アメリカ留学を希望する多くの人が一度は興味を持つであろうニューヨーク。

でも実際に費用がどのくらいかかるか調べてみると、ちょっと長期留学には向いていなさそうな金額が出てきますよね。

それでもニューヨークで生活してみたい、英語を学ぶならこの街しかない、とお考えのあなたへ。

なんとか格安費用で滞在する方法はないものか、このページで調べてみました。

マンハッタンの語学学校に格安費用で参加できるか、一緒に見ていきましょう!

ニューヨーク留学に
格安で参加できる?

アメリカで最も大きな都市、ニューヨークは英語を学ぶ留学先としても非常に人気の高い都市。

多くの語学学校がマンハッタンに集中しており、英語の授業が終わって一歩外に出れば、いろいろなお楽しみがあり、留学先として申し分のない都市とも言える街です。

アメリカ最大の都市ニューヨークで、環境が良ければ当然、滞在費や生活費、留学にかかる費用も決して安くはありません。

正直に言えば、アメリカで最も留学費用がかかる都市のひとつです。

そんなニューヨークに格安費用で留学することは、はたして可能なのでしょうか?このページではニューヨーク格安留学に挑むため、あれこれ調査をしてみました。

ニューヨークに行きたいとお考えのあなた、一緒に格安費用での留学を目指しましょう。

マンハッタンに安い学校はあるのか

格安校はあるのか?

留学をするために必要となる費用には以下のものがあります。


留学費用の内訳

  1. ニューヨークまでの往復国際航空券
  2. 留学期間に合わせた
    海外旅行(留学)傷害保険
  3. 留学エージェントの手数料
    (留学ランドでお問合せ・お申込みなら、こちらは無料!)
  4. 現地学校費用

1.安い国際航空券を探すためにも

ニューヨークへの国際航空券を格安な価格で購入するには、何より留学先の手配を早急に済ませてしまうこと。

手配より先に格安航空券をあらかじめ購入することもできますが、その後に希望した留学期間は滞在先に空室がない、などの場合、大変です。

格安航空券の多くは購入後のキャンセルをしても費用が戻らないものがほとんど。

あらためて再度、できる限り安い航空券を購入し直すことになるわけですから、結局高いお買い物になってしまいます。

必ず学校手配が終わった後、もしくは学生ビザが必要な場合にはビザがお手元に届いてからニューヨークまでの往復格安航空券を探すようにしましょう。

2.サポートが嬉しい
海外旅行(留学)傷害保険

ニューヨークに限らず、語学学校で勉強をするためには、参加期間中何かあったときのための保険に加入しておかなければ、英語レッスンに参加できないので現地学校が紹介する医療保険に加入せざるを得ません。

日本の海外旅行(留学)傷害保険なら、万が一の疾病・事故などでのお怪我の際に24時間日本語サポートをしてるものもあります。

また海外の医療保険は一度、治療費を払って後日保険会社へ、診断書等とともに英語で申請しなければなりませんが、日本の保険の場合、提携のある病院であればお支払いの必要もなし、非常に便利です。

この保険費用だけは、格安のものを探すよりも、ご自分にあった保険を選び、ご出発前までに必ずご加入しておくようにしましょう。
(日本出発後は加入できません!)

3.留学エージェントの手続き代行手数料

多くの留学エージェントが、語学学校への申込みお手続き代行手数料を格安を通り越して、無料にするようになってきました。ですが、中には手続き代行手数料が有料のところもあります。

また、手続き代行手数料が無料、としつつも、為替変動のリスクヘッジのため、外貨換算レートを実際のレートより割高にしているようなところもありますのでご注意を。

格安留学を目指すなら、無料エージェントを選ぶようにしましょう。留学ランドからのお問い合わせ、お申込みなら学校手続き代行手数料は当然、無料です!

4.コース費用やホームステイなどの
滞在費含む学校費用

最後にご案内させていただくのが学校費用、参加する英語プログラム、学校手配のホームステイやレジデンスなどの滞在、その他学校参加に必要な費用全般です。

学校費用は1~4の中で最も大きな金額になりますが、滞在費用は学校ごとの差があまり大きくありません。

ニューヨークという都市またはその近郊に滞在するということに変わりはなく、レジデンスは複数の語学学校が共通のものを利用しているためです。

一番注目すべきは授業料、英語プログラム費用がどれくらいかかるのか、という点です。

上記を踏まえて、英語プログラム費用が格安ながら、ニューヨークで人気の語学学校を調べてみました。

次では、それらの人気格安校の期間別、留学費用の見積もりをご案内していきたいと思います。

マンハッタンで人気の
格安語学学校とその期間別費用

ニューヨーク、マンハッタンには観光客だけでなくビジネスマン、さらには留学生もたくさん集まっています。そうした留学生の受け皿も、人が多ければ、自然と多くなるもの。

数あるニューヨークの語学学校の中に、ありました、英語プログラムの費用が格安のところが。以下がニューヨークの格安語学学校です。

語学学校ALCCのご紹介

マンハッタンにもあります

ニューヨークの主要鉄道駅のひとつ、ペンシルベニア駅。そこから徒歩数分のところにALCCアメリカンランゲージはあります。

一般英語から試験対策コースまでそろっています。学生ビザが不要なパートタイムプログラムなら2週間から、午前・午後ともレッスン、学生ビザが必要なフルタイムコースご参加なら4週間からご参加いただくことができます。

日本人が比較的多いニューヨークの語学学校の中で、国際色豊かなALCCは日本人比率がやや低めなのもおすすめできるポイントですね。

どうやらニューヨークへ格安費用での留学はできそうですよ。それでは続いて、ALCCに参加した場合に必要な留学費用を見ていましょう。

※費用は2週間~12週間までは半日レッスンのパートタイム、24週間~48週間は午前・午後とも英語レッスンとなるフルタイム(学生ビザ要)、滞在方法はホームステイ個室、往路ニューヨークご到着時の空港送迎費用を含んでいます。

ALCC留学費用見積、各週間別表

期間ALCCLSI NY校
2週間US$1,620US$1,760
4週間US$2,515US$3,080
12週間US$6,112US$8,520
24週間US$14,757US$17,220
36週間US$21,765US$25,680
48週間US$28,587US$34,140

いかに格安であるかをご確認いただくため、ニューヨークでも人気の高い語学学校、LSIニューヨーク校の費用と並べてみました。

LSIは世界展開をしている語学学校で各国各都市にあえて比較的小規模な校舎を構えています。

小さな校舎にすることで留学生同士、それから学校スタッフや講師との距離感を縮めてアットホームな雰囲気を大切にしているためです。

留学エージェント歴10年以上の私もおすすめする語学学校のひとつですね。

プログラム参加費用
比較でわかること

ご案内させていただいた格安校ALCCと、標準的なLSIとの費用を比較することで分かることがいくつかあります。

まず、2週間~4週間の短期であれば、格安校でもその他学校でも費用が大きく変わりせん。

言い方を変えれば、あえて格安校を選ぶ必要はなく、ご自分の希望の学校にご参加いただいても良い、ということですね。

次に分かるのが長期になればなるほど、格安校の費用が目立ってくるということ。語学学校の英語プログラム費用は長期になればなるほど、基本的に1週間辺りの授業料が安くなります。

もともと格安校であるALCCですから、48週間にもなると約5,500ドル、2018年12月の米ドル換算レートで約63万円もの差が出ます。

いかがでしょうか、ニューヨークの格安語学学校ALCCにご興味をお持ちいただけましたら留学ランドに是非、お問い合わせいただければと思います。

ご希望の滞在日数に合わせたお見積り、資料送付を無料で承っております。

それでは最後に、ニューヨークで格安留学するためのもう1つの要素、生活費についてご案内いたします。

その他、必要な
生活費について

レジデンス希望なら

ニューヨーク留学を格安に抑えるためには、生活費も抑えなければなりません。ご案内をさせていただいたALCCとLSIの学校費用比較表は、滞在方法をホームステイとしましたが、各校レジデンスの手配も可能ではあります。

しかし、1週間あたり約倍近い費用がかかるのでホームステイにて算出しました。長期格安留学をお考えの場合には、最初の1ヶ月~2ヶ月はホームステイをしながら、シェアルーム探しをするのがおすすめです。

ホストファミリーや学校スタッフから、シェアルーム情報の探し方、それからその近隣地域の治安情報などを集めて、最後に必ず自分自身で物件を見て契約しましょう。

事前にインターネットで簡単に契約もできるようになりましたが、実際にニューヨークで見て、水回りがカビだらけ、近隣地域が危険、などのことがあっても、契約内容によっては金額が戻りません、ご注意を。

買い物するならNYよりNJ

週末に生活用品をなんとか格安で集めたい、そんなあなたへ。

マンハッタンの西、ハドソン川を超えてニュージャージーに足をのばしてみましょう。

ニュージャージーはニューヨークより税金が安いので、もし可能であれば、まとめ買いはニュージャージーの方がおトク。

大きな差じゃないのでいいや、ではなく、小さな積み重ねができてはじめて節約です。

留学はただでさえお金がかかりますが、ニューヨークはその中でも割高、ちょっと気を抜くと格安どころか大きなお金がかかることも、気をつけましょう。


ニューヨーク格安留学についてご案内をさせていただきましたが、お役に立ちましたでしょうか。

私も一度、ニューヨーク滞在をしたことがありますが、格安留学はまず無理、お金がかかる街だな、と感じたものです。

しかしながら、ニューヨークへ行くことを決め、格安の語学学校へのお手続きを早々に終了して、格安航空券を購入。

ニューヨークでシェアアパートを利用しながら税金の安いニュージャージーのスーパーなどをご利用いただくことで、ぐっと留学費用を抑えられそうですね。

ニューヨークには行ってみたい、でも学校やコースはどうしたら良いかお迷いなら是非一度、留学ランドへお問い合わせを、プロの留学カウンセラーがあなたのご希望に沿ったプランをご提案いたします。