カナダへの英語を学ぶ語学留学の渡航先として、大人気のバンクーバー。

カナダにはトロントを始め、他にもおすすめの都市があるにも関わらず、留学についてあれこれ調べていくうちに渡航先にバンクーバーを選んでしまうようです。

一体なぜなのでしょう?このページではその魅力とおすすめの理由を調査していきます。

大人気でメリットいっぱいですが、もちろんデメリットだってあります、その辺りもズバリ説明いたします。

それでは、バンクーバー留学のおすすめポイントを一緒に見ていくことにしましょう。

バンクーバー留学がおすすめなワケとは

カナダ留学の中でもバンクーバーは特に高い人気を誇っています。カナダにはトロントやモントリオールなどの魅力的な都市があるのですが、それでもバンクーバー留学が選ばれています。

バンクーバー留学がおすすめの理由、渡航先に選ばれる魅力について、1つずつこのページでご紹介していきたいと思います。それでは早速、スタートしていきましょう。

英語を学べる語学学校が豊富

きっと見つかるピッタリの学校

バンクーバーは多くの留学生が世界中から集まっています。そんな留学生を受け入れられるだけの語学学校が、バンクーバーにはそろっていて、それぞれの学校に特徴があります。

あなたの留学の目的に合う学校、プログラムがきっと見つかるバンクーバー留学、おすすめの理由の1つですね。

一般英語に加え、ビジネス英語や各種英語試験対策(TOEFLやIELTSなど)だけでなく、ビジネスやホスピタリティの基礎を勉強できる専門学校のような語学学校もありますよ。

日本人を含むいろんな人種が揃った環境

人種の坩堝とも言えるバンクーバーには日本人をはじめ、さまざまな人種がそれぞれの目的のために集まり、生活しています。

気後れすることなく留学生活を送ることができることも、バンクーバーがおすすめの留学先に選ばれる理由でしょう。母国語が英語ではない、という隣人とならなぜか仲良くなれるものです。

同じ日本人が多いことを、カナダ留学前は日本語で話してしまうからデメリットだとお考えになることもあるかも知れません。ですが、勝手の分からない異国の地で、母国語で相談できるということは大きなメリットです。

日本語ばっかりになってしまうかどうかはあなた次第、上手な日本人同士のお付き合いを目指しましょう。

現地生活、長期留学には必須の滞在に関する情報を得やすい

情報収集もカンタン

これも日本人が多いおかげ、なのですが、日本人がバンクーバーで暮らしていくための便利な情報が見つかりやすくなっています。

海外で暮らしていると必ず恋しくなる日本食、食材を売っているお店や日本食レストランも簡単に見つかります。

その他、長期で滞在する場合に必要となる、おすすめのシェアアパートメント情報も日本人コミュニティですぐに見つかりますよ。

6ヶ月ならフィリピン留学もライバル?費用について

これはバンクーバー、というよりもカナダ留学になりますが、英語圏留学の中でカナダ留学かなりリーズナブル。とはいえ、格安留学が可能なフィリピンには遠く及ばない、と思われがちですが、そうでもないんです。

留学ランドでは世界各国の留学費用を比較しています(リンクします)、ご参照いただくと留学費用の違いが30万円程度となります。フィリピン留学のメリットはマンツーマンレッスンですが、デメリットは学校の中でこそ英語で話されているものの、街中では現地言語が主であり、レストランなどで英語を使うことはあるものの、ネイティブの英語ではありません。

カナダはグループレッスンかもしれませんが、学校から一歩外に出てもカナダ人が話す英語です。スーパーやファーストフードなどで実際に話されている英語を聞きながら毎日過ごせば、リスニング力は身につきますよね。

どちらが良いか、となると、ご予算も絡むものの、フィリピン留学経験のある私の主観も含め、「話せる英語」を身につけるならカナダが絶対におすすめです。

トロントとの違い、それは気候

冬の気候が違います

カナダ留学での人気都市はバンクーバー、それともうひとつ、カナダNo.1の商業都市、トロントです。

トロントも大きな都市なので選択できる語学学校が多く、また日本人が少なくはありませんから、様々な情報収集も容易、留学先として大人気となっています。ですがバンクーバーと大きな違いが1つあります。それは気候です。

トロントに夏、短期で留学されるのであれば快適に過ごすことができるのですが、冬はとても寒く、最低気温がマイナス10℃まで下がるので寒さが苦手な人には厳しいと言わざるを得ません。

一方のバンクーバーは、冬の気温が日本の東京と同じくらい、寒いは寒いですがトロント、それからモントリオールなどのような都市に比べれば過ごしやすく、留学にもおすすめです。

ワーホリでもおすすめの理由

ワーホリにもオススメですが…

ワーキングホリデービザ、ワーホリでカナダに入国して滞在する都市としても、バンクーバーはおすすめです。

先にお話した日本人が多いことから、日本人相手のお店(レストランやお土産屋さん)でのお仕事が、英語力がそこまでなくても比較的簡単に見つかります。ただ、その場合は英語力が身につかないまま、ワーホリ滞在期間が終わってしまう可能性もあり、おすすめできません。

ワーホリの場合には、カルガリーなどの滞在費が安く済む都市でしっかり語学力を身に着けたあとに、英語を活かしたお仕事を見つけるように心がけましょう。

豊かな自然と都市部の融合

バンクーバーは世界暮らしやすい都市ランキングで2018年、第6位に選ばれました。毎年上位に入っている理由は、都市部の治安の良さや交通インフラが整っていること、一方で自然と触れ合うこともできる、などです。

留学生にとっても生活しやすさに変わりはありません。平日の勉強でちょっと疲れてしまったら週末、自然の中にハイキングに出かけて気分をリフレッシュ。生活しやすさという意味からもおすすめの都市ということですね。

ブリティッシュコロンビア大学やサイモンフレーザー大学もあります

留学生にとって、バンクーバーは名門大学のある場所、でもあります。カナダ屈指の名門大学、ブリティッシュコロンビア大学をはじめ、サイモンフレーザー大学もバンクーバーにある大学です。進学留学をお考えの方におすすめ、ということになりますね。

また、いきなり大学進学は厳しい、という場合にはコミュニティカレッジもあります。ランガラカレッジは大学編入プログラムだけでなく、各種職業に関するディプロマを提供。英語コース、「LEAP」は厳しいながらも、その質の高さから高い人気を誇っており、日本人スタッフさんもいるのでおすすめです。


ここまでバンクーバーの魅力、おすすめのポイントを紹介してきましたが、バンクーバーを選ぶ場合にもデメリットはあります。次はバンクーバーならではの困った点についてご案内します。

人気都市のデメリットを探す

おすすめできる良いところばかりなら良いのですが、こんなことがあるからおすすめできない、デメリットもバンクーバーにはあります。先にご案内した日本人が多いことはおすすめポイントでもあり、デメリットでもありますが、留学中に日本人とばかり集まってしまうかどうかはあなた次第です、あえてデメリットとはしません。

それでは、バンクーバーのその他の困ったポイントを見ていきましょう。

とにかくたくさん雨が降る

別名、レインクーバー

トロントのように寒くはならないバンクーバーですが、実は別名を持っています。その名もレインバンクーバー、とにかく雨が多いんです。夏休みの短期留学を経験されていれば、「え?そうでもなかったよ?」と思うかもしれません。

ですが10月から4月にかけては雨がよく降ります。留学中に何か困ったことや嫌なことがあった上に、外が雨だとちょっと気持ちも重たくもなるもの。リフレッシュが上手にできれば問題ありませんが、雨が多いということは覚えておくようにしましょう。

アメリカほどではないが家賃が高い

お家賃お高め

バンクーバーのおすすめポイントに、世界住みやすい都市ランキングの常連都市であることを紹介させていただいたのですが、暮らしやすいと分かっていれば自然と人は集まるもの。バンクーバーの家賃はカナダ最大の都市であるトロントとほぼ変わりません。

短期留学でのホームステイであれば費用はかさみません(とはいえ通学に片道1時間強は覚悟しておくべきです)が、長期留学でシェアアパートメントなどを探す場合は大変です。

どうしても中心部では高くなってしまうので、少し離れた郊外のお部屋をシェアすることになりますが、必ずご自分の目でお部屋の状態や、近隣の状況を確認するようにしましょう。

学費がリーズナブルなカナダですが、バンクーバーは滞在費が高くついてしまうので、滞在先探しは慎重に。予算を抑えるためにカナダを選んだのに、アメリカのほうが安い、なんてこともありえますのでご注意を。

実は治安に問題アリ

危うきに近寄らず

留学先としてカナダがおすすめである理由に、治安の良さも含まれています。でも元留学エージェントとして率直にお話をさせていただければ、治安が決して良い、とは思いません。

語学学校に通えば学校の先生やスタッフから、近寄るべきではない地域について説明があります。危ないと言われる場所に近づかないようにさえすれば、安全に留学することができる都市であって、手放しにバンクーバーの治安が良い、というわけではありません。

バンクーバー留学のおすすめポイント、それからおすすめできないデメリットについてご案内をしてきましたが、おすすめポイントのほうが多くなりましたね。

この記事を書きながら感じたことですが、日本人が多いということをメリットと取るか、それともデメリットと考えるかで、バンクーバーを選ぶかどうかが決まるのではないかと思います。

日本人比率の低いおすすめ都市でいえばモントリオールやカルガリーなどが挙げられますが、バンクーバーと同じような利点を感じられるでしょうか。

モントリオールは留学費用が安いことでもおすすめですが、フランス語圏の都市なのでフランス語を勉強できるという意味でもおすすめではあります。でも、街中の看板や表記がフランス語であったり、冬の寒さがとても厳しいというデメリットもあります。

考え方で変わります

カルガリーのおすすめポイントも費用の安さ、それから大自然がそばにあることなどがありますが、田舎であるということに変わりはありません。おすすめポイントを見比べ、デメリットを考えてもバンクーバーを選ぶ人が多い、という事実こそが、バンクーバーの本当の意味でのおすすめポイントなのかも知れませんね。

バンクーバーを含むカナダの留学先でお悩みであれば、是非留学ランドにご相談を。経験豊かなカウンセラーから、あなたのご希望をお伺いした上で、おすすめの留学先都市をご案内いたします。