カナダで最大の都市であるトロントへの留学なら、英語だけでなく、あなたが学びたいことを学ぶことができる学校があれこれ揃っています。

英語力を磨くための語学学校はもちろん、コミュニティカレッジでは英語コースと専門分野の基礎を学ぶことが可能。

その上の4年制大学になれば、専門分野について深く研究することも可能です。

カナダならではのCo-opプログラムにも、コミュニティカレッジや大学でご参加いただくことが出来ます。

トロント留学だとどの学校で、どんなコースが提供されているのか。このページでは、その点について掘り下げてみました。

一体何が出来るのでしょうか、元留学エージェントの私と、トロントで選ぶことのできる学校とその種類を一緒に見ていきましょう!

トロント留学で選べる学校とは

それでは早速、トロント留学で選べる学校を、種類別に調べていきましょう。最初は英語を学ぶための学校、語学学校からスタートです。

語学、カレッジや大学への進学準備、ビジネスプログラムも

カナダ最大の商業都市トロントには日本人をはじめとするアジア、その他さまざまな国からの人が暮らしています。

留学生もその一部であり、語学を学ぶためのいわゆる語学学校も多く、それぞれ特徴を出しながら多様な語学コースを提供しています。

各語学学校の特徴と、提供しているコースをご案内していきますね。

語学学校LSI

LSIトロント校

LSIは世界中の各都市に校舎を展開する語学学校。普通の語学学校なら各校舎、できる限り大きくして、より多くの留学生を受け入れるものですがLSIは違います。

LSIはモットーとして、参加する学生、英語を教える講師、学校スタッフが仲良く楽しく過ごせることに重きを置いています。

そのため、校舎ひとつひとつをあえて小さくすることで、学校にいるみなが会話しやすくしているのが特徴。

学校スタッフや講師人も非常に親切な人が多く、英語の勉強法以外、カナダでの生活についてもご相談いただけます。英語がまだニガテ、と思っていらっしゃるあなたにこそぴったり。

逆に英語力が高い場合には、人数が少ないために上級クラスと中級クラスが一緒になることもあるんであまりおすすめいたしません。

短期間から、学生ビザが不要な24週間くらいまでの期間で初めて語学留学をするあなたにおすすめの学校です。



語学学校ILSC

ILSCトロント校

ILSCの最大の特徴、それはすべてのレッスンが選択制となっていることです。

初級から上級まで、レベルに合わせて基礎コース、それから自分のやりたいこと、各種英語試験対策コースなどから選択します。

世界展開をしている学校でもあり、校舎間の転校も可能、カナダからオーストラリアへ移ることもできます。

トロント校は非常に規模の大きな校舎となっていてピークシーズン、夏休みや春休みにもなると1,500人規模、校舎に人が溢れかえります。

学校スタッフも当然、非常に多いのですが、日本人スタッフもいる学校です。

英語がちょっと得意で、人付き合いが上手ならこの学校がおすすめ、世界中にたくさんの友人を作ることができることでしょう。



語学学校EC

ECトロント校

語学学校ECは、マルタ共和国に本部を置く、世界展開をする語学学校の中では比較的新しい学校。

これまでにあった大手語学学校の良いとこ取りをしている学校で、世界各国にある校舎はどこもその都市で一番魅了的な場所にあります。大学生~20代の方から強く支持されていますね。

基礎となる英語レッスンが曜日によって午前、午後と異なっているのもこの学校の特徴です。

トロント校はエグリントン駅から徒歩数分。賑やかなダウンタウンから離れて落ち着いた雰囲気で学ぶことができます。

トロント校には30+コース、というものが設定されていて、30歳以上だけが参加できる大人向けコースもあるためなんですね。社会人留学におすすめですよ。

一点、注意が必要なのが英語コースの時間割。

曜日によって基礎クラスが午前、または午後になるため、半日コースでお申し込みの場合には月曜日は午前、火曜日は午後に学校に行く、という組み合わせになります(時間割は語学レベルによって異なります)。



トロントの語学学校を3校だけご案内させていただきましたが、いかがでしたか?

学校によって特色が大きく異なること、お伝えできたのではないかと思います。

あなたの語学力、それから性格やご年齢によっておすすめの語学学校は変わってきますので、お早めに留学ランドに一度、お問合せいただければと思います。

これらの語学学校で、英語力が中級以上になると、選択できる科目、コースが増えてきます。

社会人であればビジネス英語コース、カナダのコミカレや大学をお考えなら進学準備コースや、各種英語スコア(TOEFLやIETLSなど)の対策コースといった、あなたの希望するコースが選べるようになります。

語学学校でも幅広く、いろいろな分野について学ぶことができるのですが、カナダには他にもコミュニティカレッジや大学といった専門的に学べる機関もあります。

次は、語学学校でしっかり語学力が身についた、または日本でしっかり英語を身に着けたあなたにおすすめ、トロントのコミュニティカレッジや大学についてご案内をさせてください。

おすすめのコミュニティカレッジ、大学

コミカレや大学

カナダには優秀な大学が多いですが、その中でも3つの名門大学があります。

1つ目はモントリオールにあるマギル大学、それからバンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学、UBC。そして最後の1つが学生数8万人以上のトロントにある、トロント大学です。

トロント大学には多くの学部があり、学生数も非常に多いのですが、入学は極めて困難。

もし、トロント大学を目指しているのであれば、こちらのページ(リンクします)をご参照いただければと思います。

日本の高校を卒業して、ダイレクトにカナダの大学を目指す場合、高い英語力の他に、平均以上の成績平均点(GPA)が必要であったり、英文でのエッセイや学校の先生からの推薦状が必要であったりとかなり高いハードルがあります。

そこで登場するのが、コミュニティカレッジ。アメリカの進学留学ですっかり知られるようになったコミュニテイカレッジ、「コミカレ」ですが、カナダにもあります。

トロントと、トロントから南へ少し離れたロンドンという街にあるコミカレを紹介させていただきますね。

ジョージブラウンカレッジ

トロントにある、カナダ最大のコミュニティカレッジがこのジョージブラウンカレッジです。メインキャンパスはダウンタウン中心部にあり便利なロケーションとなっています。

ビジネスコースをはじめ、人気があるのはホスピタリティ・ツーリズム、旅行業に関する勉強ですね。それからファッションの勉強など他分野の勉強が可能、料理(Culinary)も自信があります、と学校担当者の方から説明を受けました。

9つのレベルに分けられた英語コースもあり、もし希望するコースへ参加するための英語力証明(TOEFLiBT80以上~)がない場合には、この英語コースからのスタートとなります。

ファンショーカレッジ

トロントからは南へ電車で約2時間の場所にある、ロンドンにファンショーカレッジはあります。

トロントは賑やかな都市部ですが、ファンショーカレッジのあるロンドンは静かな森に囲まれています。落ち着いた環境で勉強したい場合におすすめのコミカレです。

ビジネスコースの人気が高く、またCo-opプログラムも充実。Co-opプログラムはコース参加中、有給で労働をすることを単位としています。学んだことをすぐに活かせる上、有給ですから留学費用に充当することだって可能。

ロンドンの街はトロントのような大都市ではないので、生活費用も抑えられるのでおすすめ。

カナダのコミュニティカレッジや大学で学位を取得すれば、ワークパーミットが勉強していた期間に合わせて申請可能。

コミカレで2年間、ディプロマ取得のために学び、修了できれば最長3年間の就労許可がもらえます。



ここまで、トロント留学のために選べる学校、語学学校、大学、それからコミカレを紹介させていただきました。

トロント留学ならこれだけの選択肢がある、ということが分かれば次に気になるのは留学費用、ですよね。

それぞれの学校に留学するとしたら一体いくらくらい必要になるのか、確認しておきましょう。

トロント留学、各学校で学ぶために必要な費用について

費用もチェック

トロント留学をするために必要な費用を、ご紹介した順番に紹介していきますね。

語学学校LSI、24週間の留学費用

まず、トロントへ語学留学をする場合、語学学校をお選びいただくことになります。

今回ご紹介させていただいた中から、LSIトロント校へ、カナダの学生ビザが不要となる24週間、留学したらいくらかかるのでしょうか。

条件として、英語レッスンは午前、午後とも授業となるフルタイム、インテンシブコース、ご滞在方法はホームステイ個室、朝・夕食付、往路、トロント空港へのお出迎えを加えた場合の留学費用とします。


語学学校LSIトロント校24週間費用

申込金 CA$150
コース費用 CA$325x24週間=CA$7,800
滞在手配費 CA$195
滞在費 CA$230x24週間=CA$5,520
往路空港出迎費 CA$105

合計 CA$13,770

コミカレ、ジョージブラウンカレッジの概算留学費用

続いてコミカレ、ジョージブラウンカレッジの留学費用に関して。

こちらは約10ヶ月のアカデミックイヤーあたりの費用です。プログラムによって留学費用は変わります。準学士号、ディプロマで1年間に必要な留学費用をご紹介します。


ジョージブラウンカレッジ概算費用

出願費 CA$95
プログラム費 CA$13,520
滞在手配費 CA$195
滞在費 CA$800x10ヶ月=CA$8,000(ホームステイ個室、朝・夕食付)
空港送迎費 CA$100
学校事務費 CA$1,500
教材費 CA$1,200
保険費 CA$663.67
交通費 CA$1,500

合計 CA$26773.67

4年生大学、トロント大学の概算留学費用は?

最後はトロント大学のアカデミックイヤーあたりの留学費用がどのくらいかかるのか、見てみます。

トロント大学のような名門大学はやはり学費があまり安くはありません。

だからこそ、ジョージブラウンカレッジやファンショーカレッジのようなコミカレで基礎教養の単位を取得して、3年次に編入、2年間だけの在学でトロント大学の学士号を目標とすることで大きな留学費用削減にもつながります。


トロント大学概算費用

学費 CA$54,280
生活費 CA$905×10ヶ月=CA$9,050
教材費 CA$1,000
交通費 CA$1,120
その他雑費 CA$3,300

合計 CA$68,750

トロント大学だけでなく、海外の4年制大学は入学審査に求められるものが多いです。

一方、コミカレは高校卒業資格(場合によってはそれすら不要の学校もあります)と英語力があれば入学ができることもコミカレからの進学留学の大きなメリット。

さらに、こうした実際に必要となる留学費用が大きく削減できることもメリットであることもお忘れなく。

コミカレなんて大学に行けない人が行く学校、とインターネットで調べていると見かけたりしますが、とんでもない。現地アメリカの学生でも、アメリカの大学費用の異常な高さゆえにコミカレで基礎教養を取る学生さんだっていらっしゃいますからね。

カナダ、トロントへの留学に関してお選びいただくことのできる学校とその種類についてご案内させていただきましたが、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

最初は英語を学ぶための語学留学からスタートするかも知れません。しかし、トロントで英語を学ぶうちに次の目標、「英語で何かを学びたい」という気持ちは必ず芽生えてくるはずです。

カナダ留学は費用の安さも大きな魅力なのですが、それをキッカケにカナダ留学で出来ることを調べ、さらにはトロントへの留学に絞り込むといろんな学校であなたの希望する何かを学べる可能性が多いにあります。

特に長期留学でお考えの場合には目標を決めることで留学期間中のモチベーションも上がります、あなたのご希望に沿ったプランニングのためにも是非、お早めに留学ランドへご連絡を。

キャリアある留学カウンセラーが語学留学からその先のコミカレや大学でのプログラムもご案内いたします。