ディズニーにユニバーサルスタジオ、ビバリーヒルズ。ロサンゼルス留学は英語をしっかり学ぶ以外にも誘惑が多くて困ってしまいますね。

しっかりと英語を学べる語学学校やコミカレ、大学も多いロサンゼルスですが、費用に関してはどうしても高くなりがち。

なんとか格安費用に抑えたいと、誰しも思うもの。でも具体的にどうすれば良いのか。

ご安心を、留学エージェント経験10年以上になる私が格安で英語を学べる語学学校とその他の学校を比較してみました。

安いだけ、で選ばない、本当の意味でのロサンゼルス格安留学へ旅立ちましょう。

ロサンゼルス留学に
格安で参加するためには

それでは早速、アメリカ西海岸、ロサンゼルスへ、どうすれば格安費用で英語を学ぶための語学留学ができるのか、考えていきましょう。

最初にロサンゼルス留学に必要な費用の要素を分解してみます。

日本からアメリカへの留学に必要な費用

留学するのに必要な費用

海外へ語学留学をする場合に必要となる費用とは何かを以下にリストアップしてみました。

留学に必要な費用

  • 現地までの往復国際航空券
  • 英語レッスンを受ける語学学校の費用
  • 参加時に必須となる
    海外旅行(留学)傷害保険
  • 学校費用に含まれる、
    滞在費以外に個人で使うお小遣い

これらの中で最も高額になる、語学学校の費用は後ほどご案内させていただきます。その他の項目について、少し触れておきますね。

ロサンゼルスまでの航空券

最初の項目、ロサンゼルスまでの国際航空券、こちらはそもぞも日本系の航空会社かなのか、それとも海外の航空会社なのかの違いで金額の差が生まれます。

日本の航空会社、JAL(日本航空)とANA(全日空)はロサンゼルスへの直行便も就航しており、これら日本系航空会社の方が基本、割高です。

直行便ではなく、乗継便になると航空券費用は安くなります。しかしながら乗継便は、アメリカに到着後に混み合う入国審査、その先に指定ゲートまでに移動する手間があります。

また、格安航空券にありがちなのが乗継時間があまりよくない、ということ。必ずお乗り継ぎ、それからロサンゼルスの空港へのご到着時間を確認しておきましょう。

早朝や深夜にロサンゼルス到着の場合、往路の空港出迎えを依頼していると別途費用を請求されることもありますから。

もうひとつ、国際航空券ご購入の際にご注意いただくべきポイントは時期(タイミング)。夏休みや春休み、年末年始は渡航希望者が増えるので航空券がその他の時期に比べ、高額になります。

ロサンゼルス留学に格安費用でのご参加をお考えであれば、ピークシーズン(繁忙期)は避けるべきですね。

自分に合った保険選び

語学学校へ留学する場合、日本で海外旅行(留学)傷害保険へ加入しておく必要があります。

格安留学するのに保険なんてもったいない、と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、保険に入っていないとプログラムに参加させてもらえません、注意しましょう。

保険に関しては、各保険会社が期間に合わせて様々なプランを提供しています。

ここは留学費用を格安に抑えるため、安いものを選ぶべきポイントではありません!

ご自分に合った保険内容をしっかりお選びいただくことを強くおすすめいたします。

クレジットカードを持っていて、そのカードの付帯保険を留学用に使いたい、という場合は注意が必要です。

語学学校の参加初日、保険証書の提出を求められますので、必ず英文の付保証明書(保険の内容、金額一覧です)をもらっておきましょう。

また、クレジットカードによっては、国際航空券の決済をそのカードで行わなければ、保険がつかないなどの条件もあるので予め確認・取り寄せをしておきましょう。

現地滞在中のお金は?何ドルくらいもっていけばいい?

お小遣いっていくらくらい?

私が留学カウンセラーをしていたとき、高校生、大学生との留学カウンセリングで「お小遣いはロサンゼルス留学の場合、週どれくらい持っていけばいいですか?」とよく質問をされました。

もちろん、人によってまちまちなので、いくらあれば良い悪い、ではないのですが…

ロサンゼルスでの滞在方法にもよりますが、ホームステイをお選びになる場合、お昼は基本的にご自身での負担となります。

ロサンゼルスの場合、学校近くでハンバーガーなどのランチを取るとして1日あたり10ドル~15ドル。

週末は学校の友達と出かけたりしない限り、スーパーなどで簡単なサンドイッチを買えばもっと安く抑えられるでしょう。その他お飲み物や軽食を含めても、週100ドルもあれば良いでしょう。

ただし、「費用を抑えて格安で」ということばかりに集中しすぎて友達とのランチや週末の外出を断ってばかりでは、せっかくのロサンゼルス滞在が、楽しい留学にならない可能性もありますよ。

たまには、学校でできた海外の友人たちと息抜きがてら外食をしましょうね。

とはいえ、特に長期ロサンゼルス留学をお考えの場合、ランチ代だってできるかぎり格安に抑えたいところ。

そんなときはスーパーで食材を購入し、簡単なサンドイッチと果物1つ、それから飲み物もペットボトルでもっていけば外で買うより安いので、上手に利用しましょう。

語学学校費用以外で、格安留学を目指すためのポイントを以下にまとめてみました。

格安留学のためのポイント

  • 国際航空券は夏休み、春休みを避ける。乗継便が安いが、乗継時間、現地到着時間に注意する。
  • 海外旅行(留学)傷害保険は必須、保険選びは金額より内容を優先。
    クレジットカード付帯保険を使うなら英文付保証明を準備する。
  • お小遣いはしっかり管理すること。食費を抑えるならスーパーの食材で簡単なお弁当を作る。
    でもたまの息抜きも忘れずに

これらが、ロサンゼルスに限らず、格安留学を目指す第一歩、です。ぼんやりでかまいません、覚えておいていただくとお役に立つかと思います。

さて、それでは本題、ロサンゼルス留学で必要となる費用を格安に抑えるため、ロサンゼルス留学費用の中でも最も大きな割合を占める、語学学校費用について次で説明していきたいと思います。

費用だけで決めちゃダメ!語学学校の選び方

ロサンゼルスへ、費用を抑えた格安留学をするなら、できるだけ費用のかからない語学学校を選ぶべき、なのですが、語学学校の中にも格安校を含め、いろいろな種類があります。

格安費用の学校を探すその前に、そもそも、ロサンゼルスの語学学校に参加するにはどのくらい必要となる費用ってどれくらいなのでしょう?

ロサンゼルスの人気校の中から、2018年12月現在、留学ランドでの上位3校への留学費用を、期間別に算出してみることにします。

語学学校のご紹介

第1位FLSインターナショナル 
シトラスカレッジ校

FLS Internationalシトラスカレッジ校外観

FLSインターナショナルは、アメリカに複数の校舎を持つ語学学校。ロサンゼルス・シトラスカレッジ校は文字とおり、ロサンゼルス郊外、グレンドーラにある、シトラスカレッジの中に校舎のあるオンキャンパスタイプの語学学校です。

18に細分化されたレベル、コミュニティカレッジ(コミカレ)や大学へ英語力が不足していても仮の入学許可を出してもらえる条件付き入学が可能、さらに学校スタッフが非常に親切なことから非常に高い人気を誇ります。

第2位Kingsエデュケーション 
ロサンゼルス校

Kings エデュケーション ロサンゼルス校

Kingsは英国、それからアメリカに校舎を置いている語学学校です。ロサンゼルス校はロケーションションが素晴らしく、有名なチャイニーズシアターまで徒歩圏。


さらに、学内寮(ドミトリ)まであるので、通学時間、0分です。映画好きな方には映画に関することを学べる、フィルムコースがあり、日本人スタッフの対応も非常に良いので、安心して日本人が勉強できる環境が整っています。

第3位コロンビアウエストカレッジ
(CWC)

コロンビアウエストカレッジ(CWC)

ロサンゼルスのコリアンタウン、パープルラインの駅であるウィルシャー/ノルマンディー駅を歩いて徒歩数分の場所にあるCWC、コロンビアウエストカレッジはLos Angelesにある格安校の中でも高い人気を誇る学校。

学校スタッフが朗らかで、学生のためにあれこれイベントを考えてくれています。

アットホームな雰囲気で学びたいあなたにおすすめの語学学校ですね。CWCはロサンゼルスでの格安校、の部類に入ります。

上記の学校費用を、2週間、4週間、12週間、24週間と36週間、最後は48週間(約1年間)それぞれで算出、比較表にしてみたものが以下です。

※滞在方法はホームステイ個室、朝・夕食付。ロサンゼルス到着時の空港出迎えを含んでいます。

※英語レッスンは2週間から12週間まで、平日半日のパートタイム、24週間以上は平日午前・午後ともレッスンとなるフルタイムで算出しています。

※日本円換算レートは2018年12月6日のものとなります。

2019年
FLSシトラスカレッジ校
料金表
2週間
US$2,315 / ¥264,000
4週間
US$3,500 / ¥399,000
12週間
US$8,235 / ¥938,000
24週間
US$16,000 / ¥1,822,000
36週間
US$22,700 / ¥2,585,000
48週間
US$27,185 / ¥3,096,000
2019年
Kingsロサンゼルス校
料金表
2週間
US$2,638 / ¥300,000
4週間
US$4,148 / ¥472,000
12週間
US$10,006 / ¥1,139,000
24週間
US$19,598 / ¥2,232,000
36週間
US$28,271 / ¥3,220,000
48週間
US$32,101 / ¥3,666,000
2019年
CWC
料金表
2週間
US$2,110 / ¥240,000
4週間
US$3,260 / ¥371,000
12週間
US$7,535 / ¥858,000
24週間
US$14,760 / ¥1,681,000
36週間
US$20,735 / ¥2,361,000
48週間
US$22,260 / ¥2,535,000

いかがでしょうか。ロサンゼルスの格安の語学学校、コロンビアウエストカレッジ恐るべし。

9ヶ月以上の留学だと、100万円もの金額差が出ています。これを格安と言わずして何を格安というのか、という金額です。

この学校費用の内容を説明しますと、滞在費用、こちらは1週間あたり、若干の差があっても、驚くほどの違いはありません。

各学校、同じ地価の高いロサンゼルスで、ホストファミリーやレジデンスと契約しているわけですから、条件はほぼ同じになるわけです。

留学費用の差が出るのは英語レッスン費用。

ご案内したロサンゼルスの3校それぞれ、1週間あたりの英語レッスン費用が異なっており、ことCWCは文字通り、格安です。

それだけでも、KINGSとFLSとの差が出ていますが…さらに、語学学校の多くは、参加期間が長くなればなるほどに授業料が安くなるシステムを導入しているんです。

FLS、それからCWCがそうしたシステムを導入していて、長期になればなるほど、1週間あたりの英語レッスン費用が下がることに。

その結果、この一覧表で留学費用の差が顕著に出た、ということになります。

安いのは嬉しい、
けど学校の質はどうなの?

格安校の気になる「質」は?

非常にリーズナブルな格安の語学学校、コロンビアウエストカレッジ。

格安校とはいえ、ちょっと安すぎじゃない?と心配してしまいますよね。コロンビアウエストカレッジの他にも、ロサンゼルスには、格安校に分類される語学学校がいくつもあります。

考えてみると分かるのですが、格安校は授業料が安い、というお話でしたね。でも、そうなると、学校に入るお金がその他の語学学校に比べて少なくなるわけですから、パソコンやカフェテラスなどの施設費も削減しなければなりません。

また、英語レッスンを受け持つ講師も、可能な限り安く働いてくれる人を採用します。その結果、学校施設があまりよろしくなく、また講師も長いキャリア、資格を持つ先生ではない可能性もあるわけです。

また事前にオンラインで英語力を試したり、在学中、帰国後も利用できる学校独自のシステムの導入も、格安校には難しいと言わざるを得ません。それらの差が他の語学学校の費用との差として出てきます。

しかし、格安校でも、コロンビアウエストカレッジのように、参加する学生ができる限り快適かつ効率的に、格安の費用でロサンゼルスに留学できるよう努力している語学学校もあるんです。

CWCはアットホーム、小規模な学校ですが施設も充実、学校スタッフ、講師陣も熱意のある人達ばかり。

そうした、学生のために頑張ってくれる語学学校を見つけるためにも、留学エージェントをご利用いただければと思います。

留学エージェントの中には、予算の関係から格安校を希望していても、ろくな説明もないまま、ほかの語学学校を進めてくるところがあります。

実際、私が留学エージェントをしていた頃には、複数のエージェントを回っているというお客様からそうした話を伺うことも少なくありませんでした。

格安校イコール学校の質が悪い、なんてことはありません。学生のためにできるだけ費用を抑えている語学学校も是非、他の学校と一緒に検討しましょう。

安い語学学校と比べ、
他の学校費用はなぜ高い?

ロサンゼルス、それからニューヨークやサンフランシスコのような大都市だと格安校という選択があるため、他の語学学校、今回ご紹介した中で言えばFLSインターナショナルやKINGSエデュケーションが非常に高額に見えてしまうもの。

でも、それらの学校の費用は、参加していただくあなたのため、何より効果的・効率的に語学力を身につけてもらうための努力があるので、そうした費用となっているんです。

例えば、FLSインターナショナル シトラスカレッジ校は、そもそもオンキャンパス、カレッジ内に校舎を構えています。

そうすることで、アメリカ、ロサンゼルスでの進学留学を考えるみなさまに、コミカレがどのようなものか分かってもらえますよね。

あなたがFLSインターナショナルで英語を身に着けたそのあとに、シトラスカレッジに進学したとしても、学ぶ環境は変わることなく集中して勉強を続けられることでしょう。

FLSインターナショナルは英語力によって18もの細かいレベルに分かれていますが、その規定レベルを修了することで契約をしているアメリカ国内のコミカレや大学へ、TOEFLなどの英語スコアなしで進学できる条件付き入学も行っています。

KINGSエデュケーションは観光客だけでなく、留学生にも人気のある観光スポット、チャイニーズシアターすぐそばに校舎を置き、ロサンゼルスのどこへ行くにも便利な場所で英語レッスンを受けられるようにしています。

学校内の寮、ドミトリを設置しているのも、快適なロサンゼルス生活を参加する学生に楽しんでいただきたいがため。

また、イギリス発祥のKINGSは進学にも強い学校であり、進学を考える場合に必要となる各英語試験対策コースも豊富に提供しています。さらにロケーションの利を活かし、英語プラスフィルムコースにもご参加可能。

英語のレッスンに加え、映画に関するあれこれを本場ロサンゼルスで学べるこちらのコースは将来、アメリカのエンターテイメント業界で働きたいと思っているあなたの一番最初のステップになるかもしれませんね。

その他、英語レッスンの内容の研究であったり、教材の開発、オンラインシステム導入。さらに学内カフェテラスや、学生用パソコンの設置、キャリア・資格のある講師陣を揃え得るなど、参加してもらうあなたのためにあらゆる努力をしています。

日々、研究は続いています

その結果、これまでにご参加された留学生からも高い評価を受け、その評判がインターネットが普及する前から口コミで広がり、今に続いているわけです。

格安校が、格安費用を理由に選ばれる一方で、その他の語学学校が選ばれる理由がある、ということもご留意いただければと思います。

もう1つ、ロサンゼルス留学費用を
格安にする方法

絶対おトク、お見逃しなく!

ロサンゼルス留学に格安費用で参加するには、学校費用が格安であるコロンビアウエストカレッジのような学校を選ぶこと、を前提にお話をしてきました。

ですが、実はもう1つ、格安留学をするチャンスがあります、それが各語学学校が不定期に実施するキャンペーン

タイミングが合えば、という条件がつきますが、語学学校が時折実施する、キャンペーンを利用すると費用をぐっと抑え、格安留学が可能になります。ロサンゼルスは語学学校が多いこともあり、世界展開をする語学学校の中でもキャンペーン対象になることが多めです。

英語コース費用20%オフになったら、格安校ほどではないにしても非常にリーズナブルな金額でロサンゼルス留学が可能となります。

特に長期でロサンゼルス留学を検討していて、本当は行きたい学校があるけど、予算の関係で格安校にしようかな、とお悩みのあなた、キャンペーン情報をお見逃しなく!

留学ランドでは、新着情報にて各校キャンペーンを随時、ご案内しておりますので、その他留学情報とあわせてご確認いただければと思います。

あなたのロサンゼルス格安留学に向けた準備のお手伝いになりましたでしょうか?もし何かご不明な点やご質問があればいつでもお気軽に留学ランドへお問い合わせいただければと思います。