましょう!

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

ハワイ留学は誰にとっても魅力的!

夏休みや年末年始の旅行先として大人気のハワイは、一度行くと誰でも魅了されてしまうもの。過ごしやすく快適な気候、美しい海と自然。街に出ればショッピングだって楽しむことができる、そんなハワイで英語を学びたいと思うあなたへ、留学先としての観点からいくつかご案内をさせていただければと思います。

ハワイでの語学学校の選び方や、進学留学する場合の注意点、さらには出発前の準備で気をつけるべきポイントを紹介していきますね。

ハワイ留学での語学学校の選び方

語学学校を選ぶ際、注目せざるを得ないのは日本人比率、ハワイの語学学校は本当に日本からの留学生が多いです。語学学校側も、国籍制限を設けて対応をしています、くれぐれも注意しましょう。

もう一つ、ハワイへの語学留学で学校選びに必ずしておきたいのが、費用比較。学校によってびっくりするほど留学費用の差が出ます。でも、安い学校には安い理由がちゃんとあり、その点を正しく把握して選ばなければ、現地に着いて学校がスタートしたときに「え、イメージと違う」、では遅すぎますから。

それからロケーションも気をつけたいですね。せっかくならビーチ近くが良いです、とおっしゃる方もいらっしゃれば、お買い物に便利なアラモアナショッピングセンター近くが良い、という方も。学校がどのあたりにあるかも確認しておくようにしましょう。

人気のあるハワイだからこそ、留学エージェントの存在意義があると思いますよ。留学ランドで紹介している留学エージェントなら、ご相談からお手続きまで、無料でご案内可能です。費用のお見積りなど是非、ご利用いただければと思います。

進学先として選ぶなら

進学のためにハワイを選ぶ場合、アメリカ本土と同様、コミカレと大学がありますが、多くはコミカレからのスタートとなっています。中でも大人気なのがカピオラニコミュニティカレッジ、ダイヤモンドヘッドの麓にあるコミカレで非常に親切な日本人スタッフさんがいることもあり、保護者の方も安心して送り出すことができるため。

その他にもパールハーバーを超えた先の静かなパールシティにあるリーワードコミュニティカレッジも大学進学のため集中して勉強したいという学生の方に人気がありますね。

ご注意いただきたいのは、カピオラニコミュニティカレッジは他のコミカレ同様、英語コースからカレッジコースへ進むことが可能なんですが、英語コースへの参加に規定の英語力が求められます、くれぐれもお忘れなきよう、事前にしっかり語学力を身につけておくようにしましょう。

ハワイ留学の事前準備で注意すべきこと

ハワイはご存知の通り、アメリカの州の1つ。すなわち、留学のためのビザルールはアメリカのそれと同じです。語学学校の午前または午後だけの半日コースへの参加なら学生ビザ不要、事前に電子渡航認証ESTAの手続きを済ませておくだけ。

ですが週あたり18時間以上、午前・午後ともレッスンのコースに参加、または90日以上の留学なら学生ビザの申請が必要となります。

ハワイだから学生ビザの審査が厳しくなる、というわけではないのですが、ハワイ留学を希望する方の多くが、ハワイを含むアメリカ渡航歴をお持ちの方が多いです。

もしあなたが、ハワイを含む、アメリカ滞在履歴として観光目的として1ヶ月~3ヶ月の滞在がある場合、要注意。学生ビザの審査がより厳しくなります。もし30日~90日間のESTAによる滞在経験がある場合、かなり厳しいものと言わざるを得ません。

該当する場合には、できる限り一度、留学エージェントにご相談を。対処をしても学生ビザが却下されてしまうことはありますが、何もせずそのまま普通に申請をするよりも可能性はぐっと良くなるはずです(こればかりはアメリカという国の判断なので断言はできません、あしからずご了承くださいませ)。

以上のようなご注意いただく点もありますが、快適に楽しく英語を身につけることのできるハワイ留学。
しっかりと語学力を上げ、コミカレ・大学進学を目指し、スキルアップを計っていきましょう!

ハワイ留学の基本情報
失敗しない楽しいハワイ留学を目指そう!

ハワイの基本情報

都市概要

南国の島ハワイは、正確にはオアフ島やハワイ島、マウイ島などの島々を指し、ハワイ州というアメリカの州の1つでもあります。オアフ島の州都、ホノルルには毎年、多くの観光客が押し寄せ、大変な賑わいを見せています。語学学校もホノルルに多く、コミカレ、大学もアクセスの良い場所にあります。

→ハワイ留学をもっと知るならこちら

治安について

治安が良いと言われているハワイへの留学ですが、やはり人があつまる場所では要注意。置き引きやスリに合わないよう、快適で日本語さえ通じることのある場所とはいえ、日本ではなく海外にいるということに注意するようにしましょう。生活に慣れ始める頃が一番、危険です、要注意を。

→ハワイの治安を調べてみる

費用

残念ながらハワイは観光地ということもあって滞在費用が安くはありません。とはいえホームステイであれば比較的リーズナブル、週US$300~といったところ。レジデンスも運が良ければリーズナブルなものに空室がありますが、学生が賑やかすぎるとのお話もあるのでよくよく選びましょう。

→ハワイの生活費を詳しく知りたいなら

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

ロサンゼルス人気の学校はここだ!
あなたの目的に合った最適な学校を見つけよう

第1位

グローバルヴィレッジハワイ校

おすすめポイント

英語+アクティビティ
アメリカ、カナダに校舎
日本人比率低い

学校詳細

第2位

インターカルチュラルコミュニケーションカレッジ

おすすめポイント

厳しい英語ポリシー
日本人スタッフ有
同一国籍比率制限有り

学校詳細

第3位

アカデミアランゲージスクール

おすすめポイント

リーズナブルな学費
独自のスケジュールプラン
ショッピングセンター目の前

ごめんなさい準備中です

第4位

セントラルパシフィックカレッジ

おすすめポイント

コミカレ条件付き入学可
日本人スタッフ有
ショッピングエリア中心部

ごめんなさい準備中です

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載


アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス
ニューヨーク留学
サンフランシスコ留学
ボストン留学
シカゴ留学
サンディエゴ留学
シアトル留学
マイアミ留学
ポートランド留学
その他の都市

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗

アメリカのその他の都市への留学

アメリカのその他の都市への留学 アメリカのその他の都市への留学sp

アメリカには留学できる都市がたくさんあります!

アメリカで人気の留学先を都市別に紹介してきましたが、他にもまだまだ魅力的な留学先はたくさんあります。

目的や期間、もちろん予算も含めて留学先はよく調べた上で決めることになりますよね。

希望する都市にある学校を見てみたけど、いまいちだった場合はその他の都市の語学学校も是非、見比べてみましょう、こんなところにも留学できるんだ、という発見があなたを待っています。

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

アメリカのその他の都市にある学校を見比べてみよう

日本人がアメリカ留学を考えるときに、人気なのが西海岸、ロサンゼルスやサンフランシスコと東海岸のニューヨークです。

でも、西から東の間も非常に広く、当然ながらたくさんの都市があります。

大きな都市よりも規模の小さい都市が増えますが、留学できるカレッジや大学、語学学校はあります。日本人が少ない学校を求める場合、それから留学費用を抑えたい場合などは一度、チェックしてみましょう。

まだまだ隠されたアメリカ留学の魅力がきっと、そこにあるはずですから。

アメリカその他の都市への留学に関する基本情報
失敗しない最高のアメリカその他の都市への留学を目指しましょう!

アメリカその他の都市の基本情報

都市概要

アメリカは非常に広い国です。留学ランドで紹介している主要都市以外にも、人気の都市はたくさんあり、それぞれに語学学校やカレッジなどがあります。

もっとも大切なのはあなたの希望に沿う場所、学校やコースを探し出すことです。

治安について

アメリカは州、都市、さらに地域で治安もさまざま、治安が良い都市であっても、近寄るべきではない地域はあります。

トラブルに巻き込まれないように、語学学校で最初に行われるオリエンテーションでスタッフからの話をよく聞くよう心がけましょう。

費用

ポ留学は学校で勉強する授業料の他に、生活していくための滞在費、食費、更に季節ごとに衣類も必要になるでしょう。

州によって税金が違うこともあるので予め知っておくと良いですね。基本的には田舎に行けば、滞在費、食費とも抑えることができます。

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

アメリカその他の都市の語学学校、一覧にしてあります。
あなたの目的に合った最適な学校を見つけましょう。

第1位

ELCIモンマス校

おすすめポイント

アットホームな学校
ホームステイの評価高い
大学に隣接

ごめんなさい準備中です

第2位

FLSチェストナットヒルカレッジ校

おすすめポイント

大学オンキャンパス
日本人比率低め
自然の中静に学べます

学校詳細

第3位

ECワシントン校

おすすめポイント

学生さんや20代に人気
世界展開をする語学学校
ホワイトハウス徒歩10分

ごめんなさい準備中です

第4位

ELCIアルバニー校

おすすめポイント

カレッジオンキャンパス
アットホームな雰囲気
費用がリーズナブル

ごめんなさい準備中です

第5位

FLSセントピーターズ大学校

おすすめポイント

大学オンキャンパス
進学プログラムが人気
マンハッタンまで1時間弱

学校詳細

第6位

KAPLANサンタバーバラ校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
美しいビーチが近いです

ごめんなさい準備中です

第7位

KAPLANワシントンDC校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
ホワイトハウス徒歩10分

ごめんなさい準備中です

第8位

TALKアトランタ校

おすすめポイント

会話力に重きを置く
アメリカに7つの校舎有り
ミッドタウン中心部

ごめんなさい準備中です

第9位

KAPLANフィラデルフィア校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
街の中心部にあります

ごめんなさい準備中です

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載


アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス留学
ニューヨーク留学
サンフランシスコ留学
ボストン留学
シカゴ留学
サンディエゴ留学
シアトル留学
マイアミ留学
ポートランド留学
ハワイ留学

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗

ポートランド留学

ポートランド留学 ポートランド留学sp

ポートランド留学なら英語の勉強に集中できます

オレゴン州ポートランド、と言ってもすぐにどこにあるか、イメージできる人の方が少ないかもしれません。

西海岸、シアトルのあるワシントン州と、ロサンゼルスのあるカリフォルニア州に挟まれているのがオレゴン州です。

アメリカに留学するのに、費用面でお悩みのあなた、ポートランド留学はすでに検討されましたか?特に長期、大学進学などを含む場合には、費用がかさむ一方。語学力アップのためなら、ポートランド留学、おすすめです。

アメリカでも治安の良さはもちろん、交通インフラが整い、生活しやすく、静かに勉強に集中できますよ。

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

ポートランド留学が注目される理由はこれだ

オレゴン州ポートランドを留学先に選ぶ理由ですが、まず、オレゴン州には消費税がありません。

これは留学中の生活費用に直結しますね、長期留学の場合にはかなり嬉しいもの。

また、そもそも学校費用や滞在費用が大都市であるロサンゼルス、ニューヨークなどに比べ安いのも大きな魅力。

長期となるコミカレや大学への進学をお考えの場合で、もし英語力がまだまだ不足しているなあ、と感じているあなた。語学力アップのための留学なら、大都市である必要はありません。

オレゴン州ポートランドでまず、目標の語学力を目指して英語を磨きましょう。語学学校での滞在方法ですが、都市部に比べると、オレゴン州の人は親切な方が多いようです(もちろん、どうしても当たり外れあります)。

最初の2ヶ月から3ヶ月はホームステイをしながら、ホストファミリーの活きた英語で語学力を上げつつ、シェアアパートなどを探してみてはいかがでしょうか。

もちろん、短期間の留学であっても費用が抑えられるのは同じ。

長期で英語を学ぶ前に、アメリカの雰囲気、語学学校ってどんなものか感じてみたい、という場合にもポートランドであれば費用を抑えられます。

費用のことばかりになってしまっていますが、ポートランドはアメリカでも屈指の暮らしやすい、住みやすい街でもあります。

自然に囲まれた環境の下、のんびりと英語を学ぶのに最適な場所。

是非、ポートランドも渡航先の候補としてご検討いただければと思います。

ポートランド留学の基本情報
失敗しない最高のポートランド留学を目指しましょう!

ポートランドの基本情報

都市概要

ポートランドはアメリカにおいて暮らしやすい街として非常に高い評価を受けています。

交通インフラも整っており、車がなくても生活できる都市です。消費税がないので、長期進学留学を目指す場合には留学費用を抑えることができるのも嬉しいですね。

→ポートランドについて詳しく知りたい

治安について

ポートランドはアメリカでも住みやすい街として知られており、治安は良い部類に入ります。

殺人などの重犯罪件数は少ない一方で軽犯罪の数はそこまで少なくありません。置き引きやスリなどに十分に注意し、治安の良さに慣れてしまわないようにしましょう。

→ポートランドでも治安は心配すべき?調べてみた

費用

ポートランドで滞在方法としてホームステイを選ばれる場合は週250ドル、学生寮なら週400ドルとアメリカの他都市に比べ非常にリーズナブル。

さらに、ポートランドのあるオレゴン州は消費税がありません、生活用品を安く購入できるのも嬉しいところ。

→ポートランドの具体的な生活費を知りたい!

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

ポートランドの語学学校選びならこの中から。
あなたの目的に合った最適な学校を見つけよう

第1位

KAPLANポートランド校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
ダウンタウン中心部

ごめんなさい準備中です

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載


アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス留学
ニューヨーク留学
サンフランシスコ留学
ボストン留学
シカゴ留学
サンディエゴ留学
シアトル留学
マイアミ留学
ハワイ留学
その他の都市

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗

マイアミ留学

マイアミ留学 マイアミ留学sp

アメリカ人にとってもリゾートであるマイアミ留学を考える

フロリダ州マイアミは、とても綺麗なビーチ、それから冬でも寒くならない温暖な気候から、留学生にも人気のある都市です。

長らく治安に心配があった都市だったものの、近年は犯罪率も下がってきています。

とはいえ、やはりまだ危険な地域があるので、近寄らないように、と学校のスタッフに促されたところには近づいてはいけません。

ルールを守っていれば、フロリダ、マイアミならではの楽しい留学になること間違いなしです。

フロリダにはその他、オーランドにディズニーワールドがあり、せっかくフロリダに来たのであれば、バスなどを利用して訪問してみましょう。

語学学校のアクティビティの一部として実施される可能性も、マイアミ留学ならではのお楽しみですね。

マイアミ留学でしっかり英語を学びましょう!

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

マイアミ留学を選ぶ、3つの理由

アメリカ留学をするのに、マイアミを選ぶには3つの大きな理由が挙げられます。

まずその1は、リゾート地であることですね。サーフィンなどのマリンスポーツが好きなら、マイアミ留学は非常に魅力的な留学先になりますよね。

その他別にマリンスポーツが大好きだけど、海は眺めるだけでいい、という人にもおすすめ。サーフィンを楽しみながら、学校ではしっかり英語を学ぶことができます。

理由その2は、日本人比率の低さ。マイアミで英語を学ぼうという日本人は、夏休みや冬休みはそれでも多くの日本人留学生がいることもありますが、通年、他の都市に比べ日本からの留学生が少なめ。

どうしても同じ日本人がいると気が抜けてついつい日本語での会話になってしまいがちですが、その問題を回避できますね。

最後の理由その3は、温暖な気候です。アメリカでの留学先として人気の高いニューヨークですが、冬になると場合によっては、寒波で空港が閉鎖になってしまうこともあります。

一方のマイアミは常夏の街。冬場となる12月頃が海に入るのちょうどがちょうど良いくらい。寒さが苦手な方にとっては嬉しい情報ですね。

逆にマイアミ留学をする場合には、治安に関して、よくよく理解しておく必要があります。

突発的な事件に巻き込まれたりしないよう、学校スタッフからの情報に耳を傾け、近寄るべきではないとされる地域には間違って踏み込んだりしなよう心がけましょう。

マイアミ留学の基本情報
失敗しない最高のマイアミ留学を目指しましょう!

マイアミの基本情報

都市概要

美しい海、照りつける太陽、絵に書いたようなリゾート、それがマイアミです。マイアミビーチ、エバーグレーズ国立公園など見どころも満載。

アメリカ屈指のリゾート地、気候も通年暖かい。一方で治安に不安があるので、注意が必要。

→マイアミについて調べてみる

治安について

マイアミはアメリカの中であまり治安のよい部類には含まれない都市です。フロリダで北部から南部に向かう際、オープンカーが少しずつ閉まっていく、と揶揄されたりします。

夜間の外出、単独行動は極力控え、怪しい通りに興味本位で入らないように。

→本当に大丈夫?マイアミの今の治安を見てみる

費用

マイアミはリゾート地ということもあり、滞在費用がやや割高。ホームステイで週300ドル~400ドル、レジデンスに関しては週500ドルから、という金額になります。

カフェやレストランで外食をすると20ドル~30ドル程度は必要、できるだけ節約しましょう。

→マイアミ留学の費用をもっと知りたい

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

マイアミの語学学校ならこの中から選ぼう!
あなたの目的に合った最適な学校を見つけよう

第1位

ECマイアミ校

おすすめポイント

学生さんや20代に人気
世界展開をする語学学校
サウスビーチ中心地

ごめんなさい準備中です

第2位

TALKマイアミ校

おすすめポイント

会話力に重きを置く
アメリカに7つの校舎有り
ブリュッケル地区

ごめんなさい準備中です

第3位

KAPLANマイアミ校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
コーラルゲーブルズ

ごめんなさい準備中です

第4位

TALKマイアミビーチ校

おすすめポイント

会話力に重きを置く
アメリカに7つの校舎有り
サウスビーチ地区

ごめんなさい準備中です

第5位

TALKフォートローダーデール校

おすすめポイント

会話力に重きを置く
アメリカに7つの校舎有り
ショッピングモール向かい

学校詳細

第6位

LALフォートローダーデール校

おすすめポイント

最大12名の少人数制
楽しく学ぶがモットー
学生寮にはプール有

学校詳細

第7位

TALKアヴェンチュラ校

おすすめポイント

会話力に重きを置く
アメリカに7つの校舎有り
ショッピングモール目の前

ごめんなさい準備中です

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載


アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス留学
ニューヨーク留学
サンフランシスコ留学
ボストン留学
シカゴ留学
サンディエゴ留学
シアトル留学
ポートランド留学
ハワイ留学
その他の都市

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗

シアトル留学

シアトル留学 シアトル留学sp

シアトル留学、まずは街を良く知ろう!

シアトル、と聞いて何をイメージしますか?

コーヒー、と思う人もいれば、アマゾンやマイクロソフトなどの大企業、はたまた音楽と応える人もいるでしょう。それくらいいろいろな魅力が詰まった街ですから。

短期間だけのシアトル留学でも、古き良き時代のアメリカの雰囲気を味わうことができますし、長期留学であれば中心部から近郊にかけ、多くあるコミカレ、さらにはその先に大学進学をお考えになる場合にも非常に人気の高い都市です。

語学学校、コミカレや大学の英語コースでも勉強することができ、さらに言えば名門ワシントン大学だとエクステンションもあるので、大学生や社会人の方のキャリアアップのためにシアトル留学をすることも可能です。

雨が多いシアトルですが、留学先として魅力的、おすすめの都市です。

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

シアトル留学を選ぶためのポイントを挙げてみる

シアトルの街にはいろいろなものがあります。

パイクプレイスマーケットでは、入り口で生魚が飛び交い(パフォーマンスです)、その他生花なども販売、お向かいにはみなさんご存知、スターバックスコーヒー1号店(焼失したので正しくは2号店)もありたくさんの観光客、留学生や現地の人で混雑しています。

その他、シアトルは大企業アマゾンやマイクロソフト、コストコにボーイングといった誰でも耳にしたことのある会社の本社が置かれています。

それからシアトルにはコミカレがダウンタウン、近郊、その他離れた場所を含め多く、名門大学、ワシントン大学への編入を目指して勉強している学生さんが多くいる都市でもあります。

音楽がお好きな方なら、グランジの発祥の地としても有名ですね。それから美味しいポップコーン、ククルザもシアトルからスタートしています。

スポーツならイチロー選手のいたマリナーズの本拠地。様々な分野で魅力に溢れた都市だとわかります。

ひとつ、そんなシアトル留学で中止しなければならないのは、雨。

夏、7月~9月にかけてはカラっと快晴が多いのですが、それ以外は雨の多い場所。雨が多いといっても降水量が多い、というのではなく、とにかくシトシト、雨の降る日が多い、ということです。とはいえ、雨が降ったなら近くのカフェで美味しいコーヒーを飲みながら勉強をしたり本を読んで過ごしたりもできますね。

シアトル留学は語学留学だけでなく、進学留学にも人気があるお話をしましたが、ワシントン州のコミカレ、大学は4学期制の学校がほとんど、なので入学タイミングが多いことは、日本の高校を卒業してアメリカへ留学、または大学生で学期休学をして留学する場合にも嬉しいもの。

しっかり事前準備をして、出発しましょう!

シアトル留学の基本情報
失敗しない最高のシアトル留学を目指しましょう!

シアトルの基本情報

都市概要

シアトルのダウンタウンにはスペースニードルという大きなタワーがあり、そこから徒歩でパイクプレイスマーケットへ行くことができます。

広すぎないちょうどよい広さの街には、シアトルセントラルカレッジやシアトル大学、ワシントン大学があります。

→シアトルの都市情報を詳しく

治安について

シアトルはアメリカ国内では治安の良い都市と言えます。有名企業が多く、比較的な裕福な人が多いこともその理由でしょう。

とはいっても日本とは違います。夜間に出歩けば危険は伴いますし、カフェで席取りに荷物を置いておく、などは絶対出来ません。

→シアトルの治安をもっと知りたい

費用

シアトルのダウンタウンにある学校でホームステイをする場合には週250ドル、通学には1時間はみておくべきです。

レジデンスであれば週450ドルから。長期留学する場合にはカレッジ、大学が多いのでシェアルームできるパートナーが見つかりやすいですね。

→シアトルの生活費をもうちょっと掘り下げてみる

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

厳選!シアトルの語学学校はこの中から選びましょう!
あなたの目的に合った最適な学校を見つけよう

第1位

KAPLANハイラインカレッジ校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
カレッジオンキャンパス

ごめんなさい準備中です

第2位

KAPLANシアトルダウンタウン校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
ダウンタウン中心部です

ごめんなさい準備中です

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載


アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス留学
ニューヨーク留学
サンフランシスコ留学
ボストン留学
シカゴ留学
サンディエゴ留学
マイアミ留学
ポートランド留学
ハワイ留学
その他の都市

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗

サンディエゴ留学

サンディエゴ留学 サンディエゴ留学sp

過ごしやすくて
安全、しかも
リーズナブルな
サンディエゴ留学

アメリカ、カリフォルニアで留学を検討している場合、ほとんどの場合、ロサンゼルス、またはサンフランシスコで検討していらっしゃることが多いです。

実はどちらの都市も、楽しくてたくさんのことを学べるんですが、費用がやや高め。特に滞在費用がアメリカでもかなり高い部類になっています。

そこで、サンディエゴ留学の登場です。

費用を抑え、ロサンゼルスなら週末に遊びにも行けること、さらにサンフランシスコって実は冬ちゃんと気温が下がります。

でもサンディエゴは冬でも過ごしやすいことなどが分かると渡航先を変更されることもあります。

気候の良さ、費用を抑えられるほか、大学エクステンションも選べるサンディエゴ留学、一度覗いてみませんか?

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

サンディエゴ留学
ならではの
おすすめをご紹介

アメリカでも比較的治安が良く、過ごしやすい気候であるサンディエゴ。語学学校もかなりの数があり、多くの留学生が英語の勉強をしています。

どの学校もいろいろな特徴があり、コースも含めてなかなか決めづらいところなんですが、実はロケーションであったり、滞在方法、それから滞在期間によってある程度は限られてきます。

でも、学校選択を間違えると予定が台無しになることも。

具体的には、学校によって半日コースに参加する場合、レッスンが午前中になるか、午後になるかわからないところもあります(さらには月曜日は午前、火曜日は午後、などのパターンも)。

こうしたことが起こらないよう、必ず一度、留学ランドの紹介しておりますエージェントにお問い合わせを、資料請求やカウンセリングは当然、無料です。

サンディエゴには語学学校もたくさんありますが、大学も多く、そのうちいくつかの大学では、大学生、社会人を対象に様々なサティフィケートプログラムを提供しています。

具体例でいえば、一番有名なUCSD、カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンションでビジネスサティフィケートを受講可能。

ご参加には中級以上の英語力が求められますが、キャリアアップに向けてビジネスの基礎を英語で学ぶことができる、それもUCSDで、となればその意味合いも大きいですよね。

その他、語学学校も一般英語だけではなく、ビジネス英語や、TOEFL/IELTS対策、無給インターンなども提供、あなたがサンディエゴでしてみたいことをお伝えいただければ、きっと希望に沿った答えが見つかるはずです。

ロサンゼルスやサンフランシスコに比べ、サンディエゴは費用を抑えての長期留学も可能、学校、コースを決めて、じっくりとお見積りを比較しながら、どこに留学するか、決めていきましょう。

中学生、高校生の方には、夏休みや春休みに大学キャンパスを利用した、ジュニアプログラムがサンディエゴでも実施されます。

サンディエゴ留学で英語力、それから英語に対する向学心を身につけて、将来、大学進学を目指す留学として戻れると良いですね。

サンディエゴ留学の基本情報
失敗しない最高の
サンディエゴ留学を
目指しましょう!

サンディエゴの基本情報

都市概要

サンディエゴは美しいビーチもあることから、マリンスポーツ好きな方にも人気の留学先。ビーチを散歩するだけでも癒やされますよね。

その他、カリフォルニア大学サンディエゴ校や、サンディエゴ州立大学といった有名大学もある街です。

→サンディエゴ留学がおすすめな理由

治安について

ロサンゼルスやサンフランシスコほどに治安が悪いわけではなく、むしろ全米でも治安が良い部類に入るサンディエゴ。

とはいえ、残念ながら危険な地域もあります、学校スタッフから説明されるそういった場所には近づかないようにしましょう。

→サンディエゴって本当に大丈夫?

費用

サンディエゴでの滞在に関してはホームステイなら280ドル前後、レジデンスは400ドルから、豪華なコンドミニアムのような滞在も選べるようになっています(費用は別途お問い合わせとなります)。

生活にかかる費用そのものが抑えられるので長期留学向きですね。

→サンディエゴでの生活費を調べてみた?

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

サンディエゴの語学学校なら、この中に希望する学校が見つかる!
あなたの目的に合った最適な学校を見つけよう

第1位

LSIサンディエゴ校

おすすめポイント

アットホームな雰囲気
世界展開をする学校
ダウンタウンまで徒歩10分

学校詳細

第2位

ECサンディエゴ校

おすすめポイント

学生さんや20代に人気
世界展開をする語学学校
高級住宅地ラホヤにある

ごめんなさい準備中です

第3位

CELサンディエゴ校

おすすめポイント

リーズナブルな学費
最大10人の少人数制
ダウンタウン中心部

学校詳細

第4位

Eurocentresサンディエゴ校

おすすめポイント

長期割引がとてもお得
世界展開をする学校
ダウンタウン中心部

ごめんなさい準備中です

第5位

Embassyサンディエゴ校

おすすめポイント

英語力の成長を保証
世界展開する語学学校
駅まで徒歩数分

学校詳細

第6位

CELパシフィックビーチ校

おすすめポイント

リーズナブルな学費
最大10人の少人数制
数ブロックでビーチです

学校詳細

第7位

StaffordHouseサンディエゴ校

おすすめポイント

ビジネスコースが人気
世界展開をする語学学校
街の中心部にある学校

ごめんなさい準備中です

第8位

KAPLANサンディエゴ校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
ショッピングモールすぐ近く

ごめんなさい準備中です

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載


アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス留学
ニューヨーク留学
サンフランシスコ留学
ボストン留学
シカゴ留学
シアトル留学
マイアミ留学
ポートランド留学
ハワイ留学
その他の都市

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗

シカゴ留学

シカゴ留学 シカゴ留学sp

エージェントでも留学させるならシカゴ?

以前、留学エージェントとして働いていたときに、アメリカで大学を卒業した同僚が言っていたことがあります。

もし、子供ができてアメリカにいかせるならシカゴが良い、と。


カリフォルニアの大学を卒業したその同僚いわく、シカゴは生活に困ることがないとのこと。

交通インフラが整い、大きな都市でありながら、ミシガン湖や緑の多い場所までもそんなに離れていない。

車がなければ非常に不便な南カリフォルニアにいたから、の意見かもしれませんが、その他にもシカゴ留学には魅力があります。

シカゴ留学が選ばれる、その理由を見ていきましょう。

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

シカゴ留学が選ばれる理由を調べてみた

シカゴ留学をご検討いただく前に、簡単にこの街の紹介から始めますね。

シカゴは、ニューヨーク、ロサンゼルスに次いでアメリカという国の中で人口の多い大都市です。

日本人がアメリカへの留学を考えた場合に、東海岸だとニューヨークに目がいってしまいますが…実は留学費用はシカゴの方が抑えることができるのでおすすめなんですよ。

シカゴは音楽の街としても知られ、シカゴ交響楽団、それからブルースやジャズなども有名。あまり聴く機会のなかった音楽を留学中に好きになってしまうかもしれませんね。

それからスポーツはアメフト、野球にサッカー、バスケットボールといずれも一度は生で観戦したいと思うものばかり、なので社会人留学先としても人気があります。

その他、現地までの飛行機に関しても、直行便を選ぶことができて便利。

ただより安く、便利なフライトをご利用いただくためには、やはりお早めのお問い合わせ、ご検討、そしてお手続きが大切です。

留学ランドの無料お問い合わせ、資料請求、それからカウンセリングのご予約を是非、ご利用いただければと思います。

シカゴ留学の基本情報
失敗しない最高のシカゴ留学を目指しましょう!

シカゴの基本情報

都市概要

シカゴは大きな都市部も、美しい自然もある留学先として申し分のない都市です。

シカゴ美術館やシカゴ交響楽団などの芸術も楽しむことができ、アメフト、バスケなどのスポートも盛ん。名門シカゴ大学も忘れてはならない大きな魅力の一つですね。

→シカゴの都市情報をもっと知りたい

治安について

シカゴはアメリカで人口第3位、非常に大きな都市なので治安に関しては、昔に比べると随分改善されたものの、注意しなければならない点があり、絶対に近寄るべきではない地域もあります。

学校スタッフの説明をよく聞いて自分の身を守りましょう。

→シカゴの現在の治安は?調べてみる

費用

シカゴで暮らすためにもしホームステイを選んだ場合、週250~300ドル。レジデンスは滞在方法によって幅がありますが週300ドル~500ドルといったところ。

人が多い分、お部屋が埋まってしまう可能性も高いです、お早めにお手続きを。

→シカゴでの生活費を詳しく知ろう

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

シカゴに留学するなら選ぶべき学校はここだ!
あなたの目的に合った最適な学校を見つけよう

第1位

StaffordHouseシカゴ校

おすすめポイント

ビジネスコースが人気
世界展開をする語学学校
シカゴ美術館徒歩数分

ごめんなさい準備中です

第2位

KAPLANシカゴ校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
ミシガン湖がすぐそこ

ごめんなさい準備中です
<

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載


アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス留学
ニューヨーク留学
サンフランシスコ留学
ボストン留学
サンディエゴ留学
シアトル留学
マイアミ留学
ポートランド留学
ハワイ留学
その他の都市

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗

ボストン留学

ボストン留学 ボストン留学sp

ボストン留学は大学だけでなく、見どころ満載の都市

アメリカ、ボストンへ留学を希望するあなたは、アメリカの歴史に興味がある方でしょうか?

それとも、大学進学を目指し、ボストン留学を選ばれましたか?いずれの理由にせよ、古都ボストンで語学を学びたいという選択、素晴らしいと思います。

もし興味がなくても語学勉強のために、歴史について勉強するのも良いですね。

それではこの街の魅力について調べていきましょう。まずは交通インフラが整っていること。バス、鉄道を利用すれば語学学校までの通学に困ることはまずありません。

もちろん、週末のおでかけにもご利用可能、ニューヨークまで遊びに行けることもボストン留学の大きな魅力。

ニューヨークも留学先として検討していたものの、滞在費などが高くかかりすぎてしまうのでボストン留学を選ぶ、のも良いですね。

絵画がお好きな人にはボストン美術館、アメリカ3大美術館(シカゴ、メトロポリタンとボストン)の一つがあり、欧州印象派の絵画から、エジプトや日本の芸術品も見ることができます。

また、ニューヨークにセントラルパークがあるように、ボストンコモンがあります。

語学学校も周辺にあるので、ランチの休憩や、学校が終わったあとにのんびり過ごすことができますよ。

あとはやはり大学群を紹介しておくべきでしょうね。ハーバード大学は言わずとしれた超名門、世界大学ランキングでも、イギリスのオックスブリッジ(オックスフォード、ケンブリッジ)と並び上位に位置しています。

MIT、マサチューセッツ工科大学やタフツ大学、ボストン大学などの名門校がある、アメリカ屈指の学術都市でもあり、夏休みや春休みには、中学生、高校生を対象としたジュニアプログラムをそれらの大学キャンパス内で実施、大人気を博していますね。

その他にも水族館や、図書館、野球好きにはフェンウェイ・パークなど、魅力いっぱいのこの街にある語学学校を紹介していきたいと思います。

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

ダウンタウン、ボストンコモン、どちらにする?学校選び

ボストンで語学学校を選ぶ場合には、駅近くのファニエル・ホールマーケットプレイス近辺、またはボストンコモンの周辺にある学校、いずれかを選ぶことになります。

駅前にはお洒落なカフェやレストランが並んでいるので、学校のレッスンが終わったらそのままお出かけすることができます。

一方、ボストンコモン周辺の学校であれば、ランチや放課後にゆっくり、緑の中でくつろぐことが可能。駅前までの地下鉄も走っているのでアクセスも非常に便利です。

その他、ハーバード大学近くや、近郊の大学オンキャンパス校などもあり、希望するタイプの語学学校がかならず見つかるはず。

じっくり時間をかけて見比べるためにも、ボストン留学のご検討はお早めにどうぞ、レジデンスが満室になりやすい都市であることもご留意いただければ幸いです。

ボストン留学の基本情報
失敗しない最高のボストン留学を目指しましょう!

ボストンの基本情報

都市概要

ボストンはアメリカで最も歴史のある街。有名なハーバード大学やMIT、タフツ大学といった名門大学も多く、ボストンに暮らす人達はそこで暮らすことに誇りをもっています。

留学生にも大変人気の高い留学先の一つとなっていますね。

→ボストンについて詳しく調べる

治安について

アメリカでも学生都市として知られ、治安が良い街として知られるボストンですが、やはり近づかない方が良い場所もあります。

学校スタッフからも注意があると思いますが、そうした場所に近づかない、夜は出来るだけ出歩かないよう心がけましょう。

→ボストンの治安をもっと知りたい

費用

ボストンは物価が比較的高い街として知られています。滞在費用もホームステイの場合は週300ドル強、マンハッタン郊外と同じくらいです。

レジデンスでも週450ドル強を見込んでおいた方がよいでしょう、それでも満室になりやすいのでご注意を。

→ボストンでの生活はいくら必要?

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

サンフランシスコに留学するならこの語学学校へ!
あなたの目的に合った最適な学校を見つけよう

第1位

FLSボストンコモンズ校

おすすめポイント

ボストンコモンズ目の前
アメリカで進学に強い学校
学校すぐ側に駅あり

学校詳細

第2位

KAPLANハーバードスクエア校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
ハーバード大学目の前

ごめんなさい準備中です

第3位

LSIボストン校

おすすめポイント

アットホームな雰囲気
世界展開をする語学学校
チャイナタウンすぐそば

学校詳細

第4位

KAPLANフェンウェイ校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
ボストン大学そば

ごめんなさい準備中です

第5位

ECボストン校

おすすめポイント

学生さんや20代に人気
世界展開をする語学学校
繁華街中心部に位置

ごめんなさい準備中です

第6位

Kingsボストンパインマナー大学校

おすすめポイント

大学オンキャンパス
世界展開をする語学学校
ドミトリ滞在可能

学校詳細

第7位

StaffordHouseボストン校

おすすめポイント

ビジネスコースが人気
世界展開をする語学学校
ボストンコモンまですぐ

ごめんなさい準備中です

第8位

TALKイングリッシュボストン校

おすすめポイント

会話力に重きを置く
アメリカに7つの校舎有り
港が目の前です

学校詳細

第9位

LALボストン校

おすすめポイント

最大12名の少人数制
規模小さめ、アットホーム
TDガーデンの近く

学校詳細

第10位

Sprachcaffeボストン校

おすすめポイント

会話力を高めたい方へ
世界展開をする語学学校
非常に便利なロケーション

ごめんなさい準備中です

第11位

OISEボストン校

おすすめポイント

1クラス4名、超集中型校
世界展開をする語学学校
ボストンコモンの近く

ごめんなさい準備中です

アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス留学
ニューヨーク留学
サンフランシスコ留学
シカゴ留学
サンディエゴ留学
シアトル留学
マイアミ留学
ポートランド留学
ハワイ留学
その他の都市

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗

サンフランシスコ留学

サンフランシスコ留学 サンフランシスコ留学sp

サンフランシスコ留学
ならではのメリット

サンフランシスコへ留学する場合には日本からは直行便での渡航が可能です。

空港到着後、サンフランシスコのダウンタウンまでBARTと呼ばれる鉄道1本、約30分で出ることができます。

非常に便利な交通手段があるので、通学も安心、学校のレッスンの合間に学校で出来た友達とお出かけするのも簡単ですね。

サンフランシスコへ留学する場合にはその他、名門カリフォルニア大学バークレー校を目指すため、シリコンバレーにあるデアンザカレッジやフットヒルへの入学のため、英語を学ぶ留学をする学生の方も多く見受けられます。

最近では理系学生のみならず、文系の学生でもシリコンバレーを訪問してみたい、とのことから、サンフランシスコ留学が選ばれています。

ゴールデンゲートブリッジや、フィッシャーマンズワーフなどの観光も楽しむことができ、気候も過ごしやすいことから、中学生や高校生が夏休や春休みに参加するジュニアプログラムも大人気。

アメリカ3大都市の1つとして、魅力あふれるサンフランシスコ留学について、一緒に学んでいきましょう!

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

どこの学校を選ぶ?
いろいろ迷うサンフランシスコ留学

サンフランシスコのダウンタウンには多くの語学学校があるのですが、どの学校を選べば良いか、迷いますよね?

実はそれぞれに特徴のある学校でもあるので、もし留学の目的が決まっているのであれば、比較的さらっと学校は決まってしまうと思いますよ。

一度、留学ランドを通じて、お問い合わせ、または無料カウンセリングをご利用いただければ、留学のご案内に関するプロフェッショナル、留学カウンセラーがもっともご希望に近い学校、コースをご案内いたします。

また、進学留学でのカレッジ選び、その進学に英語力が不足していて悩んでいる、そんなあなた。

留学カウンセラーなら語学学校や、カレッジの英語コースなどから、進学のための最善の道を見つけられますよ。

大学生、社会人の場合には、サンフランシスコでの英語研修はもちろん、シリコンバレーも見てみたいのではないでしょうか。

語学学校では色々なアクティビティを実施しているので、その中にシリコンバレー散策が含まる可能性も。

もしサンフランシスコ留学期間中にそうしたアクティビティがなければ、スタッフにご相談を。

中学生、高校生のみなさん、夏休み、春休みのジュニアプログラムへのご参加をお考えの場合にはお早めに資料請求や、カウンセリングへのご参加を検討してくださいね。

人気のプログラムはすぐに満席になってしまうこともあるので注意が必要です。

サンフランシスコ留学の基本情報
失敗しない最高のサンフランシスコ留学を目指しましょう!

サンフランシスコの基本情報

都市概要

アメリカ3大都市のひとつ、サンフランシスコはゴールデンゲートブリッジや街をゆっくりと走るトラムなど見どころたくさん。

語学学校もダウンタウンに集中しているので、学校終わりにお出かけしやすく、カフェやレストランに困ることはありません。

→サンフランシスコに進学留学するとしたら…

治安について

昼間は明るく、待ち合わせにも便利なユニオンスクエアですが、一歩間違えると危険なエリアに入ってしまう可能性のある場所でもあります。

夜はあまり遅くまで出歩かないこと、ホームレスに小銭を求めらたりしますが、関わらないように気をつけましょう。

→サンフランシスコの治安を詳しく見る

費用

サンフランシスコはニューヨークと競うほどに地価が高く、それに合わせて生活費も高くなっています。

ホームステイは通学に1時間強かかるものとして、週300ドル、レジデンスなら週500ドルは必要です。ルームシェア探しは慎重に、治安重視で探すように。

→サンフランシスコでの生活費をもっと知りたい

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

サンフランシスコに留学するならこの語学学校へ!
あなたの目的に合った最適な学校を見つけよう

第1位

ECサンフランシスコ校

おすすめポイント

学生さんや20代に人気
世界展開をする学校
BART駅までほんの数分

ごめんなさい準備中です

第2位

LSIバークレー校

おすすめポイント

アットホームな雰囲気
世界展開をする学校
UCBすぐそばです

学校詳細

第3位

StarrodHouseサンフランシスコ校

おすすめポイント

ビジネスコースが人気
世界展開をする語学学校
街の中心部にある学校

ごめんなさい準備中です

第4位

KAPLANサンフランシスコ校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
世界展開をする語学学校
大学に隣接しています

ごめんなさい準備中です

第5位

Embassyサンフランシスコ校

おすすめポイント

英語力の成長を保証
世界展開をする語学学校
ベイエリアにあります

学校詳細

第6位

TALKサンフランシスコ校

おすすめポイント

会話力に重きを置く
アメリカに7つの校舎有り
港が目の前です

学校詳細

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載


アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス留学
ニューヨーク留学
ボストン留学
シカゴ留学
サンディエゴ留学
シアトル留学
マイアミ留学
ポートランド留学
ハワイ留学
その他の都市

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗

ニューヨーク留学

ニューヨークバナー ニューヨークバナーsp

ニューヨーク留学の人気の理由とは?

ニューヨークには英語を教える語学学校が本当に多く、それぞれの学校が独自のレッスンを提供、しっかり英語力を挙げられるコースを提供しています。

ただ単純に英語を教えるだけでなく、英語プラスビジネス、英語プラスダンスといったプログラムもあり、語学だけでない目的の留学も可能。

夏休みにはジュニア向け短期プログラムもあり、名門大学キャンパス内でのレッスン、学生寮滞在が体験できます。

その他社会人の方には成人向け専用コースや、シニアの方向けのプログラムも用意されています。

進学をお考えの場合、ニューヨークには州立(SUNY)と、市立(CUNY)の2つがあり、コミュニティカレッジでのアソシエート(準学士)取得、大学でのバチェラー(学士)取得が可能になっていて、大変人気があります。

アイビー・リーグの一角、コロンビア大学のキャンパスがあるのもマンハッタンです。

留学中はマンハッタンだけでなく、ハドソン川を挟んだ向かい、ニュージャージーへお出かけする機会も多くなるでしょう、買い物するのに安くなったりもしますから。

それではニューヨークについて学んでいきましょう。

ryugakuland_logo
留学ランドなら各学校パンフレット送付、カウンセリング、さらには掲載されている語学学校の手続き手数料も無料!

留学ランドを通じて海外に旅立ったみなさんから寄せられた、リアルな学校評価、日常生活にかかる費用などをもとに、あなたの留学を、自分自身で選んでください!
留学で失敗しないために!
気になるキーワードで今すぐ検索

語学学校もたくさんあります、いろいろ選べるニューヨーク留学

ニューヨークにはたくさんの語学学校があるので、選択肢もとても豊富です。それぞれ各校ごとに特徴がありますが、英語コースの内容も様々なものを提供しています。

一般英語や進学のための英語、英語とヨガやダンスを組み合わせたコースなど、あなたの希望する留学がきっと見つかるはず。

英語力がしっかり身についたら、ビジネス英語のための留学を選んでも良いですね。

また、コミュニティカレッジ、大学進学を目指す場合には高い英語力が求められることになります。

語学学校の中には、カレッジ、大学と提携し、その語学学校の規定レベルを終了することでカレッジや大学の入学を認める、条件付き入学制度が使えるところもあるので、有効活用しましょう。

夏休みや春休みには季節限定でジュニア向け、大学生向けの特別コースもあります。

特にジュニアコースは人気が高いため、できる限りお早めにコースの空席状況を確認の上、お手続きをされる方が良いでしょう。

ニューヨーク留学の基本情報
失敗しない最高のニューヨーク留学を目指しましょう!

ニューヨークの基本情報

都市概要

アメリカで最も大きな都市、ニューヨークはタイムズスクエア、セントラルパーク、自由の女神など観光場所もいっぱい。

留学先となる語学学校もマンハッタンの中心部に多く、学校が終わったらお洒落なカフェ、ショッピングにすぐ出かけられます。

→ニューヨークをもっと知りたいならこちら

治安について

日中明るい場所で人通りが多くても、陽が落ちると表情を変えたりします。危険とされる地域には得ったいに近づかないこと。

空港からのタクシーで詐欺に会う人も少ないため、初めての留学の場合は学校手配の送迎車利用をおすすめします。

→ニューヨークの治安を調べておくならこちら

費用

ニューヨークのホームステイはマンハッタン中心部とその周辺エリアで金額が大きくことなります。

中心部なら週500ドル、近郊で300ドル前後。人気のレジデンスはやはり週500ドル程度ですが、時期によってはすぐ満室になるので注意が必要です。

→ニューヨークで必要な費用をもっと詳しく

必要なもの

アメリカのコンセント(英語ではOutlet)は日本のプラグをそのまま差し込めるようになっていますが電圧が違うので、利用したい家電(スマートフォンやノートパソコンなど)のメーカーにアメリカで使用可能か、事前に確認しておくこと。

ニューヨークの人気語学学校のご紹介
あなたの目的に合った最適な学校を見つけよう

第1位

LSIニューヨーク校

おすすめポイント

アットホームな雰囲気
世界展開をする学校
自由の女神へすぐ行けます

学校詳細

第2位

KAPLANエンパイアステートビル校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
エンパイアステートビル内
ペン駅すぐそば

ごめんなさい準備中です

第3位

ECニューヨーク校

おすすめポイント

学生さんや20代に人気
世界展開をする語学学校
タイムズスクエアそば

ごめんなさい準備中です

第4位

Rennertニューヨーク校

おすすめポイント

リーズナブルな授業料
英語プラスコースが豊富
国連ビル近く

ごめんなさい準備中です

第5位

Kingsニューヨーク校

おすすめポイント

大学オンキャンパス
世界展開をする語学学校
郊外静かな環境で勉強できる

ごめんなさい準備中です

第6位

Embassyニューヨーク校

おすすめポイント

英語力の成長を保証
世界展開する語学学校
ペン駅すぐそば

学校詳細

第7位

St.Gilesニューヨーク校

おすすめポイント

長期割引がお得
世界展開をする語学学校
ペン駅近く

ごめんなさい準備中です

第8位

KAPLANソーホー校

おすすめポイント

独自メソッドKプラス
英語中上級者、社会人向け
ニューヨーク大学近く

ごめんなさい準備中です

第9位

ALCC

おすすめポイント

リーズナブルな学費
日本語の分かるスタッフ有
日本人比率低め

ごめんなさい準備中です

第10位

Sprachcaffeニューヨーク校

おすすめポイント

国際色豊か
世界展開する語学学校
フェリー乗り場そば

ごめんなさい準備中です

第11位

ASA Collegeニューヨーク校

おすすめポイント

リーズナブルな学費
専門学校でもあります
ペン駅すぐそば

ごめんなさい準備中です

アメリカ留学特集記事!
お役立ち情報満載


アメリカ都市一覧

人気の語学学校を紹介しています、クリックで学校詳細をご覧いただけます。

ロサンゼルス
サンフランシスコ
ボストン留学
シカゴ留学
サンディエゴ留学
シアトル留学
マイアミ留学
ポートランド留学
ハワイ留学
その他の都市

他の語学が学べる国々は
こちらから

カナダ国旗
イギリス国旗
オーストラリア国旗
ニュージーランド国旗
マルタ国旗
アイルランド国旗
南アフリカ国旗
フィリピン国旗
スペイン国旗
ドイツ国旗
フランス国旗
イタリア国旗
台湾国旗