台湾留学の体験記!台北で中国語を学ぼう


台湾へ4ヶ月程海外出張することになりまして、せっかくなので中国語(北京語)を本格的に学ぼうと思い、空き時間で台北の大学の語学センターへ留学することを決めました。

留学を決め、台湾の語学留学について調べるまであまり知らなかったのですが、世界的に見て中国語の需要がどんどん増えているのですね。(中華系の方々の世界人口や中国市場の経済規模を考えれば当然ですが、、、)

自分の会社では年に数回海外に行く機会があるのですが、現地には中華系の方々も多く見られて、ビジネス的にも確かに中国語の需要は英語にも劣らない気がします。

そこで!親日国「台湾」で中国語の語学留学を考えている学生・社会人の方へ、自分の体験談を含めた台湾語学留学情報をシェアしたいと思います!

ちなみに台湾出張・留学当時の私のスペックは以下、
  • 個人情報:男性 / 23歳 / 学生インターン
  • 中国語:勉強・留学経験一切無し / 大学では第二言語としてスペイン語(どうでもいい)
  • 英語:リーディングのみ可、日常会話すらできない、留学経験なし
また留学条件はこちら、

  • 留学先は「台湾国立師範大学」(台湾語学ではトップレベルに有名な大学)
  • 宿泊先はオフィス(台北市内)
  • 学期は12月〜翌年2月までの3ヶ月間
  • ビザなし(台湾は90日滞在可能)、年末に日本へ一時帰国
  • 早朝のクラス、レギュラーコースを履修(※後に詳しく説明)
それでは見てきましょう。


まずは下調べ、台湾留学の気になる費用はどれくらい?

台湾留学をする際に誰もが徹底的に調べるのが「費用」ついてですよね。

早速ですが台湾で語学留学をする際にかかるであろう費用項目をまとめると以下になります。
  • 飛行機代
  • 交通費
  • 学費
  • 食費
  • 住居費
  • その他生活費
ちなみに、私の場合は飛行機代等の費用は会社負担であり、オフィスに住んでおりましたので住居費用もかかっておりません。

しかし、すべて自費で行くという方も多くいらっしゃると思いますので、ここでは現地の台湾人の方に聞いた情報を元に、「実際に自分がかかった費用」 と 「普通に留学する際にかかると思われる費用」の両方について、台湾語学留学にかかるであろう費用を分析したいと思います。

ますは航空機のチケット費用から見ていきましょう。

飛行機代

台湾への航空チケット費用とは?

まず飛行機代に関してですが、私の場合はありがたいことに会社が負担してくれましたので、費用は0円でした。

ただし、普通に個人で語学留学に行く学生の方や社会人の方は航空チケット代も当然気になるところだと思いますので、相場価格について調べてみました。

最も安い費用で台湾へ渡航するには、東京(成田) – 台湾(桃園)間のフライトでLCC(格安航空会社)を利用するのが一番良いです。主なLCCは以下の4つ。

  • VanillaAir – バニラエア(日本の会社)
  • Scoot – スクート(シンガポールの会社)
  • TigerAir – タイガーエア(シンガポールの会社)
  • JetStar – ジェットスター(オーストラリアの会社)
時間帯を選ばず、なるべく安いチケットを購入するのであれば、大体往復で2万円程度の費用でチケットを購入することができます。ただし時期によっては値段が2倍から3倍以上に跳ね上がることになりますので注意が必要となります。(例えば、2,3,8月の旅行シーズンや正月シーズンなど)

ここが注意が必要なのが上記の費用はあくまでチケット代のみであるということ。LCCの場合は預ける荷物が別途費用の場合があります。また従量課金制でもあるので、例えば5kgオーバー毎に1000円プラスなどといった具合に追加費用がかかります。

以上を踏まえると、台湾への渡航にかかる費用は大体往復で3万円程度といったところです。


飛行機の費用は30,000円(往復)

ちなみに、桃園空港から台北市内への移動はまた別途費用がかかります。(次で説明)


交通費

空港から台北市内っていくら?

ここでは主に台北市周辺における交通手段と費用について説明したいと思います。

と、そのまえにまず空港についてから台北市内まで移動する際にかかる費用について説明したいと思います。

※1学期(約3ヶ月)の学費、3/13時点レート【1NT$=約3.7円】で計算。

まず桃園空港と台北市内(台北駅)間を移動する手段は主に以下の3つに絞られます。

  • シャトルバス
  • タクシー
  • MRT(大衆高速鉄道)

次に、費用感はこんな感じ

乗り物費用所要時間
シャトルバス(國光客運)
NT$125(約462円)
約1時間
タクシー
NT$1,000〜1,500(約3,700〜5,500円)
約1時間
MRT(桃園空港線)
NT$160(約592円)
約40分

少し補足すると、シャトルバスは「國光客運」のものがおすすめ。台北駅までノンストップで向かってくれます。(ちなみに自分はいつもシャトルバスを使っています。)

また、MRTの桃園空港線は2017年3月に開設したばかり最新の交通手段。費用・所要時間を考えると一番便利ですので、今後は主流になるかもしれませんね(残念ながら自分は利用する機会がありませんでした)。

費用をなるべく抑えたいのであれば、少なくともタクシーは使わないようにしたいですね。


続いて台北市周辺でよく使われる移動手段とその費用について見ていきたいと思います。

まず早速まとめると以下の移動手段が挙げられます。

  • MRT
  • バス(公車)
  • タクシー
順番に見ていきましょう。

MRT(Mass Rapid Train)

台北MRT

MRTは簡単に言えば台湾の地下鉄です(一部路線は地上を走っていますが) 。MRTは台北に住む人にとって最も重要かつ有名なインフラです。

費用は台北市内であれば、片道大体20〜50元で収まります。

5〜10分に一本は電車が来るのでとても便利、おまけに費用は格安ということで、私は台湾留学中は通学の際にMRTを使っていました。


MRTの費用は片道NT$30(約111円)くらい

バス(公車)



バスも多くの方が使う移動手段です。台北のバスの費用は15元。MRTよりも費用が安いのが特徴です。

バスの路線は台北市内に至る所に張り巡らされているので、慣れてしまえばMRTよりも安く便利に感じる人も多いでしょう。


バスの費用は片道NT$15(約55円)くらい

タクシー



台北市周辺であれば、至る所にタクシーが走っています。

台湾の交通手段の中で費用が高い方ですが、日本に比べると格段に安いです。初乗りが70元で、台北市内であれば100元〜300元程度で移動できます。

ただMRTやバスに比べるとやはり費用が高いので、普通に生活する上ではタクシーは使わないほうがいいでしょう。


タクシーの費用は片道NT$150(約555円)くらい


他にも、オートバイやYouBike(ユーバイク)という台北市内限定のレンタル自転車サービスなどがあります。


学費

次に学費を見てみます。実際に頂いた資料を翻訳してみましたのでご覧ください。

※1学期(約3ヶ月)の学費、3/13時点レート【1NT$=約3.7円】で計算。

レギュラーコース インテンシブ(集中)コース
授業費用 NT$25,000(92,500円) NT$32,400(119,800円)
登録費用 NT$1,000(3,700円) NT$1,000(3,700円)
保険費用 NT$276(1,021円) NT$276(1,021円)
合計 NT$26,276(97,221円) NT$33,676(124,601円)


自分の場合はレギュラーコースを1学期分受けましたので、費用は約10万円でした。中・長期で留学を考えていらっしゃる方は数十万円の費用がかかることになりますね。


学業費用は、NT$26,276(約97,221円)

食費

台湾留学では安い費用でおいしい料理を! 台湾の物価は正直日本と変わらなくなってきておりますが、食費に関しては比較的安いのが特徴です。

台湾には小吃(シャオチー)と呼ばれる地元ならではの一品物の食事がたくさんあります。屋台やレストランが至る所にあり、NT$100(約370円)もあればお腹一杯に食べられるのでおすすめです。

実際に留学中の一日あたりの食事費用は以下のようになります。
  • 朝食 – NT$120(コーヒー、パン)
  • 昼食 – NT$100
  • 夕食 – NT$100
  • 間食、飲み物代 – NT$150
合計しますと、一日あたりの費用は平均NT$470(約1739円)程度でした。ただし飲み会がありますと、一回あたりNT$700程度費用がかかりました。

月あたりの費用を合計してみますと、

(一日あたりNT$470/日 x 30日)+ (飲み会NT$700 x 4回) = NT$16,900(62,530円)

となりました。結構かかっていましたね汗

ちなみに自分はオフィスに済んでおりキッチンが無かったため自炊は一切しておりませんでした。自炊で上手くやりくりすれば食費をもっと抑えられるかもしれませんね。


食費は月50,000円くらい(飲み会がなければ)

住居費

自分はオフィスに住んでおりましたので、ありがたいことに住居に関する費用は一切かかっておりませんでした。しかし、多くの方の場合、家賃等は自身で払うことになると思います。

そこで!これから台湾留学を考えている方のために実際に台湾人の方に聞いて、留学生に多い住居のタイプやその相場費用について教えて頂いたので、ここで紹介したいと思います。

さっそくですが、まとめますと以下のようになります。

住居のタイプ 月あたり費用・家賃 一人あたり費用
タイプA:ルームシェア型
(共同広間x1、個室x3、
キッチン、トイレ、シャワー)
家賃:NT$25,000、電気代:NT$300、
水道代:NT$200
家賃:NT$8,300、電気代:NT$100、
水道代:NT$70
タイプB:共同アパート型
(各自一部屋、共同シャワー、
共同トイレ)
家賃:NT$8,000、電気代:NT$300、
水道代:NT$200
左に同じ
タイプC:マンション
(完全一人暮らし)
家賃:NT$25,000、電気代:NT$300、
水道代:NT$200
左に同じ
タイプD:学生寮 家賃:NT$ 4,600~11,600、
電気代:NT$300、水道代:NT$200
左に同じ


ちなみに電気代は夏場に倍以上の料金になるそうです。台湾政府が使いすぎを懸念して料金を上げるそうです。

ちなみに自分は冬場に台湾に済みましたのでそんなに光熱費・水道代はかからなかったです。


住居費は月NT$8,000(29,600円)くらい

その他生活費

その他の生活費として、以下の費用がかかっていました。

  • ネット代(月当たり約NT$600 – 2,220円)
  • 洗濯代(月当たり約NT$400 – 1,480円)
まずネット代についてですが自分の場合、iPhoneで海外SIMを使っておりました。仕事の都合上、無制限プランを契約する必要がありましたので、3G回線で4ヶ月無制限(留学生限定、通常は3ヶ月)のプランを契約し、費用は2300元でした。

また洗濯に関しましては、オフィスには洗濯機がありませんでしたので近くのコインランドリーを週一回使っていました。一回あたり洗濯機と乾燥機あわせて100元(約370円)でした。


以上、台湾における留学費用についてまとめると、実際に自分が体験した費用とみなさんが生活する上でかかるであろう費用は次のようになると思われます。

■実際にかかった留学費用
交通費 NT$960(約3,552円)
学費 NT$8,758(約32,404円)
食費 NT$16,900(約62,530円)
住居費
その他生活費 NT$1,000(約3,700円)
合計 NT$27,618(約102,186円)


■予測留学費用
交通費 NT$1,200(約4,440円)
学費 NT$8,758(約32,404円)
食費 NT$10,500(約38,850円)
住居費 NT$8,000(約29,600円)
その他生活費 NT$1,000(約3,700円)
合計 NT$29,458(約108,994円)


以上が月あたりの費用となります。これに飛行機代(往復)30,000円がかかるといった具合です。

何故か家賃を払っていないはずなのにそんなに値段が変わりませんでした笑。ちょっと食事や飲み会に費用をかけすぎたかもしれません。

上記はレジャー代や観光費用等一切含んでいませんので、実際に台湾をフルで楽しむとなるともっと費用がかかると思います。

以上、台湾で留学をする際に参考にして頂ければと思います。


みんながおすすめする師範大学の特徴

今回が自分が語学留学したのは、「師範大学」という台湾では有名な大学の語学センターです。

実はこの師範大学、台湾留学では1,2を争うほど人気の大学なんです。


その理由は、まず日本人が学びやすい環境であること。基本的にアジアで留学する際に学内で公用語となるのは「英語」です。台湾も例外ではありません。

実際に自分が教わった先生は、中国語7割、英語3割といった感じでした。話を聞くと先生によって授業の方針はかなり異なってくるらしく、インテンシブ(集中)コースの先生は、最初以外ほぼ全部中国語ということもありえるらしいです。

そんな中、師範大学では日本語を話せる先生が在籍しており、入学前のオリエンテーション(説明会)も、日本人用に日本語による説明会もありました。単位の話やVISA取得の話などの重要事項も、日本語で説明してくれるので台湾での語学留学が初めてという方でも安心です。

また、日本人の生徒が多いというのも特徴的でしょう。説明会の後、3班(日本人班、韓国人班、その他国籍班)に分かれて校舎内の案内があったのですが、自分の時は圧倒的に日本人の人数が多かったです。

ちなみに私のクラスには、自分以外日本人の生徒はいませんでした。担任の先生には「最初は大変だと思うけど頑張ってね」的なことを英語で言われたのを覚えています笑

聞くところによると最初は日本人の生徒同士で助け合いつつ、勉強するようですね(宿題の範囲やテストの情報共有など)。自分の場合、先生がけっこう緩かったので大丈夫でしたが、多くが英語があまり話せない日本人にとってはそういったコミュニティが最初は結構役に立つようです。


台湾師範大学の特徴

ここで台湾師範大学の特徴やシステムについて、簡単に説明したいと思います。

  • 日本人が多い
  • 2コースから選べる
  • 1学期3ヶ月ごとの申し込み
  • 選択授業が豊富
  • アクセスが良い
  • 周りの環境が良い

日本人が多いので困ったことがあったら頼ろう



既に説明しましたが日本人の留学生がとても多いです。授業やテキストは基本的に中国語か英語なので、ついていけるか心配な人は日本人の友人を作ると良いと思います。

逆に日本人と余り関わりたくないというストイックな人は、師範大学メインキャンパスの日本語学科の生徒と、言語交換(language exchange)をすると良いと思います。(※学期始めの募集なので逃さないように注意!)


師範大学の勉強システム



師範大学には、「レギュラーコース(通常)」と「インテンシブコース(集中)」の2種類があります。違いは次のような感じ。


レギュラーコース(通常) インテンシブコース(集中)
  • 授業時間 – 2時間
  • 課外授業を取る必要がある
  • 8:00〜20:00のうちの6コマから好きな時間帯を選べる(学期ごとに)
  • 1週間(5日間)で1課(セクション)のペース
  • 宿題少なめ
  • プレゼンなし
  • 日本人以外が多い傾向
  • 授業時間 – 3時間
  • 課外授業を取る必要はない
  • 10:20~13:10、14:10~17:10の2コマしかない
  • 3日に1課(セクション)のペース
  • 宿題が普通に出る
  • 時々プレゼン課題がある
  • 最初は日本人が多い


自分は朝8時からのレギュラーコースを受講していました。基本的な授業は2時間のみで、その後課外授業を受けるといった具合でした。

なぜレギュラーコースが選択授業を受ける必要があるのかというと、単位の関係です。師範大学では月当たり大体20単位分の(1時間 – 1単位)授業外勉強時間を確保しなければならず、授業外での自習や選択授業を受けたりと単位を稼ぐ必要があります。

この単位は学業ビザを取得する上で必須となりますので、長期で留学をする方は必ず取得する必要があります。ちなみに自分の場合は最初から1学期のみの予定でしたので通常授業のみでOKでした(最初知らなくて真面目に受けていましたが)。

レギュラーコースのペースは、インテンシブコースに比べて緩いので、漢字が読めない国から来た留学生が必然的に多く受講することになります。実際に自分のクラスの構成は、日本人1人(自分)、アメリカ人4人(全員男)、ニカラグア人(女1人:男1人)、タイ人(女1人)といった構成でした。早朝のクラスということで、自分と同様に仕事で台湾に来ている人もいましたね。


次にインテンシブコースですが、こちらは通常授業が3時間の短期集中コースです。ペースが比較的速く、宿題やプレゼン課題が多く出されるので、中国語の実力は一気に伸びます。

また、通常授業のみで単位が完結するので、学業ビザのために課外授業を受ける必要はありません。 逆に自由に受講することも可能です。

師範大学の課外選択授業は種類が豊富なので、興味があるものについては受けてみると楽しいと思いますよ(例:映画、料理、歌、新聞、ビジネス、初級会話など)

インテンシブコースの場合、受講できる時間帯は昼前後の2コマのみ。初級レベルのうちは漢字が理解できる日本人が多く受講する傾向があります。

逆に初級レベルからレギュラーコースを受講すると、授業のペースが遅すぎてもどかしく感じると思います。語学留学だけのために台湾に来ている方は、個人的にはインテンシブコースの良いと思います(自分の場合は仕事との兼ね合いでレギュラーコースを受講することにしました)。

コースは学期ごとに変えられますので、定期的にコースを見直すといいかもしれませんね。


台湾留学では英語も学べる!?語学に最適な環境

台湾留学を思ったのが、「英語の実力も少し伸びたな」ということ。

台湾で留学をしていると、日本にいる時に比べて英語に触れる機会が圧倒的に増えます。(例えば、クラスに4人アメリカ人いたり、半数以上がネイティブ並、生活していく上で中国語が通じなかったら英語で話す、など)

このような事実に気づいた私は台湾滞在中に英語の実力も伸ばそうと以下の計画を立てました。

  • 可能な限り毎日スカイプ英語レッスンを行う
  • 英語のポッドキャストを聞く(クラスのネイティブの英語が速すぎたためラジオで耳慣らし)
  • ネットで生活・旅行フレーズをあさる

台湾出張に中国語を勉強するならまだしも何やってんだ笑、といった感じですが、これらを仕事終わりに続けていたら、以前よりも格段に英語の実力が伸びたのを実感しました。

例えば、

  • 非ネイティブの人とは臆せず話せるようになった(ネイティブの人の英語は速すぎて、まだ聞き取れないことがあります)
  • オンライン英語のフリートークレッスンが受けられるようになった(個人的には大きな進歩)
  • Q.英語話せますか?  – A.日常会話程度ならまあ、、、とためらいもなく言えるようになった!(気がする)


中国語を本格的に学びはじめて、言語に対する学習意欲が格段に増しましたね。海外の雰囲気がそうさせるのでしょうか。

ちなみに交換留学で台湾の大学に留学する人は、通常授業は英語で受ける方が多いようですね(知り合いに二人いました)。そういった方は英語と中国語の両方をしっかりと身につけています。

とにかく個人的には台湾留学では中国語と英語の両方を学べる!ということがわかりましたので、余裕のある方には英語の勉強もおすすめしたいです。


ここだけ!体験者が語る後悔とアドバイス

最後に、実際に台湾留学をした経験を振り返って、こうすれば良かったなと思ったことや、これは絶対にした方が良いと思ったことを紹介したいと思います。

留学を始める前にやっておけばよかったなと思うこともありましたので、これから台湾留学を考えている方はぜひとも参考にしてみてください。

文法の勉強はあらかじめしておけば良かった

自分の場合、今回の台湾語学留学が中国語の勉強をする初めての機会であり、かつ本来の目的は海外出張ということもあって、事前に中国語の勉強は一切しておりませんでした。

実はここが後悔のポイントなのですが、個人的には文法は予め勉強しておいたほうが良いと思います。

例えば文法の知識が0の状態ですと授業で習ったフレーズを丸暗記するしかないですが、文法を学んでおけば会話のなかで実際に文を組み立てて会話をしたり、前もって使えそうな表現をストックしたりできるので実力が付きやすくなると思います。

また事前に文法を学んでおくことによって、授業で再度習った際に記憶の定着度が違います。テキストは英語解説のものを使用しますので、英語が苦手な人は予め勉強しておくと授業について行きやすくなると思います。


英語も話せたらより良い!

英語をある程度話せたら台湾留学はより良いものとなると思います。

特に自分のクラスは、アメリカ人が4人もいた上にネイティブ並に英語を話せる生徒が半数以上いたので、もっと英語を話せたらすごく楽しいだろうな〜、と度々思いました。(けっこう皆フレンドリーで仲良くはなりましたが)

短期間でも英語の留学を経験したことある人なら、中国語だけでなく英語の腕を上げる機会にもなりますので、時間とお金が許すのであれば東南アジアなどに短期で語学留学に行くのも良いと思います。


近所の食事処は早めに一通り巡る

台湾には地元の料理屋がたくさんあります。留学が始まり台湾に住み始めたら、まずは近所にある食事処を一通り試してみると良いと思います。

台湾料理は日本人の口にあうものが多く、美味しいのですが、同じものを食べ続けているとやはり飽きてきます。

早いうちから様々な店を回ったり、色々な食事を注文したりなどして把握しておけば、毎回の食事が楽しくなること間違い無し!安くてボリュームのある美味しい食べ物を見つけておけば、家計にも優しいです。

食事は台湾留学において重要な要素ですので、早いうちから把握しておくと、留学生活がより良いものになります。(ちなみに私のお気に入りは上の写真の屋台の台湾料理です。)


いかがでしたでしょうか?

台湾は親日の人が多く、日本人にとって住みやすい環境が整っていますので留学にとてもおすすめです。実際に体験してみてそう思います。

これから台湾留学を考えている方のお役に少しでも立てたなら幸いです。

この記事を書いた人

投稿者:taiki
現在の記事投稿数:1