台湾留学の費用はいくら?

台湾留学に興味があるけど、費用がどれくらいかかるかわからず、困っていませんか?

日本と比べて相対的に物価が安い台湾では、生活スタイルや留学先の大学をどこにするかで、
費用を大きく抑えられます。たとえば、留学中の生活費用で大きな割合を占めるのは、住居費用ですが、
首都圏の集合住宅では1カ月あたり12万円ほどですが、留学先の学生寮であれば3万円程度です。

ここでは、台湾留学にかかる費用を紹介するので、
こちらを参考にして、少しでも無駄なコストを抑えるための準備をしていきましょう。

授業料・滞在費・食費・交通費…。
留学費用を細かくお教えします!


台湾留学は、物価が安い分、節約しようとすれば、留学費用を大きく下げることができます。
ムダな費用で資金を削らないために、生活にかかる留学費用の目安を確認しておきましょう。

授業にかかる留学費用は学部留学と語学留学で異なる


台湾の留学先を選ぶには、2種類の選択があります。
1つは、日本の大学と同じように、学部や大学院といった通常過程のコースに申込することです。
もう1つは、語学習得を目的とした留学生のための短期コースに入学することです。

ほとんどの大学で、学部では外国人留学生を受け入れていますし、語学習得のコースも用意されています。
公式ホームページに、プログラム内容や授業にかかる費用が公開されているので、
そちらを参考にして、2つの有名大学の留学費用を確認していきます。

国立台湾大学の留学費用は50万円から130万円



国立台湾大学は台北帝国大学を前身とした大学です。
卒業生には、ノーベル化学賞受賞者や、
ノーベル賞の前哨戦といわれるウルフ賞の受賞者などを輩出している、台湾の名門大学の一つ。

国立台湾大学は、留学生向けの学費を公式サイトで公開しています。

学費は学部ごとによって異なりますが、5万台湾元(約19万円)から7万台湾元(約26万円)が1学期の料金です。

1年間に2学期の授業があるので、2倍にした10万台湾元(約37万円)から14万台湾元(約52万円)が1年間の費用になります。

国立台湾大学の場合は、学士課程のコースへ留学もできますが、
短期間の語学習得を目的とした台湾留学の費用を知りたい方もいるでしょう。

台湾では、留学先の大学に語学研修コースが付属していることが多いです。
たとえば、国立台湾大学には、学士コースとは別で、語学留学を目的とした外国人のためのコースがあります。

国立台湾大学では、”Academic Year Program”という留学生向けの通年コースが用意されています。
1学期あたり約12万台湾元(約45万円)、春・秋・冬の3学期あるので、1年間の合計授業料は36万台湾元(約134万円)です。

夏期限定で留学するには”Summer Program”という別のコースが用意されていますが、
こちらの授業にかかる費用は1学期あたり約12万台湾元(約45万円)です。

国立台湾大学では”Academic Year Program”以外にも、観光旅行をしながら留学ができる”Flagship Summer Program”も用意されており、
こちらの授業にかかる費用も約12万円(約45万円)です。

借家の留学費用は月10万円程度かかります。

国立台湾師範大学の留学費用は7万円から300万円



国立台湾師範大学は、1946年に設立された、台湾のなかでも最も古い大学です。
日本語での案内も用意されているので、はじめて台湾に留学する人でも、安心して利用できます。

国立台湾師範大学の留学にかかる費用は、学士の場合、1学期あたり4万7,000台湾元(約18万円)とされています。
夏期休暇と冬期休暇があるので、1年間の授業にかかる費用は春学期・秋学期の2学期分です。

国立台湾師範大学には語学研修センターも併設されているので、語学習得を目的とした台湾留学も可能です。

主なカリキュラムは短期研修となっており、期間は2週間、かかる費用は2万台湾元(約7万円)となっていて、
1週間増えるごとに5,000台湾元(約2万円)の追加費用がかかります。

台湾留学の滞在にかかる留学費用

費用

台湾留学の滞在にかかる費用は、住宅の形式によって大きく異なります。
最も一般的なのが、学生寮もしくはアパートを借りるという方法です。
ここでは、主要な住宅費用を確認していきます。

借家の留学費用は月10万円



1年以上の台湾留学、つまり長期滞在を予定している場合は、
費用は高くなるものの、家を借りて快適に暮らすという選択もできます。
ただし、半年や2〜3カ月で台湾留学を終える場合は、あまりおすすめできません。

なぜかというと、多くの不動産取り扱いサービスでは、1年以上の契約を必要としているからです。
また、中国語でのコミュニケーションがとれないと、契約手続きがうまく行えない場合もあります。
ビザの問題もあるので、注意しましょう。

学生ビザ、もしくはワーキングホリデービザを取得していれば、
問題ありませんが、観光ビザでは契約できないこともあります。
台湾留学のために、どのビザを取得しているかで、契約できるかどうか決まります。

都市部の1ルームで、1カ月あたりの家賃は2万台湾元(約7万円)ほどです。
ただし、立地などで費用は変わるので、物件によってはさらにやすい場合もあります。
また、なかには、3カ月の契約に対応してくれる物件もあります。

インターネットで「Taiwan rent flat」などで検索すると、物件取り扱いサイトを見つけられるので、
どうしてもアパートを借りたい場合は、留学先の大学に近い地域の物件を確認してみましょう。

英語や中国語ではうまくやりとりできるか不安という場合は、日本の仲介業者を利用する方法もありますが、
契約や退居など手続きごとにサポート手数料を取られるので、
少なくとも5万円から10万円程のサポート費用がかかります。

ホームステイの留学費用は月10万円



ホームステイの費用は、月5万円から10万円くらいと考えておくとよいでしょう。
英語では”host family program”として、大学が紹介している場合もありますが、
大学で紹介しているホームステイは滞在目的というよりも、
台湾の生活を留学生に体験してもらうためのものが多いです。
ですので、滞在期間は1日や1週間程度、短期プログラムがほとんどなので気をつけてください。

寮の留学費用は月3万円



留学先の大学で、学生寮が用意されている場合もあります。
  • 1人部屋の費用は、1カ月あたり8,000台湾元(約3万円)程度です。
  • 2人部屋の場合は5,000台湾元(約2万円)ほどです。
学生寮の場合、利用規則が細かく決まっている場合もあるので、注意が必要です。
たとえば、国立台湾大学の学生寮では、男女が分けられていたり、
ゲストを呼んで部屋に泊めるといったことは規則があるのでできません。
大学によっては、寮が利用できない場合でも、学外の宿泊施設を紹介するサービスが用意されていて、
ちょうどよいルームシェア物件を見つけて、滞在費用を抑えられることもあります。

台湾留学の食事にかかる費用

台湾の食事イメージ

台湾の食事にかかる費用は1回あたり、300台湾元(約1,000円) が目安です。
食事をどこで取るかで、留学費用が大きく変わります。

たとえば、レストランで、サーロインステーキを頼むと600台湾元(約2,000円)、
魚介が入ったパエリアなら580台湾元(約2,000円)程度になります。
一方で、台湾留学での楽しみの一つ、屋台料理があります。
レストランとは違い、屋台料理では、安価な費用で、たくさんの料理を楽しむことができます。
たとえば、どら焼きは1つ10台湾元(約40円)、唐揚げは1つ30台湾元(約100円)で食べられます。
食事の費用をもっとも安くできるのは、学生食堂です。

たとえば、国立台湾大学にある学生食堂では、60台湾元(約180円)ほどで、食事ができます。
留学費用を安くしたい場合は、学生食堂をうまく利用しましょう。

台湾留学の移動にかかる費用

留学先の寮や、大学まで歩いて通えるアパートに住んでいる場合をのぞいて、公共機関での移動は欠かせません。
また、留学中に勉強だけでなく、旅行や買い物など、長距離の移動に費用がかかることもあります。
そこで、交通機関の利用費用も確認しておきましょう。

台北では、メトロ(地下鉄)が走っています。
初乗りは20台湾元(約60円)からなので日本と比べて、電車にかかる費用は少ないです。
バスは初乗り16台湾元(約60円)からあり、タクシーは初乗り70台湾元(約210円)です。
日本と比べれば安いですが、留学先と家を毎日往復するには費用がやや高いです。
特別な状況で利用する程度にとどめておきましょう。

日本からの飛行機はLCC(低価格運航サービス)が出ているので、留学準備の費用を抑えやすいです。
たとえば、出発の3カ月ほど前に予約すると、往復チケットが12,000円で購入できる場合もあります。
出発直前で購入しても、往復チケットが25,000円ということもあるので、安い費用で、留学準備ができます。

ただし、飛行機費用は大型連休など、利用者が急増する時期には片道で3万円から5万円ほどになるので、
購入時期によって留学準備費用が左右されます。
忘れがちですが、旧正月に飛行機チケットの費用が多くかかるので、
1月21日から2月20日ごろにチケットを購入する場合は気をつけましょう。

半年にかかる台湾留学費用とは?

台湾のお金

台湾留学で半年にかかる費用は、約130万円です。内訳は以下の用に計算しています。

  • 大学の留学費用:90万円(2学期分)
  • ビザの留学費用:1万円
  • 食事の留学費用:18万円
  • 住宅の留学費用:18万円
  • 飛行機の台湾留学費用:3万円
  • 合計:130万円
台湾留学にかかる約130万円は、あくまでも目安です。
ですので、学食を中心にして食事にかける費用を切り詰めたり、
学費が安い台湾の大学を選んだりすることで、留学費用をさらに落とすことができます。

半年間の台湾留学でネックになるのが、大学の授業です。
台湾の大学に、半年間の学士課程で留学することも、できなくはありませんが、費用が高くなりがちです。

台湾の滞在期間が半年間に限定されている場合は、無理に学士課程に入学するのではなく、短期留学を用意している台湾の大学で学ぶ方が、
短期間に特化したカリキュラムで充実した学習ができますし、台湾留学にかかる合計費用も抑えられます。

また、ビザの種類を適切に選んで、費用を抑えることもできます。
台湾に限りませんが、ビザには2種類あります。
ビザの期間内に1度だけ台湾の出入国ができるシングル、
何度でも台湾に出入国できるマルチプルで、それぞれ料金が異なります。
日本に緊急帰国する場合もあるかもしれないので、マルチプルを取得するのが一般的ですが、
半年間の留学であれば、料金が安いシングルを選ぶのもよいです。

台湾一年間に必要な金額は〇〇万円

台湾留学で1年間にかかる費用は約211万円です。
半年間の台湾留学の2倍の金額にならない理由は、
寮や学生食堂を利用できる場合が多く、生活費が節約できるためです。
内訳は以下のとおりです。

  • 台湾の大学にかかる留学費用:134万円
  • 台湾ビザの留学費用:1万5,000円
  • 食事にかかる留学費用:36万円
  • 台湾の住宅にかかる留学費用:36万円
  • 台湾の飛行機にかかる留学費用:3万円
  • 合計:211万円

上記の内訳は目安ですが、大学で選ぶコースや寮の金額によっては、さらに費用が安くなることもあります。
たとえば、ここでは、1日あたりの食費を1,000円として計算しています。
ですが、台湾の大学内で食事をするには、1食あたり60台湾元*3(約550円)もしくは、それ以下に費用を下げることもできます。
また、住宅にかかる費用は1カ月あたり3万円として計算していますが、こちらも大学付属の寮によっては、安くなる場合もあります。

この記事を書いた人

投稿者:taiki
現在の記事投稿数:1