アメリカ-基本情報-

基本情報
主要都市のご案内
留学スタイル
学校リスト
基本情報 主要都市のご案内
留学スタイル 学校リスト
国名
アメリカ合衆国/United States of America
首都
ワシントン特別行政区
面積
962万8000平方キロメートル
人口
3億2,314万人
公用語
英語(米語)
主要都市
シアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴ、シカゴ、ニューヨーク、ボストンなど
アメリカ地図

歴史文化

us001

今日の世界に存在する国民国家の多くは、植民地支配に抵抗して独立を勝ち取ったいわゆる新興国家ですが、1776年にイギリスから独立を宣言したアメリカはまさにその先駆けと言えます。

古くは、古代からのアメリカ先住民の時代を経て、ヨーロッパ各地からの移民がはじまり、東のニューイングランド地域から次第に西へと移民が拡大し、太平洋まで到達したのが有名なゴールドラッシュ。

それ以来1776年まではヨーロッパ各国の植民地でしたが、独立後は次第に州が増え、スペイン、フランス、メキシコ等から国土の割譲を受けて、現在のアメリカ合衆国になっていきます。50州のうち一番最近加わったのは、日本人の馴染み深いハワイ州で、1898年のことでした。

「人種の坩堝(るつぼ)」といわれるほど、世界各国からの移民が多いのも大きな特徴の一つ。多種多様な人がいるせいか、平等に対する意識が高く、何ものにも囚われない自由さを尊びます。

自由という点では、独立宣言でもうたっているように、アメリカの独立そのものが国民個々人の自由の確保を目的としていました。ゆえに自由はアメリカ社会の基本的な価値とされ、自由とアメリカは深く結びついています。しかし、アメリカ国民を人為的、意識的に統合する信条として自由が用いられ、そのために自由主義以外の思想に対して不寛容になりがちなことも歴史の上に見ることができます。

政治

us002

隣の芝生は…」とは言いますが、自分で国家元首を選べない日本人には羨ましい、アメリカの大統領制。任期は4年で、1951年の憲法修正によって2期8年以上の再選は禁じられています。

4年ごとにめぐってくる大統領選挙の年には、その年の前半にまず共和党・民主党の大統領候補者が各州で党の集会や投票をし、やがて全国的な党大会を開いて、それぞれの党の大統領候補者としての指名を争い、年の後半に両党の大統領候補者が全国的に選挙戦を展開していきます。

日本人にとって大統領制ほど注目度はありませんが、連邦議会についても少し触れておくと、議会は上院と下院からなり、下院議員は任期2年、人口50 万人に1人の割合で各州に割り振られ、1選挙区1議席の小選挙区制で選出されます。上院議員は各州から2名ずつ選出され、任期が6年。議員の3分の 1が2年ごとに改選されていきます。上院の議長は副大統領があたり、ここにかろうじて行政部と立法部が結びつきが見られます。

2017年1月20日より、第45代ドナルド・トランプが政治や軍出身ではない初めての大統領となっています。

経済

us003

大きな経済規模を持ち、その技術開発力と生産力、消費力で世界経済を引っ張る存在である反面、富裕層と低所得者層の格差は大きな問題になっています。

2000年代の初期に入ると、ITバブルの崩壊によって好調だったアメリカ経済は減速、2001年9月11日には同時多発テロが発生、これにより国家資源を軍事に転換させることになりました。

2008年にはサブプライムローン問題を発端に、不動産価格の下落から深刻な世界金融危機が起き、自動車業界では原油価格の暴騰や、労働賃金や年金などのコスト高といった構造、格付け会社の引き下げが資金調達をより困難にさせ、アメリカ産業の象徴とも言われた企業群を倒産に追いこむことに。リーマン・ショックと呼ばれるこの経済問題に加え、欧州ギリシャなどのデフォルト問題が重なり一時は1ドルあたり76円にまで急騰。その後、緩やかに経済は回復し、トランプ大統領が選ばれた後、落ち込むと見られた株価は過去最高値を記録、驚異的な伸びを見せています。

気候

us004

日本の25倍の国土を持つアメリカは、季節と場所によって気候も異なります。北と南の気温差は激しく、南部マイアミなら1、2月でも海水浴が可能な反面、北部五大湖周辺はマイナス10度を超える日も珍しくありません。

太平洋岸は日本と比べれば1年を通しての気温差が少なく、フロリダを除く南部は日本の気候に近いものがあります。内陸部の冬は厳寒、夏も意外に暑く、日本に比べて厳しい気候。

観光客が増えるのは一般的に5月末から9月始め、この季節はアメリカ南部を除けばいい良いシーズンと言えます(南部、とくにフロリダ周辺はこの時期高温多湿)。

南西部やカリフォルニアなら冬はさほど寒くないので1年を通してよいシーズンと言えるでしょう。

治安

us005

誰もがまず思いつくことは「民間人も自衛のために銃の使用が許可されている国」ということでしょう。

実際、銃による犯罪は後を絶ちませんが、「自分は外国にいる」という最低限の危機意識を持っていれば、必要以上に怖がる必要はありません。

特に都市部においては、「特定のエリア」のみが危険地域(例:ロサンゼルス・コンプトンなど)、一般的にそれほど治安の悪さを実感することはないでしょう。

もちろん、危険地域や治安の情報はしっかりと収集しておく必要があるため、ガイドブックを利用したり、現地でつながりのある友人や学校の講師に質問して、気を付けるようにしましょう。

基本的には、人通りの少ないところ、それから夜間の外出を極力控えていれば、犯罪から身を守ることができます。

物価

us006

アメリカの3大都市、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコは不動産価値が上昇しており、シェアアパートなどでも日本と同じ程度の環境を求めたら大変な金額が必要となります。

食費は外食を控え、スーパーで購入したもので自炊することで抑えられます。また滞在方法がホームステイであれば滞在費、決められた食事は提供されるのでリーズナブルな滞在が可能になります。

大きな都市の物価は日本よりも高く、田舎に行けば逆に安くなります。またカリフォルニアであれば隣接するオレゴン、ニューヨークであればニュージャージーが「消費税」が安い、または「ない」ので、わざわざ州をまたいで現地の人も買い物にいったりします。

交通

us007

広い国土を持つアメリカは飛行機での移動が「生活線」にもなっていて非常に便利です。

その他、長期、進学留学などでは自動車での移動が圧倒的に便利。日本との違いは右ハンドルか左ハンドルだけ、というわけではなく、赤信号でも右折は可能(地域によっては禁止しているところもあり)、緊急車両が通るときは自動車を停止させる等独自のルールがあるので気をつけましょう。

アメリカを横断している「グレイハウンドバス」、列車(アムトラック)など様々な移動手段があるので目的によって使い分けましょう。

近年では短距離移動にバスより「ウーバー」と呼ばれる、民間の自動車配車サービスが便利で人気があります。

言語

建国の歴史から英語が事実上の国語。近年増加傾向にある中南米からの移民はスペイン語を話すため、スペイン語を学ぶ人も多く、街中では看板等の表記は英語とスペイン語が併記されることも多い。

時差

アメリカ本土には4つの時間帯がある。

  • 東部時間(Eastern Time):日本マイナス14時間
  • 中部時間(Central Time):日本マイナス15時間
  • 山岳部時間(Mountain Time):日本マイナス16時間
  • 太平洋時間(Pacific Time):日本マイナス17時間

なお、4月の第1日曜日から10月の最終土曜日まではサマータイム(Summer Time)を採用しており、上記よりそれぞれ1時間早くなります。

祝祭日

1月1日
元旦 New Year’s Day
1月の第3月曜日
キング牧師誕生日 Martin Luther King Jr.’s Birthday
2月の第3月曜日
ワシントン誕生日(大統領の日) Washington’s Day(Presidents’ Day)
5月の最終月曜日
戦没者追悼記念日 Memorial Day
7月4日
独立記念日 Independence Day(The 4th. of July)
9月の第1月曜日
レイバーデイ Labor Day
10月の第2月曜日
コロンブスの日 Columbus Day
11月11日
退役軍人の日 Veterans Day
11月の第4木曜日
感謝祭
12月25日
クリスマス Christmas Day

※これらは公的な祝日であり、独自の祝日を設定している州もあります

電圧について

アメリカでは電圧が120Vで周波数が60Hz(日本は電圧は100V、周波数は50もしくは60Hz)。多少の差であれば”使えないことはない”ようですが、コンピュータや携帯電話などの精密機器の場合は、変圧器を利用した方が良いです。プラグは日本と同じ2本ピンのAタイプが多いがアメリカ専用のアダプターを用意した方が良いので、早めに一度、家電製品販売店で確認をしておきましょう。

電話について

市内電話はそのままの相手番号を押せばOK。市外電話の場合は「1」をプッシュしてから市外局番、電話番号。公衆電話から電話をする場合、最低50セントが必要となります。

タバコ・お酒について

us008

米国で法的に喫煙が認められている年齢(smoking age)は18歳。アメリカで合法的に飲酒が許可されている年齢(drinking age)は21歳。

近年、タバコについては身体に害があるものとする傾向が一段と強くなっており、公共の場での喫煙ができなくなっているところが多くなっています(日本と変わりませんね)。

アルコール類はスーパーやコンビニでも購入可能ですが、身分証明書を提示を求められます。各州によって数時間違うものの、バーなどでは、お酒を提供できる時間に制限があります。

郵便

アメリカから日本への普通郵便(ハガキや封書)は約1週間で着く。2009年現在でハガキは世界どこへでも98セント。封書は重さや大きさ、送る相手国のグループ(日本は3)によって料金は異なる。



基本情報
主要都市のご案内
留学スタイル
学校リスト
基本情報 主要都市のご案内
留学スタイル 学校リスト