アメリカ最大の都市ニューヨーク、マンハッタン。社会人になって旅行で訪れても見どころ満載の都市です。

でも実は、留学先としての人気も非常に高いおすすめの場所でもあります。

人が集まる街だから語学学校も多く、アイビーリーグの一角、コロンビア大学のキャンパスもマンハッタンにあります。

憧れの街、ニューヨークに社会人となった今だからこそ留学してみませんか。

メリット、デメリットとあわせ、おすすめのポイントを紹介していきますね。

ニューヨーク留学に
社会人が参加するなら

ニューヨークはアメリカ最大の都市であり、観光・旅行だけでなく、留学先として学生だけでなく社会人にも非常に人気の高い場所です。

そのニューヨークの中心部であるマンハッタンには語学学校も多く集まっており、それぞれが特徴あるコースを提供。

世界中から社会人を含む多くの学生が英語やビジネス、英語資格・スコアプログラムなどに参加しています。

まず、社会人としてニューヨーク留学を選ぶ場合、まずその目的をハッキリさせておくことが重要です。早速それぞれの目的について説明していきますね。

英語を身につけるための
ニューヨーク社会人留学

社会人留学お見積もり確認事項その1 
語学学校の種類

語学留学、いわゆる英語力をつけるためにニューヨークを選ぶ場合はまず、語学学校選びから。社会人留学でもやっぱりいちばん気になるのは留学に必要な費用、金額になるかと思います。

費用のご案内、すなわちお見積もりを作成するにも、社会人のあなたがニューヨークでどのような学校、レッスンをご希望になっていらっしゃるかを確認しなければなりません。

  • ニューヨークでも、費用がとにかく安い学校
  • 社会人でも英語が得意ではないので、ニューヨークにあってもゆっくり学べるアットホームな学校
  • 外国人であっても物怖じするタイプではないので、多くの人と知り合えるニューヨークの大規模校
  • 費用がかかっても良い、とにかくレッスンの質に重くニューヨークの学校

上記から該当する項目をお選びいただければと思います。学校選びが終わったら、次に各校が用意するプログラムを見てみましょう。

社会人留学お見積もり確認事項その2 
英語コースの種類

ニューヨークのどの語学学校にも、社会人が参加できる一般英語コースがあります。

その他、英語で学ぶ英語スコア対策や大学進学、ビジネスプログラムといった特別なコースを用意、それぞれの学校の特徴を出しています。

ニューヨークを含むアメリカへ留学する場合、社会人だけでなく全ての日本人留学生が注意しなければならないことがあります。

それは、1週間に18時間以上の英語レッスンを受ける場合には、学生ビザを日本出発前に済ませておかなければならない、ということです。

週18時間以上、となると、午前、午後ともに英語レッスンになるフルタイムと呼ばれるコースとなります。

もし、フルタイムコースを選び、アメリカの学生ビザ申請をするとなると、大使館での面接を含め別途、お休みが必要になることも。

午前、または午後のみの英語レッスンとなるパートタイムコースの方が、より社会人の短期でのニューヨーク留学には向いているということになります。

このパートタイムコースですが、語学学校によっては、英語力次第で午前になるか午後になるかわからないといったところもありますので、事前に必ずチェックをしておきましょう。

社会人の短期間の留学なら、いかにニューヨークの街を楽しむか、も大切なポイント。

語学学校の中には、パートタイムの英語コースと、残りの半日にダンスやヨガのレッスンを組み合わせたプログラムを用意しているところもあります。

その他、有料・無料それぞれのアクティビティも用意してくれるので、ニューヨークを余すところなくお楽しみいただけるはずです。

学生ビザを取得すれば…

先にご案内をさせていただいた英語スコア対策や、大学進学、ビジネスプログラムは、フルタイムコース。

そのため、学生ビザ取得が必要となることから、日本を出発する前にビザ申請手続きが必要です。

アメリカ大使館または領事館での面接日設定を含め、遅くとも3ヶ月前からニューヨーク社会人留学に向けて動き出しておかなければならないことを覚えておくようにしましょう。

ニューヨークの学校・コースを選んだら次は、滞在方法を選びます。

社会人留学お見積もり確認事項その3 
滞在方法を選ぶ

ニューヨーク留学中、社会人が滞在する方法は大きく分けて2種類、ホームステイ、またはレジデンス(学生寮)となります。

社会人だと場合、プライベートを重視(お仕事のこともあると思います)することから、ホームステイではなく、レジデンスをご希望されることが多いです。

ニューヨーク、マンハッタンには留学生が滞在できるレジデンスがいくつかあります。

個室、または相部屋を選択できるものもあり(相部屋の方が基本割安です)、食事は基本的についていません(中には朝食を提供しているところもあります)。

これらの情報を元に、以下の選択肢からご希望をお知らせいただければと思います。

  • ホームステイ(マンハッタン内)、
    個室または相部屋、食事付または無し(通学片道約40分)
  • ホームステイ(マンハッタン外)、
    個室または相部屋、食事付または無し(通学片道約1時間強)
  • レジデンス個室または相部屋、
    シャワー共同、食事なし
  • レジデンス個室または相部屋、
    専用バスルーム、食事なし

ニューヨークでの滞在先については、特にレジデンスは繁忙期(学生の夏休みや春休みにあたる、7月~8月、2月~3月)にあっと言う間に満室になります。

社会人の方で、急にお休みが取れた、という場合、レジデンスの空室確認を急ぎ留学エージェントにしてみましょう。

お時間に余裕があった場合でも、できる限りお早めに空室確認、お手続きを進めていただく方が良いです。

社会人留学お見積もり確認事項その4 
空港送迎は必要?

便利な空港出迎サービス

最後は、ニューヨークで空港に到着した後、お迎えの車をあらかじめ手配しておくか、どうか、空港送迎ですね。

ニューヨーク・マンハッタン近くには3つの空港があります。

マンハッタンから西、ニュージャージ州にあるニューアーク・リバティー空港とニューヨーク・クィーンズにあるラガーディア空港と、ジョン・F・ケネディ空港です。

どの空港からもマンハッタン中心部までのアクセス良好。にもかかわらず、各学校が手配をしてくれる送迎は、空港からタクシーに乗るよりもちょっと割高です。

しかし、残念なことに、空港のタクシーは気をつけなければボッタくりの客引きが今でもおり、だまされてしまう人もいます。

社会人になって初めての海外渡航を体験される方もいらっしゃるはず。そうした社会人の方は、できれば各学校に空港送迎を依頼しましょう。

費用を抑えるためにも、社会人なのだから電車やバスを利用する、という場合には、大きなお荷物を持って移動することになります。

私自身、社会人として留学エージェントをしていた頃にジョン・F・ケネディ空港からマンハッタンまで電車を乗り継いで移動した経験があります。

ニューヨークの空港から都市部までの移動は非常に便利(券売機に日本語表記があったのが衝撃的でした)なのは間違いありません。

ですが、社会人とはいえ電車、駅、それからマンハッタンを大きな荷物を転がして移動するのはあまり楽ではありませんでしたね。

帰路はスーツケースが本や資料ですっかり重くなってしまったのでタクシーを使ったほどです。お金は大切、ですが、現地到着、それから出発時は手ぶらではありません。

海外経験が少ない社会人の方の場合は、少なくともご到着時のお出迎えサービスはご利用いただくべきですね。

ここまでは、ニューヨークで語学習得、語学学校での英語レッスンに社会人がご参加される場合のご案内をさせていただきました。

次は、社会人になった後に離職をしてコミカレや大学へ通う、長期、進学留学の場合を見ていきましょう。

ニューヨークへの進学

アメリカ、ニューヨークへの留学を目指し、日本で社会人として頑張り続けてきたあなたですが、やっと留学に必要な費用を用意することができました。

目指すは進学、コミカレや大学であり、日本での社会人生活は一旦、終了。転職、キャリアアップを目指す場合はこちらになります。

社会人が進学留学で気をつけるべき点

あなたがもし、日本で大学を卒業し、社会人経験を経てニューヨークへ進学を考える場合は、大学院への進学、または大学での専攻とは別分野での出願になります。

大学卒業資格、学士号(バチェラー)をお持ちであれば、基本は上位の学位へ出願します。

大学院へ出願する場合には、TOEFLiBT100以上のスコア、大学でお世話になった先生、または職場の上司の方の推薦状やエッセイなども必要ですが、一番の難関になるのはGRE、Graduate Record Examinationでしょう。

文章、語学力、それから数学に関する一般知識、それから化学や物理などの専門分野に関する専門知識を問うものです。このGREのスコアだけでなく、大学でのGPA(全履修単位の成績平均点)、その他求められる書類を揃えて出願となります。

大学院なら社会人でも一度、お世話になった大学の先生にご相談をいただき、進むべきコースをご確認ください。

また、医学やスポーツトレーナーなど、特定分野に関しては、日本の大学卒業資格だけでは出願ができません。

留学エージェントにご希望をお伝えいただき、どのような手段を取れば進学が可能か、またはそもそも可能なのか、不可能なのかを確認しましょう。

もしあなたが日本の大学で取得した学士号とは異なる分野へ出願したい場合。具体的な例を挙げてみましょう。

日本の大学で経済学部を卒業、一般企業で営業をしていたあなたがコンピューター、IT関係の勉強をアメリカの大学で学びたいと思うようになりました。

アメリカ進学を考えていたあなたは普段から英語の勉強をしていて、語学力は大学が求めるレベルくらいあったとします。

大学でもしっかり勉強をしており、GPAも高く、その他の書類を揃え、希望の大学へ出願したところ、見事、入学許可が出ました。ここまでが一般的なアメリカの大学への出願手続きとなります。

でも、すでに大学での単位を取得しているあなたには他にもできることがあります。

日本で卒業した大学のシラバスを提出して、大学の英文成績証明書と一緒に提出、単位を認定してもらえる可能性があるんです。

あなたの単位、認定可能?

アメリカの大学の学費は非常に高く、単位が認めてもらえればその分、学費が浮きます。

しばしば、日本の大学を卒業した社会人、それから日本の大学3・4年生から、「どれくらい単位が認めてもらえますか?」という質問がありますが、それは「大学次第」であり、審査してもらわなければ分かりません。

審査をしてもらうには、入学許可がなければ出来ませんから、出願してみてから、という答えになってしまいますね。

アメリカの大学で審査してもらうのも無料ではありません(シラバス翻訳代等)。留学エージェントを利用して、こうした単位認定などもやってもらう方が良いですよ。

最後に、ニューヨークの大学郡、SUNY(the State University of New York)とCUNY(the City University of New York)について。

どちらを選んでも、出願手続きには時間がかかり、入学許可が出て、学生ビザ申請のための時間を考えると、かなりお早めにお手続きいただく必要があります。

社会人になってニューヨークの大学、大学院への進学をお考えのあなた、できる限りお早めにお問合せを!

社会人留学の目的をご案内したところで、今度はあえて社会人が留学先にニューヨークを選ぶメリット、それからデメリットを紹介していきます。

ニューヨーク留学の
メリット、デメリットを
考えてみる

社会人のアメリカ留学でニューヨークを選ぶメリットには何があるでしょうか。アメリカで最大の都市であるニューヨークならではのメリットを見ていくことにしましょう。

語学学校が多く、
その分コースも多彩

人が多く集まるニューヨークには、世界中からの留学生もたくさんいます。

そのおかげで、語学学校も小規模でアットホームな学校から、大規模で学生数の多いところまで様々、たくさんの学校があります。

それぞれの学校に特色があり、また提供されているコースも多彩です。

一般英語コースはもちろん、ビジネス英語、試験対策、大学進学や英語+趣味(ヨガやダンス)など、社会人のあなたのリクエストにも応えられる学校がきっと見つかります。

社会人でも満足できる街並み

ニューヨークにはメトロポリタン美術館を始めとする美術館、博物館が多くあります。

また、賑やかに過ごすのではなく、ゆっくりと緑の中過ごしたいのであれば、セントラルパークもありますね。その他、ショッピングに美味しいレストランなど、社会人だから楽しめるものが豊富。

タイムズスクエア、ブロードウェイ、自由の女神にエンパイアステートビルなど、短期留学なら観光だけでもあっと言う間に時間が過ぎてしまう場所です。

世界でも最先端の街

ファッションやトレンドなど、世界の最先端をいくニューヨーク、マンハッタン。

ソーホーに行けば、高級なお店だけでなく、個性あるニューヨークならではの小さなお店もならんでいます。社会人のあなたにもぴったり似合う何かがきっと見つかります。

日本のものでもすぐ揃います

ロサンゼルス留学と同じで、ニューヨーク留学を検討される場合に気になるのが日本人の多さ。

ニューヨークにも日本人は多く、語学学校でのクラスメイトにも必ず1人は日本人がいることでしょう。

でも、日本人が多いのは悪いことばかりじゃありません。レストランを含む日本人向けのお店も多く、日本の食材も安くはないですが入手可能。

短期留学ではあまりないのですが、3ヶ月以上となってくると、ハンバーガーやステーキ、フライドポテトの毎日に疲れてしまいます。

日本食がたまらなく恋しくなったその日に感じられるメリット、ですね。さて、次はデメリットです、ニューヨークならではの困った問題点とは…?

生活費が恐ろしく高い

アメリカ最大の都市ゆえに

ニューヨーク留学で一番頭を悩ませるのが費用の問題。やはり大都市だけあって、生活費が大変。

社会人になってちゃんと貯金をしてニューヨークで暮らし始めても、計画的に暮らさなければあっと言う間にお金が底をついてしまいます。

誰もがイメージするニューヨーク、マンハッタンで暮らすのは大変ですから、周辺地域でシェアアパートを探しましょう。

ただし、ニューヨーク出発前に安易にインターネットで見つけた部屋の契約をしてしまわないこと。

ネット検索をしてみたらマンハッタン近くで、掲載されている写真でも綺麗な部屋が見つかった、と契約だけ先にしてしまうと…

現地到着後に実は水回りがカビだらけであったり、近隣が危険な地域だったりという落とし穴も。

暮らすところは必ず、あなたご自身の目で実際に見て、周辺環境を確認してから契約をするようにしましょう。

治安面にも不安があります

ニューヨーク留学をする中で、普段学校のあるマンハッタン中心部で過ごす間は、明るい昼間、しかも人通りの多い場所なので比較的安心です。

それでも、学校スタッフからは「この地域は近寄らないこと」と注意があるでしょう。

クラスメイトと楽しく過ごして知らない間に時間が過ぎ、急いで帰ろうとしていたら道に迷い、知らない間にその危険な地域へ、などということも考えられないわけではありません。

留学中は常に気をつけるようにしましょう、学生、社会人を問わず、留学して1ヶ月くらい経つころが、生活にも慣れて一番危うくなるときです、ご注意を。

どうしても大都市ならではの問題、生活費用、それから治安面の不安は出てきてしまいますね。

これはニューヨークに限らず、治安の良いと言われるカナダ・バンクーバーや、オーストラリア・シドニーでも同じです。

学校スタッフが教えてくれる危険な地域には決して近寄らないように、また留学生ある間は、夜遅くまで外に出ていないように、社会人であっても心がけるようにしましょう。

それでもニューヨークで社会人留学がしたい!

なんと言われてもNY

ニューヨーク留学ならではのメリット、デメリットを紹介しましたが、それでもやはりアメリカ留学をするならニューヨーク、と心に決めていらっしゃるあなたへ。

ニューヨーク、マンハッタンの西側にはハドソン川が流れ、その先はニュージャージー州。マンハッタンへのアクセスもよく、ニューヨーク留学中に週末、税金の安いニュージャージにお買い物へいく人もいるほど。

…ん?だとしたらニュージャージーで暮らしながらマンハッタンに通えば良いのでは?と思ったあなた、大正解です。

最初は語学学校が手配するホームステイ先から1~2ヶ月通学します。その期間にシェアアパートなどを探し、週末ご自分で訪問、部屋を確認してニュージャージーにお引越し。

滞在費用を抑えながらニューヨーク留学ができるようにもなります。ニュージャージーにも語学学校があるので、平日は静かなニュージャージーで学び、週末だけマンハッタンへ遊びにいく、ということもできますね。

短期のニューヨーク留学では難しいですが中長期間、ニューヨークへ社会人留学をお考えのあなたには是非、ご一考いただければと思います。

社会人のあなたへ、ニューヨーク留学のご案内、いかがでしたでしょうか。

留学エージェント歴のある私も、ニューヨークを訪れるまでは、お金がかかるばかりの都市だと思っていました。

しかし、実際に街での雰囲気を味わってからは、「もし機会があってアメリカのどこかへ留学できるのであれば、都市部ならこのニューヨークで暮らしてみたい」と強く思っています。

このページを読みいただき、あなたのニューヨークへの留学に対する情熱がより強いものになればと思います。